Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

島本町水無瀬は、京都嵐山から流れる桂川(途中、鴨川と合流)・琵琶湖からの宇治川・奈良方面から流れる木津川の三つの川の合流地点です。ここから淀川となって大阪に流れます。 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1462267/img_1462267_55109248_4?1289239015)]] 島本町水無瀬については、谷崎潤一郎著小説「蘆刈(あしかり)」で結構詳細に述べられています。ここ水無瀬は、小倉百人一首を並べたら、水無瀬の情景になるという藤原定家の隠れた後鳥羽上皇思いの舞台です。 参照:「百人一首の秘密」著者林直道教授の公式サイト http://www8.plala.or.jp/naomichi/ 参照:「水無瀬絵図」小倉山荘サイト  http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/hyakunin02.html (追記)小説『蘆刈』に基づく私のブログ記事 谷崎潤一郎原作・主演田中絹代 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43928675.html 愛するが故に妻との別離 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43963187.html 阪急大山崎下車の谷崎潤一郎 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46246160.html 京都に在った諏訪湖より大きな池 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46870978.html 十五夜お月さんと山崎の橋 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61587198.html 水無瀬野の歴史 https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61399688.html (お知らせ)09.12.06 ①公序良俗に反するコメントや、因縁コメントは直ぐにカットします。 ②コメントは、空行も含めて10行以内でお願いします。➂私の記事や私見に反論のある方は、先ず自分のブログで論証してください。
    0 0


    マグネシウムが命を救う 2018/12/30

    高血圧症は男性の方が多く、巷では多い理由を色々と述べていますが、大きな理由の一つに、循環器内科の看護師には必ずべっぴんさんがいるからなんです。

    特に高齢男性になりますとべっぴんさんに腕に触れられただけで舞い上がりますから、畢竟、ドキドキで血圧は一気に上がる訳です。

    更に、べっぴんさんの看護師が何故か微笑みっぱなしですから、心躍る高齢男性諸君は、律儀に足しげくルンルンで通院します。

    実は降圧剤は最も儲かる薬の一つです。と言いますのは、降圧剤は副作用を伴い、飲み続けたらその副作用を抑えるために新たな薬が追加され、その新たな薬の副作用を抑えるために更に別の薬が追加され、やがては10種類もの薬を服用することになります。

    医師は医薬品メーカーから実績に応じてバックマージンが入りますから、患者は鴨ネギどころか、たわわに金の生る木なのです。看護師さんが微笑みながら優しく脈をとる理由がお分かりですね。

    以下、前回の続編です。
    (前回記事)
    『高血圧症にはマグネシウムを』 2018/12/28


    前回と同様、今回も専門用語にとらわれず、さらっと読み流しただけで全容は把握できると思います。

    (図)死亡原因と死亡構成比円グラフ
    イメージ 1

    (本文)
    A systematic review and meta-analysis of prospective studies that comprised 313,041 individuals and 11,995 cardiovascular diseases, 7534 ischemic heart diseases, and 2686 fatal ischemic heart disease events found that higher serum levels of magnesium were significantly associated with a lower risk of cardiovascular disease, and higher dietary magnesium intakes (up to approximately 250 mg/day) were associated with a significantly lower risk of ischemic heart disease caused by a reduced blood supply to the heart muscle. 

    313,041人の個人と11,995人の心血管疾患、7534人の虚血性心疾患、および2686人の致命的な虚血性心疾患イベントを含む前向き研究の系統的レビューと解析では、マグネシウムの血清中濃度が高い程、心血管疾患のリスクが低いことと有意に関連していました。

    そして、マグネシウム摂取量の増加(最大約250 mg /日)は、心筋への血液供給の減少によって虚血性心疾患によるリスクの有意な低下と関連していました

    Circulating serum magnesium (per 0.2 mmol/L increment) was associated with a 30% lower risk of cardiovascular disease (RR: 0.70; 95% CI: 0.56, 0.88 per 0.2 mmol/L) and trends toward lower risks of IHD (RR: 0.83; 95% CI: 0.75, 1.05) and fatal ischemic heart disease (RR: 0.61; 95% CI: 0.37, 1.00). Dietary magnesium (per 200 mg/day increment) was not significantly associated with cardiovascular disease (RR: 0.89; 95% CI: 0.75, 1.05) but was associated with a 22% lower risk of ischemic heart disease (RR: 0.78; 95% CI: 0.67, 0.92). The association of dietary magnesium with fatal ischemic heart disease was nonlinear (p < 0.001), with an inverse association observed up to a threshold of ~250 mg/day (RR: 0.73; 95% CI: 0.62, 0.86), compared with lower intakes .

    循環血清マグネシウム(0.2mmol / L増加あたり)は心血管疾患のリスクを30%低下させ、そして、虚血性心疾患(IHD)と致命的な虚血性心疾患に罹患するリスクを下げる傾向があります。

    食事によるマグネシウムの1日当たり200mg の増量は、心血管疾患と有意に関連はしていませんでしたが、虚血性心疾患のリスクが22%低下していました。

    食事によるマグネシウムと致命的虚血性心疾患との関連は直線ではなく、より低い摂取量に比較すると、逆相関(逆比例)は約250 mg /日の閾値(分岐点)まで観察されました。 (1日に食事に寄るマグネシウムの摂取量が極少量の場合、効果が無いと言うこと。)

    In a monocentric, controlled, double-blind study, 79 patients with severe congestive heart failure (NYHA IV) under optimal medical cardiovascular treatment were randomised to receive either magnesium orotate (6000 mg for 1 month, 3000 mg for about 11 months, n = 40) or placebo (n = 39). Both groups were comparable in demographic data, duration of heart failure and pre- and concomitant treatment. After mean treatment duration of 1 year (magnesium orotate: 364.1 +/- 14.7 days, placebo: 361.2 +/- 12.7 days) the survival rate was 75.7% compared to 51.6% under placebo (p < 0.05). Clinical symptoms improved in 38.5% of patients under magnesium orotate, whereas they deteriorated in 56.3% of patients under placebo (p < 0.001) .

    単心対照二重盲検試験(註1)で、最適な医学的心血管治療を受けている重症鬱血性心不全(NYHA IV)患者79人に対し、無作為で、40人に対してはオロチン酸マグネシウムを1ヶ月6000 mgのケースと約11ヶ月3000 mgのケースに分け投与し、残りの39人に対しては成分を全く含まない偽薬(プラセボ)を投与しました。

    (註1)二重盲検試験(ダブル・ブラインド・テスト、DBT)
    試験デザインの一種で、治験実施に関わるすべての人間が、どんな薬を投与するのか一切知らずに行われる治験方法。 新薬(被験薬)の治療効果・有効性を確かめるための比較試験として最も一般的な方法。 

    このテストは、治験の被験者群をA群とB群に二分し、A群には被験薬を、B群には対照薬(偽薬など)を投与して比較を行う。このテストの特徴は、どちらのグループにどちらの薬を投与しているか、誰も知らない点にある。

    両群は、人口統計学的データ、心不全の期間、並びに前治療および同時治療において同程度でした。

    1年間の平均治療期間の後、生存率は、偽薬(プラセボ)投与のグループの場合の51.6%と比較し、オロチン酸マグネシウムの薬を投与したグループの場合は75.7%でした。

    臨床症状はオロチン酸マグネシウム投与を受けた患者の38.5%で改善しましたが、偽薬(プラセボ)投与を受けた患者の56.3%で悪化しました。

    注)他の同様の研究例が記述され、同様にオロチン酸マグネシウム投与の効果が実証されていますが、それは割愛します。

    Magnesium orotate may be used as adjuvant therapy in patients on optimal treatment for severe congestive heart failure, increasing survival rate and improving clinical symptoms and patient’s quality of life.

