Quantcast
Channel: 白文鳥ピピme物語
Mark channel Not-Safe-For-Work? cancel confirm NSFW Votes: (0 votes)
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel.
0

小安峡温泉:旅館多郎兵衛宿泊記

0
0

小安峡温泉は江戸時代にはすでに湯治場として開けていた。
イメージ 27

慶長年間(1596~1615)の開湯と伝えられる。 文化8(1811)年には九代秋田藩主佐竹義和が来湯したという記録が残っている。 昭和44(1969)年に温泉郷全体が被災する大火があり、現在の10軒余りの宿泊施設はすべてその後に建てられたもの。(秋田の基礎知識より)

イメージ 20

私が宿泊した『旅館 多郎兵衛』
住所:秋田県湯沢市皆瀬字湯元121-5

多郎兵衛は当代で十二代を数える。昔はもう少し上流に湯治場温泉郷の一軒としてあったが、大火で焼失。現在の国道筋に土地を提供され引っ越したという。(えみこ女将)

イメージ 21

私の「女将は若い時痩せていて可愛かったでしょう。どんなにもてたことか。」との感嘆の言葉に対し、「そうなの。旦那に懇願されて懇願されて結婚したの。まさか私(女将)、旅館の女将になるなんて思ってもいなかった。((´∀`))」(えみこ女将)

(参考)このようなタイプの女性の独身時代は特段に可愛く痩せているが、出産後、ふっくらとなるケースが多い。成る程、女将は現在二人の子持ち。

玄関にある馬の像(註1)
イメージ 22

イメージ 23

私はこの旅館の名前だけは数十年前から知っていた。それは私の仙北(現、大仙市)の母方の今は亡き祖母が昭和初期からの毎年の冬季、二週間から一か月間湯治をするのが『多郎兵衛』だと従兄弟から聞いていたからである。

私のこの十数年間、栗駒山に行く都度、この旅館の前を何度も通り過ぎていた。でも躊躇していた。それは私が聞いていたのは湯治場で、旅館ではないからである。でも、昭和44(1969)年の大火で現在地に移転し、旅館業として再スタートしたことで納得した。

イメージ 24
玄関から上がって先ず感心するのは、いい雰囲気な事。
黒を基調とした古(いにしえ)を感じさせる。無論、部屋もきれいにリニュアルされている。
イメージ 25

早速、離れの湯 【三宝の湯】へ。
大浴場【薬師の湯】と、変わり風呂【陶喜の湯】を通り越し、
イメージ 19

下駄に履き替え
イメージ 2

散歩の気分で小径を数十メートル歩む。
イメージ 1

(註2)
イメージ 3


イメージ 4

大根はお盆だから?(註3)
イメージ 11

離れの湯 【三宝の湯】入口に到着
イメージ 5

ここから見下ろす庭。
イメージ 6

庭に手入れを入れず自然のまゝの方が東京人には好まれるかも。昔、群馬の伊香保温泉のある保養所に宿泊した時、廊下も部屋も蜘蛛の巣。これがいかにも田舎に来たという雰囲気を醸し出しているとの由。そういう視点もあるということ。
イメージ 7

この脱衣所の雰囲気も当に昭和。
イメージ 8

イメージ 9

一緒に入浴した恐らく日帰り入浴の常連だと思うが、ここの開いた窓からの風を入浴しながら浴びるのが、この旅館の風呂の中で最も気持ちよいという。
 成程、そっと吹き込む何となく秋を感じさせるそよ風には、露天風呂にはない心地よさがある。

イメージ 10

翌朝の露天風呂 【風の湯】
イメージ 14

イメージ 12

イメージ 13

大浴場【薬師の湯】
樹齢100年 全長50メートルの秋田杉の梁(はり)と熊本県阿蘇より惚れた石を敷石に使用した大浴場。(旅館HPより)
イメージ 17
この梁(はり)が、古来の湯治場の雰囲気を醸(かも)し出す。

イメージ 15

例えば
同じ秋田の玉川温泉の梁でも、こんなに太くはなかったはず。
イメージ 16

ステンドグラスなら全く違った雰囲気になっていたかも。
イメージ 18

夕食と朝食については省略。
何せ色々と料理ごと説明されたが、直ぐに頭から飛んでいる。
この齢だからお品書きがないと到底無理。
(旅館食事サイト)

但し、ご飯だけは掲載する。左が夕食の恐らく古来米、右が朝食のご飯で・・・。(註4)
イメージ 26

そしてタイムアウトの時刻。
えみこ女将とツーショット。
この私の左手の感触は、遥か昔を思い出させる。(^^)/
イメージ 28

イメージ 29

泉 質
単純温泉
効 能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進

(注)下記の二つの風呂には入りませんでした。
変わり風呂【陶喜の湯】 
貸切風呂 【子宝の湯】

TEL 0183-47-5016
FAX 0183-47-5047

じゃらん
旅館 多郎兵衛のクチコミ・評判

※赤文字の(註)の箇所は、後程加筆します。

Latest Images

Trending Articles