Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

島本町水無瀬は、京都嵐山から流れる桂川(途中、鴨川と合流)・琵琶湖からの宇治川・奈良方面から流れる木津川の三つの川の合流地点です。ここから淀川となって大阪に流れます。 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1462267/img_1462267_55109248_4?1289239015)]] 島本町水無瀬については、谷崎潤一郎著小説「蘆刈(あしかり)」で結構詳細に述べられています。ここ水無瀬は、小倉百人一首を並べたら、水無瀬の情景になるという藤原定家の隠れた後鳥羽上皇思いの舞台です。 参照:「百人一首の秘密」著者林直道教授の公式サイト http://www8.plala.or.jp/naomichi/ 参照:「水無瀬絵図」小倉山荘サイト  http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/hyakunin02.html (追記)小説『蘆刈』に基づく私のブログ記事 谷崎潤一郎原作・主演田中絹代 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43928675.html 愛するが故に妻との別離 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43963187.html 阪急大山崎下車の谷崎潤一郎 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46246160.html 京都に在った諏訪湖より大きな池 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46870978.html 十五夜お月さんと山崎の橋 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61587198.html 水無瀬野の歴史 https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61399688.html (お知らせ)09.12.06 ①公序良俗に反するコメントや、因縁コメントは直ぐにカットします。 ②コメントは、空行も含めて10行以内でお願いします。➂私の記事や私見に反論のある方は、先ず自分のブログで論証してください。

older | 1 | .... | 47 | 48 | (Page 49) | 50 | 51 | .... | 74 | newer

    0 0


    今回は、何故に朝日新聞と日本共産党が朝鮮半島人さえも知らなかった『日本軍が朝鮮人婦女子を何万人も強制連行し従軍慰安婦とした』という嘘を突然言い出したかの根本的背景・理由を述べるものです。これは、日本社会党が、中国人が全く知らなかった『日本軍による南京大虐殺30万人虚言説』も同じ理由です。

    今回は、2013年に米国で発売されたベトナム戦争(1955年11月 - 1975年4月30日)で戦った米軍兵士たちの証言に基づいて書かれたものです。これを読みましたら、米国が隠蔽せざるを得ないことがよく理解できるでしょう。

    今回は、文字数の関係で全文の半分ですが、直ぐに後半も意訳して掲載します。この意訳中、何度も絶句し、かっての南方での日本軍も同じ運命を辿ったのかと思うと、目頭が熱くなります。尚、この続きの後半が、この記事の本筋です。


    Kill Anything That Moves: The Real American War in Vietnam (American Empire Project)
    動くものを殺す:ベトナムのアメリカの戦争(アメリカ帝国プロジェクト)

    イメージ 3

    Gang Rapes and Beatings, Brothels Filled with Teenage Prostitutes -- The Depths of American Brutality in Vietnam
    A powerful excerpt from Nick Turse's new book, 'Kill Anything That Moves' exposes the horrors committed by the U.S.

    ギャング・レイプとビート、十代の売春婦で満たされた売春婦 - ベトナムにおけるアメリカの残虐行為の深さ

    Nick Turseの新刊「Kill Anything That Moves」の強力な抜粋は、米国の恐怖を暴露している

    The following is an excerpt from Nick Turse's new book, Kill Anything That Moves: The Real American War in Vietnam (Metropolitan Books, 2013).

    以下は、Nick Turseの新しい本「動くことを殺す:ベトナムのリアルアメリカ戦争(メトロポリタンブックス、2013年)」の抜粋です。

    In 1971, Major Gordon Livingston, a West Point graduate who served as regimental surgeon with the 11th Armored Cavalry Regiment, testified before members of Congress about the ease with which Americans killed Vietnamese. “Above 90 percent of the Americans with whom I had contact in Vietnam,” said Dr. Livingston, treated the Vietnamese as subhuman and with “nearly universal contempt.” To illustrate his point, Livingston told his listeners about a helicopter pilot who swooped down on two Vietnamese women riding bicycles and killed them with the helicopter skids. The pilot was temporarily grounded as the incident was being investigated, and Livingston spoke to him in his medical capacity. He found that the man felt no remorse about the killings and only regretted not receiving his pay during the investigation. According to Livingston, a board of inquiry eventually cleared the pilot of any wrongdoing and allowed him to resume flying.

    1971年、第11装甲騎兵連隊と連隊外科医を務めたウエストポイント卒のゴードン・リヴィングストン少将は、議会議員の前で、アメリカ人がベトナム人を簡単に殺したことについて証言した。

     リビングストン博士は、「ベトナムで接触していたアメリカ人の90%以上が、ベトナム人は人間ではなく、ほぼ「普遍的蔑視」として扱っていると指摘した。

    イメージ 1
    (画像説明)ヘリコプターのスキッドとは、二本のスキー板状の脚のこと。ベトナム戦争時、米軍は同型のヘリコプターに売春婦を乗せ、或いはドラム缶に売春婦を入れ吊り下げて運んだ。
    During the Vietnam War, the US Army carried a prostitute on a helicopter, or hung a prostitute in a drum and carried a prostitute.

    自転車に乗っていた 2人のベトナムの女性がヘリコプターのスキッドで殺された。 事件が調査されている間、パイロットは一時的に降ろされ、リビングストンは彼の医療能力についてパイロットに話した。 リビングストンは、パイロットが殺人についての反省が無かったことを知り、調査中、パイロットから二人の女性の死体検診費用を受け取らなかったことを後悔した。 リビングストンによると、調査委員会は最終的に不正行為のパイロットを解放し、飛行の再開を許可した。

    Among those whom Livingston counted in the 90 percent who regarded the Vietnamese as subhuman was his commander, General George S. Patton III. Son of the famed World War II general of the same name, the younger Patton was known for his bloodthirsty attitude and the macabre souvenirs that he kept, including a Vietnamese skull that sat on his desk. He even carried it around at his end-of- tour farewell party. Of course, Patton was just one of many Americans who collected and displayed Vietnamese body parts. Given how contemptuously living Vietnamese were often treated by U.S. forces, it is not surprising that Vietnamese corpses were also often handled with little respect.

    (画像説明)この画像のように大東亜戦争でも、日本兵の頭蓋骨は置物として販売されていた。

    リビングストンが、ベトナム人を非人間主義者とみなす90%で計数した者の中に、彼の指揮官、ジョージ・パットン3世将軍がいた。

    同名の第二次世界大戦で有名なパットンの息子で、若いパットンは、彼の邪険な態度と彼の机の上に置かれていたベトナムの頭蓋骨を含む彼が保持してきたおかしな記念品で知られていた。

     彼はツアーの最後のお別れパーティでそれを持ち歩いていた。 もちろん、パットンは、ベトナム人の身体部分を収集して展示した多くのアメリカ人の一人にすぎない。 偽りなく生きているベトナム人が米軍によってどのように扱われたかを考えれば、ベトナム人の死体はほとんど尊重されずに扱われていたことは別に驚くことではない。

    Some soldiers hacked the heads off Vietnamese to keep, trade, or exchange for prizes offered by commanders. Many more cut off the ears of their victims, in the hopes that disfiguring the dead would frighten the enemy. Some of these trophies were presented to superiors as gifts or as proof to confirm a body count; others were retained by the “grunts” and worn on necklaces or otherwise displayed. While ears were the most common souvenirs of this type, scalps, penises, noses, breasts, teeth, and fingers were also favored.

    いくつかの兵士は、指揮官が提供する賞品を保持、交換、交換するために、ベトナム人の頭を撃った。死者を変形させることで敵が恐怖を抱くことを望んで、多くの人が犠牲者の耳を切り離した。

    これらの戦利品のいくつかは上司に贈り物として、または身体数を確認するための証拠として提示されました。 他の人たちは「泥棒」によって保持され、ネックレスに着用されたか、そうでなければ陳列された。 耳はこのタイプの最も一般的なお土産だったが、頭皮、ペニス、鼻、胸、歯、指が好評だった。

    “There was people in all the platoons with ears on cords,” Jimmie Busby, a member of the 75th Rangers during 1970–71, told an army criminal investigator. Some would wear them, while others would sell the grisly trophies to air force personnel. “It was more or less an everyday occurrence that you might see someone with one.” Another member of the same unit, Tony Foster, told a CID agent: “I noticed numerous military personnel wearing or carrying various parts of the human anatomy. In detail I saw approximately 3–4 forefingers being carried in matchboxes; approximately 15–20 ears on rawhide-type cords being worn around different individuals’ necks; and one penis which had been pickled and was being carried wrapped in gauze.”

    イメージ 2
    (画像説明)米軍はベトコンから切り取った耳をこのような形で首飾りとした。

    「すべての小隊には、紐で切り取った耳を持つ人々がいた」と、ジミー・バスビー(1970〜71年の第75回レンジャーズ隊員)は、軍の犯罪捜査官に語った。

     幾人かはそれらを身に着け、他の人は空軍員にぞっとする戦利品を売るだろう。このような同じ部隊の他の隊員の誰かを見かけるのは多かれ少なかれ日常的な出来事だった。

    トニー・フォスターのもう一人のメンバーは、CID(アメリカ陸軍犯罪捜査司令部)の代理人に次のように語っている。

    「人間の解剖学的構造のさまざまな部分を身に着けたり運んだりする多数の軍人に気づいた。 詳しくは、マッチ箱で約3〜4人の人差し指が運ばれていた。。紐で連なった 生皮状約15〜20個の耳が、異なる個人の首の周りに装着されている。 そしてピンクになっていてガーゼに包まれて運ばれていたのが一個のペニスだ。』

    Many soldiers mistreated corpses in other ways—dressing them up, clowning around with them, or mutilating them, often taking photos of their handiwork and filling scrapbooks with the results. The correspondent Michael Herr recalled:

    多くの兵士は、他の方法で死体を虐待した。死体をピエロに装飾したり、切り裂いたり、手作業の写真を撮ったり、スクラップブックに結果を記入したりした。 特派員のマイケル・ハー氏は、思い出す。
       ☆

    イメージ 4
    There were hundreds of these albums in Vietnam, thousands, and they all seemed to contain the same pictures . . . the severed head shot, the head often resting on the chest of the dead man or being held up by a smiling Marine, or a lot of heads, arranged in a row, with a burning cigarette in each of the mouths, the eyes open . . . the VC suspect being dragged over the dust by a half-track or being hung by his heels in some jungle clearing; the very young dead . . . a picture of a Marine holding an ear or maybe two ears or, in the case of a guy I knew near Pleiku, a whole necklace made of ears . . . the dead Viet Cong girl with her pajamas stripped off and her legs raised stiffly in the air. . . . Half the combat troops in Vietnam had these things in their packs, snapshots were the least of what they took after a fight, at least the pictures didn’t rot.

    ベトナムには何百何千ものアルバムがあり、それらはすべて同じ写真を含んでいるようだ。。 。 。 切断された頭部のショット、死んだ男の胸の上に座ったり、笑顔の海兵隊員。或いは多くの頭を列に並べ、口にはそれぞれに火が点いたタバコを吸わせ目を開ける
    。 。 。 VC(ベトコン)はハーフトラックで埃の上を引っ張られたり、ジャングルの中の開拓地でかかとに吊されていると思われる非常に若い死者
    。 。 。 耳を持っているある海兵隊員の写真、或いは二人の耳か、或いはある男の、私はプレイク 市の近くで、全部耳で出来たネックレスを知っていた
    。 。 。 パジャマ姿で死んだベトコンの女の子は剥ぎ取られ、彼女の足は大気中で激しく上がっていた
    。 。 。 。 ベトナムの戦闘部隊の半分は、これらのことを彼らの荷物に入れた。スナップショットは戦いの後で撮ったものの中で最も少なく、少なくとも写真は朽ちていなかった。
       ☆
    Norman Ryman, of the 173rd Airborne Brigade, was one of these souvenir-collecting soldiers. After U.S. authorities discovered three human ears—along with an atrocity album—in a package he sent back to the United States, he explained that he was responsible for only two of the body parts. The other, he said, had been purchased from a soldier in the 101st Airborne Division, who “had a large jar of ears that he was selling.”

    第173空挺旅団のノーマン・ライマンは、これらのお土産を集める兵士の1人だった。 米国当局は、3つの人間の耳と残虐行為のアルバムを発見した後、彼が米国に送り返した小包で、身体部分のうちの2つだけに責任があると説明した。 もう1つは、101番空挺部隊の兵士から購入したもので、彼は「彼が売っていた耳が大きい」と述べた。
    イメージ 5

    In addition to collecting souvenirs and gruesome photos, American troops mistreated corpses to send a message. Troops in the field regularly carved their unit’s initials or numbers into corpses, adorned bodies with their unit’s patch, or left a “death card”— generally either an ace of spades or a custom-printed business card claiming credit for the kill. Company A, 1st Battalion, 6th Infantry of the 198th Light Infantry Brigade, for example, left their victims with a customized ace of spades sporting the unit’s formal designation, its nickname (“Gunfighters”), a skull and crossbones, and the phrase “dealers of death.” Helicopter pilots, such as Captain Lynn Carlson, occasionally dropped similar specially made calling cards from their gunships. One side of Carlson’s card read: “Congratulations. You have been killed through courtesy of the 361st. Yours truly, Pink Panther 20.” The other side proclaimed, “The Lord giveth and the 20mm [cannon] taketh away. Killing is our business and business is good.”

    記念品や厄介な写真を集めることに加えて、アメリカ軍は死体を虐待してメッセージを送った(死体に何らかの傷痕を残した)。

    イメージ 6

    野戦での軍隊は、部隊のイニシャルまたは数字を定期的に死体に彫り込み、部隊のパッチを貼った装飾体に置くか、一般にスペードのエースか、殺人の名誉を主張するおあつらえの印刷した名刺を残した。

    イメージ 7
    (画像説明)上記がThe Death Card(死体カード)。左二枚が第6歩兵師団のもの。米兵士はヘルメットに挟んでいた。右二枚が他の師団のもの。各師団がそれぞれ数種類の死体カードをもっていた。

    イメージ 10

    例えば、1984年の軽歩兵旅団第6歩兵師団(ニックネーム「ガンファイターズ」)は、頭蓋骨とクロスボーンズ(大腿骨二個を交差した図形)を飾る別注のスペードのエースを犠牲者に残した。

    イメージ 8

    死の代理人と呼ばれるライアン・カールソン大尉のようなヘリコプターのパイロットは、時々、ガンシップ(対地攻撃用の武装ヘリコプター)から同様の特別に作られたテレホンカードを落とした。 

    イメージ 9
    (画像説明)この画像はカードではありません。ピンクパンサーを説明するために掲載しました。

    カールソン大尉のカードの片面に「おめでとうございます。あなたは361番の優遇で殺されました。あなたは本当にピンクパンサー20。」

     裏面で叫んでいることは、「主が与え、20ミ砲は離たれ、殺害は私たちのビジネスであり、ビジネスは良いです。」

    In a rather medieval display, some American troops hacked the heads off the dead and mounted them on pikes or poles to frighten guerrillas or local Vietnamese villagers. Others, in a more modern variant of the same practice, lashed corpses to U.S. vehicles and drove through towns and villages to send a similar message. And while South Vietnamese troops were often singled out in the press for making public displays of dead guerrillas, U.S. troops did much the same, sometimes even more spectacularly. Alexander Haig— who went on to serve as a division brigade commander, vice chief of staff of the U.S. Army, and then President Nixon’s chief of staff— recalled that in 1966, when he was the operations officer with the 1st Infantry Division, one tactic under discussion involved throwing bodies out of aircraft.

    かなり中世風の展示では、一部のアメリカ軍隊が死体から頭を切り離し、ゲリラや地元のベトナムの村人に恐怖を抱かせるためにそれらを槍や竿に取り付けた。
     同じ慣習のより現代風に変わった方法では、他の人たちが死体を米国の車に打ち付け、同様のメッセージを送るために町や村を駆け抜けた。

    また、南ベトナム軍が死んだゲリラの公開を宣言したことで、しばしば報道されたが、米軍は時には劇的に同じように多くのことをした。米軍司令部悪徳総裁からニクソン大統領の主席スタッフを務めるアレクサンダー・ハイグ氏は、1966年、第1歩兵部隊の操縦士であった時、 議論の対象となったのは、死体を航空機から投げたことであった。

    “I was there when some staffers recommended dropping dead North Vietnamese soldiers from helicopters . . . simply for the psychology of it,” Haig remembered decades later. “I said ‘If that happens I’m resigning right here and now.’ And it didn’t happen.” The historical record, though, contradicts Haig’s last sentence. In November 1966, the New York Times reported that, following a particularly successful battle, an “elated” Lieutenant Colonel Jack Whitted of the 1st Infantry Division had the corpses of dead revolutionary troops loaded into a helicopter. “We’re giving the bodies back to Victor Charles!” he shouted. “We’ll dump the bodies in the next clearing.” The corpses were then hurled out.
    (ここの節の意訳省略)

    The disdainful attitude that led American troops to gleefully cut off ears and run down pedestrians by the roadside was even stronger when it came to a group that, for the young soldiers, was doubly “other”: Vietnamese women. As a result, sexual violence and sexual exploitation became an omnipresent part of the American War. With their husbands or fathers away at war or dead because of it, without other employment prospects and desperate to provide for their families, many women found that catering to the desires of U.S. soldiers was their only option.

    アメリカ軍が路傍で歩行者の耳を喜んで切って倒すようになると、誇り高き態度(蛮行)はさらに強まった。それは若い兵士にとって、二重に "他人"であったベトナムの女性たちのグループに来たときである。その結果、性的暴力と性的搾取はアメリカの戦争での不偏な日常茶飯事となった。

    夫や父親が出兵や死亡でいないため、他の仕事の見通しがなく、家族のために稼ぐことが必死であり、多くの女性が、兵士の欲望を満たすことが唯一の選択肢であることを見出した。

    By 1966, as the feminist scholar Susan Brownmiller observed, the 1st Cavalry Division, the 1st Infantry Division, and the 4th Infantry Division had all already “established official military brothels within the perimeter of their basecamps.” At the 1st Infantry Division base at Lai Khe, refugee women—recruited by the South Vietnamese province chief and channeled into their jobs by the mayor of the town—worked in sixty curtained cubicles kept under military police guard. Jim Soular of the 1st Cavalry Division recalled the setup at his unit’s compound, known as Sin City.

    1966年、フェミニストのスーザン・ブラウンミラーが観察したように、第1歩兵師団、第1師団、第4師団はすでに「ベースキャンプの周りに公式の軍事売春宿を設立していた」。ライケーの第1歩兵師団基地では、難民の女性が南ベトナム州長の要請を受け、町の市長に就任した。彼女は軍事警察の監視下に置かれた60のカーテン小室で働いていた。第1騎兵師団のジム・スーラ(Jim Soular)は、シン・シティとして知られている彼の部隊の混合体制を思い出した。

       ☆
    You had to go through a checkpoint gate, but once you were in there you could do anything. There were all kinds of prostitutes and booze. The [U.S.] army was definitely in control of this thing. The bars had little rooms in the back where you could go with the prostitutes. I know they were checked by the doctors once a week for venereal diseases.