    オロチン酸マグネシウムは、重症鬱血性心不全に対する最適な治療法、生存率の向上、臨床症状および患者さんの生活の質の向上を目的として、患者さんの補助療法として使用されることがあります。

    A meta-analysis of seven prospective trials with a total of 241,378 participants observed a modest but statistically significant inverse association between magnesium intake and risk of stroke. An intake increment of 100 mg Magnesium/day was associated with an 8% reduction in risk of total stroke (combined RR: 0.92; 95% CI: 0.88, 0.97). Magnesium intake was inversely associated with risk of ischemic stroke (RR: 0.91; 95% CI: 0.87, 0.96) but not intracerebral hemorrhage (RR: 0.96; 95% CI: 0.84, 1.10) or subarachnoid hemorrhage (RR: 1.01; 95% CI: 0.90, 1.14) . In an updated meta-analyses of prospective studies to date, the combined RR of total stroke was 0.87 (95% CI: 0.83, 0.92) for a 100 mg/day increase in magnesium intake, 0.91 (95% CI: 0.88, 0.94) for a 1000 mg/day increase in potassium intake, and 0.98 (95% CI: 0.94, 1.02) for a 300 mg/day increase in calcium intake .

    合計241,378人の参加者による7つの前向き試験の解析では、マグネシウム摂取量と脳卒中のリスクとの間に中程度ですが統計的に有意な逆相関を観察しました。(注)つまり、マグネシウムを多く摂取すると、脳卒中のリスクが減るということ。

    100 mgマグネシウム/日の摂取量の増加は、全脳卒中のリスクの8%の減少と関連していました。

    マグネシウム摂取量は虚血性脳卒中のリスクと逆相関していました。(注)ここでもマグネシウム摂取量が多いと、虚血性脳卒中のリスクが減るということ。

    然し、脳内出血、又はくも膜下出血とは関連していませんでした。

    これまでの前向きな研究の最新の解析では、マグネシウム(Mg)摂取量の100 mg /日の増加に対して、総脳卒中の総合発症率は0.87、カリウム(K)摂取量が1000 mg /日増加すると0.91、カルシウム(Ca)摂取量が300 mg /日増加すると0.98でした。

    Magnesium sulfate is neuroprotective in preclinical models of stroke and has shown signals of potential efficacy with an acceptable safety profile when delivered early after stroke onset in humans. In a recent study, 1700 patients with suspected stroke received either intravenous magnesium sulfate or placebo, beginning within 2 h after symptom onset. Prehospital initiation of magnesium sulfate therapy was safe and allowed the start of therapy within 2 h after the onset of stroke symptoms, but it did not improve disability outcomes at 90 days .

    硫酸マグネシウムは脳卒中の動物モデルを用いた前臨床試験に於いて神経保護作用があります。そしてヒトに於いて脳卒中発症後、早期に硫酸マグネシウムを供給した場合、容認できる安全性の統計データで潜在的な有効性のシグナルを示しました

    最近の研究では、脳卒中が疑われる1700人の患者が、発症から2時間以内に、硫酸マグネシウムの静脈内投与又は偽薬(プラセボ)のいずれかを受けました。

    入院前の硫酸マグネシウム治療の開始は安全であり、脳卒中症状の発症後2時間以内に治療を開始することを可能にしましたが、それは90日目の障害治療結果を改善しませんでした。

    In hemodialysis patients, low magnesium status is associated with other risk factors for cardiovascular disease such as greater incidence of intradialytic hypotension, poorer hemodialysis adequacy, deteriorating calcium-phosphate metabolism, inflammation and carotid intima-media thickness .

    血液透析患者において、低マグネシウム状態は、透析中低血圧の発生率の上昇、血液透析の適切性の低下、リン酸カルシウム代謝の悪化、炎症、頸動脈内膜中膜肥厚など。心血管疾患の他の危険因子と関連しています。

    Cardiac arrhythmias are well known to be associated with hypomagnesaemia, although the contribution of hypomagnesaemia to its pathogenesis is not fully known due to coexisting hypokalaemia and other electrolyte disturbances. Possible effects of magnesium in preventing cardiac arrhythmias are stabilization of electrolyte concentrations of the heart muscle cell and membranes, calcium antagonism,,elevation of cell energy niveau, improvement in O2 utilisation and diminishing of neurotransmitter release, e.g..adrenaline or noradrenaline. Magnesium depletion increases susceptibility to arrhythmogenic effects of drugs such as cardiac glycosides. The spectrum includes supraventricular and ventricular arrhythmias. Magnesium has a well-established role in the management of torsade de pointes. Torsade de pointes, a repetitive polymorphous ventricular tachycardia with prolongation of QT intervals, has been reported in cases of hypomagnesaemia, and this and other arrhythmias have been successfully treated with intravenous magnesium. In the recent guideline of the American Heart Association and the American College of Cardiology for prevention and treatment of torsade de pointes, tachycardia administration of magnesium and potassium is advised .

    心臓不整脈は低マグネシウム血症に関連することがよく知られていますが、とわ言え、低マグネシウム血症がその病因に寄与していることは、低カリウム血症や他の電解質障害が共存しているために完全には知られていません。

    心臓不整脈の予防におけるマグネシウムの可能性のある効果は、心筋細胞および膜の電解質濃度の安定化、カルシウム拮抗作用(きっこうさよう)(註2)、細胞エネルギーの上昇、酸素02利用率の向上(註3)、例えば、アドレナリンまたはノルアドレナリンのような神経伝達物質放出の減少などです。

    (註2)拮抗作用(きっこうさよう)
    生物体のある現象に対して、二つの要因が同時に働いて、お互いにその効果を打ち消し合う作用。この場合、マグネシウムがカルシウム過剰を抑制すること。

    (註3)02
    この02の数値は、結構多く使われているものの、調べてみましたが、意味は分かりませんでした。

    マグネシウム枯渇は、強心配糖体(註4)など薬物の催不整脈作用(註5)に対する感受性を高めます。領域は上室性不整脈および心室性不整脈を含みます。

    (註4)強心配糖体(きょうしんはいとうたい)
    心臓の収縮力を強化し、強い強心作用を示す植物(ジギタリス)由来の数種のステロイド配糖体のこと。強心ステロイドともよばれる。

    (註5)催不整脈作用
    心臓病治療薬,非心臓病治療薬を問わず,薬の投与により既存の不整脈が増悪した場合,. または新たな不整脈が発生した場合をいう 。

    マグネシウムは心室性不整脈の管理において十分に確立された役割を果たしています。

    低マグネシウム血症の症例では、QT間隔(註6)の延長を伴う反復性多形性心室頻拍(註7)である心室性不整脈が報告されており、これおよび他の不整脈は静脈内マグネシウムでうまく治療されてきました。

    (註6)QT間隔
    Q波の始まりからT波の終わりまでの時間

    (註7)多形性心室頻拍
    頻拍中の心電図波形が単一なものを単形性心室頻拍、波形が一つ間違って崩壊したものを多形性心室頻拍という、特に多形性心室頻拍は最も危険な 致死性不整脈で心室細動と同じ心肺蘇生など早急な処置を必要とします。

    最近のアメリカ心臓協会とアメリカ心臓病学会の心室性不整脈の予防と治療ガイドラインでは、マグネシウムとカリウムの頻脈(ひんみゃく)(註8)投与が勧められています。

    (註8)頻脈(ひんみゃく)
    心拍数が増加している状態。 成人の安静時心拍数はおよそ毎分50~70回(bpm)であるが、100bpmを超える状態を頻脈という。 心臓は自律神経(交感神経と副交感神経)によって支配されており、何らかの要因で交感神経が優位になると心拍数が増える。

    The frequency of cardiac arrhythmias occurring after myocardial infarction is higher in hypomagnesemic patients and can be reduced by magnesium administration. Several trials indicate that an intravenous magnesium infusion early after suspected myocardial infarction could decrease the risk of death. A meta-analysis with 2316 patients of the Leicester Intravenous Magnesium Intervention Trial (LIMIT-2) found a significant reduction in mortality in those patients who were given intravenous magnesium sulfate (8 mmol over 5 min followed by 65 mmol over 24 h) within 24 h of suspected myocardial infarction or physiological saline. By intention-to-treat analysis mortality from all causes was 7.8% in the magnesium group and 10.3% in the placebo group (2 p = 0.04), a relative reduction of 24% (95% confidence interval 1%–43%) . However, another study involving 58,050 patients with suspected myocardial infarction, (ISIS-4, Fourth International Study of Infarct Survival), showed no benefit from magnesium therapy . Also in the Magnesium in Coronaries (MAGIC) trial with 6213 patients with acute ST-elevation myocardial infarction, magnesium therapy had no benefit . Thus, the use of intravenous magnesium sulphate remains controversial. Nevertheless, magnesium therapy should be considered in those with refractory arrhythmias.

