Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

島本町水無瀬は、京都嵐山から流れる桂川(途中、鴨川と合流)・琵琶湖からの宇治川・奈良方面から流れる木津川の三つの川の合流地点です。ここから淀川となって大阪に流れます。 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1462267/img_1462267_55109248_4?1289239015)]] 島本町水無瀬については、谷崎潤一郎著小説「蘆刈(あしかり)」で結構詳細に述べられています。ここ水無瀬は、小倉百人一首を並べたら、水無瀬の情景になるという藤原定家の隠れた後鳥羽上皇思いの舞台です。 参照:「百人一首の秘密」著者林直道教授の公式サイト http://www8.plala.or.jp/naomichi/ 参照:「水無瀬絵図」小倉山荘サイト  http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/hyakunin02.html (追記)小説『蘆刈』に基づく私のブログ記事 谷崎潤一郎原作・主演田中絹代 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43928675.html 愛するが故に妻との別離 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43963187.html 阪急大山崎下車の谷崎潤一郎 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46246160.html 京都に在った諏訪湖より大きな池 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46870978.html 十五夜お月さんと山崎の橋 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61587198.html 水無瀬野の歴史 https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61399688.html (お知らせ)09.12.06 ①公序良俗に反するコメントや、因縁コメントは直ぐにカットします。 ②コメントは、空行も含めて10行以内でお願いします。➂私の記事や私見に反論のある方は、先ず自分のブログで論証してください。
    0 0


    記事を三つ
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    デイリーメール、「モサドは、世界のテロを指導している」
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    2018年07月29日19時02分
    イメージ 1

    イスラエルの諜報機関モサド
    新聞デイリーメールが、シオニスト政権イスラエルの諜報機関モサドは、世界のテロの指導者となっているとしました。

    デイリーメールは、記事の中で、「イスラエルはこの10年間で、800件のテロを起こしており、これによる死者は数千人にのぼる」としました。

    この報道では、モサドの諜報員は、第二次世界大戦後、どの国の諜報機関よりも殺人を行ったとされています。

    また、ここに述べた数は類を見ないものであり、モサドの諜報員はこういった活動の速度を速めているとしています。

    さらに、1978年1月10日のモサドのテロについて触れ、モサドの諜報員が歯磨き粉に毒を入れたことで、パレスチナ人が殉教したとしました。

    CIAとモサドのシナリオ通りのイスラム(ISIS) 2015/6/16(火)
    シオニスト政権イスラエルの関係者が、テロ組織ISISは、このイスラエル政権の諜報機関モサドが作ったものだと認めた。

    国際金融資本ロスチャイルドが支配する各国の諜報機関とテロ組織。

    英国M16(英国諜報機関)、イスラム国(ISIS)、アルカイダ、米国CIA(米国諜報機関)、イスラエル(モサド)、ボコハラム(ナイジェリアのテロ組織)

    9・11多発テロに英国も加担していた 2014/4/10(木) 
    9.11同時多発テロと称されている事件は、国際金融資本の指示により、ブッシュ大統領とCIAが主犯となり演じられたテロ

    ISISテロ洗脳は韓国語による統一教会方式 2016/7/5(火) 
    米国内も含めて世界で勃発しているテロの犯人は、米国政府の指揮下、CIA,やイスラエルのモサド、英国MI6の管轄する施設でマインドコントロールと訓練された者達である。

    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    アメリカCIAが、世界各国の81の選挙に干渉
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- *  
    2018年06月07日16時33分

    アメリカのジェームズ・クラッパー元国家情報長官が、世界各国での81の選挙にCIAが干渉したことを明らかにしました。

    ロシアのニュースチャンネル・ロシアトゥデイによりますと、クラッパー元長官は、「我々はこれまで、世界各国の選挙における不正行為に関与したり、他国の政権転覆の下地を整えたりしてきた」と語りました。

    複数の調査から、世界の大国が1946年から2000年までの間に他国での117の選挙に関与したことが判明しており、中でもアメリカの干渉事例がもっとも多くなっています。

    (日本の不正選挙:投票数カウント偽造)
    検索 『株式会社ムサシ 日刊ゲンダイ(2013年1月11日) 安倍晋太郎』
    今は亡き安倍晋太郎氏は安倍晋三首相の父親。

    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- *
    日本で移動式モスク、東京オリンピック・パラリンピックに向けて準備
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- *
    2018年07月30日16時14分

    イメージ 2

    移動式のモスクは、イスラム教徒の観光客を誘致するための日本の努力の一環です。日本は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた準備を進めています。
    イメージ 3

    イルナー通信によりますと、日本は近年、多くのイスラム教徒が滞在するわけではないにも拘わらず、空港のターミナルなどでイスラム教徒が礼拝を行えるための場所を提供しようと努めています。

    イメージ 4

    最近では、大型トラックを使った移動式の礼拝所「モバイルモスク」が公開されました。
    メディアでは、この日本の移動式モスクに関する映像が数多く配信されています。

    この移動式のモスクは、日本のトヨタ自動車によって製造され、オリンピックやパラリンピックを見学に訪れたイスラム教徒の観光客が利用できるようになっています。

    イメージ 5

    このモスクは、2020年のオリンピック・パラリンピックが開催されるすべての場所に設置される予定です。(中略)

    2006年まで、日本のモスクの数は39でしたが、2014年には宗教学校も合わせて200に増加しました。

    日本の最初のモスクは、1905年、日露戦争で捕虜となったロシア人によって建設され、現在もその痕跡が残っています。

    2つ目のモスクは、1914年にインドとアラブの承認によって建設された神戸モスクで、1935年に改築され、現在日本に残る最古のモスクとなっています。(以下省略)


    0 0


    これまでは、出所不明の『米軍による韓国兵の扱いマニュアル』(下記の①~⑥)がありましたが、最近はどうなっているのかを調べてみました。

    ①韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。

    ②命令を聞かない場合は身体で解らせろ。

    ③同じことを繰り返す場合、犬のように何回でも同じように叱れ。こちらが上ということを身体で解らせろ。

    ④理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。

    ⑤身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。

    ⑥相手は3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

    やはりありました。これは今年2018年1月版、米軍の指揮官への韓国軍(第八軍)取り扱いの回覧状です。やはり韓国人特有の『火病』と『性的異常』さを、米軍(ペンタゴイン)は指摘しています。
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    [PDF]MEMORANDUM FOR All Leaders and Soldiers ... - Eighth Army
    [PDF]すべての指導者と兵士のための回覧状 - 第八軍(韓国軍)
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    イメージ 1

    2018/01/05 - On the Korean. Peninsula, a lack of discipline impacts not only the Soldier, but also the U.S., and the Alliance. 

    2018/01/05 - 韓国人について。ペニンスラ(半島人)、即ち規律の欠如は、兵士だけでなく、米韓同盟にも影響を与えます。

    One act of indiscipline .... Loud Noises and Profanity • page 28. 9-3. Drugs • page .... aggression. On order, Eighth Army conducts Noncombatant Evacuation Operations (NEO) and ..... worn in accord-ance with its technical manual to ensure a proper fit for safety.

    無規律な1つの行為...大きな音と口汚い罵(ののし)り•28ページ。9-3。薬物•ページ....攻撃性。

    On order, Eighth Army conducts Noncombatant Evacuation Operations (NEO) and ..... worn in accord-ance with its technical manual to ensure a proper fit for safety.

    CHAPTER 9. PROFESSIONAL CONDUCT
    9-2. Loud Noises and Profanity. Soldiers shall not operate vehicles, to include motorcycles,with radios or other such sound systems at a volume that impairs the driver’s ability to hear outside sounds or another vehicle’s horn. 

    第9章プロフェッショナルな行動
    9-2。 大きな音と口汚い罵(ののし)り。

    兵士は、運転者が外の音や他の車のホーンを聞く能力を損なうボリュームのラジオや他のそのようなサウンドシステムで、オートバイを含む車両を操作してはならない。

    Furthermore, excessive noise from vehicles and motorcycles is prohibited during ROK national exam days, as published in Eighth Army Operations Orders. 
    Soldiers shall refrain from uttering profanity in public and common areas. Similarly, any music that conveys either act

    さらに、第八軍作戦命令書に掲載されているように、国家試験日に車両やバイクからの過剰な騒音は禁止されている。

    兵士は公衆の面前と共用領域で下品な言葉を発することを控えるものとする。いずれかの行為を伝えるあらゆる音楽も同様である。

    a.
    NCOS and leaders at all leaders have an affirmative duty to enforce th Army hazing policy and prevent hazing. 
    Commanders will devote particular attention to new Soldiers and leaders and make them feel proud to be a member of the U.S. Army.