    (売春宿に行くには)チェックポイントゲートを通過しなければならなかったが、一旦通過すると、何かをすることができた。

    売春宿では酒はあらゆる種類のものがあった。
    [米]軍はこのことを確実に管理していた。

    バーの背後にはあなた達が売春婦と一緒に行ける部屋がほとんどなかった私は彼女らが医師によって週に一度性病検査をされていたことを知っている。

       ☆
    At Dong Tam, the 9th Infantry Division camp, the sign on a large building next to the headquarters read “Steam Bath and Massage.” The troops knew it by a different name: “Steam ’n Cream.” The building boasted approximately 140 cubicles filled with Vietnamese women and girls. At another U.S. compound, the prices of sex acts were announced at an official briefing, and, for a time, “little tickets had been printed up . . . blue ones for blow jobs, and white ones for inter-course,” recalled one patron to an army investigator. GIs paid a dollar or so for the former and around two for the latter.

    第9歩兵部隊のドングタムでは、本部の隣にある大きな建物の標識に「スチームバスとマッサージ」と書かれている。

    隊員はそれを「スチームクリーム(蒸気の泡)」という別の名前で知っていた。

    建物は、ベトナムの女性と女の子で満たされた約140の四角な部屋(正立方体)を誇っていた。

    別の米国の白人居留区内では、性行為の価格は公式に簡素な表示で公表されていた。そして、一時的には、「少額のチケットが印刷された。 。 。 フェラチオ用の青色のチケット、性交用は白いチケット」、軍の調査員の一人の御客を思い出した。

    アメリカ陸軍兵士は前者(青色チケット)には1ドルほど、後者(白色チケット)には2ドルほどを支払った。
                     つづく

    ※ 以上が記事全体の丁度半分です。
    本筋は後半です。
    尚、後半も、今日明日中に意訳してしまう予定です。


    (画像借入URL)


    身の毛もよだつ証言内容。
    米軍と韓国軍の共通点『残虐・強姦』 2013/5/30(木) 
    韓国雑誌 ハンギョレ21 1999年 05月 06日 第256号 . ああ, 震撼の韓国軍! 韓国の恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録

    米国は米軍の『レイプ』の実態を報道せよ 2013/5/18(土) 
    《これが進駐軍の実態》
    《アメリカ軍の他国での蛮行》
    ベトナム戦争中の米軍慰安所については、スーザン・ブラウンミラー(米人女性ジャーナリスト)の『Against Our Will』(1975年)に詳細なルポがある。




    0 0


    『Kill Anything That Moves: The Real American War in Vietnam (American Empire Project) 動くものを殺す:ベトナムのアメリカの戦争(アメリカ帝国プロジェクト)』から抜粋した後半部分の意訳です。

    (前半部分)
    従軍慰安婦捏造の背景:米軍の実態証言 2017/1/25(水) 

    Gang Rapes and Beatings, Brothels Filled with Teenage Prostitutes -- The Depths of American Brutality in Vietnam

    今回の後半部分は特に壮絶な内容となっており、読むさえ忍びないものです。ここで驚くべきことは、ベトナム戦争では、米軍と同様な蛮行をしたのが韓国軍です。処が、ここで書かれた米軍でさえ驚愕する程の韓国軍のあまりにもむごたらしい強姦と虐殺で、米国司令部は韓国軍を村のパトロールや村の襲撃から外し、後方部隊に下げました。

    このように、米国と韓国は、各国民に知られては拙い過去を抱えており、どうしても各国民の目をこれらの蛮行からそらす必要があるのです。

    改めて述べますが、それが捏造従軍慰安婦説と捏造南京大虐殺説で、米国の指示でその先陣を切ったのが日本共産党と朝日新聞、日本社会党なのです。


    (以下、後半意訳)
    Everywhere, every kind of sex was for sale. “At the entrance to the MACV compound in Qui Nhon, a six-year-old girl is offering blow jobs,” wrote one journalist sizing up the sex-work scene. “One night early on in my stay,” he reported,

    I found myself with a thirteen-year-old girl on my lap insisting “we go make lub now” in the bordello her mother had thrown up opposite an American construction site. The bordello is made of sheets of aluminum somehow extricated from a factory just before attaining canhood. You can read the walls of the structure from a distance. They say “Schlitz, Schlitz,” in rows and columns, over and over again.
    The girl wants $1.25. With some difficulty I refuse.
    Later in the war, even walking as far as the camp entrance would become unnecessary, as certain bases began allowing prostitutes directly into the barracks.

    どこでも、あらゆる種類のセックスが販売されていた。
    「省都市クイニョンの南ベトナム軍事援助司令部(MACV)境内入口では、6歳の少女がフェラチオをしてくれます。」とセックスワークを品定めするジャーナリストを書いた。「私の滞在中の一晩前に」と彼は報告した、母親が少女を投げ込んだアメリカの建物の敷地の向かい側の売春宿(ボルデッロ)で、「私は今、ラブオイルを準備中」と言い張る私の膝(ひざ)の上の13歳の少女に気が付いた。 

    買春宿(ボルデッロ)は、成人男子を獲得する直前に工場から撤去され、アルミニウムのシートで作られていた。
    あなたは遠くから構造物の壁を読みとることができる。
    彼らは、幾重にも列をなして、「シュリッツ (ビール) 、シュリッツ (ビール) 」と繰り返し言う。女の子は1.25ドルを望んでいる。 ある煩わしさで私は拒否する。
    後の戦争では、特定の拠点が売春婦を直接兵舎に入れるようになったため、陣営の入り口まで歩くことさえ不要になるだろう。

    “Hootch maids,” who washed and ironed clothes and cleaned living quarters for U.S. servicemen, were also sometimes sexually exploited. As one maid put it, “American soldiers have much money and it seems that they are sexually hungry all the time. Our poor girls. With money and a little patience, the Americans can get them very easily.” And other women working on bases fell victim to sexual blackmail. One such case was revealed in an army investigation of Mickey Carcille, who ran a camp mess hall that employed Vietnamese women. By threatening to fire them if they did not comply, Carcille forced some of the women to pose for nude photographs and coerced others into having intercourse with him or performing other sex acts.

    服を洗濯してアイロンをかけ、米国軍人のために居住地を清掃した「ホックメイド」(ベトナム人の家政婦、通称『馬鹿屋』)も性的に悪用されることがあった。

    メイドの一人が言いったように、「アメリカの兵士はお金があり、彼らはいつも性的に飢えているようです。私たちの貧しい女の子。お金と少しの忍耐で、アメリカ人は非常に簡単にそれら(性的なもの)を得ることができます。」

    そして、基地で働く他の女性たちは、性的な脅迫の犠牲者になった。そのような事件の1つは、ベトナムの女性を雇ったキャンプ・ホール(陣営会食場)を運営していたミッキー・カルシユの軍隊調査で明らかにされた。

    彼女らが従わなかった場合に発砲するぞと脅かすことで、カルチェル氏はヌード写真のためにポーズをとるように一部の女性に強制し、他人との性交や他の性行為を強要した。

    In addition to sexual exploitation, sexual violence was an every-day feature of the American War -- hardly surprising since, as Christian Appy observed, “the model of male sexuality offered as a military ideal in boot camp was directly linked to violence.” From their earliest days in the military, men were bombarded with the language of sexism and misogyny. Male recruits who showed weakness or fatigue were labeled ladies, girls, pussies, or cunts. In basic training, as army draftee Tim O’Brien later wrote in his autobiographical account of the Vietnam War, the message was: “Women are dinks. Women are villains. They are creatures akin to Communists and yellow-skinned people."

    性的搾取に加えて、性的暴力はアメリカ戦争の毎日の特徴だった。クリスチャン・アピイが観察したように、「ブートキャンプ(戦闘のベーシックトレーニング場)における軍事理想として提供される男性の性的モデルは、直接的に暴力に結びついている。

    軍隊の初期の時代から、男性は性差別主義と嫌悪の言葉に砲撃された。衰弱または疲労を示した男性の新兵は、女性、女の子、猫、または雌犬と名付けられた。基本的な訓練では、招集兵ティム・オブライエンが後にベトナム戦争の自伝的な記述に書いたように、メッセイジでは次のようになっている。

    女性はバカだ。女性は悪人だ。女性は共産主義者や黄色人種に似た生き物だ。

    While it’s often assumed that all sexual assaults took place in the countryside, evidence suggests that men based in rear areas also had ample opportunity to abuse and rape women. For example, on December 27, 1969, Refugio Longoria and James Peterson, who served in the 580th Telephone Operations Company, and one other soldier picked up a nineteen-year-old Vietnamese hootch maid hitching a ride home after a day of work on the gigantic base at Long Binh. They drove her to a secluded spot behind the recreation center and forced her into the back of the truck -- holding her down, gagging, and blindfolding her. They then gang-raped her and dumped her on the side of the road. A doctor’s examination shortly afterward recorded that “her hymen was recently torn. There was fresh blood in her vagina.”

    多くの場合、すべての性的暴力は前線の田舎で行われたと考えられていたが、後方部隊の男性にも女性を虐待し強姦する機会が十分にあることが示されている。

    たとえば、1969年12月27日、陸軍の580番目の電話オペレーター企業で働いていたロンゴリアとペターソンと、もう1人の兵士が、ロン・ビンの巨大基地での一日の仕事を終え、帰宅途中の19歳のベトナム人のホックメイド(家政婦)を呼び止め車に乗せた。

    彼らは彼女を乗せたまゝ、レクリエーションセンターの後ろの静かな場所へ行き、トラックの後ろに彼女を強制し、押さえつけ 、さるぐつわをし、目隠しをした。

    彼らは彼女を強姦した後、彼女を道路の側に投棄した。 その直後の医師の検査では「彼女の処女膜は最近破れた」と記録されていた。 彼女の膣に新鮮な血があった。

    On March 19, 1970, a GI at the base at Chu Lai, in Quang Tin Province, drove a jeep in circles while Private First Class Ernest Stepp manhandled and slapped a Vietnamese woman who had rebuffed his sexual advances. According to army documents, with the help of a fellow soldier Stepp tore off the woman’s pants and assaulted her. The driver apparently slowed down the jeep to give the woman’s attackers more time to carry out the assault, and offered his own advice to her: “If you don’t fight so much it won’t be so bad for you.”

    1970年3月19日、クアンティン県の首都チューライの基地のある米国陸軍兵がジープを運転し、アーネスト・ステップ一士は、性交への進展を拒否したベトナムの女性を処刑した。

    軍の文書によると、仲間の兵士の助けを借りて、ステップ一士は女性のパンツを裂き、彼女を襲った。運転手は明らかにジープを減速させ、女性の攻撃者に襲撃をする時間を与え、彼女に助言をした。「あまり抵抗しなければ、あなたにとってはそれほど悪くはないことだ」

    Again and again, allegations of crimes against women surfaced at U.S. bases and in other rear echelon areas. “Boy did I beat the shit out of a whore. It was really fun,” one GI mused about his trip to the beach resort at Vung Tau. The sheer physical size of American troops -- on average five inches taller and forty-three pounds heavier than Vietnamese soldiers, and even more imposing in comparison to Vietnamese women -- meant that their assaults often inflicted serious injuries. Sometimes, Vietnamese women were simply murdered by angry GIs. One sex worker at a base in Kontum, known as “Linda” to the soldiers there, was gunned down after she laughed at a customer who, according to legal documents, “thought she was going to go out with another G.I.” On March 27, 1970, in Vung Tau, several Vietnamese prostitutes became embroiled in an argument with a soldier over payment. He assaulted a number of them and stabbed one to death.

    何度も何度も、米兵のベトナム女性に対する犯罪の申し立てが、米拠点やその他の後部部隊の区域で起きた。

    男の子は、私は売春婦のたわごとに打ち勝ったか?
    それは本当に面白かった」と、1人の米軍陸軍兵はブンタウのビーチリゾートへの彼の旅について迷っていた。←(注)ここのくだりは意味不明

    ベトナム兵士よりも平均して5センチ長く43ポンドも重く、ベトナムの女性と比較してさらに魅力的なアメリカ軍のペニスの物理的な大きさは、ベトナム女性に激しい傷害を負わせた。時々、ベトナムの女性は怒った米国陸軍兵士によって安易に殺された。

    「リンダ」と呼ばれるコントゥム省の基地にいるセックスワーカー(性労働者)は、法的文書によると、1970年3月27日、別の米軍兵士と出かけようと思っていたが、顧客を笑った後、銃で撃たれた。 ブンタウでは、幾人かのベトナムの売春婦が支払い過ぎの兵士との議論(もめ事)に巻き込まれた。彼は数多くの人を暴行し、一人を刺し殺した。

    Most rapes and other crimes against Vietnamese women, however, did take place in the field -- in hamlets and villages populated mainly by women and children when the Americans arrived. Rape was a way of asserting dominance, and sometimes a weapon of war, employed in field interrogations of women captives to gain information about enemy troops. Aside from any such considerations, rural women were generally assumed by Americans to be secret saboteurs or the wives and girlfriends of Viet Cong guerrillas, and thus fair game.

    しかし、主に女性や子供たちが住む村落や集落に米軍が到着したとき、米兵はほとんどのベトナム女性への強姦とその他の犯罪をその場で行った。

    レイプは、優位性を主張する方法であり、時には戦争の武器だった。それは現場で女性捕虜の尋問で敵軍に関する情報を得る武器としてのレイプだ。

    このようなことを除けば、農村女性は、一般的には、秘密の破壊活動家や、或いはベトコンゲリラの妻やガールフレンドになることを米軍人により任じられた。米軍はそれで公正なゲームになると見なしていた。

    The reports of sexual assault implicated units up and down the country. A veteran who served with 198th Light Infantry Brigade testified that he knew of ten to fifteen incidents, within a span of just six or seven months, in which soldiers from his unit raped young girls. A soldier who served with the 25th Infantry Division admitted that, in his unit, rape was virtually standard operating procedure. One member of the Americal Division remembered fellow soldiers on patrol through a village suddenly singling out a girl to be raped. “All three grunts grabbed the gook chick and began dragging her into the hootch. I didn’t know what to do,” he recalled. “As a result of this one experience I learned to recognize the sounds of rape at a great distance . . . Over the next two months I would hear this sound on the average of once every third day.”

    性的暴力の報告は、国を上下している。 第198軽歩兵旅団に勤めたベテランは、わずか6〜7ヵ月の間に、彼の部隊の兵士たちが若い女の子を強姦した10〜15件の事件を知っていたと証言した。

    第25歩兵部隊に勤務した兵士は、彼の部隊では、強姦は事実上標準的な軍事行動の手順であると認めた。 

    歩兵師団のメンバーの一人は、村を巡るパトロール中、突然、レイプする少女を選ぶ仲間を思い出した。 

    「歩兵兵三人全て、東洋人の若い娘をつかんで、彼女を夢中に引きずり始めた。 私は何をするのかを分からなかった」と彼は思い出した。

     「この1つの経験で、遠方でレイプする音が分かるようになった。。 。 次の2カ月間、私はこの音(悲鳴)を3日に1度の割合で聞いた。」

    In November 1966, soldiers from the 1st Cavalry Division brazenly kidnapped a young Vietnamese woman named Phan Thi Mao to use as a sexual slave. One unit member testified that, prior to the mission, his patrol leader had explicitly stated, “We would get the woman for the purpose of boom boom, or sexual intercourse, and at the end of five days we would kill her.” The sergeant was true to his word. The woman was kidnapped, raped by four of the patrol members in turn, and murdered the following day.

    1966年11月、第1騎兵隊部隊の兵士たちは、ファンティ・マオという若いベトナム人女性を性的奴隷として使う目的でずうずうしくも誘拐した。 

    パトロールリーダーのある部隊のメンバーが任務に先立ち、「ブームブーム(撮影?)や性交の目的で女性を手に入れ、5日間の終わりに彼女を殺すだろう」と明言した。 

    彼の言葉は真実だった。 女性は誘拐され、4人の巡視メンバーに順次レイプされ、翌日殺害された。

    Gang rapes were a horrifyingly common occurrence. One army report detailed the allegations of a Vietnamese woman who said that she was detained by troops from the 173rd Airborne Brigade and then raped by approximately ten soldiers. 
    In another incident, eleven members of one squad from the 23rd Infantry Division raped a Vietnamese girl. As word spread, another squad traveled to the scene to join in. In a third incident, an Americal GI recalled seeing a Vietnamese woman who was hardly able to walk after she had been gang-raped by thirteen soldiers.139 And on Christmas Day 1969, an army criminal investigation revealed, four warrant officers in a helicopter noticed several Vietnamese women in a rice paddy, landed, kidnapped one of them, and committed “lewd and lascivious acts” against her. The traumatic nature of such sexual assaults remains vivid even when they are couched in the formal, bureaucratic language of mili tary records. Court-martial documents indicate, for instance, that after he led his patrol into one village, marine lance corporal Hugh Quigley personally detained a young Vietnamese woman -- because “her age, between 20 and 25, suggested that she was a Vietcong.” The documents tell the story.

    恐怖の米兵ギャングの強姦は日常茶飯事な出来事だった。 ある軍隊の報告によると、ベトナムの女性が第173空挺旅団から兵士に拘束され、およそ10人の兵士にレイプされたとの申し立てが詳述されている。

    別の事件では、第23歩兵部隊の一部隊の11人のメンバーがベトナムの女の子をレイプした。これが伝言で広がるにつれ、別の部隊がこの場に加わった。

    3番目の事件では、ある米兵は、ベトナムの女性が13人の兵士によって輪姦された後、ほとんど歩くことができなかった女性を見たことを思い出した。

    イメージ 1

    また、1969年のクリスマスデーで、ヘリコプターの正規職員4人が田んぼの中にいるベトナムの女性たちに気づき着陸。そのうちの1人を誘拐し、彼女に対して「わいせつで淫行な行為」をした。

    そのような性的暴行のトラウマ(精神的外傷)的な性質は、たとえそれが公式で官僚的な軍事的言葉で表現されているとしても、鮮明なままである。

    軍事裁判所の文書では、例えば、海兵隊員のヒュー・クイグレー氏は、ある村へのパトロールをした後、「年齢が20歳から25歳のその女性は、ベトコンであることを示唆していた」。 文書はその話を伝えている。

    After burning one hut and the killing of various animals, the accused with members of the patrol entered a hut where the alleged victim was. The accused, seeing the victim, grabbed for her breast and at the same time attempted to unbutton her blouse. As the victim held her child between the accused and herself, she pulled away. At this time, the accused pulled out his knife and threatened to cut the victim’s throat. The baby was taken from the victim and then the accused took the victim by the shoulders, laid her on the floor and then pulled her blouse above her breast and lowered her pants below her knees. The accused then knelt by the head of the victim, took his penis out of his pants and made the victim commit forced oral copulation on him. After a few minutes of this act the accused then proceeded to have non-consensual intercourse with her . . . The same witnesses who saw the accused commit these alleged acts will testify that the victim was scared and trembling.

    Quigley was found guilty of having committed forcible sodomy and rape.