    心筋梗塞後に発生する心不整脈の頻度は低マグネシウム血症の患者でより高く、マグネシウム投与によって減らすことができます。

    いくつかの試験は、心筋梗塞が疑われる直後のマグネシウムの静脈内注入が死亡のリスクを減らすことができることを示しています。

    英国の都市レスターの2316人を対象とした静脈内マグネシウム治療介入試験(LIMIT-2)の解析では、24時間以内に硫酸マグネシウムの静脈内投与(5分間で8mmol、続いて24時間で65mmol)を、又は生理食塩水の投与を受けた心筋梗塞と疑われる患者の死亡率が有意に低下しました。

    意図的治療分析によると、すべての原因による死亡率はマグネシウム群で7.8%、偽薬(プラセボ)群で10.3%であり、相対的な減少は24%でした。

    しかしながら、心筋梗塞の疑いのある58,050人の患者を含む別の研究(ISIS-4、梗塞生存の第4回国際研究)では、マグネシウム療法からの利益を示しませんでした。

    急性心電図のST波上昇型心筋梗塞の患者6213人を対象とした冠動脈内マグネシウム(MAGIC)試験でも、マグネシウム療法は有益ではありませんでした。

    従って、静脈内硫酸マグネシウムの使用は物議を醸しているまゝです。それにもかかわらず、マグネシウム療法は難治性不整脈を持つ人々に考慮されるべきです。

    ※このマグネシウムと高血圧の項はここでおしまい。
    次回は、マグネシウムと子癇前症および子癇

    (ソース)
    National Center for Biotechnology Information, U.S. National Library of Medicine
    アメリカ国立医学図書館、国立バイオテクノロジー情報センター

    (これまでのマグネシウムに関する記事)
    『突然死対策:マグネシウム』 2018/11/28(水) 
    『予防と治療のマグネシウム』 2018/12/5(水) 
    Magnesium in Prevention and Therapy
    『マグネシウムの腸の吸収過程』 2018/12/7(金) 
    『豆腐用ニガリによる脱・糖尿病』 2018/12/25
    『高血圧症にはマグネシウムを』2018/12/28

    『健康人の病気は医師がサプリで創る』 2015/12/23(水) 
    5 Warning Signs of Magnesium Deficiency
    マグネシウム欠乏の5つの警告サイン

    (画像)
    死亡原因と死亡構成比円グラフ


    0 0


    イメージ 1



    0 0


    元日は、水無瀬駅から午前10時前の阪急電車に乗り、河原町下車。四条大橋からの北山には若干の積雪が眺められました。


    処が、橋の下を見下ろすと、何と、大晦日の夜から元旦にかけて土手で飲食したらしく、ゴミは放置されたままです。

    更に四条大橋の東詰めにも空き缶やペットボトルなどが散乱。

    四条大橋から八坂さんまでの四条通り歩道でも、ジュースなどの紙コップなどのゴミが散乱していました。

    酔っ払った若者が犯人かと思いきや、アルコール類のゴミは四条通では皆無。と言うことは、十代後半の者達、或いは、ヨーロッパの観光地でも問題になっていた渡来人なんでしょう。

    それにしても東山地区四条通の商店街では、年明けの未明から早朝にかけて掃除をすることが習慣になっていないことに改めて驚かされましたし、特にこの街のこの姿勢には落胆せざるをえないのです。

    さて、


    西桜門(四条通り側)をくぐりました。

    未明のをけら詣でも終わっているから空いているだろうと思いましたが、やはりそれなりの初詣の人たちがいっぱいいました。

    進むはチンタラ。

    本殿。思っていたより人が少ない。やはり晦日の深夜から元日の未明にかけての騒動が終わったひと時の静寂かも。

    手水(ちょうず)

    着物姿はあちゃらの観光客や渡来人が大半だけれど、手水(ちょうず)に近ずく歩行の姿にオーラが漂う女性を見かけておやっと思いました。

    二人連れの彼女らは、参拝の手水の手順通り、しなやかに行っています。やはり日本の若き女性二人です。恐らくお花やお茶の習い事をしているお二人さんでしょう。この時程、晴れ着姿の日本の女性の世界に類例なきおしとやかさを感じたことはなかったですね。


    本殿で参拝。「5日のパカパカ京都金杯を含め、メインレースの1着から3着の馬番をお知らせ下さい」とお願いしました。

    50年前の本殿の鈴は、一段と大きなものが一個だけで、その鈴を鳴らそうと皆が目指し、争い、大混乱したものですが、それがいつの間にか普通の大きさの鈴三個になり、そして元日はその鈴も紐で結わえられ、鳴らせないようになっていました。

    初詣の参拝も済み、マンマは破魔矢(はまや)を購入し、息子はおみくじを引きました。吉でした。処が息子がおみくじを結わえようとしたところ、神社の人がゴミ袋に何か詰めています。


    それは皆が結わえたおみくじを手で紐から引き抜いてゴミ袋に詰めているではありませんか。

    確かに引いたおみくじは不用なものには間違いないけど、この現場を垣間見ると、ため息が出てきます。ゴミ袋ではなく、せめて何らかの神社の紋章などのある袋とか箱に、それも紐のままに入れて欲しいものです。
    イメージ 1

    舞殿と能舞台
    元日は閉まっていました。

    (舞殿参考)
    ここ舞殿では、毎年、正月、NPO法人・日本伝統芸能団主催『奉納の舞』が行われます。ここでは更に春と祇園祭の計三回、舞を奉納します。

    この画像は2007年4月の春の奉納の舞のもの
    イメージ 2

    イメージ 3
    奉納舞 2007年

    (能舞台参考)
    他方、ここ八坂神社の能舞台では正月3日、午前は「初能奉納」、午後は新春恒例の「かるた始め式」があります。

    初能奉納
    イメージ 5

    初能奉納は毎年1月3日に行われています。初能奉納では各年交代で、金剛流・観世流の家元による能・翁(おきな)と仕舞(しまい)が能舞台で奉納されます。
    初能奉納 2013/01/03 八坂神社

    かるた始め式
    日本かるた院本院が主催し、毎年「和歌の神」ともいわれる祭神・スサノオノミコトに百人一首の手合わせを奉納しています。(ユーチューブ)毎日新聞2016/1/3
    イメージ 4

    初詣の参拝も終わったので、それから南桜門をくぐって昼食を予約してある所に行きました。
                                つづく


    0 0


    元日の八坂神社への初詣の記事の続きです

    (昨日の記事)
    『元日の初詣は八坂神社へ』 2019/1/4(金) 

    いかにも京都らしい正月のミニ会席料理での昼食後、再度、八坂神社の南桜門をくぐります。

    午前中に南桜門から出た時に人はパラパラでしたが、流石、午後ですから、鳥居から南桜門の参道には人がぐっと増えていました。


    本堂の天井から垂れ下がる三個の鈴は、混乱を避けてか鳴らせないように結わえられているのを横目に、四条通の西桜門へ向かって下って行きました。


    本堂の鈴と、この道を降りていく都度、思い出すのが、51年前の騒動です。

    初詣で除夜の鐘の微かに響く暗い路地を通り、八坂神社へ行き、川端君(仮称)が飯炊き小母さんに頼まれた八坂神社の「白朮(をけら)」を持って帰るためです。

    それは灯籠の火を縄に移して消えないようにくるくる回しながら持ち帰り、その火で雑煮を焚くためです。この時の騒動は、11年前に書いていますね。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    ※ひんしゅくをかう1967年頃の体験記

    私の履歴書No.66
    《藁をつかんだ女性》 《炎の京の女 をけらの火》


    ピンチの晴れ着姿の女性は、藁より細い彼の一物をしかと握る。


    更に、をけらの火が女性のショールと髪で炎上!