    NCOSとすべてのリーダーの指導者は、陸軍の嫌がらせ政策を執行し、騒動を防止する積極的な義務を負っている。

    指揮官は、新しい兵士や指導者に特に注意を払い、米軍の一員であることを誇りに思うようにする。

    b. Bullying. Unlike hazing bullying often, but not always, takes the form of excessive
    corrective measures that involve the infliction of physical or psychological pain and go beyond what is required for authorized corrective training.
    Bullying may also occur in all settings but it most often appears as excessive correction of, or punishment for, perceived performance deficiencies.

    b。
    虐待[いじめ]
    虐待をひどく嫌うこととは異なり、しかしいつもではないが、身体的または心理的な痛みを伴うものであり、認可された矯正訓練を超えた過度の是正措置の形を取る。

    虐待は全ての状況で発生する可能性があるが、ほとんどの場合、把握された能力不足を過度に修正したり、罰したりする。(中略)

    CHAPTER 11. SEXUAL HARASSMENT/ASSAULT
    RESPONSE & PREVENTION (SHARP)

    A sexual predator within your formation is an internal asymmetric threat to every individual Soldier in your unit. 
    Sexual Assault is an attack on your unit readiness and is a crime that must be reported immediately to the Sexual Assault Response Coordinator (SARC). 
    Commanders have an affirmative duty to report any allegation of Sexual Assault to the Criminal Investigation Division (CID). 
    (中略)
    Upon notification of a reported Sexual Assault, the SARC will immediately assign a VA, initiate the appropriate care and treatment, and report the Sexual Assault to law enforcement as well as the chain of command if not done already. 

    第11章性的嫌がらせ/虐待
    反響と予防(略称:シャープ)

    あなたの編隊の中の性的な天敵は、あなたの部隊の全ての個々の兵士に対する内部の不釣り合いの脅威です。

    性的暴力はあなたの部隊の即応能力に対する攻撃であり犯罪である。それは性的暴行対応コーディネーター(SARC)に直ちに報告しなければならないことである。

    指揮官は、犯罪調査部(CID)に性的暴行の申し立てを報告する積極的な義務を負っている。
    (中略)

    報告された性的暴行の通知を受けて、性的暴行対応コーディネーター(SARC)は直ちに被害者擁護者(Victim Advocate (VA))を割り当て、適切なケアと治療を開始し、未だ命令が行われていない場合、指揮系統と同様に性的暴行を法執行機関に報告する。(以後省略)

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    『韓国人の潜在的才能』
    『火病』(かびょう、ひびょう、ファッピョン、朝: 화병)
    文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患と指摘されている病気。元来は環境要因による風土病と考えられてきたが、近年では遺伝性の自律神経系の疾患であることや、発症者は脳の欠陥があるとも言われている。

    韓国では80歳の高齢者ご婦人でも強姦される
    性범죄 피해노인 3년새 2배이상 증가  Wn.com
    『性犯罪被害老人3年間で2倍以上に増加』
    한 씨는 설 연휴 전날인 지난 9일 오전 6시 경남 사천시의 한 주택가 도로에서 혼자 목욕탕을 다녀오는 A(80 ) 씨를 인근 주차장으로 끌고 가 성폭행하려다 저항하자 주먹으로 얼굴 등을 때려 숨지게 한 혐의를 받고 있다.

    犯人ハンは旧正月連休前日の9日午前6時慶尚南道泗川市の住宅街の道路で一人でお風呂に行ってくるA(80 )さんを近くの駐車場に連れて行って性暴行しようとしたが抵抗したので拳で顔などを殴って死亡させた疑い。

    『生まれた子のDNA鑑定をせよ』 2013/12/22(日) 
    【韓国】性犯罪一日60件、3年間で33%増…“性犯罪共和国”汚名
    年間150万件のレイプ大国、韓国

    書庫 『韓国とは』 目次と内容略解(1)
    記事掲載記事期間 2011年12月~2013年12月分

    書庫 『韓国とは』 目次と内容略解(2)
    (記事掲載期間 2013/1/24(木)~ 2013/5/29(水))

    『脳幹に潜む韓国(朝鮮人)の約束反故感覚』 2018/1/19(金)


    0 0


    かねてから気になっていたスカボロー・フェアを私なりに訳してみました。

    歌詞はサイモン&ガーファンクルのではなく、ケルティック・ウーマン(Celtic Woman)の一人が独唱するものです。これは私の記事に何度か掲載していましたね。

    このスカボロー・フェアの歌詞の『a true love of mine』を皆さんは『恋人』と訳していますが、私の感性からは納得できません。やはりここでは『愛する人』です。

    彼女の歌声を聴くと、心が洗われていくような感傷に浸ります。

    歌は反戦歌なのですが、歌詞の意味を理解することで、この歌への理解がより一層深まることと思います。

    ※ケルティック・ウーマン(Celtic Woman)は、アイルランド出身の女性で構成される4人組の音楽グループ

    Scarborough Fair - Celtic Woman live performance HD

    Are you going to Scarborough fair?
    Parsley, sage, rosemary and thyme
    Remember me to one who lives there
    He once was a true love of mine

    スカボロー・フェアに行くのですか?
    パセリ、セージ、ローズマリー、そしてタイム
    そこに住んでいる人によろしくお伝え下さい
    彼はかつて私の真の愛する人でした

    Tell him to make me a cambric shirt
    Parsley, sage, rosemary and thyme
    Without no seam nor needlework
    Then he'll be a true love of mine

    私にキャンブリック地のシャツを作るよう彼に伝えてください
    パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
    縫い目や刺繍もなしに
    その時、彼は私の真の愛する人になります

    Tell him to find me an acre of land
    Parsley, sage, rosemary and thyme
    Between the salt water and the sea strand
    Then he'll be a true love of mine

    私に1エーカーの土地を見つけるように彼に伝えて下さい
    パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
    海水と海辺の間で
    その時、彼は私の真の愛する人になります

    Are you going to Scarborough fair?
    Parsley, sage, rosemary and thyme
    Remember me to one who lives there
    He once was a true love of mine.

    あなたはスカボローフェアに行くのですか?
    パセリ、セージ、ローズマリー、タイム
    そこに住んでいる人に宜しくお伝え下さい
    彼はかって私の本当に愛した人でした


    (参考)
    映画「卒業」 ♪サウンド・オブ・サイレンス サイモンとガーファンクル シングル盤。


    0 0


    今日から早くも8月。然し、先月の7月は、一日に三度か四度に分けて眠るせいか、目覚めの時、度々、映像や画像が現れました。

    その中で、放射能のことをブログに書くようにとの仰せらしき画像が三度現れました。それ故に、7月上旬から放射能の記事を結構書いているのです。

    今回は、『チェルノブイリでの欧州に学ぶ 2018/7/17(火) 』の続編です。
    (前回記事URL)

    前回は、ヨーロッパ全域とチェルノブイリから凡そ2400km離れた英国の羊の状況を述べましたが、今回はその約半分の距離の1126km離れたドイツのザクセン州での現状です。

    この距離は、福島第一原発から鹿児島間に相当します。
    イメージ 1

    ここではチェルノブイリ原発事故から28年後の2014年現在でも、山や森の放射能汚染度はまだまだ危険状態にあり、少なくともあと50年は要するということです。つまり原発事故後、約100年(1世紀)を要するということです。

    翻って日本の場合はどうでしょうか。
    ドイツの例から言うと、放射能の汚染された森林は、今世紀では危険な状況が続くということになります。そして何れ地下水も。

    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    Radioactive wild boar roaming the forests of Germany
    ドイツの森林を徘徊する放射性野生イノシシ
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * 
    イメージ 2

    2014年9月1日
    By Justin Huggler, Berlin3:59PM BST 01 Sep 2014
    Tests by the state government of Saxony show that more than one in three wild boars gave off such high levels of radiation, thought to be a legacy of Chernobyl, that they were unfit for human consumption


    ドイツ・ザクセン州政府のテストによると、3頭の野生のイノシシのうち1頭以上がチェルノブイリ遺跡と考えられているような高レベルの放射線を発し、人間の消費に適さない

    Twenty-eight years after the Chernobyl nuclear disaster, its effects are still being felt as far away as Germany – in the form of radioactive wild boars. Wild boars still roam the forests of Germany, where they are hunted for their meat, which is sold as a delicacy.

    チェルノブイリ原発事故の28年後、その影響は放射性猪の形でドイツと同じくらい未だ遠くに感じられている。野生のイノシシはまだドイツの森林を徘徊しており、そこでは食肉用で狩猟されており、これは珍味なものとして販売されている。

    But in recent tests by the state government of Saxony, more than one in three boars were found to give off such high levels of radiation that they are unfit for human consumption.
    Outside the hunting community, wild boar are seen as a menace by much of Germany society. Autobahns have to be closed when boar wander onto them, they sometimes enter towns and, in a famous case in 2010, a pack attacked a man in a wheelchair in Berlin. But radioactive wild boars stir even darker fears.

    しかし、最近のザクセン州政府の検査では、3頭の猪のうち1頭以上が、人間が消費するには適さないほどの高レベルの放射線を放出することが分かった。

    狩猟地域社会の外のドイツ社会では、イノシシは多くの脅威と看做(みな)されている。イノシシが歩き回るときには高速道路を閉鎖しなければならない。イノシシは時には街に入り、2010年に有名なケースでは、ベルリンで車椅子の男を攻撃した。しかし、放射能の野生のイノシシは、さらに暗い恐怖を煽(あお)る。

    They are believed to be a legacy of the Chernobyl nuclear accident in 1986, when a reactor at a nuclear power plant in then Soviet-ruled Ukraine exploded, releasing a massive quantity of radioactive particles into the atmosphere.Even though Saxony lies some 700 miles from Chernobyl, wind and rain carried the radioactivity across western Europe, and soil contamination was found even further away, in France.
    イノシシは、1986年にソ連支配のウクライナの原子力発電所の原子炉が爆発し、大量の放射性粒子が大気中に放出されたとき、チェルノブイリ原子力事故の遺産と信じられている。

    ザクセン州がチェルノブイリから約700マイル離れているにもかかわらず、風や雨が西ヨーロッパ全域に放射能を運び、土壌汚染はさらに遠くのフランスで発見された。

    Wild boar are thought to be particularly affected because they root through the soil for food, and feed on mushrooms and underground truffles that store radiation. Many mushrooms from the affected areas are also believed to be unfit for human consumption.
    Since 2012, it has been compulsory for hunters to have wild boar they kill in Saxony tested for radiation. Carcasses that exceed the safe limit of 600 becquerels per kg have to be destroyed.