    1つの小屋を焼き、様々な家畜を殺害した後、巡回隊員と一緒に告発された被告人は、犠牲者がいた小屋に入った。 被害者を見て、被告人は彼女の乳房をつかむと同時に、彼女のブラウスのボタンをはずそうとした。 犠牲者が被告人と自分自身の間で子供を抱きつけたとき、彼女は引き離した。 

    同時に被告人はナイフを引き出し、被害者の喉を切ると脅した。 赤ん坊は犠牲者から奪取され、被告人は肩で犠牲者を連れて床に寝かせ、犠牲者の胸の上のブラウスを引っ張り、ズボンを膝の下に下ろした。 

    被告人は被害者の頭にひざまずき、彼はペニスをズボンから取り出し、犠牲者に強制的に口腔性交(オーラルセックス))をさせる。 この行為の数分後、被告人は彼女と非同意の性交をした。 。 。被告人が これらの訴えられた行為を行うのを見た同じ証人は、被害者が怖がって震えていたことを証言する。

    被告人キグリー は強制的なソドミー(オーラルセックス)とレイプを犯したという有罪判決を受けた。

    Some commanders, like an army colonel who investigated allegations of rape in an infantry battalion, nevertheless sought to cast Vietnamese women as willing participants. Writing about the heavily populated coastal regions of I and II Corps, he conjectured that in those areas “the number of young women far exceeds the number of military age males,” so the local women undoubtedly welcomed the attentions of American troops as a means to “satisfy needs long denied.” Assuming that all Vietnamese women longed for intercourse with armed foreigners marching through their villages, the colonel blithely concluded, “The circumstances are such that rape in contacts between soldiers . . . and village women is unlikely.”

    歩兵大隊の強姦の疑惑を調査した軍隊の大佐のように、幾人かの指揮官は、それでもベトナムの女性を喜んで参加させようとした。

    彼は、人口の多い沿岸地域でのI・II軍団について書いて、「若い女性の数は軍の男性数をはるかに上回っている」、地元の女性たちは間違いなく「長く拒否されたニーズ(欲求不満)を満足させる」手段としてアメリカ軍の注目を歓迎した。

    ベトナムのすべての女性が、武装した外国人との婚姻関係に憧れていたと仮定するならば、大佐は「状況は、兵士同士の接触でレイプされるようなものだ。。。 村の女性はそうではないだろう」

    The colonel’s theory about universally willing partners becomes even more preposterous when we consider the shockingly violent and sadistic nature of some of the sexual assaults. One marine remembered finding a Vietnamese woman who had been shot and wounded. Severely injured, she begged for water. Instead, her clothes were ripped off. She was stabbed in both breasts, then forced into a spread-eagle position, after which the handle of an entrenching tool -- essentially a short-handled shovel -- was thrust into her vagina. Other women were violated with objects ranging from soda bottles to rifles.

    私たちがショックを受けた暴力的でサディスティック(加虐愛)な性的虐待の性質を考慮すると、普遍的喜んでいるパートナーについての大佐の理論は、さらに不条理なものになる。

    ある海兵は、撃たれて負傷したベトナムの女性を見つけたことを思い出した。

    イメージ 4

    重傷を負った彼女は水を求めた。 代わりに、米兵は彼女の服を裂いた。

    イメージ 2

    イメージ 3

    彼女は両方の胸に突き刺さゝれ、スプレッド・ワシ(翼を広げたワシ)の位置に強制された後、込み入った道具のハンドル(本質的にはショートハンドシャベル)が彼女の膣に押し込まれた。

    他の女性は、ソーダボトルからライフルまでの広範囲な代物を膣に押し込まれた。

                     (以上が抜粋した全文)



    このベトナム戦争で犯した米軍の蛮行は、ベトナム戦争より二十年前の大東亜戦争(太平洋戦争)終戦で上陸してきた米軍も同様な蛮行をし続けた。

    その例が、日中の街中で歩いている女性を襲い強姦したり、病院を襲い、看護婦や患者を襲い強姦し、幼児や職員を殺している。




    0 0


    私が殊更言うまでもなく、皆さんご存知の通り、徳仁(なるひと)皇太子が次世代天皇となられると、皇室から、古来の神事・儀式が消える。

    代わって皇居では、「南無妙法蓮華経」(なんみょーほーれんげきょー)と連呼の声がこだまするだろう。



    既に石清水八幡宮、伏見稲荷、出雲大社でも、徳仁皇太子の東宮家だけが神饌料(しんせんりょう)の献辞が無い。

    靖国神社でも徳仁皇太子の東宮家だけが玉ぐし料を出さず。

    ●石清水八幡宮
    イメージ 1
    2009年5月

    イメージ 2
    天皇陛下と秋篠宮を含む各宮家の献辞の名前はあるが、東宮家(徳仁皇太子)の名前はない。

    ●伏見稲荷
    イメージ 3
    2011年11月

    イメージ 4
    ここでも天皇陛下と秋篠宮を含む各宮家の献辞の名前はあるが、東宮家(徳仁皇太子)の名前はない。


    ●出雲大社
    2013年5月

    ここでも天皇陛下と秋篠宮を含む各宮家の献辞の名前はあるが、東宮家(徳仁皇太子)の名前はない。

    イメージ 5



    (私のブログ記事抜粋URL)
    ブラジルへは秋篠宮御夫妻派遣で大正解 2015/10/28(水) 
    スウェーデン王室の厳粛な結婚式会場で、デジカメ !!!
    『大きく肥満したスウェーデン王室の結婚式での日本の徳仁(なるひと)皇太子』

    今上天皇のお言葉の前に一言 2016/8/8(月) 
    ここ何年間も、徳仁皇太子の公務は少なすぎ、高齢の天皇に負荷をかけていると指摘されてきたが、徳仁皇太子にとっては馬耳東風であった。

    天皇陛下、皇后陛下  週5日以上公務 
    秋篠宮両殿下     週5日前後 
    皇太子殿下      ひどい時は月に3回 
    雅子妃        年に数回 

    昨年の2016年4月の天皇家三者会議(天皇、皇太子、秋篠宮による頂上会談)で、天皇は婉曲に皇太子の依然とした公務怠慢を指摘したに違いない。そしてじんわりと最後通牒を発したであろう。


    次代天皇:賛否国民投票の必然 2017/1/12(木) 
    徳仁皇太子、非公式行事、ブラジル創価学会の祝典に任意出席。ブラジル創価学会の夕食会にも参加。見事、創価新聞の一面を飾る。

    東宮家徳仁皇太子は、ブラジル・サンパウロの日本人街の入り口にある単なる日本を象徴した鳥居も、創価学会の教えに反する故に、この鳥居をわざわざ覆いで隠させてから車でここを通った。

    韓国が建てた雅子妃母子像の真偽の検証 2017/1/21(土) 

    朝鮮戦争博物館に、愛子の誕生を祝した雅子妃と愛子の像が建っていた。
    韓国人にとって、雅子妃の愛子出産は、元韓国大統領李承晩(リショウバン)および当時の盧武鉉(ノムヒョン)大統領に比すべく、尊厳なる存在<コリアンプリンス>だったのだ。


    (参考)各大社画像借入先
    秋篠宮眞子様御画像保管庫
    このサイトは、わが日本国のお姫様である眞子内親王の御写真やイラストを掲載しているサイトです。

    皇室全般画像掲示板
    Index of /mako/makok



    0 0


    私は、有機自営農業やサプリや薬草の飲用禁止は、米国だけのことだと思っていましたが、これらのことはEU全体でも同様なんですね。驚きました。

    米国では、それまで市販されていた治癒効果のあるビタミン類やミネラル類のサプリメントが禁止され、同種のものが製薬会社から発売されたが、それまでの価格の10倍から20倍に跳ね上がったんです。

    目的は、医薬品業界の儲けのために、治癒効果のある自然食品を禁止するんです。最終目的は、自給自足農業を破壊し、ある日突然、食料品を断ち、一気に餓死させるため。

    日本の農地は、年々いのししの遊歩場になっていく状況ですから、食料品の輸入をストップさせられたら危ないですね。

    かって米国の戦略家が言っていましたね。『日本の自営農業を崩壊させたら、食料が武器となり、米国は戦わずして日本を滅ぼすことができる。』と。

       ★   ★   ★

    米国の現状
    TPPでハーブ茶は飲めなくなる 2013/4/4(木) 

    米国で2010年末に成立した『食品安全近代化法』とは。
    米国では自然有機農業は法律違反として逮捕される。無論、個人がベランダや庭で野菜を栽培して逮捕された例が何件もある。

    また果樹や草木から作られたビタミン剤・サプリ・漢方薬など健康補助食品類も原則禁止。認可医薬品だけに限定するという信じがたい内容となっている。

    この結果、人々はFDAが「安全」と認可したモンサント社のパテントによる農薬漬け、遺伝子改変の奇怪な農産物だけを食べさせられ、旧来農法は種苗の所持すら犯罪とされ取締対象になる。

    すなわち、地球上で独立した自給自足体制が成立しているうちは、戦争・疫病・饑餓などが起きても簡単に死滅しないが、自給体制を崩壊させ世界的分業体制に移行させれば、人々を簡単に淘汰することが可能である。
     
    ある日食料の供給が止まったら、農産自給が破壊されていれば一斉に餓死する道しか残されていないからだ。

       ★   ★   ★

    さて、本題

    The Health Movement against"Codex Alimentarius"
    健康運動『食品規格』


    The Codex Alimentarius Commission was established under heavy influence of the pharmaceutical industry in 1963 following resolutions passed at the Eleventh Session of the Conference of the Food and Agriculture Organization of the United Nations in 1961, and at the Sixteenth World Health Assembly in 1963. (More on the history of codex here) From its very beginning CAC's clear intention was to protect corporate interests in the global pharmaceutical and food markets.

    国際食品規格(コーデックス)委員会は、1961年に国連食糧農業機関第11回会議、1963年に第16回世界保健組合で採択された決議に続いて、1963年に製薬産業の強烈な影響を受けて設立されました。 

    この国際食品規格の歴史について、当初からのCAC(注1)の明確な意向は、世界の製薬および食品市場における企業の利益を保護することだった。

    (注1)CAC 国際食品法典委員会(Codex Alimentarius Commission)

    To achieve this goal the CAC arbitrarily sets worldwide “food standards” for the Word Trade Organization (WTO), which small producers and developing countries find very difficult to meet. While developing countries are thereby excluded from “Free Trade” in the global market by means of often unnecessarily high standards, the pharmaceutical industry uses the CAC as a tool to outlaw all non-patentable natural therapies threatening their global market for patentable synthetic drugs, by simply declaring them illegal or “overdoses”.

    この企業の利益を守るという目標を達成するために、国際食品法典委員会(CAC)は小規模生産者と途上国がクリアするのが非常に困難と思える世界貿易機関(WTO)の世界的な「食糧基準」を勝手に設定している。

    途上国は、しばしば不必要に高い基準によって、世界市場での治癒効果のある自然食品を「自由貿易」から除外されている。

    医薬品業界は特許可能な合成医薬品の世界市場を脅かす非特許性自然療法(自然食品療法)を禁止するツールとして国際食品法典委員会(CAC)を利用する。 その手法は、単に自然食品療法を違法、または「過剰摂取」と宣言するだけだ。

    The CAC’s laws against effective vitamin therapies in particular triggered worldwide resistance and led to the formation of an unprecedented health movement against the proposed ban on nutritional supplements. Since 1994 Dr. Matthias Rath has led the battle against the Codex Alimentarius Commission and its unelected members, who are often completely uneducated in nutritional science or have direct ties with the pharmaceutical industry. Since 1994 a consistently growing number of protestors, sometimes in their thousands, have demonstrated in front of the venue of CAC meetings in Berlin, Germany. The CAC still meets in Germany every November, but has had to relocate to the provincial city of Bonn, due to the growing public exposure of its activities in Berlin.

    特に効果的なビタミン療法を禁止するCACの法律は、世界的な抵抗を引き起こし、栄養補助食品の禁止措置に反対する前例のない健康運動の形成につながった。

    1994年以来、マティアス・ラス博士は、栄養学では完全に教育を受けていないものの、しばしば、製薬業界と直接の関係を持っている国際食品規格委員会と非選出メンバーとの戦いを率いてきた。 

    1994年以来、ドイツのベルリンで開催されたCAC会議の会場の前で、時には何千人もの市民の抗議デモが絶え間なく増え続けた。

    CACは今でも11月にドイツで開催されるが、反CACのベルンでの活動が一般市民に広がっているため、開催都市を州都ボンに移動しなければならなかった。

    While most countries involved in the CAC still support this undemocratic institution, a growing number of delegates within it have begun to actively question its legitimacy. Several insiders have already publicly confirmed the accusations made by the natural health movement behind Dr. Rath.

    At its last meeting in Bonn in November 2004, the national delegation from South Africa presented a proposal capable of finally changing the perverse course that the CAC has followed in the last few years. A leaked document of a participating industry organization confirmed later the “farce” for the pharmaceutical cartel due to the South African initiative.

    CACに関与しているほとんどの国が依然としてこの非民主的な機関を支援しているが、その中には多数の代表が積極的に正当性を疑問視し始めている。 いくつかの内部関係者は、すでにラス博士が後援する自然健康運動による告発内容の正当性を公に確認している。

    2004年11月のボンでの最後の会合で、南アフリカの代表団は、ここ数年、CACが守ってきた邪悪なコースを最終的に変更できる提案を提示した。 参加した業界団体が漏洩した文書で、後に南アフリカの先駆けによる医薬品カルテルの「道化芝居」が確認された。

    The South African CAC delegation is to be congratulated for determinedly making life-saving health information about natural therapies available to the people of the world.

    In the mean time the European Union is following the exact opposite route in order to protect its billion dollar pharmaceutical market. The EU is using its full weight of now 25 member states within Codex to impose strict guidelines on essential nutrients on the whole world. It now appears increasingly likely that EU health policy will gradually become the blueprint for global health policy. (More on the EU and recent Codex developments here)

    南アフリカのCAC代表団は、世界の人々が利用できる自然療法についての救命救急医療情報を決然と作成したことを喜ばしく思う。

    欧州連合(EU)は、10億ドル規模の医薬品市場を守るために、まさに反対のルートを辿っている。世界中の不可欠な栄養素に厳しい食品規格(Codex)の指針を課すために、EUは現在25の加盟国の全圧力を利用し、EUの保健政策が徐々に世界保健政策の青写真になる可能性が高まっているように見える。 (EUと最近の食品規格進展の詳細)(以下省略)

    Codex — The Greatest Threat to Health in the History of Mankind
     国際食品規格(コーデックス) - 世界の歴史上、健康に対する最大の脅威

    In the wake of the recent Vioxx scandal (and earlier scandals such as Baycol ) and in a last desperate attempt to delay its own demise under an avalanche of lawsuits, the pharma-cartel is trying to use its influence within Codex to set standards that will outlaw all non-patentable natural therapies threatening its global markets for patentable, synthetic drugs.

    最近のバイオックス(Vioxx、薬品名)(注2)のスキャンダル(およびBaycolのような初期のスキャンダル)や訴訟の嵐の中で、傷害や死を招く薬品の製造販売禁止時期を遅らせるための最後の必死の試みの結果、特許取得可能な合成薬の世界市場を脅かす特許のない自然療法を全て禁止するとする製薬企業連合(カルテル)は、自然療法を禁止する食品規格を標準に設定しようとしている。

    : 'Codex Guidelines for Vitamin and Mineral Food Supplements'
    「ビタミンおよびミネラル食品サプリメントのための国際食品規格ガイドライン」

    ●Removal of access to a large number of the most effective forms of safe micronutrients
    最も有効な形態で安全な微量栄養素を入手できないようにする。

    ●The prevention of sale of all natural supplements without a doctor's prescription
    医師の処方箋なしですべての天然サプリメントの販売防止

    ●Delivery of human healthcare exclusively into the hands of the pharmaceutical industry
    医薬品業界だけが独占的にヒトヘルスケアを提供すること

    医師の処方箋なしでの全ての天然サプリメントの販売防止

    Consequent increases in unnecessary deaths from diseases that should long ago have been eradicated and from the side effects of the drugs themselves

    その結果、ずっと前に撲滅されていたであろう病気による不必要な死亡や、薬物そのものの副作用

    Any ban on natural remedies would mean the continuation of common diseases such as cancer and cardiovascular disease almost indefinitely and result in the unnecessary deaths of many more millions of people worldwide.

    自然療法の禁止は、がんや心臓血管疾患などの一般的な疾患がほとんど無期限に続くことを意味し、世界の何百万人もの人々の不必要な死をもたらす。

    (注2)バイオックス・スキャンダルについては、別途、記事にします。


    (この記事に関連する私のブログ記事)
    パセリ栽培もいずれ禁止になる 2013/5/26(日) 

    ★ パセリは重金属を取り除く ★
    パセリをむしゃむしゃ食べた人は、二つ出来ていたガングリオンの一つがその日に消えたという。ガングリオンは体内に重金属の多い人にできる。体内の重金属を除去するのに、パセリを食べたり、パセリ茶を飲んだら有効だ。

    他方、アルツハイマーの人は、正常人より6倍のアルミを蓄積しているというから、体内からアルミを除去する方法としてパセリを食べたらボケ防止ともなる。

    TPPで日本は滅びる:目次(3)


    0 0


    (私見)
    和歌山県御坊市集団給食食中毒で使われた『のり』は韓国産である可能性が高い。この場合の関係者は、傷害罪の未必の故意犯である。

    ≪未必の故意犯と目される対象者の面々≫

    真っ先に挙げられるのは、①レシピを作成した栄養管理士。
    次は、②『韓国産のり』を日本産称し、産地偽装していた場合は納入業者
    ③『韓国産のり』であることを知っていた場合、或いは、韓国産かもしれないと思いつゝ、のりを発注した場合は発注責任者

    尚、例へそうでなくても、この時季、加熱を伴わない海産物のレシピそのものによりノロウイルスなどによる食中毒が発生することは予見可能の範囲である。


    ノロウイルス検出 和歌山の集団食中毒は給食原因と断定
    NHK 1月28日 18時20分

    イメージ 1

    和歌山県御坊市の小中学校や幼稚園に通う子どもなど700人以上が下痢やおう吐などの症状を訴えた問題で、児童や生徒の便からノロウイルスが検出されたことが県の調査でわかりました。
    イメージ 2

    県は、給食が原因の集団食中毒と断定し、調理した給食センターを28日から14日間の営業停止処分にしました。

    26日から27日にかけて、和歌山県御坊市が管轄する合わせて15の小中学校や幼稚園に通う子どもや教職員719人が下痢やおう吐などの症状を訴えました。

    症状が重い人はおらず、全員快方に向かっているということですが、症状を訴えた人には、いずれも御坊市立給食センターで調理された給食が提供されていて、県は、このセンターを立ち入り調査するなどして原因を調べていました。(中略)

    イメージ 3

    県は、原因となったのは25日に調理された「塩ちゃんこ」や「ホウレンソウとモヤシの磯あえ」などの給食と見ていて、引き続き感染ルートの特定を進めることにしています。(中略)
    イメージ 4