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

    四条通の西桜門から見下ろすと、四条通りは人混みでまともに歩けそうもない。

    そこで、四条通りから一筋南に下がった路地を歩きました。この坂を下ったのですが、昔、逆向きに祇園で飲んでから東山通りに出る時のこの坂はゆるいのに、結構きつかったです。


    花見小路に向かう途中、京町家の祇園佐川急便サービスセンターの前を通りました。ここのコンセプトは「京のおもてなしの心」のようで、成程、柔和の雰囲気が感じられます。


    他方、それにしても我が家に配達に来る佐川の連中は、いかつい者だらけなので笑ってしまいました。
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    ※再び、ひんしゅくをかうバカな昔話を一つ

    私の履歴書・388 『祇園花見小路で膀胱破裂寸前』
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
         ※正月のミニ会席料理へつづく

    (ショール画像)
    KYOETSU HONTEN

    0 0


    元日の昼食は、八坂神社の正面に佇む南楼門と石鳥居の間の境内にある二軒茶屋中村楼に入り、迎春の昼会席です。

    献立と料理を述べる前に、この中村楼の歴史について述べておこうと思います。何しろ、京都の料亭では、最古の歴史を誇る故です。

    尚、私が中村楼に最初に行ったのは、1965年ですから、今から半世紀前の54年前のことになります。


    京料理 二軒茶屋 中村楼(なかむらろう)


    住所:京都市東山区祇園町八坂神社鳥居内
    八坂神社南門の参道脇にある老舗。

    ●中村楼の創業は室町末期。
    四八○年の室町末期に門前茶屋として創業。八坂神社の表参道に二軒の茶屋(現在の中村楼と藤家)が向かい合い「二軒茶屋」と呼び親しまれていました。


    当初は門前の水茶屋を営み、名物の田楽豆腐(註1)を供し、やがて豆腐料理や、菜飯、酒を供して、江戸末期には京都屈指の料理茶屋のひとつになりました。

    (註1)田楽豆腐(でんがくとうふ)
    木の芽味噌を塗った木綿豆腐を松葉串に刺して炭火で焼く。焼いた豆腐は昔ながらの塗りの箱に収めて、お客様の前へ。

    二軒茶屋は十返舎一九の『東海道中膝栗毛』の中に描写されたほか、オランダ出島の商館長が田楽豆腐を好み、いつも立ち寄っていたとされます」(二軒茶屋中村楼12代目店主・辻 雅光さん)


    京都の観光地や名物食べ物を紹介した江戸時代後期のガイドブック『拾遺(しゅうい)都名所図解』(上記の画像)には八坂神社参道の茶店が名物祇園豆腐(田楽豆腐)を求める人々で賑わっている様子が描かれています。

    豆腐を薄切りにする女性の早業も人気となり、その様子を一目見ようとする姿が描かれています。。(KEIHAN)

    門前の水茶屋として二軒茶屋中村楼が何故に流行っていたかの元来の理由の一つを、二軒茶屋の一つ中村楼のはす向かいにかってあった同じくもう一つの二軒茶屋藤家の井戸の跡地に建てられた案内看板で知ることが出来ます。

    * - * - * - * - *
    藤家と空也上人ゆかりの井戸の看板案内文

    この場所には、明治初期まで藤家という茶店があった。店の傍らに藤棚があったので屋号を藤家と称した。

    (画像)井の清水の井戸

    屋号の初代は、この井の清水を沸かし、当社参詣(さんけい)の諸人に呈した。爾来、参詣者はこの白湯を呑み、身を清めてから参拝したので、きよめの茶屋とも呼ばれた。

    延長(925)のむかし、時の醍醐帝が疱瘡(ほうそう)に罹られ、諸人も病で苦しんだ。

    その惨状をみかねた空也上人は、当社に参篭(さんろう)し、帝、また諸人の病気平癒(へいゆ)を祈念した。

    その時上人はこの井の清水を用いた白湯(さゆ)を諸人に施し、それを呑む人々は癒(いや)されたという。

    のち、向かいにもう一軒の茶店が出来(現在の中村楼)、鳥居の内のこの二軒の茶店は、二軒茶屋と呼ばれ、人々に親しまれた。

    (注)中村楼の二軒茶屋の方の店内にも、室町時代から使用された井戸が現存している。

    (注)『拾遺(しゅうい)都名所図解』によると、比叡山の阿閣梨(あじゃり・徳の高い僧)が洛中に来た際には、ここ二軒茶屋に立ち寄って昼ごはんを取るのが慣例になっていた。
    * - * - * - * - *

    もともとは柏屋と呼ばれていたが、明治維新の頃は中村屋と言い、向かい側の藤屋と共に二軒茶屋と呼ばれていました。この二軒茶屋は端唄(はうた)(註2)『京の四季』をはじめ、小唄 「四条の橋」でも唄われました。

    (註2)端唄(はうた)
    長唄(ながうた)などに対し、短い(=端)俗謡。江戸時代末期の江戸庶民の間で流行した三味線音楽。短い歌詞を三味線にのせて歌うスタイルで、「小唄」と共通する歌詞も多く、よく姉妹の関係にたとえられます。幕末には江戸市中に稽古所が開かれ、数多くの愛好家グループが生まれては、花を競いました。
    * - * - * - * - *

    小唄 「四条の橋」

    歌詞
    「四条の橋から灯が一つ見ゆる
    あれは二軒茶屋の灯か
    あれは二軒茶屋の灯か
    円山の灯か そうじゃえ 
    ウーイそうじゃいな~」
    (二番以降省略)

    この小唄 「四条の橋」は明治初期の作。
    (画像)「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵」十一段目

    「仮名手本忠臣蔵」七段目の劇中、初代中村吉衛門(明治十九年~昭和二十九年)の大星由良之助(大石内蔵助(おおいしくらのすけ))が、息子の力弥が塩冶判官の正室顔世御前の密書を持って来たのを、周囲に気を配りながら取りに行く花道で唄って以来、七段目の芝居と切ってもきれぬ小唄となりました。

    (画像)「仮名手本忠臣蔵」七段目・祇園一力茶屋の場面

    唄の趣旨は、いよいよ江戸への出発も近くなり秋色も深まった一日、京の見納めにと、芸妓達を連れて四条の橋へ夜景を見に出かけたときのこと。

    「あれは二軒茶屋の灯か、円山の灯か」は芸妓達の、「ウーイそうじゃえ」は由良之助の、「そうじゃえ」は芸妓達の声です。
    * - * - * - * - *

    端唄(はうた)「京の四季」
    上方端唄。文久(1862~1864)前後の流行で 祇園で遊んでいた儒教の学者、中島棕隠(そういん)の作詞によるとされています。

    京都の祇園を中心に 東山、圓山(まるやま)の風物を点景に詠み込み、京都らしい優美さと落ち着いた趣を思わせます。

    (歌詞前半)
    春は花
    いざ見にでんせ 東山
    色香あらそう 夜桜や
    浮かれ浮かれて
    粋も無粋も ものがたい

    二本差しても 柔らこう
    祇園豆腐の 二軒茶屋(註3)
    みそぎぞ 夏は うち連れて
    川原につどう 夕涼み
    よいよい よいよい
    よいやさ

    (註3)
    「祇園豆腐の二軒茶屋」とは、当時八坂神社の表参道にあった二軒のお茶屋さん。そこでは先が二本に割れた竹串を木綿豆腐に刺して味噌を塗って焼いた田楽豆腐が名物でした。