    野生のイノシシは、土壌の根を通し放射線を貯蔵するキノコ及び地下トリュフを食べるので、特に影響を受けると考えられている。

    影響を受けた地域の多くのキノコも、人間が食べるには不適当だと考えられている。

    2012年以来、ハンターは捕獲した野生イノシシを飼うことが義務付けられており、彼らはザクセン州で放射線を検査してから殺害する。後、600ベクレル/ kgの安全限界を超える死体はハンターが処分しなければならない。

    In a single year, 297 out of 752 boar tested in Saxony have been over the limit, and there have been cases in Germany of boar testing dozens of times over the limit.
    The radioactivity causes economic problems as well. Many hunters sell the boar as game, and across Germany hundreds of thousands of euros are paid out each year out in government compensation to hunters whose kills have to be destroyed.

    1年間でザクセン州でテストされた752頭のイノシシのうち、297頭が限界を超えたが、ドイツではイノシシの放射能が許容限度の数十倍もあるケースがあった。

    多くのハンターが獲物の肉としてイノシシを販売している。ドイツ全土で、基準値を超えたイノシシはハンターが処分しなければならず、このハンターに対する政府の報酬は、毎年数十万ユーロが払い出されている。

    "It doesn't cover the loss from game sales, but at least it covers the cost of disposal," Steffen Richter, the head of the Saxon State Hunters Association, told Bild newspaper.
    Germany's radioactive boar problem is not expected to go away any time soon. With the levels of contamination still showing in tests, experts predict it could be around for another 50 years.

    「イノシシの肉の売上高による損失はカバーしていないが、少なくとも処分のコストはカバーしている」と責任者のStefen Richterはビルド新聞に語った。

    ドイツの放射性イノシシの問題は、解消される見通しは一つもない。 専門家は、汚染レベルがまだテストで明らかになっているため、更に50年間は汚染の可能性があると予測している。

    (ソース)
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

    ※放射能からの防御:目次(2)
    記事投稿期間:2012/1/27(自)~2012/4/6(至)
    (日本のイノシシの場合)

    放射能からの防御:目次(3)
    記事投稿期間:2012/5/22(自)~2012/7/23(至)


    0 0


    核爆発?
    原爆のようなきのこ雲。
    処が、これは単なる雲。

    23.09.2017 r. Znak na niebie „Niewiasty 
    Chmura z fotografowana kilka dni temu we Włoszech nad miastem Genuea
    (訳)
    数日前にイタリアのゲヌエア市で雲が撮影されました


    (お笑い事)
    上記の画像、工場の核爆発事故かと思い、それかどうかを確かめるために、どうしてもたった1行の説明文を訳したく色々と試行錯誤&クリックしまくりました。

    イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ポーランド語と変遷。
    (miastem のポーランド語訳例)
    Nad miastem anioły
    都市の天使たち
    Kino na miastem
    市の映画館

    (英訳)
    Genuae
    国会

    Googleの自動検出でズバリの訳文が出てきました。

    それに要した時間は二時間。
    ようやく訳せたのですが、核爆発ではなく自然の雲。

    そう知った瞬間、そういえば、私もこのような雲をパチリしたことがあることに気が付きました・・・気付くのが遅い!

    (私のかってのブログ記事)
    『やはりあの世から来ましたね。お彼岸ですから』 2010/9/23(木) 
    (画像)枚方市にかかる雲

    (画像)生駒山の麓にたなびく雲

    ※アホですね。つまらん訳に二時間もかけるなんて。トホホ・・・。

    0 0


    もう8月。あの忌まわしい広島と長崎の原爆を思い出させる暑い夏となりました。以降は、原爆に関する記事を今年も集めてみました。

    『原爆花のキョウチクトウが咲きましたね』 2008/06/19  

    広島では、キョウチクトウを原爆花と言うの。原爆の後、真っ先に咲いた花がキョウチクトウ(夾竹桃)だったからだそうです。

    娘達と朝顔を植えようと、軒下を10~15センチ掘りましたら、瓦のかけらが何個も出て来ました。それが、「原爆瓦」でした。

    尚、昭和48年(1973年)10月29日、得票数を集計し最多得票を得たクスノキ・キョウチクトウがそれぞれ「市の木」「市の花」として選ばれました。

    『8月6日は広島原爆の日』 2012/8/3(金) 
    今夏も67年目の8月6日がやってきますね。
    8月6日というと、広島に原爆を落とされた日ですね。

    大東亜戦争(太平洋戦争)で、日本は敗戦の年(1945年)初夏には、降伏していましたが、それを米国が許さなかったのですね。原爆を落とすまで待てと言われ・・・。

    『或る広島原爆の記録』
    2012/8/3(金) 
    この随筆は、広島県のブログ友「暁の子」さんの父母・兄弟や親戚の方々の原爆を投下された1945年(昭和20年)8月6日の記憶です。

    原爆投下したその日・・・・
    私の姉は友達とムシロを敷いた上で・枝豆をむいていたそうです・・・
    のどが渇いたのでそばにあった井戸の水を飲もうと・汲んだ桶に顔を近づけた瞬間に・・・ 大きな音と爆風がしたそうです・・

    驚いて頭を持ち上げ・後ろをふりむいたら・・・・
    姉の後ろに並んでいた友達がハリネズミのようにガラスの破片が体中に刺さり・・・立ったまま死んでいたそうです。

    姉は無傷でした・・・
    死んだ友達が姉の後ろにいたため直接に原爆の閃光を受けずにすんだようで、やけども負いませんでした・・

    丁度その頃・・・
    わたしの母は段原町にあった軍需工場に借り出されていまして・・・・その日は幼い兄が熱を出したので連れて行き守衛室に寝せていたそうです・・・・

    仕事をしていると兄が・・『お母さ~ん・お母さん!」と寂しいのか・呼ぶ声がするので・・母が様子を見に守衛室へ行きました・・・

    「どうしたの?」
    兄に声をかけて頭をなでてやる・・その瞬間・・・原爆が落ちました・・・物凄い音と爆風で・・・・慌てて兄を抱きしめ・・じっとしていたようです

    暫くして外へ出てみると・・母がいた工場は壊滅し・・・みんな死んでいました・・・母と兄だけが助かったそうです

    母は兄が呼んだお陰で守衛室にいったのが命の分かれ目となったようですが・・・これは定めでしょうね・・

    母は兄を抱え・・黄金山のふもとにあったぶどう棚の下に身を隠しました・・・体の弱かった兄は唾色も無くなり・・血の気が引いて真っ青・・・・
     
    棚からぶら下がっていたブドウの一粒を兄の口に持って行き・・吸わせるとみるみる血の気が戻ってきたそうでぶどうは体にいいんだよ・・と母が言っていましたね・・

    落ち着いたところで周りを見渡すとぶどう棚の下には原爆から逃れてきた大勢の人たちが息を潜めてしゃがみこんでいました・・

    皆一様に真っ黒い顔をして目だけが異様になっていたそうです。原爆の閃光が黄金山のおかげでここには届かなかったようでした
     
    何事か全く解らないぶどう棚の持ち主が大勢の人々がぶどう棚の下にもぐりこんでいるので・・驚いて・・「このままじゃ・ぶどうがダメになる!!頼むから出て行ってくれ~出て行け~~!!」必死で棒を持って振り回し・・ぶどう棚の下にいる人を追い払ったそうです

    そりゃそうでしょう・・大勢の人が突然なだれ込むようにぶどう棚に向けて歩いてくるんですから・・・

    母も追い立てられ・・兄を連れて逃げたようですが・・・
     
    後々・・思い出したように・母が・「ぶどう棚のおじさんが親切にブドウをくれて・・」なんて話してると・・兄が・「何をいいよるんね・棒で叩いて出て行け!言われたじゃないか!」

    どうやら・・いやな思いではいい話に作り変えたい母と(笑)
    いやな思い出のままの兄だったようで(笑)
     
    主人の父(舅)はその時「藤野綿業』(現在の東区役所)という布団やさんの工場の近くの貸家におりました・・

    爆風と同時に真っ暗になったそうで・・何が起こったのかわからず・急いで押し込みの中に入ってしゃがみこんでいたようです・

    義父もやはり・無傷でした・・家の中にいた為・直接・閃光を浴びなかったのがよかったのでしょう・・運がよかったのですね・

    真っ暗いのが・少しづつ明るくなった頃・・・何が起こったか原因は全くわからないがとんでもないことが起きたのだと気がつき・・・外に出ました・・・

    そこには・・・・瓦礫と化した町並み・・・焼け野原がひろがり・・・・全身をヤケドして皮がズルむけになり・・手の先からぶらさがり・・・無言のまま歩く人々の姿がありました