    市は今後、給食の調理方法に問題がなかったかなどを検証したうえで、再発防止策を急ぐことにしています。


    (磯和えレシピ例)
    小松菜ともやしの磯和え
    一人分 28Kcal(塩分 0.7g)
    イメージ 6

    材料 (二人分)
    小松菜・・・・100g
    もやし・・・・100g
    A)しょうゆ・・・・小さじ2
     酢・・・・小さじ1
     ごま油・・・・小さじ1/4
    焼のり・・・・大判1枚

    (わたなべ内科クリニック健康レシピ)


    傷害罪の未必の故意犯と言える理由

    (私見)

    第一に、食中毒の原因の多くは、生もの、或いは加熱不十分に依る。拠って、管理栄養士は、メニューに生ものを加える場合、食材の産地、食材の鮮度、調理状態等に充分注意を払うのは無論のこと、食材仕入れ担当者や調理人達に具体的指示をしなければならない。特に今季は例年よりノロウイルスの食中毒が多発している故、一段と注意を要するのは当然である。

    この現象は日本だけではない。英国でも多発している。

    第二に、食中毒を起こすノロウイルスなどのウイルスは、主に海産物に付着している。更に冬季はノロウイルスなどのウイルスでの食中毒が多発する。拠ってこの時季に加熱を伴わない海産物のレシピは、特に大量調理では避けるのが寧ろ当然であり、敢えてそのレシピを使う理由はない。

    改めて述べると、米国疾病対策予防センター(CDC)の調査によると、1997年7月から2000年6月の間にノロウイルスが232件発生し、57%が食品媒介性、16%が人から人へ、3%が水媒介性であった。残る23%の伝達の媒体は特定されなかった。

    この食品媒体57%の大半は海産物やその加工品であり、その中での牡蠣(かき)が原因のものは三分の一に過ぎない。他方、23%の媒体不明のケースでは、何れもサラダ、サンドイッチなどの冷たい食品の消費に関連していた。これらのデータを大規模調理現場の管理栄養士が知らない筈はない。

    第三に、『のり』のリスクを知っていながらのレシピは、犯罪行為に等しい。
    のりは加工食品であり、大量仕入れの場合、市販品のような容器包装に入っていないことから、原料原産地表示の義務はない。拠って、例え納入業者が口頭で国産と称しても、産地偽装が当然の食品業界故、それを信じる方が異常である。

    特に韓国産のりは国産と比較し、価格が約半値であることから、大量仕入れの場合、コスト減のため、韓国産、もしくは韓国産の一部混入を指定するか、もしくは、納入業者が混入させていると考えられる。

    韓国産のりに食中毒の原因となるノロウイルスなどが混入していることは、かって日本国大使館が警告文書を流したように、或いは中国が輸入禁止したように、或いは、米国食品医薬品局(FDA)が韓国産貝類は人間の糞便を使用していると指摘したように常識である。それも何の検疫もなくフリーパスで日本に入ってくる。

    拠って、今回の和歌山県御坊市の15の小中学校や幼稚園に通う子どもや教職員719人の食中毒は、起こるべくして起きたというよりも、起こすべくして起きた結果と言えるだろう。




    上記、文中での原文

    ●日本国大使館は、2013年、韓国産のりは食中毒のリスクがあると警告していた。
    在大韓民国日本国大使館 公報
    食中毒に注意せよ。
    韓国での食品検査結果、韓国製冷麺・のり巻きなどから大腸菌検出。のりまきの場合8件の大腸菌と4件の食中毒菌(セレウス菌)がそれぞれ検出された。

    中国、2年連続「韓国のり」は細菌過多で輸入禁止
    「韓国のり」から基準を上回る細菌見つかる、中国が450キロの輸入を却下―中国紙 配信日時:2015年4月17日(金) 新華社 20時41分

    輸入が認められなかったのりの額は約1万5000ドル(約179万円)に上る。中国では昨年も大量の韓国のりが細菌の基準超えの問題で返却されたり処分されたりしている。尚、中国では韓国製キムチに寄生虫卵が検出されたとし、輸入禁止にしている。

    韓国のりから基準値を超える発がん性物質―中国メディア
    配信日時:2014年9月18日(木)
    2014年9月16日、中国経済網によれば、中国国家質量監督検験検疫総局は、2014年7月に中国に輸入された韓国産ののりから基準値を超える発がん性物質・無機ヒ素が検出されたことを明らかにした。問題が見つかったのりはすでに韓国へ送り返され、市場には出回っていないという。 

    米国食品医薬品局(FDA)、韓国の水産物(貝類)の除去を促す
    ワシントン2012年6月14日(ロイター)
    米国の前年の場合は、韓国産カキを食べて3人が死亡した。
    今年の米国では少なくとも4人はシーフードを食べた後病気に。これらの製品と一緒に行われたすべての缶詰や加工食品は人間の糞便使用の証拠があり、潜在的にノロウイルスで汚染されている"とFDAは声明で述べている。

    カナダ食品検査局 韓国製キムチを全量リコール
    2011-10-10 15:30:50

    フランスの衛生省、韓国のキムチで脳細胞が破壊されると言明
    2005年5月31日、「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストに 韓国の民族料理であるキムチを追加した、と発表した。中毒性が高く、脳細胞にダメージを与える「カプサイシン」が多量に含まれている事が主な理由。

    日本:2004年、西山利正(関西医科大学公衆衛生学教授)
    キムチからいろいろな虫卵が出ていると公表。

    日本:2004年8月19日、厚生労働省、韓国産冷蔵平貝に検査義務課す。
    輸入された韓国産の生食用冷蔵平貝から基準値を超える腸炎ビブリオが検出された(福岡検疫所)として、今後、 この製品をすべて検査するよう輸入業者に命令。

    日本:2005年、厚労省研究補助金事業で韓国産キムチの危険性の認識
    厚生労働科学研究費補助金研究事業の成果表( 平成17年度)
    韓国産輸入キムチの1/3に何らかの蠕虫卵(ぜんちゅうらん、線虫、吸虫、条虫)の混入を認め、 緊急危険情報として厚生労働省に報告した。 


    民主党(民進党)蓮舫の犯罪

    日本:2011年、『民主党蓮舫の犯罪』 韓国からノロウイルスを無条件輸入とした
    2011年、時の民主党(民進党)政権下での消費者並びに食品担当 蓮舫内閣府特命大臣は、韓国産の水産物や食品を何の検査なしにフリーパスとした。そこで韓国では、中国の検疫でノロウイルスが検出され、輸入禁止となった「のり」や「キムチ」をフリーパスの日本へ輸出した。更に韓国内で大騒ぎになった生ごみで作った「餃子」も日本へ輸出した。


    食中毒の原因菌やウイルス一覧表

    イメージ 7
    (細菌)スタフィロコッカスアウレウス、バチルスセレウス、クロストリジウム・パーフリンジェンス、ボツリヌス菌、ビブリオコレラ、エシェリヒア・コリ、サルモネラ、赤痢菌、カンピロバクター、クロストリジウムディフィシレ、リステリアモノサイトゲネス。(ウイルス)ロタウイルス、カリシウイルス(ノロウイルス、サポウイルスおよびアストロウイルス)、アデノウイルス。(寄生虫)クリプトスポリジウムパルブム、Cyclospora cayetanensis、Giardia lamblia

    イメージ 8
    (中毒)スタフィロコッカスアウレウス、バチルスセレウス、クロストリジウム・パーフリンジェンス、ボツリヌス菌。(感染症)エシェリヒア・コリ、
    サルモネラ、赤痢菌、カンピロバクター、クロストリジウムディフィシレ、
    ビブリオコレラ、リステリアモノサイトゲネス、ロタウイルス、アデノウイルス、カリシウイルス(アストロウイルス、サポウイルスおよびノロウイルス)、クリプトスポリジウムパルブム、Cyclospora cayetanensis、Giardia lamblia

    Intoxications and Infections of the Small Intestine
    小腸の中毒および感染


    ノロウイルス食中毒事例調査報告

    世界的にノロウイルス食中毒に関しての事例研究は山ほどある。
    その中から、日本での事例調査報告の一部を抜粋した。
       ★   ★   ★
    食品からのウイルス検出状況:地方衛生研究所から国立感染症研究所に報告されている「集団発生病原体票」に基づくと、2002/03~2010/11シーズンに発生した食中毒を主とするNoV食品媒介感染事例(疑い例を含む)1,341件のうち、食品からNoVが検出された事例は67件(5%)にすぎなかった。NoVが検出された食品はカキを主とする二枚貝が36件と約半数を占め、以下、二枚貝以外の食品22件、水2件

    山梨県における岩カキによる食中毒事例
    (Vol. 32 p. 360-361: 2011年12月号)
    ①2011年6月1日および2日に宿泊施設の食事を喫食した18名中、15名が発症した。②事例発生当日、調理従事者1名が軽度の腹痛を呈していた。③使用水は井戸水であったが、遊離残留塩素は検出されなかった。④検査結果、患者15名、13名からウイルスが検出された。⑤RT-PCR法により 遺伝子の検出を行った。
    ウイルス別にみると、ノロウイルスGI(NoV GI)は6名、ノロウイルスGII(NoV GII)は9名、サポウイルス(SaV)は10名、アイチウイルス(AiV)は5名から検出され、多くの患者が複数のウイルスに感染していた。アストロウイルス  、ロタウイルス  、アデノウイルス  、エンテロウイルスの遺伝子は検出されなかった。

    ⑥調理従事者はすべて陰性であった。
    ⑦患者便、調理従事者便、施設ふきとり検体について細菌学的検査を実施した結果、複数のふきとり検体から黄色ブドウ球菌(コアグラーゼV型、エンテロトキシンD)が検出されたが、調理従事者および患者の検便からは検出されなかったため、今回の食中毒の原因菌ではないと考えられた。

    考 察
    単一の遺伝子型が検出されることの多い人→人感染事例と異なり、カキ等の二枚貝が原因となった食中毒事例では、複数のウイルスが検出されることが多い。本事例においても複数の遺伝子型のノロウイルス(NoV)、サポウイルス(SaV)およびアイチウイルス(AiV)が検出され、患者の発生・喫食状況から施設で提供された生食の岩カキが原因食品と推定された疫学調査結果と一致した。体調不良の調理従事者は、検査結果が陰性であったことから、体調不良の調理従事者が食品の汚染源ではないと考えられた。

    一般にウイルス性食中毒が疑われる事件ではノロウイルス(NoV)が主たる検査対象であるが、二枚貝関連事件などでは多様なウイルスが検出されていることからサポウイルス(SaV)など他の胃腸炎ウイルスの検査も同時に実施することが望まれる。

    二枚貝関連の食中毒疑い事例における各種胃腸炎ウイルスの関与―北海道 (Vol. 32 p. 361-363: 2011年12月号)

    二枚貝関連事例における胃腸炎ウイルスの検出状況
    検査対象は、2000年7月~2010年12月の間に北海道で発生した42事例の患者糞便307検体である。

    胃腸炎ウイルス9種類についてPCR法による検索を行ったところ、42事例中、41事例からウイルスが検出された。

    このうちウイルス1種類のみが検出された事例は61%に過ぎず(ノロウイルスNoV:24事例、サポウイルスSaV:1事例)、39%にあたる16事例からは複数(2~5種類)のウイルスが検出された。

    この検出ウイルスの組み合わせはすべて「ノロウイルスNoVと他のウイルス」であり、いずれの事例もノロウイルスNoVの検出率が最も高かった。ノロウイルスNoV以外のウイルスの検出事例数は、アイチウイルスAiV:14、サポウイルスSaV:13、アストロウイルスAstV:3、エンテロウイルスEntV:2事例であった。検体ごとにみた検出ウイルスの組み合わせを図に示した。ウイルス陽性232検体のうち複数ウイルスの検出例は「ノロウイルNoVと他のウイルスの組み合わせ」が57検体(25%)、「サポウイルスSaVとアイチウイルスAiV」が1検体であった。最も多いものでは1検体から5種類のウイルスが検出された。(以後省略)

    生シラスが原因食品と疑われる有症苦情事例―千葉市
    (Vol. 32 p. 363-364: 2011年12月号)

    2011年5月に千葉市内の高等学校2年生(生徒数8クラス327名)が校外学習を実施後、下痢、発熱、腹痛などの食中毒様症状を呈した。調査の結果、患者便からノロウイルス(NoV)、サポウイルス(SaV)およびアストロウイルス(AstV)が検出され、原因食品として生シラスが疑われたので、その概要を報告する。(中略)

    考 察
    校外学習時に発症者44名を含む計96名が14班に分かれて行動していたが、そのうち5つの施設で生シラスを喫食した7班38名中33名が発症していた。また、検査を実施した19名中16名が生シラスの喫食歴があり、その16名中15名からウイルスが検出されたが、生シラスの喫食歴の無い3名からはウイルスは検出されなかった。
    イメージ 5

    以上のように生シラスの喫食の有無と発症またはウイルスの検出の有無との間に有意な相関性がみられた。また、生シラスを喫食した33名のうち、発症日時が特定できている31名についての喫食から発症までの時間は27.5~71時間(平均42.4時間)であり、潜伏時間からも生シラスが原因であることは否定できなかった。(中略)

    しかし、シラス(カタクチイワシの稚魚)はプランクトンを食餌としており、漁獲域が沿岸部であることから、カキなどの二枚貝と同じく、腸管にNoV等のウイルスを保持する可能性が考えられる。

    現在までNoVなどのウイルスがシラスの体内に保持されていたものなのか、またはシラスの体表を汚染していたものなのかの検証には至っていないが、複数のウイルスや種々の遺伝子型が患者から検出されたことから、なんらかの形で直接的あるいは間接的にシラスが下水の汚染を受けた可能性が考えられる。

    以上のように本事例は生シラスの喫食とノロウイルスNoV、サポウイルスSaV、アストロウイルスAstVの検出、および消化器症状の有無とに因果関係が強く認められ、生シラスを原因食品とするウイルス性食中毒が疑われる事例であった。

    また、ノロウイルスネット(V-Nus Ne)tによる全国規模での分子疫学的解析結果の共有が、各地の流行株の動向把握に役立つとともに、疫学調査の科学的根拠となる可能性を示す事例と思われ、今後とも迅速なデータの共有が望まれる。



    (その他参考資料)
    韓国からのノリ輸入枠を拡大 25年に27億枚へ  日経 2015/12/9 19:30
    のりの輸入割当(IQ)に関する日韓協議の結果について 水産庁
    原料原産地名を表示しなければならない加工食品
    食品表示法等(法令及び一元化情報) 消費者庁
    加工食品の原料原産地表示の拡大


    0 0


    先日の記事の続編です。
    『医療行為が人を殺している現実(データ)』 2017/1/12(木) 

    あなたは医師にとって『飛んで火にいる夏の虫』

    Conventional Medicine is the Leading Cause of Death
    従来の医学は死の主要な原因だ

    (ユーチューブ)

    Prescription Death
    You may have thought cancer or heart disease takes the lives of more Americans than any other illness or event. But conventional medicine is actually the leading cause of death today!
    Iatrogenesis is known as the “inadvertent and preventable induction of disease or complications by the medical treatment or procedures of a physician or surgeon.”

    処方死
    癌や心臓病が他の病気や事象よりも多くのアメリカ人の命を奪うと思っているかもしれない。しかし、従来の薬は実際には今日の主な死因だ。

    IAT発生は、「医師または外科医の医療処置または処置による疾患または合併症の偶然かつ予防可能な誘発」として知られている。

    Health Care in America Today
    The Office of Technology Assessment (OTA) was created by Congress to analyze scientific and technical issues in America. From 1972 to 1995, the OTA conducted studies on health care, pollution and other such topics. After producing an unfavorable report of US health care, the agency was disbanded by Congress.

    今日のアメリカのヘルスケア
    技術評価局(Office of Technology Assessment、OTA)は、議会がアメリカの科学技術的問題を分析するために作成したもの。 1972年から1995年まで、OTAは保健医療、公害などのテーマに関する調査を実施した。

    米国の医療の不利な報告書を作成した後、当局は議会によって解散させられた

    The OTA’s 1995 report on health care found that:

    Life expectancy in the US was among the lowest in developed countries
    Infant mortality rates in the US are poor
    Technology in US medicine is expensive and unrestrained
    67% of physicians in the US in 1990 were specialists
    The drug industry exacerbates health care costs while new drugs rarely provide more benefit than old
    The FDA doesn’t consider the effectiveness of new treatments or compare new products to old
    The FDA does not consider non-drug alternatives
    The pre- and post-approval processes for drugs is lacking

    OTA(Over-The-Air 無線経由)の1995年の保健医療報告では、

    米国の平均余命は先進国で最も低い
    米国の幼児死亡率は劣悪だ。
    米国の医学における技術は高価で無制限です
    1990年に米国の医師の67%が専門家であった

    製薬業界は医療費を悪化させる。
    一方、新薬は旧薬よりも多くの利益をもたらすことはめったにない。
    FDA(米国食品医薬品局 )は、新しい治療法の有効性を考慮せず。
    或いは新薬と旧薬との比較だ。
    FDAは非薬物代替薬(治癒効果のある自然食品など)を考慮していない
    薬物の承認前および承認後の過程が無い。(無条件や恣意的認可形態)

    The report concluded with these statements:
    “Only 10-20% of all procedures used in medical practice have been shown to be efficacious by controlled trial,” and “There are no mechanisms in place to limit dissemination of technologies regardless of their clinical value.”

    報告書はこれらの声明で結論づけられた:

    「医療行為に使用されるすべての手技のわずか10〜20%のみが治験(臨床試験)によって有効であることが示されているにすぎない」、「臨床的価値に無頓着な(無視した)技術の普及を制限する仕組みがない」

    The Nutrition Institute of America funded an independent review of “government-approved” medicine that was published in 2006. Professors Gary Null and Dorothy Smith, along with doctors Carolyn Dean, Martin Feldman and Debora Rasio titled the report “Death by Medicine.”

    米国国立栄養研究所(Nutrition Institute of America)は、2006年に公表された「政府が承認した」医学の独立したレビューに資金を提供した。そのレビューが、ゲイリー・ヌルとドロシー・スミス教授が、他の三人の医師(Carolyn Dean、Martin Feldman、Debora Rasio)と一緒に著作したタイトル「Death By Medicine」(医学による死)だ。

    The researchers found that America’s leading cause of death isn’t heart disease or cancer: its conventional medicine. They found that the iatrogenic death rate in the US (death caused by doctors and/or medical treatments) is 783,936 a year. That’s 84,059 more deaths than those caused by heart disease in 2001 and 230,865 more deaths than those caused by cancer.

    研究者たちは、米国の主要な死因は心臓病やがんではないことを発見した。 彼らは、米国における医師の診断・治療から生じる死亡率が年間78万3,936人であることを発見した。 これは、2001年の心臓病による死亡数よりも8万4,059人多いし、がんによる死者数よりも23万865人も多い。

    Over a decade, the scientists predict that iatrogenic deaths will total about 7.8 million, “more than all the casualties from all the wars fought by the US throughout its entire history,” a death rate equivalent to that caused by six jumbo jets falling out of the sky every day.