    二本刺しても」は、侍が腰に刀を二本差しているのになぞらえて、「お堅いお武家様と同じ二本差しでも、祇園の豆腐は柔らかい」という洒落(しゃれ)です。

    (ユーチューブ)前半

    (歌詞後半)
    真葛ヶ原(まくずがはら)に そよそよと(註4)
    秋は色ます 華頂山(かちょうざん)(註5)
    時雨をいとう から傘に
    濡れて紅葉の 長楽寺(註6)(註7)

    (註4)(註5)(註6)
    真葛ヶ原、華頂山、長楽寺はいずれも、円山公園・知恩院のあたりです。「華頂山」は京都の「知恩院(ちおんいん)」の山号で、「華頂山知恩教院大谷寺」と称します。かつてこの辺りは真葛や蒲(がま)、茅(かや)が一面に茂る原野だったため「真葛ヶ原」と呼ばれていました。従って、秋の色深まるこのあたりの風景を「真葛ヶ原に そよそよと秋は色ます華頂山(かちょうざん)」と詠まれたのです。

    (註7)
    降ったり止んだりの秋の雨はうっとおしいものですが、唐傘(からかさ)越しにふと見える、しっとり濡れた紅葉の風景もよいものです。

    思いぞ積もる円山に
    今朝も来て見る 雪見酒
    そして櫓(やぐら)のさし向かい(註8)
    よいよい よいよい
    よいやさ

    (註8)
    差し向かいの櫓(やぐら)は、やぐらごたつとも、京都の芝居小屋の北座と南座の櫓のこととも言われます。

    (ユーチューブ後半)

    端唄(はうた)「京の四季」の歌詞と解説
    * - * - * - * - *

    二軒茶屋中村楼には、明治維新の頃は宮家、政財界、文人墨客などが集うようになります。祇園祭にまつわる行事が行われることでも有名です。明治期の料亭建築の本館と総檜造りの貴賓館とを結ぶ、渡り廊下が風情を醸します。

    尾形光琳の襖絵をはじめ、随所に配された著名な作家の書画からも、その歴史と格調の高さが窺えます。(注)但し、改装後の今は、尾形光琳の襖絵はありません。

    ⇒中村楼:迎春の昼会席へ続く


    (引用抜粋記事並びに画像)
    中村楼正面全景  SORAIRO
    京都料理組合
    家庭画報 二軒茶屋 井戸
    藤屋と空也上人ゆかりの井戸
    小唄 「四条の橋」
    花伝舎 端唄(はうた)の概要
    仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)七段目 祇園一力茶屋の場
    仮名手本忠臣蔵 十一段目 歌川芳滝
    (参考)仮名手本忠臣蔵あらすじ

    0 0


    Wine consumption has dropped bgy 50% over the last 20 years in France.(2009)
    フランスでは、過去20年間でワインの消費量が50%減少しました。

    然し、日本での輸入ワインは依然と急上昇しています。
    この現象をどう捉えるか。
    イメージ 1
    日欧EPAで欧州ワインは安くなり、益々ワインの消費は増えるでしょう。然し、日本女性はフランスや英国の実態を知りません。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    欧州ワイン、相次ぎ値下げへ 2月の日欧EPA発効で 
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    朝日新聞 1/9(水) 

    大手酒類メーカーが、欧州産の輸入ワインを相次いで値下げする。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が2月1日に発効し、関税がすぐに撤廃されるため、価格に反映させ、欧州産ワインの市場拡大をねらう。(以後省略)

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    若き女性:毎日の飲酒と乳がんリスク 2016/9/11(日)
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

    全国的に飲酒量が増えている英国女性への警鐘。
    『一日トータルでワインをグラスで7杯から8杯飲み続けると、乳がん罹患リスクは40%~50%上昇する』(英国ジョニー・ホープ教授)

    Glass of wine a day raises breast cancer risk
    by JENNY HOPE, Daily Mail
    毎日のワインの飲用は乳がんリスクをアップする

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    Cancer warning for women who like a glass of wine or three
    ワイン1杯または3杯が好きな女性に対する癌の警告
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    Study shows that those who enjoy wine with dinner are putting their lives at risk

    調査によると、夕食と一緒にワインを楽しむ人たちは命を危険にさらしている
    Thursday 29 March 2012  
    2012年3月29日木曜日

    (一部抜粋)
    One glass
    Increases risk of breast cancer by 4 to 5 per cent

    ワイン1杯
    乳がんリスクを4~5%高めます。

    Two glasses
    Increase the risk by 25 to 35 per cent 

    ワイン2杯
    リスクを25から35%増加させます

    Three glasses
    Increase the risk by 40 to 50 per cent.

    ワイン3杯
    リスクを40から50%引き上げます。


    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    French government new advice: 'Don't drink wine'
    フランス政府の新しいアドバイス 「ワインを飲むな」 
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    2009年2月20日
    The French wine industry is – once again – up in arms at the government's latest pronouncement: to stop drinking wine altogether.

    フランスのワイン産業は、政府の最新の声明、つまりワインを完全に飲むことをやめることに再び賛成しています。

    The Ministry of Health has published guidelines which advise, 'The consumption of alcohol, and especially wine, is discouraged.'
    The advice is drawn from findings by the INCA, the French national cancer institute, which says the consumption of only a small amount of alcohol can increase the risk of mouth and throat cancer by 168%.

    保健省は、「アルコール、特にワインの消費はお勧めできません」と助言するガイドラインを発表しました。

    アドバイスは、フランスの国立癌研究所であるINCAの調査結果に基づいています。これは、少量のアルコール(一日に一杯のワイン)を摂取するだけで口咽頭がんのリスクが168%増加する可能性があると述べています。

    (中略)
    The wine lobby in France has reacted with outrage. 'This persecution of wine has to stop, the AGPV (the General Association of Wine Producers) said.
    Xavier de Volontat, president of the southern Languedoc wine producers association told Times online, 'The extremists must not be allowed to take consumers hostage. Wine consumption has dropped bgy 50% over the last 20 years in France, but cancer has increased. You have to admit there is a paradox.

    フランスのワイン圧力団体は憤慨しています。 「ワインに対するこの迫害はやめなければならない」とAGPV(ワイン生産者協会)は述べた。

    ラングドック南部のワイン生産者協会の会長、ザビエル・デ・ヴォロンタット氏はタイムズにオンラインで次のように語った、

    「過激派が消費者を人質にすることは許されてはならない。フランスでは、過去20年間でワインの消費量が50%減少しましたが、癌が増加しています。逆説があることを認めなければなりません。

    'We are for responsible, reasonable and moderate consumption. It is not in our interests to see our consumers dying of cancer…'

    「私達は、責任を負い、理性的であり、適度な飲食を支援しています。私たちの消費者が癌で亡くなっているのを見るのは私たちの利益ではありません…」


    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    Drinking just one glass of wine a day can INCREASE risk of cancer by 168%, say the French! 

    一日に一杯のワインを飲むだけで、168%、癌のリスクを高める、とフランス人は言う!
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *
    23 February 2009

    (一部抜粋)
    'There is very little evidence that red wine has any specific benefits over other alcoholic drinks.'

    「赤ワインが他のアルコール飲料よりも特別な利益をもたらすという証拠はほとんどありません。」

    (一部抜粋)
    'The cause is above all the transformation of ethanol in alcohol to acetaldehyde, which damages DNA in healthy cells.'

    「原因は、とりわけアルコール中のエタノールからアセトアルデヒドへの変換であり、これは健康な細胞中のDNAに損傷を与えます。」

    (一部抜粋)
    Dr Jodie Moffat, of charity Cancer Research UK, said: 'We know that drinking just small amounts of alcohol, in the form of beer, wine or spirits, increases the risk of several different types of cancer.