    それは・・まるで地獄絵図のようだったと・義父がいっておりましたね・・

    「そうだ!姉はどうしたのだろう・・」
    やはり軍需工場に出勤していたので・・

    広島駅の近くから原爆ドームの近くまで必死での姉を探し回ったそうです・・・長い間・・探し回っても姉はみつからず・義父は必死でした・・・

    周りは原爆でやられた人々が道の両端に・数え切れないほど並べられておりましたので・・その中から見つけることは奇跡でした


    並べられて寝かされ身じろぎも出来ない被災者達を一人一人見て回っていると・・・・

    かすかな・・・かすかな・・か細い声で・・・・よっちゃん・・・・・・・よっちゃん・・・・と・・聞こえてきたそうです・・・

    「姉さんだ!!」
    奇跡のような出来事でした・・・

    被爆し動く事も出来ない姉が最後の力を振り絞り義父の姿を見つけ必死で呼んだのだそうです

    もし・・その時見つけていなかったら・・そのまま・・死んだものとされて生きたまま火葬されたかもしれません

    事実・・・モノも言えず身じろぎもできないまま死体とみなされ集められて生きながら焼かれた方もいると聞きました・

    それから長生きされて90まで生きたお姉さんは義父を命の恩人だと・・よくしてくれたそうです
     

    川は死体が隙間が無いほど・浮き・・まるで死体の川だったそうです・・・

    知っていましたか・・・原爆ドームの周りの道路の下は・・・・・粉々になった人骨だらけだそうです・・・

    何年も経った・・後も暫くは人骨で白い道路だったそう
    で・・その上で子供達は遊んでいたそうですよ

    片付けようが無い状況だったのでしょう・・
    その上にアスファルトが敷かれ舗装されているのです
     
    原爆投下から数年間・・夏場でも・だれも広島の川や海
    に入るものはいませんでした・・・

    『お母ちゃん・海水浴しようよ・・』

    『とんでもない・水に入るとお化けに足を引っ張られて死んでしまうよ・・誰も海に入るものはおらんよ』。そんな事がまことしやかに言われておりましたねぇ・・・・


    原爆慰霊祭の前後日・・・・・
    沢山の霊魂が平和公園に集まってきます・・・

    戦後・65年も経つと言うのに・・・いまだ浮かばれない霊魂も大勢いるとか・・・・江原さんみたいな霊能者が広島に来るとたくさんの霊魂がみえるそうですよ・
     
    一度・原爆の日の夕方・平和公園に施餓鬼供養の時間を間違えて・いってとんでもない目にあいましたので・・・それから・・行かないようにしています・・・

    被爆されて亡くなられた方が成仏されますように・・・・南無・・
    広島もこの悲惨な状況からここまでの復興を果たしています

    東北だけではなく各地が災害に見舞われています
    日本中・・世界中が手をたずさえて・・・・復興に向け・・頑張りましょう・・

    『被爆直後の長崎の少年』
    2014/3/24(月) 
    終戦から一ヵ月が過ぎた、1945年(昭和20年)9月22日。写真記録班オダネルの所属する海兵隊第5師団は、占領軍として長崎県佐世保市に上陸した。

       ☆   ☆   ☆

    「私が見たその人は、これまで出会ったけが人と、全く違っていた。
    彼には髪の毛が無かった。眉も鼻も耳も無かった。
    顔といえる原型はなく、肉の塊だった。
    彼は私にこう言った。
    『あなたは敵でしょう。殺してください』

       ☆   ☆   ☆

    そこに広がっていたのは、見渡す限りの焦土と化した、長崎の町でした。長崎を南北に貫く浦上川。そのほとりに降りて行ったオダネルは、生涯忘れられない光景と出会います。そこは、火葬場でした。

    焼け野原を、ひとりの少年が歩いて来ました。


    《焼き場に10歳くらいの少年がやってきた。小さな体はやせ細り、ぼろぼろの服を着てはだしだった。少年の背中には2歳にもならない幼い男の子がくくりつけられていた。

    その子はまるで眠っているようで見たところ体のどこにも火傷の跡は見当たらない。》


    《少年は焼き場のふちまで進むとそこで立ち止まる。
    わき上がる熱風にも動じない。

    係員は背中の幼児を下ろし、足元の燃えさかる火の上に乗せた。
    まもなく、脂の焼ける音がジュウと私の耳にも届く。

    炎は勢いよく燃え上がり、立ちつくす少年の顔を赤く染めた。
    気落ちしたかのように背が丸くなった少年はまたすぐに背筋を伸ばす。

    私は彼から目をそらすことができなかった。
    少年は気を付けの姿勢で、じっと前を見つづけた。

    一度も焼かれる弟に目を落とすことはない。
    軍人も顔負けの見事な直立不動の姿勢で弟を見送ったのだ。

    私はカメラのファインダーを通して、涙も出ないほどの悲しみに打ちひしがれた顔を見守った。

    私は彼の肩を抱いてやりたかった。しかし声をかけることもできないまま、ただもう一度シャッターを切った。

    急に彼は回れ右をすると、背筋をぴんと張り、まっすぐ前を見て歩み去った。一度もうしろを振り向かないまま。(中略)

    無表情と思われた少年だったが、カメラマンのジョー・オダネルは、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血が滲んでいるのに気がつく。》

    《少年があまりにきつく噛みしめている為、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいたのだった。》

    ※長崎の平和祈念像(画像左)とは、悪魔崇拝団体の「The Satanic Temple」が黒ミサを司る山羊の頭を持つ悪魔のバフォメット像(画像中央)を模したもの
          ☆
    オダネルは、長崎や佐世保などの地域を、7ヵ月に渡って撮影しました。

    後、オダネルの体を、異変が襲います。
    背骨の痛みと変形、さらに皮膚ガン。
    オダネルは、原爆による症状だと確信しました。

    「体のあちこちに異変が起きた。25回も手術することになった。
    爆心地に送り込んでおきながら、軍は何も情報をくれなかった。
    かなりひどい放射能汚染があったというのに、何も知らないまま、とてもたくさんの時間、長崎の爆心地にいた」

    オダネルは、原爆による被害だと、アメリカ政府に補償を求めましたが、その訴えは却下されました。

    日本とアメリカを行き来する生活する中で、オダネルの病状は悪化していきます。背骨の痛みは深刻になり、皮膚ガンは全身に転移していました。

    そして去年の夏、ジョー・オダネルは、85才で息を引き取りました。その日は奇しくも、長崎に原爆が落ちたのと同じ、8月9日でした。

    『山本五十六記念館『赤い日本人形の秘密』』 
    2016/9/13(火) 
    山本五十六が「ますみ」(真珠湾)と命名した日本人形に秘密がある。
    真珠湾は、フランクリン・ルーズベルトと日本海軍の山本提督の共謀であった。『The attack on Pearl Harbor is the strategy of President Roosevelt』 真珠湾への攻撃は、ルーズベルト大統領の戦略だ。

    『昭和天皇と広島・長崎の原爆』 2017/8/6(日)
    『広島・長崎原爆投下再思考 』 2016/05/25

    大東亜戦争(太平洋戦争)が始まる前に、昭和天皇の側近である木戸幸一内大臣の日記より。「日米は開戦し、それにソ連が参戦し、日本は負けて、米国とソ連が勝利する。日本は敗戦から10年後に復活する」・・・つまり、昭和天皇は開戦前、既にこのシナリオを知っていたことを意味する。

    更に言うならば、広島原爆投下の10日前の7月26日に受け取ったポツダム宣言。7月末に受諾であったが、米国に原爆を落とすまで待てと言われ、8月、広島・長崎で原爆2発炸裂後、昭和天皇は「終戦の詔書」の玉音放送を8月14日に録音、翌15日、ラジオ放送で全国に報道された・・・・・。

    『昭和天皇と大東亜戦争』 
    2017/8/9(水) 
    天皇のロザリオ 上巻 日本キリスト教国化の策謀 鬼塚英昭 (著)
    大阪商船の株も皇室は持っていた。この二社の船が、天皇が「火事場泥棒方式」で侵略していった地域へ、物資、機械、人間を運ぶのに使われた。三菱と三井のみならず、住友以下の財閥とも皇室は深く結ばれていた。

    また、皇室の銀行支配も徹底していた。皇室は日本銀行の47%の株を持っていた。紙幣を発行するたびに、公定歩合を調整するたびに、莫大な利益が皇室に流れた。

    日銀の他に注目しなければならないのが、横浜正金銀行(天皇持ち株22%)である。「皇室財産が大部分、横浜正金銀行を通じて海外に運び出された」とベアが書いているのは厳然たる事実である。

    『広島・長崎に投下された原爆の秘密①』 2014/8/18(月) 

    ベラスコの告白 広島原爆はナチス製だった ── 高橋レポート ──

    『B29を体当たりで撃墜した若者と、撃墜を禁止した日本のトップ』
    2015/08/10
    日本軍は、原爆を積んだB29『エラノゲイ』が広島に飛んでくることを知っており、然も8月6日の朝、その『エノラゲイ』が広島に迫っていることを察知したにも拘らず、出撃準備体勢にある戦闘機隊への出撃命令は出されず。空襲警報も出されず。

    天皇の命令により広島に急遽各地から食糧不足になるほどの数万人も集合させられた大日本帝国陸軍の将兵や広島市民が、校庭等でのラジオ体操で一斉に外にいた時、原爆は頭上で炸裂した。

    (注)昭和天皇は日本帝国陸軍を壊滅させるべく、各地から兵士が集め、然も、日本の習慣である全員が防空壕から出て無防備の状態であるラジオ体操の時に、どうぞとばかりにエノラゲイに原爆を投下させた。

    例外的に生き残ったのは、事前に原爆攻撃を知らされていた第2総軍の司令官・畑俊六だけであった。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