    科学者たちは、医師による死者数は、「全米戦争の全戦争からの死傷者よりも多く」、約780万人に達すると予測している。それは毎日6機のジャンボジェット機の墜落により死亡したことに相当する死亡率である。

    They also believe the numbers are actually much higher because most iatrogenic deaths aren’t reported as such: only 5 to 20% of iatrogenic deaths are reported for fear of lawsuits and because codes for reporting deaths due to drug side effects and other medical errors don’t even exist in many cases. The number of deaths due to conventional medicine may be 20 times higher than the numbers depicted here.

    彼らはまた、多くの医師の診断・治療から生じる死亡はそれほど報告されていないため、実際の数値は報告数値より遥かに高いと考えている。それは訴訟を恐れ、医師原因の死亡の僅か5〜20%しか報告されておらず、それに薬物副作用やその他の医療過誤による死亡を報告するためのコードが存在しないことが多いためだ。

    従来の薬による死者の数は、ここに描かれている数よりも20倍多いだろう。

    The study authors, using the most conservative statistics they could find, broke down iatrogenic deaths over ten years as following:

    Adverse Drug Reactions1.06 million
    Medical Error0.98 million
    Bedsores1.15 million
    Hospital Infections0.88 million
    Malnutrition in Health Care1.09 million
    Outpatients1.99 million
    Unnecessary Procedures371,360
    Surgery-related320,000

    研究者は、最も保守的な統計学を用いて、以下のように10年にわたっての医学的死亡率を分析した。

    (死亡原因と死亡者数)
    ◍副作用 106万人
    ◍メディカルエラー 98万人
    ◍ベッドルーム 115万人
    ◍病院感染 88万人
    ◍ヘルスケアにおける栄養失調 109万人
    ◍外来患者数は 199万人
    ◍不要な手続き 37万1,360人
    ◍手術関連 32万人

    The “Death by Medicine” doctors also took a look at unnecessary medical care over the course of a decade. They found that 89 million people are hospitalized unnecessarily each year and that 17 million iatrogenic events will occur among this number. 75 million Americans receive unnecessary medical procedures over a decade, 15 million of which result in an iatrogenic event. 164 million people will receive unneeded medical treatment within a decade.
    So what’s behind these death rates and adverse events? Profit, politics, defensive medicine, lack of research on treatments, one-size-fits-all drugs, lack of doctor-patient time and the abuse and overmedication of our elderly are all culprits.

    著書「医師による死」の医師も、10年の間に不必要な医療を見た。

    ◍毎年8900万人が不必要に入院しており、この数字のうち1700万人の医者発生の医療事故が発生することを発見した。 
    ◍7500万人のアメリカ人は、10年間で不必要な医療処置を受け、そのうち1,500万人が医原が原因の医療事故を引き起こす。 
    ◍1億4,600万人が10年以内に不必要な医療を受けている。

    これらの死亡率と有害事象の背後には何があるのか?

    利益、政治、防衛医療、治療研究の欠如、万能薬、医者と患者の時間の欠如、高齢者への過剰薬品投与がすべての犯人だ。

    Conflicts of Interest
    Former editor of the New England Journal of Medicine Dr. Marcia Angell has written that pharmaceutical stock and other financial incentives for scientists are twisting medical research and science altogether to suit business goals.
    Not only do such credible journals accept studies from researchers with conflicts of interest, when a drug company funds a study, ABC News found that there is a 90% chance that the drug will be deemed effective compared to the 50% rate of this conclusion when a study isn’t funded by a pharmaceutical company.
    The US General Accounting Office found that “of the 198 drugs approved by the FDA between 1976 and 1985…102 (or 51.5%) has serious post-approval risks,” including “heart failure, myocardial infarction, anaphylaxis, respiratory depression and arrest, seizures, kidney and liver failure, severe blood disorders, birth defects and fetal toxicity, and blindness.”

    利害の衝突
    ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンの元編集者マサ・エンジェル博士は、科学者のための製薬株やその他の金銭的動機は、ビジネス目標に合わせて医学研究を完全に歪めていると書いている。

    このような信頼できるジャーナルは、製薬企業が研究資金を供給する際に、利益相反の研究者からの研究を受け入れるだけでなく、ABC Newsは、研究が製薬会社によって資金提供されない場合、医薬がこの結論の50%の割合に比べて効果があると判断される可能性が90%の確率であることを見出した。

    米国会計検査院は、以下の事を見出した。1976年から1985年の間にFDA(米国食品医薬品局 )によって承認された198の薬剤のうち、102(51.5%)の薬剤は承認後、深刻なリスクを有していたこと。そのリスクとは、心不全、 発作、腎臓および肝不全、重度の血液疾患、先天性欠損および胎児毒性、および失明を含むこと。

    Antibiotics
    Although the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) says that 90% of upper respiratory infections are viral; more than 40% of the 50 million prescriptions written each year for antibiotics are prescribed for such infections. Antibiotics have no effect on viruses and the overuse of antibiotics has likely led to the drug-resistant superbugs and the 88,000 deaths due to hospital infections every year.
    The CDC does not report on the research that supports nutraceuticals for viral infections and immune system strengthening that could lessen antibiotic abuse, the study authors lament.
    Hospitals receive funding based on how many beds they fill. This fact, and the fact that doctors practice defensive medicine to protect themselves from lawsuits, results in unnecessary hospitalizations and many unnecessary screenings and treatments.

    抗生物質
    疾病管理予防センター(CDC)は、上気道感染症の90%がウイルス性であると述べているが、 毎年書かれた上気道感染症5,000万件の処方の40%以上に抗生物質が投与されている。

    抗生物質はウイルスには効果が無く、抗生物質の過剰使用は薬剤スーパー耐性菌につながり、毎年病院感染による死亡数は8万8,000人にのぼる。

    疾病管理予防センター(CDC)は、抗生物質の濫用を軽減することができるウイルス感染対応および免疫系強化のための栄養補助食品を支持する研究について報告していない、と研究の著者らは嘆く。

    病院は、どれくらい多くのベッドが満たされたかに基づいて資金を調達する。 この事実と、医師が訴訟から身を守るために防衛医療を行うことで、不必要な入院と不必要な検診や治療を招いている。

    Unnecessary Treatments
    The media often drives unnecessary treatments and the prescribing of unneeded drugs. While cosmetic surgeries may number the greatest of these, cesarean sections, cardiac surgeries, endoscopies, back surgeries and pain-relieving surgeries are vastly over-used. Dr. Barbara Starfield reports that the overuse of technology creates a “cascade effect” in treating patients: unnecessary outpatient treatment often leads to more visits, more prescriptions, more hospitalizations and deaths. X-rays, CT scans, mammograms and other such diagnostics are costly and cumulatively dangerous, yet they are given regularly to soothe patient fears and often lead to unnecessary surgeries. Pregnant women used to have x-rays regularly until a study found that they increased death in children from cancer by 40%.

    不必要な処理
    メディアは、不必要な治療や不要な薬の処方をしばしば促す。 美容外科手術はこれらの中でも最大のものだが、帝王切開、心臓手術、内視鏡、背部手術、痛みを和らげる手術は非常に過剰に使用されている。

    バーバラ・スターフィールド博士は、技術の過剰使用は患者の治療において「カスケード(連鎖)効果」を生み出すと報告している。不必要な外来治療は、より多くの受診、より多くの処方、より多くの入院および死につながる。

    X線、CTスキャン、マンモグラムなどでの検査は高価で危険は累積的に増大するが、患者の恐怖を和らげるため、定期的にこれらの検査が行われ、しばしば不必要な手術につながる。

    妊娠中の女性は、X線検査を定期的に行っていたが、研究により、子どもの癌死亡率は40%増加した。

    Coronary angiography, the use of radiation to look at blood vessels and the heart, is another widely practiced diagnostic whose effects are unknown.
    Dr. John Goffman believes that x-rays, CT scans, mammography and fluoroscopy contribute to 75% of the new cancers diagnosed every year and increases in heart disease. He believes that ionizing radiation will cause 100 million premature deaths from 2006 to 2016.
    Orthopedic surgeon Dr. John Sarno says that many back surgeries are based on abnormal x-rays even though multiple studies have found that there is often no connection between abnormalities on x-rays and back pain.

    冠状動脈造影、血管および心臓を見るための放射線の使用は、その効果が未知であるが、広く実施されているもう一つの診断である。

    Dr. John Goffmanは、X線、CTスキャン、マンモグラフィー、蛍光透視検査で、毎年診断された新しい癌の75%と心疾患の増加をもたらしていると確信している。 彼は、電離放射線が2006年から2016年にかけて1億人の死を早めると確信している。

    整形外科医のJohn Sarno博士は、研究により、X線検査による異常と背部痛の間には何の関係もないことが多いということが判明しているにもかかわらず、異常なX線に基づく多くの背部手術が行われていると述べている。

    Chemotherapy
    Professor Ulrich Abel analyzed the use of chemotherapy for epithelial cancer and published the results in 1989. He found no direct evidence that chemotherapy helps people with advanced carcinoma to survive; only a slight benefit in patients with small-cell lung cancer; and perhaps some slight benefit in those with ovarian cancer.
    He said that the belief that chemotherapy can prolong survival is an “opinion based on a fallacy which is not supported by clinical studies.”
    High-dose chemotherapy (HDC) is still a treatment of choice, however, for breast cancer unchecked by normal doses, even though a March 2000 study found that HDC held no benefits and even slightly reduced survival rates.

    化学療法
    Ulrich Abel教授は、上皮癌に対する化学療法の使用を分析し、1989年に結果を発表した。化学療法が進行した癌腫の生存に役立つという直接的な証拠は見つからなかった。 小細胞肺がんの患者ではほんのわずかの利益しか得られず。 卵巣がん患者では、多分、僅かなメリットがある。

    彼は、化学療法が生存期間を延ばすことができるという信念は、「臨床研究では支持されない誤解に基づく意見」であると述べた。

    通常の用量で検査されていない乳癌については、 2000年3月の調査によると、高用量化学療法(HDC)は利益をもたらさず、生存率もわずかに低下させることが判明したが、依然として選択の治療法だ。

    Women and Conventional Medicine
    The “Death by Medicine” doctors take special note of the unnecessary procedures practiced on women in America. 19th-century views of women, the idea that women’s reproductive organs were the basis of physical and mental illnesses have leftover influences on medicine today.

    Dr. Adriane Fugh-Berman has studied this influence on conventional medicine. She reports that:

    ◍thousands of “preventive” mastectomies are performed every year
    ◍more women than men are prescribed drugs
    ◍women are more often given preventive medications that result in side effects than men
    ◍one-third of women are given hysterectomies before they’ve even gone through menopause
    ◍fetal monitoring is common practice even though the CDC doesn’t recommend it, it’s use isn’t supported by research and it may result in higher rates of cesarean section
    ◍menopause and childbirth are considered medical conditions rather than normal biological practices
    ◍the one-third of post-menopausal women on synthetic hormones don’t experience heart disease prevention or cognitive benefits but do experience increased risk of cancer, heart disease and stroke
    ◍Obstetric-gynecologic surgeries represent 23% of all US surgeries performed in 1983, reports the study authors. Cesarean sections take top billing and hysterectomies come in second place.

    They estimate that 640,000 cesarean sections are performed each year in the US and that these increase mortality rates 3 to 4 times and disease rates by 20 times compared to vaginal deliveries.

    女性と従来の医学

    「医学による死」の著者の医師は、アメリカの女性に課せられた不必要な処置に特に注意を払う。 19世紀の女性観は、女性の生殖器が肉体的精神疾患の根幹であったという考えは、今日の薬に影響を与えている。

    Adriane Fugh-Berman博士は従来の医学に対するこの影響を研究した。 彼女は次のように報告している。

    ◍毎年何千もの「予防的」乳房切除が行われている
    ◍男性よりも女性が処方されている
    ◍男性は男性よりも副作用を生じる予防薬を投与されることが多い
    ◍女性の3分の1が閉経前にも子宮摘出術を受ける
    ◍胎児のモニタリングは、CDCが推奨していないにもかかわらず一般的な慣行であり、研究によってその使用が支持されておらず、帝王切開率が高くなる可能性がある
    ◍閉経および出産は、通常の生物学的慣行ではなく医学的状態とみなされる
    ◍閉経後の合成ホルモン接種の女性の1/3が心臓病の予防の恩恵を受けない。或いは、がん、心臓病、脳卒中のリスクが増加する。
    ◍1983年に実施された全米手術の23%が婦人科手術である、と研究の著者は報告している。 帝王切開が最多で、子宮摘出は2位になる。

    米国では毎年64万件の帝王切開が行われており、帝王切開は膣分娩に比べて死亡率を3〜4倍、罹患率を20倍増加させると推定している。

    Sick Care System
    The “Death by Medicine” doctors say that the overuse of medical testing, technology, surgery and drugs does little to prevent disease and results in the most US deaths.

    What is more important to consider, they say, is the practice of preventive  medicine, changes that would address the root causes of disease: stress and its effects on the immune system, a compromised brain/body connection, lack of physical activity, denatured and processed food intake, and exposure to environmental toxins.

    病気のケアシステム

    「医学による死」医師は、医療検査、技術、手術、薬物の過剰使用は病気を予防することはほとんどなく、米国の死亡を最も多くもたらすと言う。

    考慮すべきより重要なことは、予防医学の実践、病気の根本的な原因、すなわち免疫系へのストレスとその影響、脳/身体の繋がりの喪失、身体活動の欠如、 加工食物摂取量、および環境毒素にさらされることが含まれる。



    (私のブログ記事の一部を紹介)

    ● 北海道夕張市 病院がない方が健康で長生きしている実例
    《市民病院がない方が市民は健康で長生きする》 2016/2/10(水) 

    死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がったマジックの背景を、夕張市立診療所で院長を勤めた森田洋之氏が明かにした。
    尚、海外でもこの実例はある。時間があればその実例を記事にします。

    ● 実は有害な健康診断と検診の罠 2015/12/15(火) 

    世界の医療機関や医師や患者が共同研究するコクランでは、健康診断や検診は無意味であり、寧ろ、病気や死を招くと結論づけている。


    0 0


    この記事を現役の皆さんには是非一読して欲しいものです。
    参考になることが、このくだらん記事中に必ずあるはずですから。


    私の履歴書 40歳代本社編

    『社長の怒号・罵倒から胃袋を守る』 

    ≪老人福祉施設の市場報告での激怒≫

    私が部長心得に就任してから間もなく、部長会の席上、病院・老人福祉業界の市場の変化というテーマで発表したときのことです。

    この当時、病院数は全国に約1万2千あり、諸資料を見ると厚生省の方針として病院を8千程までに減らす方向でした。主な原因は、治っても帰宅先の無い、或いは、治っても寝たきりで家族が引き取れない帰宅難民です。

    代わって、それまでの市町村や日赤が運営主体であった特別養護老人ホーム等の老人福祉施設の今後の大半の新設を、社会福祉法人にした民間に委ねる意向で、それらの新規施設に対し、次年度以降、厚生省が施設整備の補助金を出すというものでした。

    初夏、この情報を載せたのがほんの一部の新聞で、それも、虫眼鏡で見ないと分からんほどのスペースでした。

    そこで私は、更にこれを調べ、厚生省の予算額と一施設あたりの平均補助金から次年度の補助対象新規施設数を割り出し、その部長会で、『民間の参入で老人福祉施設新築の市場は次年度以降、3倍以上に拡大する』と発表したのです。

    処が、とんでもない事態に陥りました。
    「特別養護老人ホームなどは市町村しか造れないのに、民間が造れるとは何ということを言うのだ。部長にもなって、こんなことが分からんのか!」と太秦社長は烈火のごとく怒り出したのです。

    確かにそうです。その年までの老人福祉施設の建設主は、データによると市町村か日赤でした。それも建設数は毎年50~70施設にすぎません。

    私 「厚生省の方針が」と、言いいかけたとたん、遮られました。
    それから1時間ほど、太秦社長による延々と私批判が繰り広げられました。

    以降の毎月の定例部長会では同様な私誹謗が繰り広げられました。
    この現象は、その7~8年前の、1985年に私が子会社の常務になった時と同じでした。この時は、それまでのメンテナンス子会社6社の月例役員会は毎回40分前後で終わっていたのが、私が加わったとたん、40分が3~4時間になったのです。無論、この延長も太秦社長による私誹謗に要した時間です。

    それ程までに私を否定するなら、何故に私を部長にしたのでしょうか。
    不思議でしたね。
    それにいつの間にか心得がとれるのです。

    ≪官公庁営業のレポートでの激怒≫

    それから数ヶ月後の夏だったと思います。
    『短期、新しい顧客の創造ー官公庁ー』というテーマでレポートの提出を命じられました。

    自社の営業シフト並びに営業マン育成シナリオは、小売店対象であり、更に新卒でもこの分野に足を突っ込んだ場合、それまでに会社が培ってきた顧客相手ですから、一種のルーチンワークをこなす、それもさぼりながらでも自動的に労せずある程度の実績を上げることが可能でした。

    このようなぬるま湯で育った営業マンには、開発の苦しみや成功の喜びの体験はなく、それに営業戦略教育を受けておらず、その知識も無論の事、他業界の知識もないことから、イロハから教えなければならないのです。例へそうしたとしても『短期』というもう一つの命題はクリアできないのです。

    そこで私は、会社が何十億円という利益を出している今こそ、その利益の一部を使って一気に新しい営業シフトを創るべしとしました。

    それは、各省庁と各都道府県のOBを合計で70人雇用する案です。
    そして、雇用したOBの力で完全に軌道に乗せるのに要する時間は5年。
    何しろ、相手があることだし、一気には雇用できないですから。

    無論、営業展開方法やそれに随行することによる公官庁営業マンの育成、各年度における人件費などの必要経費・受注の予測数字・粗利益なども付記して。

    私にしては満足できる内容に仕上がりました。
    各省庁や各都道府県の裏事情は皆違い、夫々の裏事情を知る事なくして、次の手を打てないからです。これを実践したら、わが社は素晴らしい企業となると確信したのです。尚、この提出したレポートに関しての質問などは皆無でした。

    そして次の月例部長会を迎えました。
    開始早々、罵声が飛びました。
    罵声主は太秦社長。
    無論、罵声の対象は私です。

    「水無瀬部長はとんでもないことを言っている。なんとういうレポートだ!」 
    イメージ 1
    以降、延々と私誹謗が続きました。
    私は、いつあの透明なガラスの灰皿が飛んでくるのかひやひやものでした。

    以降、部長職在任中の6年間の月例会議では、大なり小なりこんな調子で推移しました。

    イメージ 2

    私と同様に、と言ってもせいぜい私の5分の1ほどの罵声ですが、社長の姻戚で、毎年祇園舞妓・芸子うちわが届く営業本部設計部・昭光部長(仮称)の場合、長髪なのですが、くっきりと円形脱毛が何ヶ所も出来ていました。それも脱毛の位置が変わるんですね。時々。

    イメージ 3

    1996年頃にBB営業部部長に昇進した大森君(仮称)の場合は、数度部長会に出席してから胃潰瘍で入院しましたから推して知るべしですね。まさにサンドバック状態ですから、胃が持たないんです。