    英国チャリティー・リサーチ・リサーチ・UKのジョディ・モファット博士は、次のように述べています。 'ビール、ワイン、アルコールなど、アルコールを少量だけ飲むと、さまざまな種類の癌のリスクが高まることがわかっています。

    'So the more you cut down on alcohol, the more you can reduce your cancer risk.'

    「アルコールを減らすほど、がんのリスクを減らすことができます。」

    (一部抜粋)
    A separate study last year published in the medical journal Neurology said those who drank modest amounts of alcohol developed dementia, including Alzheimer's disease, at an 85 per cent slower rate than those who did not drink.

    適度の量のアルコールを飲んだ人のアルツハイマー病を含む認知症の発症は、飲んでいない人よりも85%遅かった。


    0 0


    前回『二軒茶屋中村楼の480年の歴史』 2019/1/8(火)の続編です。
    (前回のURL)

    予約時間通り中村楼の門をくぐりました。
    (住所)京都市東山区祇園町八坂神社鳥居内
    (中村楼HP)

    イメージ 2
    (この入り口画像はお借りしました)

    下足番がいて靴を脱ぎ、ここでコートを預けてから、仲居さんが障子を開けてくれます。

    鶴亀松(カクキショウ)の間
    庭を楽しみながらですが、京都の底冷えの季節が季節だけに、緑は少ないのは当然ですね。この画像はお借りしました。

    仲居さんに導かれて、イス・テーブル席の間(鶴亀松(カクキショウ)の間)へ。

    2006年1月2日にマンマと二人でお座敷にて昼会席をいただいた時、窓辺の木にウグイスが目と鼻の先に飛んで来てにらめっこしたものですが、今回はウグイスの姿は見かけず、ちょっと残念でした。

    仲居さんが窓際のテーブル席に案内してくれます。

    イメージ 1

    イメージ 3

    イメージ 4

    さて、迎春のお献立

    金粉入りお神酒

    祝肴
    たたき牛蒡(ごぼう)ー縁起の良い食材
    田作りーカタクチイワシの幼魚の乾燥品
    数の子
    梅人参ー人参を梅の花に見立てて5枚の花びらに切り込みを入れて「ねじり梅」にする
    黒豆ー松の針葉に黒豆を刺す

    雑煮 

    白味噌仕立て
    頭芋 祝大根 日の出人参 小餅 壬生菜 とさ辛子

    造り
    たい 槍烏賊 あしらいー野菜類

    八寸(はっすん)(註1)
    いくら醤油漬け 鰻巻く玉子 小鯛小袖寿司 平目求肥巻(ひらめぎゅうひまき) 鰆(さわら)味噌漬け 柿なます ちょろぎあべかわ 姫くわい ちしゃとう
    (註1)八寸(はっすん)
    「酒のあて」。季節感を表現した料理。起源は奈良時代。千利休が八寸の生みの親。

    8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆のことをいい、この盆に盛りつけた料理も八寸と呼ぶ。厨房であらかじめ、箸で食べやすい一口大(幅3センチくらいに)切られたうえで提供。酒の肴として、海のものと山のもの(精進もの)を合わせて出すことが決まり。

    蓋物(ふたもの)
    甘鯛蕪(かぶら)蒸し 銀杏 百合根 銀餡(ぎんあん)-葛を用いて作る餡(あん)の一つ 山葵(わさび)

    小吸物
    蛤真蒸(はまぐりしんじょう)ー蛤の身に山芋や卵白などのつなぎを加えて成型した練り物
    菜種 独活(うど) 木の芽

    ご飯 かにご飯
    香物 三種盛り

    お菓子
    黒糖 わらび餅

    抹茶 お薄(おうす)

    先ずは、ここの仲居さんには、昔と同様、おごり高ぶったものが全く無いことに改めて驚きました。マンマとそれまで何度か京都の老舗料亭で会席をいただいたものですが、その都度、仲居さんの上から目線の姿と言葉には嫌な思いをしたものですが、それが皆無で、心地よく料理をいただけました。

    無論、料理の方も素晴らしく、それぞれの料理は、新春を迎えた京料理そのもので、マンマも、今回の会席料理が一番美味しいとのことでした。他のそれまでの同じ昼会席で2倍から3倍の料金のものよりも、或いは、5倍から6倍の夜の会席料理よりも。

    各料理毎、素人の私が味を述べるのは、おこがましいので止めにします。

    余談ですが、
    下の画像は、2007年にパチリしたもので、改装前の西に面した通りの土塀です。奥行きの深さがお分かりと思います。八坂神社の南石鳥居は、この塀沿いの向こう端になります。

    尚、五十数年前は女将さんが亭内を案内してくれまして、調理場は、この画像の一番手前にあって、壁や天井は歴史を誇る程すすで真っ黒で、かまどがあったことが記憶に残っています。


    ※ 元日の初詣は八坂神社へ 2019/1/4(金)
    ※ 帰路:元日八坂神社初詣 2019/1/6(日)

    (八寸説明文参照記事)
    八寸
    (借用画像)
    鶴亀松の間 京都市観光協会


    0 0


    インフルエンザは今年もいよいよピークの時季に入りましたね。

    イメージ 3

    各地でインフルエンザ警報が発令されていますが、特に北海道、愛知県、岐阜県で猛威を振るい、愛知県での学級閉鎖数は昨年の同時期の倍以上(185クラス)となっています。

    イメージ 4

    今回の愛知県の小学校の場合は、冬休みが明けたとたん、各学校で一気に増えたとのことです。

    イメージ 5

    発症後、5日間はウイルスも多く、この期間、ウイルスを撒き散らすんですね。ですから休み明け登校した感染している子は、教室に撒き散らし、感染者が一気に増えた。ということは、子供たちは、冬休み期間中に感染したことになります。

    不思議ですね。子供達は冬休み中、どこで感染したのかな。ウイルスが空から降ってきたとしか考えられないのではないですかね。

    さて、これまでの繰り返しになりますが、再度、インフルエンザ対策に重曹がいかに有効であるかを述べます。

    (以前の記事)
    インフルエンザ対策:重曹 2018/12/4(火)


    Baking Soda May Help Fight Colds and the Flu
    ベーキングソーダ(重曹)は風邪とインフルエンザとの闘いに役立つ

    Some people believe that when taken internally, baking soda can help maintain the pH balance in your bloodstream.This is likely the basic premise behind its recommended uses against both colds and influenza symptoms.In their booklet " Arm & Hammer Baking Soda Medical Uses ," published in 1924, Dr. Volney S. Cheney recounts his clinical successes with sodium bicarbonate in treating cold and flu: 2

    一部の人々は、摂取した重曹(重炭酸ナトリウム)があなたの血流のpHバランスを維持するのを助けることができると信じています。

    これは風邪とインフルエンザの両方の症状に対する推奨される使用法の背後にある基本的な前提である可能性があります。

    Volney S. Cheney博士は1924年に出版された小冊子「Arm&Hammer Baking Soda Medical Uses」の中で、風邪やインフルエンザの治療における重曹(重炭酸ナトリウム)の臨床の成功について語っています。

    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- **

    "In 1918 and 1919 while fighting the 'flu' with the U. S. Public Health Service it was brought to my attention that rarely anyone who had been thoroughly alkalinized with bicarbonate of soda contracted the disease, and those who did contract it, if alkalinized early, would invariably have mild attacks.

    「1918年から1919年にかけて、米国公衆衛生局の「インフルエンザ」との闘いが私の注意を引きました。

    それは、重曹(炭酸水素ナトリウム)で徹底的にアルカリ化された人は誰でもめったに病気にかかりませんし、そしてインフルエンザに罹患した人々は、重曹(炭酸水素ナトリウム)で早くアルカリ化すると常に軽度の症状で済むということを。

    I have since that time treated all cases of 'cold,' influenza and LaGripe by first giving generous doses of bicarbonate of soda, and in many, many instances within 36 hours the symptoms would have entirely abated.