    『墓場まで持って行く為の秘密保護法?』
    2013/11/24(日)
    下の画像は、日航ジャンボ機墜落現場の写真である。不思議なことに、周囲の木々は燃えていないのに、中央左の人間の顔だけが真っ黒く焼け焦げている。自衛隊の特殊部隊が、証拠隠滅のために生きている乗客を焼き殺した裏付けだ。

    1985年8月13日JAL123便 群馬県御巣鷹山に墜落。乗員乗客524名中生存者は僅か4名。日航123便墜落事故の翌月22日、歴史的なプラザ合意から円ドル為替レートが250円/ドル台から1年後には一気に120円/ドル台に円が急騰。当時の首相中曽根康弘曰く 「日航機事件の真実は墓場まで持っていく」

    (慰霊碑と原爆ドームの画像)「(C) FORES MUNDI」


    0 0


    今回の記事は、2016年に添付記事として掲載したものですが、改めて『原子力ファイル』の箇所のみを抽出し掲載しました。

    このファイルでは、1960年代と1970年代の原子力関係基地の周辺や州単位で、いかに多くの白血病などの異常事態が発生しているかを示しています。

    別な言い方をすると、白血病も含むがんや先天性異常・障害児の原因は、放射能であるということです。

    もしもこれが認められると、原子力関係企業は、世界中の少なくとも数千万の人々からの治療費と損害賠償を求められることになります。

    それを回避するためには、がんなどの原因を他の物になすりつけなくてはなりません。その最大の標的にされたのがタバコです。タバコは肺がんを含めあらゆるがんの原因であるとマスメディアを駆使し、世界の市民を洗脳しています。無論、WHO(世界保健機関)もその一派です。

    Nuclearfiles
    原子力ファイル
    Accidents: 1960's
    Accidents: 1970's
    (事故:1960年代、1970年代)

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    1960年代原発施設エリア 白血病600%台 流産200%台 障害幼児300%台。
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    1964 
    放射線危険アメリカ委員会の事務局長であるメアリーH. Waeik夫人は、1962年の米国の死亡公式統計からリストを作成した(1964年公開)。

    原子力施設の地域の生活者は種々の原因で死亡しているが、全国平均に比較し、その割合は増加しており、原子力施設との相関関係は確かなものとなった。

    白血病: 
    ガーフィールド、モンタナ州 600パーセント 
    Scaia、ノースダコタ 290パーセント 
    モハビ、アリゾナ州 270パーセント

    流産: 
    Norten、ノースダコタ 215パーセント 
    ガーフィールド、モンタナ州 230パーセント 
    Shorren、オレゴン州 162パーセント 
    Nassac、イリノイ州 240パーセント

    障害のある赤ちゃん: 
    Shorman、オレゴン州 310パーセント 
    キャロル、ミズーリ 273パーセント 
    Nassac、イリノイ州 240パーセント

    インディアンポイント、USA 
    J.ローラン、スイスの研究者によると、1961年から1965年にかけて全国の原子炉複合体の15kms内の乳児死亡は上昇した。(出典:エネルギアNucleare、NO5)

    米国公衆衛生局 
    PHDの証拠は、ユタ州の住民の間で過度の白血病死亡を示唆している。 レポートは棚上げ。

    ユタ州のサウスウエスト郡で1950年から1964年まで、28人が白血病死亡。 19例は、面積20,000内の住民に発生すると予想。

    1959年~1960年、急性白血病を持つ人は7人 。内、5人の子供と10代。 (出典:「西オーストラリア」 - 1979年1月10日)。

    ロッキーフラッツ、コロラド州、アメリカ 
    高レベルのプルトニウムが大気中に放出され400人の労働者が被爆した。 25人は許容放射線量の17倍を被爆。 汚染された325人の労働者は1953年以来、56人が進行癌、14人が死亡している。  (核- 1979年7月25日)。

    1969年
    1月21日 
    スイス-炉心の部分的なメルトダウン。 原子炉が破壊され放射能が放出。 
    原子炉は岩洞穴にあって、廃棄物処理のために貯蔵地域に変換された。
    (MAUMためペネロペColeing、ウェッブ、REのp.201)

    10月17日 
    サンローランデゾー、フランス-炉心内の燃料がメルトダウン。 修理は3ヶ月要した。 (会報情報。CEA 157号-march 1971)

    下記5箇所の原子炉の主冷却管に亀裂が発生した。
     (コンティンジェンシー・プラン)
    Bradwell Nuclear Power Station, Hinkley Point
    Dune Dungeness Nuclear Power Station, UK (英国)
    Sizewell Nuclear Power Station, UK (英国)
    Oldsbury Nuclear Power Station, UK  (英国)
    Trawsfyndd Nuclear Power Station, UK (英国)

    GENOMA工場(註9)、ウィスコンシン州、米国 
    工場の従業員は、飲料水に含む放射能の高いレベルで心配になる。 調査によると、放射性廃棄物のタンクに飲料水システムを接続するホースが見つかる。 

    (註9)GENOMAはESPERITE GROUPの会社。本社スイス。予測医療医学企業。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    1970年代 白血病400%、先天性異常230%
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    1974
     7 January 1月7日
    BIG ROCK, MICHIGAN, USA BIG ROCK、米国ミシガン州
    Charlevoix County in Michigan has an infant mortality rate 448 higher than national average
    Immature infant deaths are 18% higher;
    eukemia is 400% higher.
    Cancer deaths are 15% more numerous than national average
    Congenital defects 230% higher.

    ミシガン州シャルルボア郡の乳児死亡率は全国平均よりも448%高い。
    未熟児の死亡が18%高い。 
    白血病は400%高い。 
    がんによる死亡は全国平均より多数の15%以上。
    先天性の欠陥230パーセント高い。 

    Charlevoix County is the home of Big Rock Point nuclear power plant(See Mary Weik 1964) (Thieberger p.8)

    シャルルボア郡は、ビッグロックポイント原子力発電所の本場。
    (Thieberger P.8)(1964メアリーWeikを参照してください)

    February
    2月
    AUSTRALIA - The annual incidence of leukemia in Australia has increased from just under 2 cases per million in 1930 to 57 cases per million in 1970. ("Atmospheric Testing, a survey of medical statistics in Australia" by Bruce J. Brown) KERR McGEE NUCLEAR PLANT, NEW YORK, USA

    オーストラリア-オーストラリアでの白血病の年間発病率は、1930年百万分の2例から、1970年で百万あたり57例(28・5倍)に増加した。(「大気のテスト、オーストラリアで医療統計の調査「ブルース・J.ブラウン)に1930年百万分の一弱2例から増加していた。

    (ブルースJ.ブラウンによる「大気のテスト、オーストラリアの医事統計の調査」)カー・マギー原子力工場、ニューヨーク、USA

    Woman contaminated by plutonium
    Karen Silkwood had gathered evidence on the unsafe working conditions at the plant and was on her way to deliver these to a newspaper reporter and a union official when she died in mysterious circumstances.
    Subsequently Karen Silkwood's father received $1 million in settlement from the company.

    プルトニウムで汚染された女性。

    カレン・シルクウッドは、プラントで安全でない労働条件に関して証拠を集めた 。そして、彼女が不可解な状況で死亡したとき、これら証拠を新聞記者と組合の当局者に届ける途中だった。

    その後カレン・シルクウッドの父親は会社から$ 1M(100万ドル)を受け取った。
    ("West Australian" 22nd May, 1979; ABC "Four Corners", 21st July, 1979)
    (「西オーストラリア」1979年5月22日、ABC「フォー・コーナーズ」、1979年7月21日)。

    September
    9月 
    JAPAN - Japanese nuclear ship MUTSU found leaking radioactivity due to faulty design of reactor shield. (Nucleus, 25th July, 1979, p.15)

    JAPAN - 日本の原子力船むつでは原子炉のシールドの不良デザインが原因で放射能漏れが見つかった。(核、1979年7月25日、P.15)

    July 7月 
    PORT HOPE, CANADA - Discovery that in Port Hope, Canada, which was built on uranium waste landfill, radiation levels in some buildings are 100 times more than safe.
    Bone marrow abnormalities found in town residents.

    ポートホープ、カナダ - ウラン廃棄物の埋立地に建設されたポートホープ、カナダ、で、いくつかの建物の中で放射線レベルが安全よりも100倍以上であることを発見。町の住民に見られる骨髄の異常。

    (Nucleus, 25th July, 1979, p.18; Craw Doo Dah Gazette, August, 1976)
    (核、1979年7月25日、18頁;クロードゥーダー官報、1976年8月)

    April 4月 
    LUCAS HEIGHTS, AUSTRALIA - Australia's first victim died as a result of being exposed to radiation at the Atomic Energy Commission's nuclear reactor at Lucas Heights.
    The man contracted leukemia.
    The AEC admitted liability by paying compensation to the man's widow.Two years before the death, workers had complained of a health problem which they thought was related to their work with epoxies.("Sun Herald", 19th June, 1977)

    1977
    LUCAS HEIGHTS、AUSTRALIA-オーストラリアのルーカスHeightsの原子力委員会の原子炉で、男性が放射線を浴びた結果、オーストラリアで初の犠牲者は死んだ。男は、白血病になっていた。

    AECは責任を認め、男の未亡人に補償を支払った。死の二年前に、労働者は、エポキシと自分の仕事に関連しての健康問題を訴えていた。(「日ヘラルド」、1977年6月19日)

    1978
    January
    USSR IN NORTHERN CANADA - The nuclear powered Soviet Satellite Cosmos 954 fell out of its orbit and plunged into the tundra of Northern Canada spreading radioactive material over a wide area.It contained a specially designed nuclear reactor which was fuelled by 100 lbs of Uranium 235, with an explosive power five times the force of Hiroshima.(Nucleus, 14/6/1978; Burleson, CW, "The Day the Bomb Fell", Great Britain, 1980, pp 227-245).