    私の場合は、一種のトラウマになりました。
    とにもかくにも社長主催の部長会では物がスムーズに言えないというよりも言いたくないんです。

    言ったら次に烈火のごとくの罵声と揚げ足が返ってきますから、口が自然と動かなくなる。反論は出来るのですが、皆の前で反論したら社長の体面を汚すと思うと、これまた言うに言えない。

    それが半年も続くと、部長会に同席の役員や同僚部長の皆さんは、私がすっかり社長に怖気(おじけ)づいていると思ったようです。処が私、社長室で社長と二人きりになると社長に思うことを何の躊躇もなく話すんです。然も、流ちょうに。ですから、寧ろ社長の方が私と二人きりになるのを避けましたね。皆さん、それを知らない。

    ≪怒号・罵声対策≫
    私が社長に最もやられたのに、どうして心身共に健在かというと実は私なりの対策があったのです。

    一つ目の私が実践したことは、部長会で会議室に入り着席したとき、次に社長が入室した時、社長の怒号・罵声を発生中は何度もです。それは、下腹に力を込め息を止めて『ウッ! ウッ!』と声を出さずに唸(うな)るんです。つまり、胃に穴を開ける異常な分泌物を発しようとする胃袋を、この唸りで正常に戻すのです。これは我ながら良策でした。

    イメージ 4

    二つ目は、部長会の席上で反論したくなるのをどう抑えたかです。
    それは前夜飲んで何時に帰宅しようが、それから任天堂のファミコンで『信長の野望』のゲームをしました。それも度々徹夜で。それから出社です。

    これで私の闘争心は疲労で萎えて、反論する気にもならない。会議へのトラウマもありますが、二日酔いに睡眠不足で臨むのですから、ろれつが上手く回らないことが時々ありましたね。でも、それ故に、社長の罵声や怒号は社長が期待する程は私に響かない。

    1996年の初夏以降は、徹夜してから会議に臨むケースが変わりました。
    部長会が毎月休日の第一土曜日となったからです。
    この頃は、東京に転勤していました。

    イメージ 6

    前日の金曜日の午後1時には、東京事務所の近所の店で競馬予想紙『競馬ブック関東版』を購入。夕方、新幹線に乗る前に、有楽町の売店で『競馬ブック関西版』を購入する。それから新幹線車中で缶ビールを飲み、蛍光ペンを持ちながら各レースの予想をする。何しろ、東西二カ所の競馬場の計24レースの検討ですから、二時間半で終わるはずはない。大阪の自宅で検討を継続するも終わって就寝するのは午前3時~4時頃。それから3~4時間ほど一眠りしてから京都本社へ出社。

    話はここで終わらない。

    当時の競馬の投票(賭け)開始時間が午前9時。
     つまり、会議が始まる時刻だ。
    1レース目出走が午前10時前後。
    ということは、会議中に投票しなければならない。

    イメージ 5

    午前9時に会議が始まると、直ぐに小さく折りたたんだ競馬ブックを膝に置き、各レースごとチェックが入った馬番を携帯電話につないだモバイルメイト(5万2千円)で打ち込む。午前中の二つの競馬場分ですから計12レース。私の報告の順番までは打ち込みは完了できました。これが終わってやれやれ。あとは野となれ山となれの心境でした。

    このようなことを不謹慎とお思いの方が多いでしょうが、サラリーマンは身体を壊したらお仕舞い。子供が成人になるまでは病気になるわけには行きませんでしたから。

       ☆   ☆   ☆

    改めて付記するならば、社長の罵倒が有難かった例もあります。

    それは子会社の常務時代(註1)のこと、この子会社の青葉社長(仮称)は太秦社長とは若き時からのお友達で㈱ウズマサの福岡支店長兼務でした。それに私の30歳代前半の東京支店勤務時代の支店長でした。この東京支店時代(註2)の因縁で私は青葉社長を無視し、独断と偏見で子会社の経営が出来ました。

    当時、この私のやり方を結果的に支えたのが太秦社長の私への怒号と罵倒でした。ウズマサ社長の罵声に応えるべく、思い切ったことが出来たのです。

    他方、営業本部の部長職の場合は、営業現場を動かすのには、支店長経由となりますから、全支店長は、BB営業部門の商品と違って今日明日に実績があがらない我が部署の商品の販売には力が入らない故、子会社時代のようにはいかない。私が直接指示や要請が出来たのは、我が営業部員以外には、新商品開発や生産ロットなどで頻繁に打ち合わせをする設計と工場、それに同機能を有する子会社だ。

    私が製造工場の長を飛び越し、新商品開発や製品改良に取り組めたのは、太秦社長の罵声が背景にあったからこそであることは間違いない。




    (参考)
    老人ホームの種類別にみた施設数・定員・入所者数(~1996)

    (画像借入先)
    サンドバッグ 美BEAUTE(ビボーテ)
    モバイルメイト


    0 0


    トランプ大統領就任後、米国政府の閣僚人事でもたついている。
    第二次大戦後の歴代米国大統領閣僚人事としては異例と言える。

    この意味することは、トランプ大統領はロックフェラーやロスチャイルドなどのユダヤ系国際金融資本が背後にいないことを意味する。

    例えば、第39代アメリカ合衆国大統領(1977年~1981年)ジミー・カーターの場合、国際金融資本の連中から多額の選挙資金を得ていたことから、大統領に当選するや否や、高官と閣僚名簿を渡された。つまり、カーター新大統領は自分の要望する閣僚などは一人も選任出来ず。無論政権の政策なども予め決められていた。

    無論、バラク・オバマが最初に大統領に就任の際はジミー・カーターと同様、閣僚はロックフェラー等の国際金融資本の代理人に決まっていた。

    彼らに共通しているのは改めて言うと共産主義だ。無論バラク・オバマも然り。
    然もオバマの第一期国務長官ヒラリー・クリントン(67代)も次の第二期国務長官ジョン・ケリー(68代)の何れも強烈な親中派だ。

    (参照)オバマ大統領の血と思想の源  2013/9/1(日)

    共産主義とは、世界の国を解体し、国際金融資本が世界を支配する(ワンワールド主義)へのプロセス思想だ。

    その一歩として、中東諸国を騒乱状態にし、中東からイスラム教徒を追い出し、イスラエルによる中東支配を目指す。

    それが、バラク・オバマの『スズメバチの巣』作戦だ。
    (Hawks: We must poke hornet's nest!)

    CIA(米国)とモサド(イスラエル)を使ってテロ要員を育成し、中東各地に送り込み、平穏だった国々(スズメバチの巣)で爆破や反政府戦闘で突っつき、騒乱状態にする。

    今、EU諸国や米国に流れている大量の難民は、オバマの『スズメバチの巣作戦』で生じたもので、夫々の国民は自国を捨てて国外へ逃亡する。

    国体が破壊され、空になったスズメバチの巣は、難なくイスラエルが乗っ取る。故に、オバマにとって居残るイスラム教徒は邪魔者で躊躇せずに殺したのである。邪魔者は殺す。これが共産主義思想の正体で根本を為すものだ。

    分かり易い例で言うと、共産主義毛沢東による自国民6千万人の虐殺や辺境エリア民族の爆殺だ。日本でいえば、戦後の日本共産党による爆弾テロ闘争と殺人だ。

    下記のプレジデントの記事は、上記の内容を知ればよく理解できる。
    尚、この件についての改めての記事はこれから書く。


    さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」
    プレジデント 1/30(月)


    ■言ってたこととやってたことが違う

     つい先日、バラク・オバマ前大統領がこの2年間で5万発近い爆弾を世界中でばら撒いたことが、米外交問題評議会のサイトで明らかにされた。2016年は2万6171発、15年は2万3144発を投下した。1回の爆撃で複数の爆弾が落とされることや、発表されている国々以外への投下を考えれば、より増える可能性は高い。

    英国の調査報道ジャーナリスト協会のまとめでは、ブッシュ政権の8年間でパキスタンにおける無人機攻撃は51回、民間人を含む死亡者は少なくとも410人であった。一方、オバマ政権では373回、2089人となっている。イエメンやソマリアを追加すればさらに増える

    これらの無人機による攻撃では、いくつかの問題も指摘されている。

     第1に法的根拠である。他国内で警告や裁判なしに不十分な確認で、ミサイルを撃ち込み「処刑」していることが問題視されているのである。(註1)(中略)

    第2にプロセスである。12年にオバマ政権の当局者が「タフな大統領」としてリークしたところによれば、毎週火曜日の会議で「ベースボールカード」と称されるテロリストたちの履歴書を確認し、大統領自身が暗殺リストを決定しているという。(註2)(中略)

    第3に民間人の付随的被害である。俗な言い方になるが、無人機のカメラでターバンと髭の男性を確認して対戦車ミサイルを撃ち込むのだから人違いはあるし、当然巻き添えも発生するということである。(註3)

     数千人以上の民間人が死亡しているとするデータもある。内部告発によれば、13年の軍の報告書では「ある期間に200人以上を殺害したが、標的が正確だったのは35人だけだった。また、5カ月間の空爆で死亡した9割が意図した目標ではなかった」と報じている。(註4)(中略)

    以上のことは何を示すのだろうか。

    第1に、もはや「戦争」の定義が溶解していることだ。確かにオバマ前大統領は「非戦」の大統領だったのかもしれない。しかしながら、それは「国家間戦争」であり、実のところ、「無人機による戦争」の道を本格化し、おびただしい死傷者を生み出した。反米意識を高揚させ、テロを誘発する悪循環に導いただけとも言える。

     第2に、政策決定者なるものが、言葉と行動と思考のトリレンマ(註4)に陥りがちだということである。

    (註4)トリレンマとは、3つすべてを同時に成立させることは不可能だとする理論。三重苦。

    要するに、言行一致の政治家は本心ではない。思考と発言が一致している政治家は、口先だけで行動がついてきていない。行動と考えが一致している政治家は口では嘘ばかりついている。

     ひどい場合は、言っていること、やっていること、考えていることのすべてがちぐはぐだ。オバマ前大統領の美しいレトリック(註5)と陰惨な大量の死体の山はそれを物語っているのである。(註6)

    (註5)レトリックとは、巧みな表現をする技法。修辞学。

    第3に、オバマの美しいレトリック(註5)を見て、「平和の使徒」であるかのように称賛する一方、トランプ新大統領の荒々しく激しいレトリックを見て「破壊の魔王」とするのは間違いの可能性が高いということだ。

     オバマはブッシュ元大統領を遥かに上回る暗殺作戦を実施し、民間人を含む死体の山を築き上げた(註7)。他方、トランプが無人機作戦を継続するかどうかは不明であるし、仮に乱用しても、それはオバマがつくり上げた法的根拠と軍事態勢とシステムに基づくものであり、オバマの責任は変わらないからだ。

     オバマ前大統領は無人機戦争の育ての親であり、大量の爆弾を世界でばら撒いた大統領だったのである。 (以上で抜粋終り)


    ※文中、(註)の箇所で、説明を加筆しようと思いましたが、長くなるので、この説明は次回にします。


    0 0


    米国での前回の世論調査によると、ドナルド・トランプ大統領、イスラム主流国7カ国(イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン)の人々の入国を90日間禁じ、難民の受け入れを120日間一時的に停止する入国禁止令に関して回答者の意見は分かれており、おおむね共和・民主の支持者で違いが際立っている。

    トランプ氏の大統領令に賛成しているのは48%、反対は44%だった。賛否の程度はほぼ同じで、「強く賛成」が33%、「強く反対」が34%だった。
    (ハフィントンポストUS版と世論調査会社「YouGov」が実施した世論調査)

    トランプ大統領が名指しして批判するCNNの3日発表の世論調査でも反対51%、賛成45%で半々に近い。

    だが、日本の世論調査では、82%が『評価せず』、『評価する』は僅か11%との結果となっている。更に、世界情勢は悪くなるが64%、良くなるが僅か2%である。これらの違いは何か。

       ☆   ☆   ☆

    日本の世論調査
    入国禁止の大統領令82%「評価せず」、JNN調査
    TBS系(JNN) 2/6(月) 5:28配信
    イメージ 3


    米国:CBSテレビが3日発表した世論調査
    トランプ大統領、世論調査で移民めぐる大統領令について評価二分
    反対51%、賛成45%
    イメージ 4

    ≪我ら日本人の本能≫
    大洪水が起きようが大地震で津波に襲われようが、季節は廻り、やがては春が来る故、敢えて君子危うきに近寄らず。じっと時の流れに身を任せるのが最善。

    身を任すということは、イコール、テレビや新聞報道を無批判に信じること。
    新聞雑誌は約48%の人、テレビは38%の人が信じる。これは異常としか言いようがない。アメリカ・オーストラリア・イギリス・イタリアなどの欧米諸国は、新聞やテレビを全く信用していないに等しい。日本とは大違い。

    故に、世界の国家を破壊し、企業によるワンワールドを企てる共産主義の国際金融資本に支配されている日本のNHKも含めた大手メディアの報道を無批判に受け容れる。その結果が、トランプ大統領令の移民防止に82%もの反対となっている。米国民でさえ半々なのに。ましてや、世界情勢は64%の人が悪くなると回答している。

       ☆   ☆   ☆

    『我等日本人の情報の受け止め方』 2012/3/19(月) 
    『テレビは洗脳装置。報道を信じる日本人はバカ?』 2012/10/18(木) 
    TBS会長 日本民間放送連盟会長:井上弘
    「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」

    『世界のメディアを支配する国際金融資本』 2016/7/13(水) 
    The power of lies, deceptions and disinformation as Americans pay the price of collective stupidity.
    アメリカ人は、嘘、詐欺や偽情報の力で、集団的愚かさの代償を支払うことになる。 


    Six Zionist Companies Own 96% of the World’s Media
    6つのシオニスト(ユダヤ人)資本が世界のメディアの96%を支配する
    「あなたはとってもよく知っている、愚かなアメリカ人も同じようによく知っている、

    誰であるかに関係なく、ホワイトハウスに座る人物を、政府を、我々(シオニスト、ユダヤ人)がコントロールしているのを。我々が思いがけないことをするとしても、我々に挑戦できるアメリカ大統領はいないことを、あなたも、私も知っている。

    そうね?彼ら(アメリカ人)は私たちに何ができる?
    我々は議会を支配し、メディアを支配し、ショウ・ビジネスを支配し、アメリカの何もかもを支配している。アメリカではあなた達は神を批判することはできるが、イスラエルの批判はできない。。。」(イスラエル・スポークスウーマンの Tzipora Menache)


    大統領令は、オバマの『スズメバチの巣戦略』の終焉を間接的に言明したもの。

    大統領令のイスラム教の国、7国、イラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イェメンからの国民が、アメリカに入国することを90日間禁止し、難民認定された人に対しては、120日の入国停止とした。

    イメージ 1
    Washington post
    The seven nations affected by President Trump's executive action on immigration are not actually countries where terrorists who have carried out fatal attacks the United States came from. (Daron Taylor/The Washington Post)
    トランプ大統領の移民法執行措置の影響を受けた7カ国は、実際、米国に致命的な攻撃をしたテロリストがいる国ではない。 (ダロン・テイラー/ワシントン・ポスト)

    告発された攻撃者が生まれた場所
    この7ヶ国にはいなく、それらの隣国のサウジやエジプトで生まれた者達だ。
    イメージ 2

    (註)サウジアラビアを対象から外したのは恐らくCIAの強い要請であろう。というのは、CIAの他国を騒乱させるテロや反政府組織への武器や資金援助の元手は、米国の国家予算も含むが、その他に、サウジアラビアで栽培する麻薬をCIAが動かし、そこから生じる莫大な利益であるからだ。


    世界情勢は好転する:今回の中東7ヶ国に対しての大統領令は、オバマが策略したイスラエル大帝国を創るための『スズメバチの巣戦略』の終焉を意味す。

    今まで中東で起きている紛争は、宗教とは全く関係がない。
    (『スズメバチの巣戦略』とは)
    Snowden said intelligence services of three countries created a terrorist organisation that is able to attract all extremists of the world to one place, using a strategy called “the hornet's nest”. 

    スノーデンはこの3カ国(米国CIA、英国MI6、イスラエルモサド)の各国諜報機関は、「スズメバチの巣」と呼ばれる戦略を使用し、一つの場所に世界のすべての過激派(テロ組織)を誘致することが可能であるテロリスト組織を作ったと言っている。

    例えば、反アサド・シリア反乱軍の95%はシリア人ではない外国から資金を貰い訓練された傭兵の仕業である。その外国とは、西側(米国・イスラエル・仏国・英国)であり、シリアのアサド大統領を倒すためである。そして今や、シリアの大部分の土地はイスラエルの占領地となっている。

    『CIAとモサドのシナリオ通りのイスラム(ISIS)』 2015/6/16(火)
    シオニスト政権イスラエルの関係者が、テロ組織ISISは、このイスラエル政権の諜報機関モサドが作ったものだと認めた。

    国際金融資本ロスチャイルドが支配する各国の諜報機関とテロ組織。
    英国MI6(英国諜報機関)、イスラム国(ISIS)、アルカイダ、米国CIA(米国諜報機関)、イスラエル(モサド)、ボコハラム(ナイジェリアのテロ組織)

    但し、今の中東から米国もロシアも完全に手を引いたら中国が入ってきて新たな紛争が始まる。拠って、米ロは共同して中東各国の独立と安定を図るべきだ。それが出来るのがトランプ&プーチン両大統領だ。

       ☆   ☆   ☆

    (参考)ナチスによる第二次世界大戦の目的は、イスラエルによるユダヤ国家を創ることであった。

    『捏造された歴史を叫び続ける醜態』 2012/1/18(水) 
    『19人殺害:簡単に洗脳される日本の若者』 2016/7/29(金) 

    ユダヤ国家を創るシナリオ
     ロスチャイルドを中心とするシオニスト達が1897年にスイアウのバーゼルで開いた第1回世界ユダヤ人会議での決議事項として「50年後には、民族の悲願だったユダヤ人国家を誕生させる」との誓いが為された。
     
    そして「イスラエル建国の為の国家の誕生には必須の国家の3要素(領土・国民・政府)の内の最も困難な「国民」を創出させる為には、ヨーロッパ全土から無理やりユダヤ人(いわば「羊」)をかき集める必要があった。
     
    「ドイツ民族を牧羊犬シェパード」に仕立て上げて、パレスチナの国土と狙いをつけた土地に「羊」を追い立て誘導する「牧羊犬」に育て上げる「調教師ヒトラーとその親衛隊ナチス」を作った。
     
    だから、ヒトラーに資金を提供したのは、ブッシュ大統領の祖父のプレスコット・ブッシュやジョージ・ウオーカーなどのシオニスト米国ユダヤ金融財閥であった。無論、第二次世界大戦を演じたヒトラー(独)のみならず、チャーチル(英)、ルーズベルト(米)、スターリン(露)もユダヤ人だ。

    それ故に、ナチスは、収容した人々を殺すどころか、健康な毎日を収容所で過ごさせようと手を尽くしていたのである。
    ※収容所の大人も子供も健康そのもの。やせ細った人々の写真や骨と皮だけの遺体の山は、戦争以前に北欧などで伝染病で死んだ人々である。米国や中国のお得意の捏造写真・プロパガンダだ。

    ナチスの収容所で死んだユダヤ人は600万人ではなく、僅か3万人であり、然も、その死因は毒ガスではなく、ユダヤ人の糞尿を住居の地べたに垂れ流す不潔さから蔓延した発疹チフスである。

    『「アンネの日記」はおっちゃんが書いた小説』 2012/1/20(金) 

    「アンネの日記」は少女アンネ・フランクが書いたものではなく、ユダヤ系アメリカ人作家メイヤー・レビン(男性)がアンネ、又はアメリカの少女の誰かの日記を参考にし、捏造して創作した小説。
     
    依頼者は、アンネの父、ユダヤ系ドイツ人、オットー・ハインリヒ・フランク。小説だから当然内容もフィクションで実際には無かった。


    Those in the Middle Eastern countries should appreciate President Trump.
    中東諸国の人々こそ、トランプ大統領に感謝すべきだ。

    (前回記事)
    共産主義オバマの正体『殺人鬼』 2017/2/6(月) 

    オバマの殺人としての具体的数字として計上されていないが、地中海で溺死した数も当然含むべきである。

    オバマが犯した中東諸国の荒廃で、再起は困難であろうが、自国再建のため、避難民は自国に帰還し、先ずは畑を耕すことだ。

    それらの人々の現地での生活支援のため、トランプ大統領は、米国は無論の事、この『スズメバチの巣戦略』を共に実践したイスラエル・英国に、資金を出させるべきだ。
       ☆   ☆   ☆

    『地中海で溺死するなどした難民・移民の子ども、推定190人に』 2月4日
    イメージ 5

    ユニセフ(国連児童基金)は、3日、去年11月から今年1月末までの3か月間に地中海で少なくとも1354人の難民・移民が溺死し、このうち、190人は子どもだと推定されると発表しました。死亡事故の大半は北アフリカのリビアとイタリアを結ぶルートで起きていて、1191人の死亡が報告されているということです。この数は、前の年の同じ時期と比べて、およそ13倍にのぼるとしています。


    トランプ大統領で、尖閣諸島と沖縄は守られる。

    オバマもヒラリーも、米国社会を崩壊させ、次の世界の覇権を共産中国にとらせようと策動してきた。もしもヒラリーが大統領になっていたならば、中国は今日明日にでも尖閣諸島に漁船と称した数百の戦艦で上陸し、中国旗を立て、占拠したであろう。そして中国は次には沖縄を占領する。

    The FEC is still currently investigating more than 35,000 illegal campaign contributions made to Obama's 2008 campaign..Many of them reportedly stemming or originating from China. Hillary Clinton was ordered to REPAY the Chinese government $53,000 which the FEC successfully traced to Chinese military and government officials.