    私はその時以来、最初に重曹(炭酸水素ナトリウム)をたっぷり投与することによって、「風邪」、インフルエンザ、およびLaGripe(スペイン語インフルエンザ)の全てのケースを治療し、そして多くの多くの場合、36時間以内に症状は完全に緩和されました。

    Further, within my own household, before Woman's Clubs and Parent-Teachers' Associations, I have advocated the use of bicarbonate of soda as a preventive for 'colds,' with the result that now many reports are coming in stating that those who took 'soda' were not affected, while nearly everyone around them had the 'flu.'

    更に、私の家庭で、女性クラブ(ボランティア活動組織)と保護者協会の前で私は「風邪」の予防として重曹(炭酸水素ナトリウム)の飲用を提唱しました。

    その結果、「炭酸水素ナトリウム(重曹)」を服用した人は風邪に罹(かか)っていないという多くの報告があります。

    しかし一方、重曹(炭酸水素ナトリウム)を服用していないほぼ全員が「インフルエンザ」に罹患(りかん)していました。
    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- **
    Not too certain though about how valid the pH optimizing is as to baking soda's mechanism of action, as clinically I have frequently used diluted hydrochloric acid intravenously to also help people nearly instantly recover from acute infections. Obviously this is pushing the pH in the opposite direction, yet both appear to work, suggesting that the mode of action may be other than pH mediated.

    The administration is easy enough, and is relatively harmless even if you should not experience relief from your cold symptoms. Simply dissolve the recommended amount of baking soda in a glass of cold water and drink it. Recommended dosages from the Arm & Hammer Company for colds and influenza back in 1925 were:

    重曹(炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダ)の作用メカニズムに関して、pH最適化がどれほど有効であるかについて定かではないとは言え、臨床的に私は頻繁に希塩酸を静脈内に使用し、人々が急性感染からほぼ即座に回復するのを助けました。

    明らかに、これはpHを反対方向(酸性)に押し上げていますが、それでも両方ともうまくいくように見えます。これは、作用形態がpH媒介以外のものである可能性を示唆しています。

    もしもあなたの風邪の症状が軽減しないならば、重曹(炭酸水素ナトリウム)の投与は簡単で、比較的無害です。

    お勧めの量の重曹をコップ1杯の冷たい水に溶かして飲むだけです。 1925年の風邪とインフルエンザに感染した場合のアームアンドハンマー社の推奨投与量は以下の通りです。

    Day 1 -- Take six doses of ½ teaspoon of baking soda in glass of cool water, at about two-hour intervals
    Day 2 -- Take four doses of ½ teaspoon of baking soda in glass of cool water, at the same intervals
    Day 3 -- Take two doses of ½ teaspoon of baking soda in glass of cool water morning and evening, and thereafter ½ teaspoon in glass of cool water each morning until cold symptoms are gone

    1日目 - 冷たい水の入ったグラスに、小さじ1/2杯の重曹を溶かし、約2時間の間隔で飲む。(6回/日)

    2日目 - 冷たい水の入ったグラスに、小さじ1/2杯の重曹を溶かし、同じ間隔で4回/日飲む。

    3日目 - 冷たい水が入ったコップ1杯の冷たい水に、小さじ1/2杯の重曹を溶かし、朝と夜に飲んでください。(2回/日)

    According to Arm & Hammer's dosing instructions, do not exceed seven doses of ½ teaspoon per day, or three doses of ½ teaspoon daily if you're over the age of 60. In addition, do not use the maximum dosage for more than two weeks.

    (小さじ1杯の量)
    5cc
    重曹 4g
    拠って、1回の飲料の小さじ1/2杯は、2gです。

    (注意事項1)
    アームアンドハンマー社の投与指示によれば、重曹は下記の摂取量を超えないで下さい。

    1日小さじ1/2を7杯。
    60歳以上の方は、1日小さじ1/2杯を3杯。

    また、上記の最大摂取量を2週間以上継続摂取しないで下さい。予防の場合は、小さじ1/2杯を1日に1杯、もしくは2杯です。

    (注意事項2)
    食事と食事の間に飲んで下さい。

    (注意事項3)
    ここで使用する重曹(炭酸水素ナトリウム)は、薬局で販売している純粋な重曹(炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダ)です。

    スーパーなどで販売されている重曹には、アルミニウムなどの混合物が入っていますから使用不可です。

    尚、その他の注意事項は、重曹の箱に記入されていますから、それも読んで下さい。無論、他の薬との同時飲用は禁止です。

    (ソース)
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 

    (薬局で販売されている重曹(炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダ)の例)

    一箱500g 入りの場合
    薬局では数社の薬品会社のものを扱っています。
    何れも添付されているサジは、すり切り1杯で、1.5g~1.7gです。
    故に、1回の摂取である小さじ1/2の量(2g)は、この添付サジにちょっとだけ山もり1杯です。

    イメージ 1
    ※画像は、健栄製薬500g。

    薬局での販売価格は、うちの近所の薬局の場合、昨年の8月には、1箱500g入りで275円でしたが、秋には800円程に値上げされています。売れるから3倍に値上げしたのでしょう。当に薬の九層倍(くそうばい)。

    お買い求めの際は、近所の薬局何軒かに電話をし、安い店から買いましょう。通販では、送料込みで一箱600円台で入手できます。

    他方、大洋製薬では、小袋入りのものをも販売しています。
    この一袋は、3gです。一箱は、15袋(3g×15袋=45g)入りです。
    イメージ 2

    販売価格は、薬局での店頭価格は分かりませんが、通販では、1箱100円前後です。通販では、送料込み2箱で475円のがありました。無論、この小袋のものを買うより、1箱500g入りの方が遥かに安くつきます。

    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * 
    (参考)
    Natural Ways To Prevent and Treat Influenza
    To keep your immune system strong eat a healthy diet, get regular exercise, proper rest with some relaxation time every day and adequate sleep (most people need about 8 hours).
    Organic, local, fresh food is optimal and try to avoid processed food such as white flour, sugar, and artificial sweeteners/high fructose corn syrup.

    インフルエンザを予防し治療する自然な方法

    あなたの免疫システムを強く保つためには、健康的な食事をとり、定期的に運動し、毎日ある程度のリラックスタイムをとり、十分な睡眠をとってください (ほとんどの人は約8時間必要です)。

    生の地元産の生鮮食品が最適であり、白粉、砂糖、人工甘味料/高フルクトースコーンシロップなどの加工食品は避けてください。
     
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

    ※『インフル・ワクチンの無効果論』 2018/11/5(月) 
    ※『米国インフル・ワクチン実態証言』 2018/11/6(火) 
    * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - *

    (これまでの重曹に関する記事)
    ※『重曹でがんは消える』  2018/3/3(土) 
    ※『重曹による体内のウラン除去』  2018/10/6(土)
    ※『重曹:体内除染』  2018/11/29(木) 
    ※私の体験記
    『歯周病や発疹に有効な純粋重曹』 2018/9/14(金) 
    ※『薬は「九層倍」(くそうばい)の例』 2018/11/13(火) 
    ※『少子化対策は先ず重曹促進から』 2018/11/22(木) 


    (画像)
    【インフルエンザ18-19】岐阜・北海道など警報レベル…全国で大流行の恐れ 019.1.11 
    インフルエンザ流行レベルマップ 2019年第1週(2018年12月31日~2019年1月6日)
    インフルエンザ猛威 新治療薬「ゾフルーザ」処方は大人中心か 2019/1/11 
    インフルエンザの予防投与

    厚労省:インフルエンザの発生状況について 平成31 年1 月11 日

    0 0

    1995年1月17日死者6436名を出した阪神淡路大震災。

    揺れが収まってから間もなく、神戸の友人が当初、火の手が上がるのを見て消火しようと駆け付けたが、地元のある若者のグループにピケを張られ、消火活動が出来ず。

    案の定、下記の画像の通り、以後、火元は不自然に輪を描いたように何箇所もこのエリアを囲んでいる。

    こういう現象は放火でしかありえない。

    然し、彼はこのことを警察やマスメディアに訴えるも、警察は無論のこと、どのメディアも取り上げない。


    友人との会話の内容は、下記の記事に掲載しています。
    『阪神淡路大震災での隠蔽された犯罪』 2014/10/29(水) 
    誰も沈黙している大震災のときの放火