    カナダ北部ソ連 - 原子力ソ連の衛星コスモス954は軌道から落ち、カナダ北部のツンドラに突入。広範囲に放射性物質を拡散した。

    これは、広島の5倍の爆発力を持つウラン235を100ポンドを積んだ煽られた特別に設計された原子炉を含んでいた。(中略)(核、14/6/1978;バーレソン、CW、「爆弾が落ちた日」、英国、1980年、頁227から245)

    1979
    February
    2月 
    UK - British dockyard workers exposed to radiation while working on nuclear submarines show a greater than normal incidence of damaged chromosomes.
    These results are based on a ten-year study.The greater the radiation dose the worker received the greater the number of cells showing chromosome damage.Damage occurs even when radiation exposures are below internationally agreed safety standards.("New Scientist", 15th February, 1979)

    UK - 原子力潜水艦の作業中に放射線にさらされた英国の造船所の労働者の染色体の損傷は、正常よりも高い発生率を示す。

    これらの結果は、10年間の研究に基づいている。作業員が浴びた放射線の線量が大きいと、染色体の損傷を示す細胞もより多くなった。染色体の損傷は放射線被曝が国際的に合意された安全基準を下回っている場合にも発生する。(「ニューサイエンティスト」、1979年2月15日)

    May-June
    月- 6月 
    USSR - Reports of prisoners dying through atomic radiation from A. Shifrin, the Director of a centre in the Soviet Union that investigates the Concentration Camps and Psychiatric Prisons in the USSR Some of these camps are near atomic submarine bases.

    ソ連 ー 強制収容所と精神科刑務所を調査しているソ連の中央部のA.シフリンディレクターからの原子放射線によって死ぬ囚人の報告。これらの収容所のいくつかは、原子力潜水艦基地の近くにある。

    Prisoners from camps reportedly clean highly radioactive parts of the submarines and thus receive lethal doses of radiation.Other prisoners work in uranium mines and refineries where they are exposed to radiation.

    収容所の囚人は、報道によると潜水艦の放射能の高い部分を清掃しており、致死量の放射線を浴びる。他の囚人はウラン鉱山や製錬所で働き、放射線にさらされる。

    ("Baltic News", May-June 1979, based on an article "Novoye Rusakoye Siovas", a New York Periodical).(記事「Novoye Rusakoye Siovas」、ニューヨーク定期に基づいて、「バルトニュース」、月 - 1979年6月)。

    July
    7月 
    NAGASAKI, JAPAN - Between August 1978 and 1979, there were 106 patients suffering from radiation effects from the atomic bomb at the Nagasaki Hospital for A-Bomb victims.("Japan Times", 8th August 1979 quoted in WISE No.1 November/December 1979)

    長崎、日本 - 1978年8月〜1979年の間、原爆被災者のための長崎病院で。原爆で放射線影響を受けた106人の患者がいた。(1979年8月8日「ジャパンタイムズ」1979年11月/ 12月号で引用)

    July
    RADIUM HILL, SOUTH AUSTRALIA - A NSW Government report on workers at Radium Hill, although not yet finalized, shows that since 1960, 598 of those who worked underground at Radium Hill over a period of two years died of cancer;showing a death rate four and a half times the Australian average.(Senator Cavanagh, Hansard, 29th August 1979, pp.378-379) 

    ラジウム丘陵、南オーストラリア州 - ラジウム丘陵の労働者に関するニューサウスウェールズ州政府の報告によると、まだ確定されていないが、1960年以降、ラジウム丘陵で2年間にわたって地下で作業した者の598人ががんで死亡し、オーストラリア人の死亡率の4,5倍だった。(カバナー、ハンサード上院議員、1979年8月29日、pp.378-379)

    Senator Guilfoyle, representing the Federal Minister for Health, (Hansard 11th October, 1979, p.216) was unable to confirm or deny this according to information she had available to her, but she was able to confirm that of the 3,000 employees, 600 had been traced;22 who had died spent in excess of 12 months underground;9 (40%) had died of cancer.

    連邦大臣を代表するギルフォイル上院議員(1979年10月11日ハンサード、p.216)は、彼女は利用可能だった情報により確認や否定はできなかったが、3000人の従業員のうち600人が追跡され、地下12カ月以上過ごした22人が死亡し、内、9人(40%)ががんで死亡したことを確認できた。

    "Nationwide" reported that the death toll is rising.Workers were contaminated with radon gas at a time when the dangers of uranium mining were internationally known.As early as 1920 radon was a known killer.Safety standard at Radium Hill were sub-standard.

    「ネーションワイドゥ」は、死亡者数が増加していると報告している。ウラン鉱業の危険性が国際的に知られていた時点で、作業員はラドンガスで一度に汚染されていた。早くも1920年にはラドンは殺人者として知られていた。ラジウム丘陵の安全基準は準標準だった。

    Host miners did not know the tremendous risk they were taking.Many miners are still not aware of the danger.None were privately informed.("Nationwide", ABC 23rd July 1979)

    主の鉱夫は、彼らが取っていた途方もないリスクを知らなかった。多くの鉱夫は依然として危険を認識していない。誰も私的に知らされていなかった(1979年7月23日、ABC全国)

    4th August 
    8月4日
    GRAND JUNCTION, COLORADO, USA Significant levels of radon have been found in houses, schools, etc., where tailings were used for land fill and building foundations.Infant death rate for Grand Junction is 50% higher than the State average due to birth defects.(Penelope Coleing, MAUM)

    グランドジャンクション、コロラド州、アメリカ
    土地埋め立てと建物の基礎のために鉱山選鉱くずが使用された学校、家、その他では、かなりのレベルのラドンが検出されている。グランドジャンクションの幼児死亡率は、先天性欠損症のため、州平均よりも50%高くなっている。(ペネロペColeing、MAUM)

    (以降は、時間がないため機械語訳)
    9月29日
    29 September TUCSON, ARIZONA, USA - Governor Bruce Babbit of Arizona declared a State of emergency and sent the National Guard to clean out radioactive tritium at the plant which he claimed had been leaking recurrently.

    Chocolate cake made in the school across the road was found to have 56,000 picocuries per litre of radioactive tritium, almost three times the official safe standard.$300,000 worth of food was contaminated by radioactive tritium.An American atomic energy official claimed the whole emergency was the result of Governor Babbit's "greed for publicity" in related incidents.
    (Nucleus, Vol.2 No.1 November/December 1979 p.19)

    9月29日
    ツーソン、アリゾナ州、アメリカ-アリゾナ州の知事ブルース・バビットは非常事態を宣言し、彼は再帰的に漏れていたと主張工場で放射性トリチウムを一掃するために州兵を送りました。

    道路を挟ん学校で行われたチョコレートケーキは、放射性トリチウムのリットル当たり56,000ピコキュリー、ほぼ3倍公式安全基準を持っていることが判明しました。

    食品の$ 300,000の価値は、放射性トリチウムによって汚染されていました。アメリカの原子力関係者は全体の緊急関連の事件で知事バビットの「宣伝のための欲」の結果であったと主張しました。(核、第2巻第1号11月/ 1979年12月P.19)

    10月
    October
    WINDSCALE, UK - In Britain, Government scientists will investigate whether a mysterious rise in the incidence of blood cancer in Northern England is due to "radioactive pollution from the nearby Windscale nuclear plant".
    12 doctors diagnosed 12 cases of leukemia in one area, 10 victims have died.
    Scientists at Manchester University have found a marked rise in Leukemia deaths in Blackpool, Burnley, Lancaster and Preston areas surrounding Windscale with hardly any change over the rest of Britain.
     "Another university team discovered levels of radioactivity in the adjoining Irish Sea hundreds of times greater than in other coastal regions".

    ウィンズケール、イギリス - 英国では、政府の科学者は、北イングランドの血液癌の発生率の神秘的な上昇は「近くウィンズケール原子力発電所からの放射性汚染」によるものであるかどうかを調査します。

    12医師が1エリアに白血病の12例を診断し、10の犠牲者が死亡しています。

    マンチェスター大学の科学者たちは、英国の残りの部分にわたってほとんど変化してウィンズケールを囲むブラックプール、バーンリー、ランカスターとプレストン地域における白血病死亡の著しい上昇を発見しました。

     - 「別の大学のチームは、他の沿岸地域におけるよりも大きな倍の隣接アイリッシュ海の何百もの放射能のレベルを発見しました」。(「デイリーニュース」、1979年10月3日)

    29 December
    12月29日

    NEW YORK, USA - A couple, convinced that their stillborn baby was killed by radiation from Three Mile Island nuclear plant, filed for more than $20,000 compensatory and punitive damages from Metropolitan Edison, the operator of the plant.The woman was four months pregnant at the time of Three Mile Island accident.("West Australian", 29th December 1979)

    12月29日 
    NEW YORK、USA - カップルは、彼らの死産はメトロポリタンエジソン、植物のオペレータから以上$ 20,000の補償及び懲罰的損害賠償のために提出されたスリーマイル島原子力発電所からの放射によって殺されたことを確信させました。女性はスリーマイル島の事故の時に4ヶ月妊娠していました。(「西オーストラリア」、1979年12月29日)

    LANCASHIRE, UK Studies by Manchester University show cases of Myeloid lukemia has doubled between the late 1960's and early 1970's.
    No chemical cause found but cause linked with increased radioactive pollution monitored off the North-West coast.Cover-up is suspected because:

    -Public secrecy after radioactive releases when reactors were used for bomb production;
    -Unexplained failure to publish leukemia statistics since 1970.