    連邦選挙委員会(FEC)は、オバマの2008年のキャンペーンになされた35,000ドルを超える不法な選挙献金を現在調査している。伝えられるところによれば、それら献金のうちの多くは中国からか、又は源が中国だ。連邦選挙委員会(FEC)が中国軍および中国政府高官まで辿ることに成功し、ヒラリー・クリントンは中国政府から受領した53,000ドルの返金を命じられた。

    (共産主義オバマ)
    オバマは、中国軍にハワイやカルフォルニア上陸訓練をした。
    オバマは、南シナ海で中国が違法に埋め立て軍事基地を造っているのに沈黙していた。そしてほぼ完成となってからクレームをつけた。故意に遅らせた形だけのクレーム。
    (書きかけ中)

    (共産主義ヒラリー)
    米国内での共産主義による爆弾テロ活動を称賛した論文を書き上げた。
    (書きかけ中)


    もしもヒラリーが大統領になっていたなら、オバマの政策『米国民大虐殺と米国家(USA)解体』を継承し、それに反対する米国民は皆殺しにされるであろう。


    オバマの米国民800万人虐殺計画と虐殺大統領令の全貌。
    これを真似たのが安倍首相の日本版FEMA。
    (書きかけ中)




    0 0


    もしも、民主党の共産主義ヒラリーが大統領になっていたなら、同じく共産主義のオバマ路線を引き継ぎ、いずれ、ヒラリーは平穏時にも拘わらず戒厳令を発令し、先ずは物言う米国民の大半を即座に強制収容所にぶちこんでギロチンなどで大虐殺をしたであろう。

    今回は、それを再確認する。

    President Trump preserves the lives of the Americans.
    If Hillary:・Clinton was president, in the near future the United States would be dismantled and at least 50 million of American citizens would have been unconditionally killed.

    オバマは、大統領任期中、米国解体と米国民大虐殺の準備をほぼ完了していた。

    President Obama is a threat not only to the American people. He is destabilizing the United States every way he can. He is a threat to world peace. The usurper in the White House ,President Obama, is the most lawless President in history.

    オバマ大統領(任期2009年1月20日 – 2017年1月20日)の脅威は、アメリカ人にとってだけではない。彼は可能な限りあらゆる方法で米国を不安定化させている。彼は世界平和への脅威だ。ホワイトハウスを乗っ取ったオバマ大統領は、歴史の中で最も無法な大統領だった。

    ヒラリーが大統領になっていたなら、オバマの政策『米国民大虐殺と米国家(USA)解体』を継承し、近い将来、それに反対する者、或いは意見を言う米国民は皆殺しにされたであろう。

    オバマの想定米国民5,000万人(既にリストアップ済み800万人)虐殺計画と虐殺大統領令の全貌を再度垣間見る。


    2010年3月、オバマは、全米国民、並びに米国在住者全てにマイクロチップ(RFIDEチップ666)を皮膚内に埋め込む法律を作った。故に、政府は気にくわない奴をいつでもチップに仕込んだ劇薬で即死させることが出来る。

    2010年3月21日、オバマは医療保険改革法案HR3200が議会を通過させ、本来の目的である米国民全てが皮膚内にRFIDチップを埋め込むことを法律として成立させている。

    この法律が完全に施行されると、米国民並びに米国に在住する全ての人は、チップを埋め込まなければならない。人の体内に埋め込んで、銀行口座や行動監視をし、指示命令に従わない場合、チップの中に仕込んだ劇薬で即死させることも出来る。


    2010年11月11日、オバマ大統領はマーシャル法大統領命令(戒厳令)に署名し、いつでも、無論平和時でも戒厳令を発することが出来るとした。


    イメージ 6
    Breaking News - Obama Signs Martial Law Executive Order
    ニュース速報 - オバマはマーシャル法(戒厳令)大統領命令に署名
    Obama can now declare martial law during peace time.
    オバマは今平和時に戒厳令を宣言することができる。


    戒厳令を発したら、FEMA(フィーマ、連邦緊急事態管理局)が全権を握り、憲法を停止し、誰をでも令状や嫌疑がなくても逮捕し、収容所に収監・虐殺することができる。無論、戒厳令を敷いた大統領は無期限に大統領だ。


    オバマの平和時でも戒厳令を発した場合、憲法や法律は無効となり、FEMA(連邦緊急事態管理局)は、全米市民の誰をでも令状なしに逮捕し強制収容所にぶちこんで処刑することが出来る。無論、全ての財産やインフラなども接収できる。

    ところがこのFEMA(連邦緊急事態管理局)は憲法に基ずくものではなく、単なる大統領令(Executive Order Number 12148 )で創設されたものだ。このFEMAの当初の設立目的は、大災害対応のものだが、いつの間にか米国市民大虐殺局に変身した。

    FEMAは米国の秘密政府と言われ、米国を無条件に完全に支配できる権限を持ち、毎年、国家予算の6%(数千億円)が当てられる。この金の大半は、政府の継続性を保証する秘密の地下施設の建設に使用されている。

    秘密の地下都市(Secret Underground Cities)
    政府、連邦準備銀行の所有者(国際金融資本)、そして300人の委員会の上位メンバーによって建てられた60以上の秘密の地下仮想都市が文書化されている。

    イメージ 1

    イメージ 2
    The facility is located near Berryville , 48 miles (77 km) west of Washington, DC
    The Mount Weather Emergency Operations Center is used as the center of operations for FEMA.The underground facility within Mount Weather, designated "Area B", was completed in 1959. The underground component, contains 600,000 square feet.

    (画像説明)FEMA指令本部。『マウント・ウエザー基地』。この施設はワシントンDCから西に48マイル(77キロ)のベリービル近くに位置している。 FEMA複合体(A区域)の地上部分は少なくとも434エーカー(176ヘクタール)。地下のB領域には、600,000平方フィート(56,000 m 2 )。但し、地下基地は拡張され、今では数十万人も居住し、地下鉄も走っているとする説がある。

    これらの地下基地のいくつかは、ミズーリ州、カンザスシティ、ロサンゼルスで見ることができる。さらに、地下に衛星追跡施設があり、市民の誰をでもその居場所を特定できるだけでなく、数秒以内に当該市民の財産を監視や没収が出来る。

    下の画像は、ワシントンDCからわずか46マイル、バージニア州ブルーモントの田舎町の近くの山の中の秘密の地下軍事基地。ここには、ウェストバージニア支配統制事務所としても知られる。)
    イメージ 8
    Just 46 miles from Washington DC, a mysterious and secretive underground military base exists, located deep inside a mountain near the rural town of Bluemont, Virginia. Here lies Mount Weather, also known as the Western Virginia Office of Controlled Conflict Operations.

    Fusion Center(ファージョンセンター)
    fusion center is an information sharing center, many of which were jointly created between 2003 and 2007 under the US Department of Homeland Security and the Office of Justice Programs in the US Department of Justice .

    フュージョンセンターは情報共有センターであり、その多くは2003年から2007年にかけて米国国土安全保障省(DHS)と米国司法省(DOJ)司法プログラムのオフィスで共同で作成されたもの。
    ファージョンセンターとは主要都市での金融崩壊による市民の暴動、或いは国内での革命、戦争などの鎮圧に利用される為の建造物で全国的に建造している。

    この融合センターの数は、2003年の9件から2014年までに78件に急増した。ほとんどの州には1つがあり、それ以上の数がある。(註)計130件あるとの説がある。

    ファージョンセンターは司令部ということになっているが実際は強制収容所。これはナチスの強制収容所や第二次世界大戦時の日系人強制収容所と同じ構造になっており、更に大虐殺用ガス室も完備している。尚、現在のあらゆる軍事施設も、即座に強制収容所に転用出来る構造である。

       ☆   ☆   ☆

    FEMA(緊急事態管理庁)には 非常事態(内乱時におけるRegional Operations (分割統治計画)があり、そのアメリカ全土の分割数が "10"ヶ所だ。

    イメージ 4

    (FEMA公式10分割地図)
    イメージ 5

       ☆   ☆   ☆

    FEMAが統括する巨大な強制収容所が 現在 全米に800ヶ所以上.. 空(カラ)の状態だが、フルタイムで稼働し、いつでも強制収容が可能だ。

    イメージ 9

    Over 800 prison camps discovered in the United States! They are heavily guarded full-time, but are empty! These camps are being run by FEMA ( Federal Emergency Management Agency) should Martial Law take effect in the U.S. With just a simple order from the President, Martial Law can be implemented, and he will remain, President, until it is over READ MORE:http://www.disclose.tv/news/List_Of_All_Fema_Concentration_Camps_In_America_Revealed/86674

    収容規模は1ヶ所2万人以上の収容が一般的なようだが、西海岸のものは60~100万人規模、アラスカのものは最大200万人収容可能といわれ、ロサンゼルスの全市民を一ヶ所で収容できる巨大なものも多い。

    イメージ 7

    全てのFEMAキャンプには鉄道の接続があり、道路や高速道路もそこに通じている。ほとんど全ての空港は、キャンプの近くにある。拠って、一気に米国市民を強制的にFEMAキャンプに収容することが可能となっている。


    FEMAを改めて一言で言うと、軍事独裁政権で、全ての人命・物・金はFEMAが支配する。これが共産主義の更に発展したワンワールド主義の唱える『新世界秩序』への次段階のプロセスだ。


    米国の全市民が赤・青・黄色・白(子供)・黒に色分けされつゝある。オバマは800万人を色分けしたが、猶も退任までの日々、色分け作業をしていたようだ。


    『赤/青名簿計画』は、一九九六年の六月から七月にかけて表面化した。「『赤名簿』は、戒厳令の強制準備開始前に、逮捕しギロチンで処刑する予定の人々の名簿である。『青名簿』もまた、処刑予定者の名簿であるが、戒厳令施行後、六週間以内に処刑する予定の者たちの名簿である。

    この赤/青/黄/白/黒の分類との線引きは、元CIAや元米軍高官の証言は微妙に異なる。恐らく、時の情勢次第や例えばオバマのご機嫌次第で揺れたからであろう。

    以下の分類は、あくまでも参考である。
    考えすぎると頭が混乱する。

    赤のリストの人は、新世界秩序(ワンワールド)に反対する人は明確だが、それ以外となると見え難い。クリスチャンも入るようだ。

    青のリストの人とは、愛国者グループのリーダーや国会議員、ズケズケと物を言うトークショーの司会者、コミニティのリーダー達、ネットリーダー達である。

    自らの武器を手離すことを拒否する抵抗者。キリスト教徒や、愛国者や、憲法主義者たちは反体制派であり、赤、又は青のリストに含むという証言もある。

    黄色のリストの人:これらの人は新世界秩序について何も知らず、知りたくもない人である。彼らは全く脅威にならないと考えられており、どのように振舞うかを指示され、ほとんどの場合、言われたままになるだろう。不幸なことに、これらの人は人数が多過ぎるので、多くは殺されるか餓死するであろう。

    白は子供で、新しい政府の役人として、ワンワールドの洗脳教育を受ける。
    12歳~は、警官、又は軍隊要員とする
    黒は50歳以上の成人で直ちに殺される


    (参照)
    ●ユーフラテスの畔(ほとり)の四人の天使
    自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、これの本当の意味分ってんの!?
    ●日本版FEMAって米国の真似ですか? 2013/7/5(金)
    FEMAキャンプ(収容所)についてCIAエージェントの告発
    ●TPP以後の世界・米国市民奴隷化 2013/4/5(金) 
    シナリオでは、伝染病による恐怖を煽り、戒厳令を発し、政府に反対する輩を強制収容所に一斉に監禁し、インフルエンザウイルスで一気に罹患させあの世に祀る
    ●今回選挙で爪を隠した安倍FEMA 2016/7/10(日) 
    オバマの署名した大統領令

    大統領令10990、政府は輸送や高速道路や港湾の全てを接収できるを初めとし、令状なしで市民を逮捕し、拘留し、裁判はせず、財産を奪う、食糧を奪う、強制移動させる、全てのメディア、全てのインフラ、輸送システム、流通やエネルギーなどの全ての企業を接収し支配する。、


    もう既に、全米各地に米国市民大虐殺用として国連軍を初めとし、諸外国の軍隊が駐屯している。外国の軍隊なら、躊躇なく米国市民を殺害できるからだ。


    (参照)
    FEMA(フィーマ)でギロチン復活 2013/7/18(木) 
    イメージ 3

    全米各地に強制収容所と輸送車と棺桶とギロチンが用意されている。
    市民の強制収用所 FEMA(フィーマ)キャンプに 膨大なトレーラー。
    このような場所では、強制収容のトレラー(コンテナ)を一度に4台収容できる気密化された建物があり、形の上ではコンテナの消毒用だが、別途、6インチのガスパイプが取り付けられている。即ち、戒厳令の下ではガス室に豹変する。

    米国のFEMAでは、一般市民を拘束し、強制収容所に輸送するため、拘束用屋根付き貨車を、何と、中国で2万車輌も作らせていたという。

    この貨車は鉄格子の窓でも分かるように、上下三段に分かれており(三層三階)、かっての奴隷輸送のように、鉄の足輪がついた足鎖が溶接されている。

    更に、あの悪名高い首切りギロチン・現代版も中国に発注し、この貨車と一緒にアメリカ西海岸で荷揚げして、各地に輸送したという。

    大量のアメリカ市民を殺すために、致死注射や電気椅子では間に合わない!
    片っ端からガス室や首を切り落とすギロチン(中国製)が復活していた!

    米国民を大虐殺するには、米軍(ペンタゴン)ではない。
    米国は『Nation(国)』ではなく『Corporation(会社という集合体)』なのであり,それは英国(ロスチャイルド)が筆頭株主ということになる。


    「実際に誰が拉致工作をやるのだろうか。それは、外国の警官たち、すなわち国連安全保障軍である。すでに三十以上もの外国軍隊の基地が、国連の旗の下に、アメリカ国内に建設されている。いずれも特命を受けた連邦政府高官の諒解に基づくものである。これらの基地には、ロシア、ポーランド、ドイツ、ベルギー、トルコ、イギリス、ニカラグア、そしてアジア各国からの百万人以上もの部隊が、既に配置されている。」

    「なぜ彼らが合衆国にいるのか。彼らは、私たちの軍隊たる、二十四州の現役・予備役の各州兵隊と違つて、海外から連れてこられている。彼らは、その時が来たならば、アメリカ市民に何のためらいもなく発砲することができるだろう。」

    ※各国の駐屯地と兵員を書きたいが、長くなるので割愛する。

    NATO軍


    オバマは、中国軍にハワイや真夜中にアメリカ西海岸上陸作戦の大規模軍事演習をさせた。下の画像はそれを伝える中国国家テレビ局 「中国中央電視台CCTV」。


    下の画像は、米国本土で軍事訓練をする中国軍(Cマーク)だ。

    ロシア軍(RUSSIA)も米国本土での米軍との反乱軍制圧共同軍事訓練。
    Russia, U.S. to Hold Anti-terror Drills in May 2012.

    The exercise taked place between May 24 and 31 at Fort Carson, Colo
    “This is the first time such an exercise is being held,” he said.

    この訓練は、フォート・カーソン(コロラド州)で5月24日から31日まで行われた。
    「このようなことは初めてのことだ」と国防総省のアレクサンダー・クチェンコ大統領スポークスマンは言った。

    What is FEMA?

    ●FEMA COFFINS! PROOF OF FEMA CAMP PLANS!
    FEMA 市民大虐殺用棺桶 ユーチューブ

    30.000 guillotines awaiting for Antichrist
    (FEMA ギロチン ユーチューブ)

    (参考)
    神と悪魔の狭間で...