    ※監視・防犯カメラの必要性を痛感する。

    ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** --- * --- ** 
    (その他阪神淡路大震災の記事)

    (私の履歴書)
    阪神淡路大震災での対応2013/1/16(水) 
    私の履歴書・阪神淡路大震災でのIM教室2013/1/17(木)

    阪神淡路大震災
    NHKが何度も説明した核実験の地震の波形2013/2/13(水) 

    大震災の記憶:目次


    0 0


    書庫『アルツハイマー・認知症』 目次

    何故にアルツハイマー病などの認知症が女性に多いのか。その原因は銀歯であり、ミシン掛けであり、IH調理器であり、最近では携帯の長電話にノートパソコンだ。それに煙草を吸わないからだ。

    『再確認:放射能は脳を破壊する』 2014/7/17(木) 
    食品を通して放射能が体内に入り込んでいる。脳細胞に放射性物質が蓄積し、脳が破壊されていた。一度破壊された脳細胞は元に戻ることはない。

    『今危ない昔に治療した虫歯のリスク』 2014/9/29
    歯の治療での銀歯アマルガムには50%の水銀が化合されている。この猛毒水銀が脳を破壊する。スウェーデンやドイツでは使用禁止であり、英国では使用しないように呼び掛けている。

    『何故女性はボケるの?』 2014/10/1(水)

    近い未来、60歳以上の55%はボケるという研究データがある。換言すれば、日本の60歳以上のご婦人の80%はボケるということ。

    『東京在住のリスク再確認』 2014/10/5(日) 
    東京の.東部の放射能汚染は1000-4000Bq/kg、及び西部は300-1000Bq/kg。
    -奇妙なことが起きている
    -薬が効かない
    -劇的に増加する奇病

    『牛肉でアルツハイマー病になり易い』 2014/11/30(日)
    BSE感染牛を食べるとアルツハイマー病とヤコブ病に罹(かか)る。双方とも、タンパク質が正しく働かないために脳神経細胞が冒される病気だ。アフリカ人がアメリカに移住すると飛躍的にアルツハイマー病が発生する。

    『アルツハイマーや認知症のメカニズム』 2016/12/21(水)

    塩コショウが入ったイチジク形の容器(シナプス前終末)で、左右に振って肉(受容体)などに塩コショウ(神経伝達物質)を振りかけるのだが、この容器に目詰まりが起き、塩コショウ(神経伝達物質)が出なくなった現象が、アルツハイマーや認知症である。この塩コショウ(神経伝達物質)の一部がタバコのニコチンで、ニコチンは認知症の治療に使われている。

    『ボケ防止策再認識』 2017/3/28(火)
    アルツハイマー病の諸原因

    『たばこで白血病倍増の論理』 2017/4/18(火) 
    広島・長崎の被爆者データでは、放射能の低線量で急性リンパ性白血病および慢性骨髄性白血病を早期に誘発する。佐賀県での原発のある玄海町では白血病死亡者率は全国の7倍。唐津で3倍。
    たばこで白血病が倍増すると言うことは、JTの福島産の煙草には放射能をたっぷり含んでいるということを証明することになるが。

    『実証『煙草は無類の薬剤』』 2018/2/6(火) 
    アルツハイマーなどの認知症やパーキンソン病に最も有効なのはニコチン。医薬品&医療業界にとって煙草を吸われたら患者が減るから必死にタバコ罪悪論を唱えている。
    (ニコチンは治療薬)Cotinine: a potential new therapeutic agent against Alzheimer's disease. コチニン(ニコチンの生成物):アルツハイマー病に対する潜在的な新しい治療薬。

    『アルツハイマー病の原因:水銀』 2018/12/14(金) 
    アルツハイマー病(AD)やパーキンソン病(PD)の主原因は、歯の治療用の水銀(アマルガム)やワクチンの水銀(チメロサール)が脳機能を破壊するからだ。頭痛、めまい、悪心、極度の疲労、および記憶喪失は、歯の水銀(アマルガム)を除去したら、これらの症状が消えた。

    『アルツハイマー病死者急増中』 2018/12/17(月)
    放射線による脳障害が急増-3.11後に

    『アルツハイマー防止食べ物』 2018/12/19(水) 
    アルツハイマー病(AD)とは脳がやられる根本的治療法のない病気。脳の神経細胞が死滅し、脳が縮小する。然し、この病の特徴は、発症する30年前から始まっている。つまり、今、何らかの手を打っておかないと、将来、確実にアルツハイマー病になることを意味す。
    Tasty Foods That Reduce Alzheimer's and Dementia Risk
    アルツハイマー病および認知症のリスクを軽減するおいしい食品 ❶~⓫

    『銀歯の水銀合金が筋力を奪う』 2018/12/20(木) 
    The scientific literature on mercury, amalgam and ALS
    水銀、アマルガム、ALSに関する科学文献
    Evidence linking amalgam mercury with multiple sclerosis and Parkinson's
    アマルガム水銀と多発性硬化症(MS)とパーキンソン病とを結ぶ証拠

    『銀歯から常時猛毒の水銀蒸気』 2018/12/22(土) 
    歯の中の銀歯の水銀(アマルガム)は室温(20℃)以上で蒸発するから常時微量ながら口の中(37℃)で蒸発し、それを吸収していることになる。無論、温かいお茶やコーヒーを飲んだ時も、歯を磨いた時も。気化した水銀は親油性のため吸入されると、約80%が肺胞膜を通して吸収される。

    『アルツハイマーから身を守る為に』 2018/12/23(日)
    米国ではミシンを常時使う女性のアルツハイマー(AD)の原因の一つは電磁波によるものと述べている。つまり、ミシンをかけるときにミシンの電動部に頭をぎりぎりまで近づけるから、交流の電磁波で脳をやられた結果なのだ。IH調理器も危ない。電磁波は、ガンや白血病の原因となっている横浜のデータもある。

    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
    (余談)米国産肉の恐怖

    『米国産の食肉は覚悟して食べよ』 2016/3/7(月)
    米国産牛と豚は脳に穴が開くモンサントの遺伝子組み換えトウモロコシで育っただけではない。食べたら歩行困難などの障害が発生する成長促進剤化学物質「ラクトパミン」で生育されており、この促進剤は肉の中にも含んでいる。

    食の安全と家畜の健康を理由に、EUはこうした化学物質の多くを使用禁止にした。食品安全性に関して厳格でない中国やロシアでさえも同様だ。然し、米畜産業界ではいまだに使われている。

    『ボクシングで実証した米国産牛肉のリスク』 2017/10/11(水) 
    米国産牛肉・豚肉・鶏肉は、医薬品のデパート
    Why Eating Meat in America Is Like Going on a Trip to the Drug Store
    なぜアメリカの肉を食べるのが薬局訪問と同じなのか?

    米国産には、450種以上の動物薬、医薬品の組み合わせと飼料添加物で化合された飼料で飼育されているが、普通の検査では検出されない。

    牛肉より怖い牛乳ー有害物質を100倍濃縮した飲料
    食物連鎖による生体濃縮の原理がある。例えば、牧草のダイオキシン濃度が1だとすると、牛の体内でそれは10倍に濃縮され、その乳では100倍に濃縮される。


    乳牛には、通年搾乳(さくにゅう)のため、飼料にエストロゲン(女性発情ホルモン)を添加している。小学校低学年の少女の胸が膨らみ初潮の原因が、学校給食で出す牛乳にある。

    他方、40歳代女性がホストクラブに狂ったり、熟女がボケるのは、牛乳に含むこの女性発情ホルモンと400種類以上の薬品が原因だ。