    These results are in line with studies in the USA where a two to three times increase in cancer (particularly leukemia) can be found in the vicinity of nuclear plants.
    Despite this the British Government is relaxing control on dumping of low level wastes, preparing to raise objections to high level waste dumping and proposing to raise allowable radiation exposure levels to workers and the public in line with recommendations of the International Commission on Radiological Protection.(WISE November/December 1979)

    マンチェスター大学の研究では、骨髄性白血病の症例が1960年代後半から1970年代初頭にかけて倍増しています。化学的原因は見当たらないが、北西部の海岸からの放射能汚染の増加と関連している。

    ー 原子炉が爆弾生産に使われたときの放射能放出後の秘密。
    ー 1970年以来、白血病の統計を公表していないことが説明されていない。

    これにもかかわらず、英国政府は、低レベル廃棄物の投棄に関する管理を緩和し、高水準の廃棄物投棄に反対し、国際放射線防護委員会の勧告に沿って許容可能な放射線被ばくレベルを労働者および一般に高めることを提案している。 1979年11月/ 12月)

    (原文URL)

    (以前、本文を掲載していた記事)
    ジョン・ウェインは被爆死:白血病多発、余命10年 2016/2/26(金) 

    (今後参照する記事)
    [PDF]let the facts speak.pdf - Medical Association for Prevention of War
    2010年までの原子力関係事故

    [PDF]lWhat the PBMR EIA does NOT tell you!
    Sharing of research by Earthlife Africa eThekwini

    0 0

    (前提)外国人就労拡大、首相が表明 建設・農業・介護など :日本経済新聞 2018/06/05 
     安倍晋三首相は5日の経済財政諮問会議で外国人労働者の受け入れ拡大を表明した。人手不足が深刻な建設や農業、介護など5業種を対象に2019年4月に新たな在留資格を設ける。(以下省略9

    欧州での外国人の犯罪から分かるように、外国人が観光客も含めて多くなったらどうなるかは自明であろう。
    (ウィキペディアより)
    ●ドイツ
    ドイツでも、統計上目立っている。ベルリンにおいては、若い男性の移民による暴力犯罪は、純粋なドイツ人の3倍になるという。
    ●スイス
    2008年現在、スイスにおいては、69.7%の囚人がスイスの市民権をもっていない。
    ●オランダ
    移民の犯罪率はオランダ人の約二倍
    ●スウェーデン
    犯罪被疑者のうち25%が外国生まれの者、20%がスウェーデン生まれだが外国人を祖先に持つ者

    (以下本題)
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    何故に犯罪が減ったのか。特に若者の犯罪が減ったとか。
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *  - *
    警察庁によると、犯罪の減少には、官民一体の犯罪対策や少子高齢化、若者の規範意識の高まりなどが影響していると分析している。
    イメージ 10

    果たしてそうであろうか。大きく減ったのは窃盗ではないのか。窃盗とは、乗り物盗(大半は自転車泥棒)、万引き(この検挙件数が多い)、置き引き、スリ、車上荒らし、空き巣などである。この「窃盗」は刑法犯の7割以上を占める。

    他方、重要犯罪の殺人や強盗は減少していないではないか。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    上半期 刑法犯罪の認知件数“戦後最少”に
    日テレ 2018年7月19日 14:28
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 

    イメージ 8
    今年上半期に起きた刑法犯罪の認知件数が、39万件余りと戦後最少のペースとなっていることが分かった。

    警察庁によると、今年上半期の刑法犯罪の認知件数は、およそ39万9000件で、戦後最少だった去年の同じ時期をさらに下回った。

    イメージ 9

    全体の7割以上を占める窃盗の認知件数が、去年の同じ時期に比べ1割以上減り、重要犯罪の殺人や強盗はわずかに増えた。

    振り込め詐欺の認知件数は、2012年以降増加傾向にあったが、今年上半期は、依然、高水準ではあるものの去年の同じ時期と比べると7%ほど減少した。

    一方で、振り込め詐欺の検挙者の数は1266人と増加していて、中でも少年の検挙人数が去年の同じ時期に比べ2倍以上に急増し、検挙者全体の3割近くを占めているという。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    刑法犯罪、戦後最少を更新…若者の犯罪減少
    日テレ 2018年7月24日 14:18
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    今年の警察白書が発表され、刑法犯罪の認知件数が戦後最少を更新する中、近年、若者による犯罪が急速に減っていることが分かった。

    今年の警察白書が発表され、刑法犯罪の認知件数が平成14年に戦後最多の約285万件に達して以降、減少に転じ、去年はピーク時の3分の1以下、約91万5000件となったことが分かった。

    イメージ 1

    若者による犯罪が減少したのが一因で、人口1万人あたりの検挙人員では、14歳から19歳が平成元年以降、圧倒的多数を占めていたが、平成15年をピークに大幅に減り、去年はピーク時の5分の1ほどになった。

    イメージ 2

    警察庁は、若者による犯罪が減少した理由を、官民一体の犯罪対策や少子高齢化、若者の規範意識の高まりなどが影響していると分析している。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    “オレオレ詐欺”被害 首都圏と大阪で深刻
    日テレ 2018年8月2日 12:29
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    今年上半期の特殊詐欺の被害状況が発表され、オレオレ詐欺の被害が、首都圏と大阪で深刻化していることが明らかになった。

    イメージ 11

    警察庁によると、特殊詐欺の認知件数は今年上半期は8197件で依然、高い水準となっている。特殊詐欺の中でも「オレオレ詐欺」は、前年同期から2割以上増え、特に首都圏と大阪で深刻化している。大阪では前年同期から7割以上増え、神奈川で5割以上、東京でも3割以上増えた。

    イメージ 7

    ATMなどで現金を振り込ませる形態は、金融業者の声かけなどの効果で認知件数が減る一方、警察や金融関係者などを装って、キャッシュカードをだまし取る形態が急増している。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    「だまされる方が…」特殊詐欺防止へ、加害者の声DVD
    朝日新聞 8/3(金) 15:26配信
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    警察庁が2日に発表した上半期の特殊詐欺の状況で、摘発した1325人のうち4人に1人にあたる368人が少年だった。昨年同期の約2倍。少年の関与が相次いでいることを受け、警視庁は、関与した少年の「生の声」を集めたDVDを初めて作り、教材として活用し始めた。(中略)

    現金を受け取る「受け子」だった少年は「高校の先輩に『稼げる仕事がある』と紹介された。危ないと思ったが、先輩に財布や身分証をとられ、逃げられないなと思って始めた」。「最初の1人、2人は申し訳ないと思った」が、次第に感覚がまひし「だまされる方が悪いと思うようになっていた」と語る。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    犯罪件数の減少の理由は、監視・防犯カメラにある
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    例えば、エレベーターで痴漢が横行したので、エレベーター内部に防犯カメラを設置したらピタリと止んだ。また、痴漢が頻発する暗い横道に、街灯と防犯カメラを設置したらピタリと止んだが、工事などで街灯が覆われ暗くなったら即座に痴漢が復活。覆いを除去し再び明るくなったら痴漢はピタリと止んだ。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    オレオレ詐欺に騙される原因は高齢化だけではない。人の脳が、フッ素やGMO(遺伝子組み換え食品)や放射能やアルミ、人工甘味料アスパルテームなどで、思考能力の損傷をきたしているからである
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    その代表的なフッ素化合物は、ナチスの研究により、人の脳を破壊し、思考能力を奪うことが解明されている。2011年、民主党政権は幼児の歯にフッ化物を塗布する法律を作った。

    (フッ化ナトリウムはとは)
    産業廃棄物。殺虫剤、防腐剤として使われ、また、猛毒サリンの原料でもある。
    (フッ化物使用の代表例)
    歯科医では歯に塗布。歯磨きチューブ、ガム、一部の飲料水、テフロン(フッ化樹脂)加工のフライパン。尚、かって一部の市町村では水道水に添加していた。

    (ナチスの開発)
    ナチスの化学研究の目的とは、大衆のマインドコントロールであり、ユダヤ人の国家『イスラエル』を創るために集めた国民要員をいかに従順で管理の容易なゴイム(家畜)とするかである。更には、世界の人々を不妊化し、人口を抑制し、思考能力を奪い奴隷化するかである。

    その研究の最大の成果がフッ素化合物の『フッ化ナトリウム』であり、ナチスはアウシュビッツ収容所などの水道水にこれを混入し好結果(stupid and docile)を得ている。

    (日本政府の日本人無能化戦略)
    2011年には「歯科口腔保健の推進に関する法律」が公布・施行となり、う蝕予防に対するフッ化物局所応用が具体的に位置づけられた。

    また、2012年には母子健康手帳の1歳6ヵ月児および3歳児を対象とした「保護者の記録」の改訂により、「歯にフッ化物(フッ素)の塗布やフッ素入り歯磨きの使用をしていますか」という質問項目が載せられるようになった。

    さらに、2013年8月には週1回法900ppmのフッ化物洗口剤の医薬品としての承認(適用外使用)が得られ、2015年3月には毎日法225ppmのフッ化物洗口剤が、要指導・一般用医薬品「スイッチOTC薬」として認可され、処方せんや指示書なしで誰でも薬局で購入できるようになった。

    そして2017年3月には、フッ化物イオン濃度の上限を1,500ppmとする高濃度フッ化物配合歯磨剤の医薬部外品としての市販が、厚生労働省により新たに認められたところである。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    中国の監視カメラ、現在、国民10人に1台の割合。
    今後3年で国民3人に1台の割合へ  BBC
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    中国の監視網がたちまち人を特定 AI付き監視カメラ全国に
    BBC 2017年12月11日
    イメージ 3

    中国は「世界最大の監視カメラ・ネットワーク」と呼ばれるものを構築しつつある。国内各地に監視カメラ1億7000万台がすでに設置され、さらに今後3年間で推定4億台が追加される見通しだ。

    イメージ 4

    イメージ 5

    監視カメラの多くに人工知能が搭載され、顔認証技術などを備えている。
    イメージ 6

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    残念ながら日本でも、犯罪を防止するのには監視カメラを増設し、監視社会とならざるを得ない
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    昔は5人組で近所同士の一種の監視社会であった。だが、都市化で種々の人が移住してきて隣近所が疎遠となった現在、それに代わるシステムを必要とする。それが監視カメラである。

    この監視カメラ設営は予算上一気にとはいかないので、先ずは各都市の主要交差点からである。これだけでも現場警察官にとり重要犯罪の捜査に役立つ。

    但し、監視カメラを操作する者を更に監視する監視カメラの必然。他方、監視カメラシステムは、現在の都道府県の垣根のある警察体制を凌駕する全国統一の新組織を警視庁に新設の必然。

    更に更に、裁判員制度のような任意の民間人が、監視カメラで監視する現場を監視する制度を必要とする。


    0 0


    下記の東京新聞の記事は、2012年6月のものだが、神奈川県の小田原市議会は、学校給食で児童に放射能汚染ミカンを食べさせた。

    つまり、子供たちの健康よりも利益優先と言うことだ。これが日本の国だけでなく、地方政治の現実だ。つまり、政治とは国民・市民を守るものではないということを意味している。

    東京新聞 
    県内産冷凍ミカンから微量の放射性セシウムが検出されたのを理由に、横浜市と鎌倉市が 学校給食で冷凍ミカンの提供を中止している問題で、ミカンの生産量が多い小田原市の市議会は十四日、「農産物に対する風評被害の拡大につながりかねない」と、給食で 
    冷凍ミカンの提供を要望する決議案を賛成多数で可決した。
    同様に、フランス政府でも、チェルノブイリ原発事故で大量の放射能がフランス国土全域に降ったにも拘わらず、「フランス国内では放射能による汚染は無く、健康への影響はない」と明言。訴えられている。福一での菅直人政権下の枝野も同様な発言を数度繰り返している。これが政治だ。

    フィガロ紙
    「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」(2011年4月1日)

    チェルノブイリ原発事故が起きた1986年4月26日当時、フランス放射線防護中央局(SCPRI)局長をつとめていたピエール・ペルラン教授(88歳)は、チェルノブイリ事故が起きた直後の4月30日から5月5日にかけ、「フランス国内では『死の灰』(放射性物質)による汚染は無く、健康への影響は無い」と発言、「深刻な嘘をつき」国民の健康を害したかどで、2002年より起訴されている。ぺルラン教授の件は3月31日にパリ法廷で協議され、9月7日に最終決定がなされる予定。(以後省略)

    チェルノブイリの北に隣接するベラルーシの場合は、政府の言う見解を否定したユーリ・バンダエフスキー学長は逮捕され投獄されている。

    1990年、ゴメリ(Gomel)医科大学に就任、初代学長・病理学部長を務める。彼の主張は、ベラルーシ政府の、現在でも堅持している『チェルノブイリ原発事故による放射線は人体の健康にほとんど影響しない』という見解を否定するもの故に、2001年6月18日、裁判で懲役8年の実刑判決を受けた。大学副学長のウラジミール・ラブコフ(Vladimir Ravkov)も8年の実刑を受けている。

    政治とはこんなものである。

    イメージ 1

    他方、国民・市民とは、ヘビやカエルやワニの如くの変温動物(爬虫類)と言える。良く言えば環境の変化への順応性に富む。別な言い方をすれば、マスメディアプロパガンダに簡単に騙される。

    例えばカエルの場合、生息する水の温度をなだらかに上昇させていくと高温になっても気付かない。命の危機を感じた段階で気付くか、或いは気付いた時にはもう遅い。

    さて本題。
    下記は、ある講演会の文字起こしの記事を掲載した。

    ここでの注目点は、放射能が降ってから数年後には放射能が減じたように見えるエリア、或いは、当初放射能の心配無用と言われたエリアでは、地中に浸み込んだ放射能をやがては植物の根が吸い込み、植物全体を放射能汚染させ、結果、そのエリアの放射能濃度が高まるという想定できなかった現象を論じていることである。

    放射能汚染に対しては、台風のようなやがては過ぎ去るものではなく、何年経過しても常に警戒の心と行動を抱き続けることが必然となる。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    2012年 12/14 アレクセイ・ヤブロコフ博士講演会 「低線量被ばくの健康影響:国際機関の放射線安全概念を問う」
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    (一部抜粋)
    もうひとつの大きな科学上の誤りは、チェルノブイリ事故が起きてからの最初の年には被曝量が減少しました。というのは放射性物質が土壌の中に降りていたからです。それと同様に今こちらの福島でも同じことが起きています。つまり被曝線量の減少ということが起きています。

    しかし、5年後には汚染はまた広がってきます。なぜかというと土壌に入った放射性核種は根の成長といっしょにまた上がってくるからです。たとえばストロンチウムは半減期30年ですけれども、根っこによって吸い上げられて表面に出てくるんです。 

    つまり、最初に見られた放射線核種が、別の放射線核種にとって変わられていくというチェルノブイリで起きたことが福島でも起きるでしょう。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    『チェルノブイリ被害の全貌』刊行記念ヤブロコフ博士講演会
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    (一部抜粋)
    100メートル離れただけで、その濃度というものが3倍~4倍、あるいは1/3、1/4というかたちで変わってしまうからであります。

    これはベラルーシ政府の公式な統計数字であります。ここからも汚染がより強い地域ほど、乳がんの罹病率が増えているということがわかります。

    そして事故後8、9、10年経つと、乳がんの罹病率が飛躍的に伸びているということがわかります。

    その一番最初の3つだけを読み上げますと、血液心血管系そして内分泌系、糖尿病も含めて、免疫系といったことで健康障害というものが起きています。

    また生まれる子供の性別の比率というものがかわりまして、男の子の生まれる率というものが減少します。つまり男の子として受胎したものが出生、生きて生まれるというところまで行き着かない割合が増えてしまうということであるわけです。

    またひとりの人間であっても複数の病気を抱えるという状況が生まれます

    WHOとIAEA国際原子力機関の間に協定が結ばれている
    日本を待っているものは何かということになります。まず、染色体の突然変異というものが既に増えているわけであります

    チェルノブイリの事故後もそう言われていましたし、その時点では私のような研究者たちもそう思っていたわけです。

    しかしチェルノブイリの事故後8年~10年経ちますと、かつては汚染に関しては心配はいらない、あるいは、それほど心配はいらないと言われた地域で汚染度が増したわけです。

    それは植物の根というものが沈殿していった放射性物質に到達し、それを吸い上げる形で地表に出してしまった。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 

    ※忘れじな:広島と長崎の原爆

    ※消えぬドイツの森林放射能汚染


    0 0


    先月、島本町の住宅地の中の二反(600坪)の田んぼを偶々通ったら、何と、赤とんぼが群れになって30匹程飛んでいる。

    イメージ 2
    (画像)群れをパチリしようとするも、デジカメは一瞬遅れる。パチリしたときには、狙う群れは画面から消え、残るはたった二匹のみ。

    この赤とんぼ、奇跡としか言いようがない。

    ここから南へ2km程の高槻の新幹線・阪急とJR京都線の間の田んぼでは相変わらず赤とんぼ一匹たりとも見かけない。


    我が町・島本町では10年弱前、農協がモンサントの農薬ラウンドアップの使用を認可して以降、ホームセンターでは今夏も別途1間程の特別コーナーを設ける程大々的に販売され、トンボ類、蝶、蚊はほとんど消えてしまった。そして昆虫を餌とするスズメをも見かけることも珍しくなった。

    ラウンドアップが小川などを汚染し、水中の虫が消え、更には、ラウンドアップで育っ野草の花の蜜を吸った、或いは野菜を食べた昆虫たちがやられたのであろう。

    この住宅地の田んぼでは、農家がラウンドアップの人体への影響を知って、恐らく播かなかったからであろう。それで赤とんぼが復活したと言える。
    イメージ 1

    赤とんぼだけではない。シオカラトンボも見かけた。いずれも10年ぶりと言える。

    (余談)
    ケムトレイルだけは、いつもの如く、ジェット機で上空からアルミや放射能や菌をばら撒いている。

    イメージ 3

    イメージ 4

    ※ ケムトレイル 書庫