    0 0


    JOCが前代未聞のことを堂々とやってのけた。

    それは、JOCの2017年大ポスタータイプのカレンダーに中国のシンクロナイズドスイミングチームの画像を使用していたのである。(下の画像)

    イメージ 2

    JOCは誤ってと弁解しているが果たしてそうだろうか。

    舛添は、韓国人デザイナーに東京オリンピックのボランテアの制服をデザインさせ、見事、現代版、韓国の李氏朝鮮の守衛の服装をさせた。

    JOCは、同様に中国人にカレンダーを製作させた疑い。
    つまり、JOCの取り巻き連中は、中国のスパイだらけということだ。

    JOCは事務局の連中の国籍や元国籍を明らかにすべきだ。



    それにしても、2020年東京オリンピックの周辺は、臭気だらけだ。


    ●老害臭に腐敗臭が漂う森喜朗
    『東京オリンピックての森老害は即除去すべき』 2016/3/25(金) 
    「今の日本スポーツ界では、誰も森喜朗元首相(78)には逆らえないんです。五輪エンブレム、そして新国立競技場の建設問題――。東京五輪をめぐるゴタゴタは原因をたどるとすべてそこに行き着きます」

    ●キムチ臭に創価臭の漂う舛添要一前知事は、創価の葬儀用エンブレムと朝鮮系ボランテア制服を作成。

    『腐った東京五輪エンブレム』 2016/4/28(木) 




    ●金まみれで更に中国に毒されているJOC

    『仏が要請、竹田JOC会長ら任意聴取…東京地検』
    2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動を巡る不正疑惑で、東京地検特捜部が招致委員会の理事長だった竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(69)ら複数の招致委関係者から任意で事情聴取していたことが関係者の話でわかった。

    五輪招致巡りJOC会長を任意聴取 竹田氏、趣旨を説明 
    日経 2017/2/8 10:58 (2017/2/8 12:35更新)

     招致活動を巡っては、東京での五輪開催が決まった13年9月の国際オリンピック委員会(IOC)の総会の前後、招致委がシンガポールのコンサルタント会社に約2億3千万円を支出。この支出がIOC委員の関係者への賄賂の原資に当たる疑いがあるとして、フランス当局が捜査を進めている。


    JOCは、各スポーツの専門家も構成している。
    日本のものではなく、中国のものだと一目見て分かるはずだ。


    イメージ 3

    JOCカレンダーに誤って中国選手の写真使用 ミスを伏せて修正版を配布、井村監督あきれ「信じられない…」   産経WEST 2017.2.11 06:43

    日本オリンピック委員会(JOC)が制作・発行した「2017年カレンダー」で、昨年夏のリオデジャネイロ五輪シンクロナイズドスイミングでメダルを獲得した日本人選手と誤って、中国人選手の写真を使用していたことが10日、分かった。JOCは差し替え版を配ったものの、競技団体関係者からは竹田恒和会長ら幹部の責任を問う声が上がっている。

    イメージ 1

     JOCは昨年暮れ、リオ五輪で活躍した日本人選手の感動のシーンをあしらった縦103センチ、横72・8センチの大型ポスタータイプのカレンダーを制作し、約1千部を競技団体やスポンサーに配布した。ところが、関係者からの指摘で、誤用が発覚。ミスを確認したJOC事務局は年明け後、リオ五輪日本代表の井村雅代監督に直接謝罪した。(中略)

    井村監督は「水着や顔つき、ばらついた演技で、日本ではないことがパッと分かった。信じられない間違い。JOCの事業が年内で終わっていたので、年明けに再び連絡をしたらすぐに謝りにきたが、『JOCにとってはそんなもんなんだな』と思った」と話している。




    0 0


    昨年暮れに孫たちのノロウイルス食中毒とインフルエンザ対策用に、高級紅茶をネットで贈った。毎朝飲むのと、ペットボトルに入れて学校給食後に飲むようにと。

    我ら幼少時代からお茶を飲んでいると風邪をひきにくいと言われていたが、外国の文献によると、どうやら風邪の他にノロウイルスにも効果があるようだ。

    東京でのこの一月下旬のこと、小学校の低学年の孫息子が友達四人と近くの公園で遊んでいたら、近所の同級生のインフルエンザの女の子が遊びに加わった。

    その小学校では、インフルエンザに罹ったら5日間出校停止だという。その期間、軽い症状の女の子は家の中でじっとしておられず飛び出してきたのだ。

    男の子の一人がペットボトルのお茶を飲み、孫息子に渡そうとしたとき、その女の子はそれを横取りし、自分が飲んでから、自分のものの如く飲む順番を指図し、全員にそのお茶を飲ませたそうだ。

    きっちりその場の男の子全員はインフルエンザに感染。
    孫息子も5日間出校停止で家の中でお遊びに夢中となった。

    5日間も家の中で遊べる、それを羨ましく思った小学校高学年の孫娘、母親(娘)からマスクせずに弟(孫息子)に近づくなと厳命されているのに、マスク無しに孫息子にぴったりと寄り添う。

    案の定、ご期待通り孫娘はインフルエンザに感染。
    処が孫息子の軽い症状と違って夜中に高熱を発症。
    汗だくだくで夜を明かす。

    翌朝、孫娘を医者に連れていったら抗生剤をくれたという。その薬が効いたというよりも、恐らく前夜の発熱でウイルスが死んだからと思えるのだが、無論、その時も飲ませた紅茶の効果もあったと思えるが、ともかく、午後には平熱に下がったそうな。

    これで孫娘は当初の目論み通り、五日間のお休みとなったが浮かぬ顔。
    「あんなに高熱で苦しむとは思わなかった」と後悔しきり。

       ☆   ☆   ☆

    公園での近所の女の子の他人のペットボトルを我が物の如く取り扱うのは、この時に限ったことではないようだ。孫息子の話によると、この女の子の『他人の物は自分の物。自分の物は自分の物』は日常茶飯事だという。

    これはどうやら女の子の家庭での隣国の習慣か、それとも遺伝子のようだ。

    この公園でのママ友同士では、各家に遊びに行くのだが、この女の子の母親が去ったあとは、必ず化粧品などの小物が一つ消えているそうな。口紅、香水、メイクブラシ、アイライナー、カラー付箋等。

    何か月か後にその女の子と母親が再度遊びに来て去った後、キッチンの棚の奥や子供のおもちゃ箱等から、かって無くなった小物が出てくる。それも、香水の場合は空っぽになって。口紅の場合は、新品に近かったものが半分以上減った状態で。

    私はその話を聞いて即座にピィ~ンときた。
    呉 善花(お・そんふぁ)拓殖大学教授の回顧録だ。
    それにオーストラリア留学中の女子学生の逸話だ。

    ≪呉 善花教授の回顧録より一部抜粋≫
    韓国では親友や家族の間には、距離があってはいけない。私の物はあなたの物、あなたの物は私の物、それでこそ親密な間柄と言えるのである。だから友だちの間で「消しゴムを貸して」とか、いちいち「ありがとう」などと言うのは、とても失 礼なことなのだ。
    『ある韓国人の日本に帰化する心とは』 2013/11/12(火)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/62255644.html

    余談だが、
    それにやはりその女の子の母親も、蓮舫のように命令したがるようだ。公園でのママ友同士の井戸端会議では、毎回その母親の20歳代から40歳代の男にモテて、然も男に命令する自慢話。

    話から、それらの男の特徴はマザコン(mama's boy)。特に母親から甘やかされて育ち乳離れが出来ていなく、女性に母親の面影を求める。似非(えせ)母親に抱かれたがる。今や、情けない男だらけとも言えるし、春先に鳴くメス猫だらけとも言える。


    m



    0 0


    猛毒の中国産米を混入し現地米として販売していたのは、なんと、JAそのものだった。もはや腐ったJAは解体し、JA幹部に信用棄損の損害賠償金を払わせ、他の業界からのリーダーを迎え再出発するしか日本のコメ農家は生き残れない。

    「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入
    ダイヤモンド・オンライン 2/13(月)

    (一部抜粋)
    「週刊ダイヤモンド」はJAグループ京都の米卸が販売するコメの産地判別検査を実施した。その結果、「滋賀産」や「魚沼産」として販売されていたコメに中国産が混入している疑いがあることが分かった。(週刊ダイヤモンド2017年2月18日号特集「儲かる農業」より)

    イメージ 1

    ●滋賀こしひかりでは、なんと中国産猛毒米が60%
    ●魚沼産こしひかりでは、中国産猛毒米が40%
    ●京都丹後こしひかりでは、中国産猛毒米が30%

    さらに疑惑は、中国産米のブレンドだけにとどまらない。「魚沼産こしひかり」のうち国産と判別されたコメも、「他府県産である可能性が高い」との検査結果が出たのだ。

     驚くべきことに、この「魚沼産こしひかり」は、格下の「新潟産こしひかり」と共に「食べ比べセット」として販売されていた。

     消費者が高級米と信じて食べていたコメは、中国産や他府県産が混じったデタラメなコメだった疑いがある。それでいて、味の違いを食べ比べてみてとは、大胆不敵以外の何物でもない。

    明らかにJAの犯罪
    京山は、JA全農京都が集めたコメの大部分を精米、販売する米卸だ。京山の法人登記によれば、株式の55%をJA京都中央会が、23%をJA全農京都が保有する。つまり、京山株式の8割はJAグループ京都が保有しているということだ。



    (私の関連記事)

    御坊市の集団食中毒事件は未必の故意 2017/2/1(水) 
    この計804人が罹患したノロウイルス食中毒は、明らかに韓国産のりを使った給食センターの関係者達の犯罪で、それは傷害罪の未必の故意犯である。

    訴えられるのはイオンでは? 2013/10/27(日) 
    イオンは中国産猛毒米を国産米と偽って販売。それを暴露した週刊文春の発行元の文芸春秋に1億6500万円の損害賠償などを求めて東京地裁に提訴した。イオンは当に居直り強盗だ。

    スーパーでは産地偽装が当たり前 2014/1/30(木) 
    スーパーマーケット業界では、産地偽装が当たり前の感覚だ。民主党(民進党)政権時代、放射能食材を『食べて応援』というスローガンを掲げたものだから、放射能食材を売るために輪をかけて遠慮なしに産地偽装しているのが現状だ。



    0 0


    紅茶がノロウイルスやインフルエンザウイルスなどのウイルスに効果があると先日の記事に書きましたが、その裏付けの記事を掲載します。

    尚、紅茶は、それ以外にも色々な効果があり、高血圧、肺炎、膀胱炎、卵巣がん、皮膚感染防止の他に、脳卒中や心臓発作、肌の老化防止、それに長生きにもなっています。

    (先日の記事)
    『孫娘の失敗と隣国の慣習』 2017.02.12

    以下、紅茶の効用の記事


    イメージ 5


    紅茶に含む
    テアフラビンにノロウイルス消毒作用 静岡県

    朝日新聞 床並浩一2016年12月14日06時00分

    紅茶に含まれるテアフラビン類に感染力が強く、感染性胃腸炎の集団感染や食中毒を引き起こすノロウイルスに効く抗ウイルス作用があることを、静岡県環境衛生科学研究所(静岡市)などが突き止めた。

    静岡県内で過去5年間に発生した食中毒のうち、件数の6割、患者数の8割はノロウイルス感染が原因。次亜塩素酸ナトリウムや加熱処理により、汚染された衣服などを消毒することはできるが、人体に直接使うことができない。そこで「有効かつ安全にノロウイルスを不活性化する消毒薬を実用化できないか」と考え、2011年度から15年度にかけて研究が行われた。

     研究は、産学官で医療健康産業の集積を目指す「ファルマバレープロジェクト」の一環で、環境衛生科学研究所のほか、プロジェクトを支えるファルマバレーセンター(長泉町)、県立大大学院薬学研究院創薬探索センター(静岡市)の主に3者が共同で進めた。

    研究所が国内屈指の約12万個の化合物(化学物質)を提供。ヒトノロウイルスと同じカリシウイルス科に所属するネコカリシウイルスなどを使った実験で、テアフラビン類がウイルスの感染力を1千分の1に減らすことを証明したという。

     ノロウイルスが誤って体内に取り込まれても、細胞への侵入を抑える効果があり、「ヒトノロウイルスにも有効である可能性が高いと考えている」という。

     県庁で記者会見した岡山英光所長は「新たな消毒薬として製品化されることを望む」と話した。(床並浩一)

       ☆   ☆   ☆

    (関連した参考記事1)
    ◆テアフラビン類=紅茶に多く含まれるポリフェノールの一種。緑茶の茎や葉を発酵させる紅茶の製造過程で、カテキン類の分子が二つ結びつき、生成される。インフルエンザやヘルペスへの抗ウイルス作用なども報告されている。

    イメージ 1

       ☆   ☆   ☆

    (関連した参考記事2)
    ”ノロウイルス” 予防法と対処法 紅茶(テアフラビン)で消毒
    イメージ 2

    テアフラビン類は、紅茶の赤色のもとになる色素で、茶葉の発酵過程で生成される

    イメージ 3


    テアフラビンは紅茶やウーロン茶に含まれる渋味成分の1つで、抗酸化作用をもつポリフェノールのフラバノール類(カテキン類ともいう)に分類される橙赤色の色素成分です。テアフラビンには抗酸化、抗菌、高血圧・脂肪吸収の抑制などの作用があります。

       ☆   ☆   ☆

    Theaflavins contained in black tea sterilize norovirus: World-first finding by Shizuoka Prefectural Government's Institute
    【ニュース】紅茶に含まれるテアフラビンは、ノロウイルスを滅菌する:静岡県立医療センターによる世界初の発見(2016年10月12日)

       ☆   ☆   ☆

    1日3杯で万能の健康効果 「効く」紅茶の飲み方

    日経ヘルス

    (前文省略・要点のみ抜粋)
    実は、緑茶、ウーロン茶、紅茶は、同じ茶樹から作られる。風味が異なるのは、「紅茶は茶葉に含まれる酵素で酸化発酵して作られる。ウーロン茶はこの発酵が浅く、緑茶は“不発酵”茶なのです」(磯淵さん)。

     この発酵が、紅茶ならではの特徴を生む。国内で紅茶に関する研究を進めるキリン飲料技術研究所の木下亜希子研究員は、「発酵を経て発生する紅茶ポリフェノールは緑茶のカテキンより分子量が多い」と話す。

     近年の研究では、紅茶ポリフェノールには多様な健康効果があることが分かってきた。早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構研究院助教で管理栄養士の高見澤菜穂子さんは、「紅茶には血糖値の上昇を抑制する作用があることが分かった」と話す。

    パンと一緒に紅茶をとったところ、水と一緒にとった場合に比べて、有意に食後血糖値の上昇が抑制されたという。「紅茶ポリフェノールが糖の分解を促進する酵素を抑制し、腸管に吸収される糖の量が減り、血糖値上昇が抑えられたと考えられる」と高見澤さん。

     紅茶に含まれる総ポリフェノール量は、100ml中、40~200mg。「食事と一緒に紅茶を1日3~4杯飲むと、生活習慣病リスクなどの軽減効果が期待できる」(高見澤さん)

    ■紅茶の7つの健康効果

    1.食事中、食後の血糖値上昇を抑制する
    「紅茶ポリフェノールが糖の分解を抑制した結果、吸収量が少なくなるようだ」(高見澤さん)
    イメージ 4

    2.紅茶を飲むことで死亡率が下がる

     米国で、5万人以上の中国人を対象とした死亡リスクを調べる疫学調査で、一度も喫煙したことのない人で紅茶の摂取量が多いと、死亡率が5~18%低くなることが分かった。また、呼吸器関連の死亡リスク、心臓や血管の病気による死亡リスクも低かった。

    3.体内の炎症反応を抑え脂肪の吸収を抑制する

     「紅茶は、緑茶とウーロン茶と比較し、脂質代謝酵素のリパーゼを阻害する作用があることを試験管内の実験で確認した」と木下研究員。肝臓での脂質代謝を促す酵素の働きを抑制するため、脂質の吸収を阻害する作用も期待できる。

    4.高めの血圧を下げる

     イタリアの臨床試験で、高血圧の患者19人が1日2回の紅茶(フラボノイド129mg含有)を飲むグループと飲まないグループに分けて血圧と血管の硬さを比較したところ、紅茶を飲んだグループは、高めだった血圧値が下がり、正常に近づいたという報告がある。

    5.卵巣がんの発生リスクを抑える

     英国の調査で、フラボノイド類を含む食事の摂取量と卵巣がんの関係を調査したところ、摂取量が多いほど上皮性卵巣がんのリスクが低かったという報告がある。特に、1日に2杯以上の紅茶を飲む人は、1杯以下しか飲まない人と比べ、がんのリスクは約3割低かった。

    6.肌の老化を促す糖化を抑制する

     肌組織のコラーゲンは、糖と結びつくことによって変性し、老化を促進する。紅茶ポリフェノールはこの「糖化」を抑制する可能性がある。「コラーゲンを用いたプレート上の研究で、紅茶がコラーゲンの糖化反応を抑制することが分かった」(木下研究員)

    7.紅茶の成分がノロウイルスを消毒する

     静岡県環境衛生科学研究所が、紅茶に含まれるテアフラビン類に、ノロウイルスを消毒する作用があることを発表。マウスとネコ、ブタの細胞に人のノロウイルスに近いウイルスとテアフラビン類を混ぜた液を与えた結果、感染力を約1000分の1に低減できたという。(以下省略)


    イメージ 6

    Health Benefits of Black Tea: Fermented, Unsweetened & Beyond!
    紅茶の健康へのメリット:発酵された、甘味のない&想像を超えて!


    WHAT ARE THE BENEFITS OF BLACK TEA
    Black tea has tons of health benefits some are all on to itself and some are across the board no matter what type of tea you drink you will benefit from.Livestrong wrote a nice article on this:Drinkers who enjoy black tea regularly may benefit, especially if they already have cardiovascular disease. Because the theaflavins stop oxidation of LDL cholesterol, this effect helps to reduce the risk of heart disease.Drinking black tea may help heart attack patients by increasing their rate of survival following a heart attack.Black tea improves the ability of the blood vessels in the body to relax and expand, thus helping consumers maintain a healthier blood pressure. Black tea also contains a molecule called a catechin, which produces nitric oxide, helping the blood vessels in the body to dilate.

    紅茶(黒茶)のメリット
    紅茶には何種類かの健康上のメリットがある。
    紅茶にはどんなタイプの紅茶を飲んでも問題はない。

    Livestrong(人名)はこれについて素晴らしい記事を書いた:
    紅茶を定期的に楽しんで飲む紅茶は、特に心血管疾患を患っている場合には、特に効果がある。テアフラビンはLDLコレステロールの酸化を止めるので、この効果は心臓病のリスクを軽減するのに役立つ。紅茶を飲むことは、心臓発作後の生存率を高めることによって、心臓発作の患者を助けることができる。

    紅茶は、身体の血管がリラックスして膨張する能力を改善し、消費者がより健康な血圧を維持するのを助ける。紅茶にはカテキンと呼ばれる分子が含まれている。カテキンは一酸化窒素を生成し、体内の血管が拡張するのを助ける。

    You can also benefit with drinking black tea in other ways, like killing viruses!
    Yes.. in fact if you ever get a touch ache or mouth sore you might have hear, “gargle with salt water”.. if you want to kick it up a notch for your health, gargle with salt black tea!  BOOM.
    New research conducted at Pace University by Milton Schiffenbauer finds that drinking black tea can help to neutralize the virus that causes herpes. Researchers have known that black tea can render the germs that cause diarrhea, skin infections, pneumonia, cystitis and skin infections.Tea drinkers can kill viruses lurking in their mouths.

    あなたはまた、紅茶がウイルスを殺すように、他の方法で紅茶を飲むことにより恩恵を受けることができる!

    はい、実際にあなたが今までに痛みや口の痛みを感じたら"塩水のうがい" とあなたは伝え聞いているだろう.. あなたの健康のためにノッチ(難病?)を蹴り飛ばしたいなら、塩紅茶でうがいを! ブーム。

    ニューヨーク州ぺース大学でのミルトン・シフェンバウアー博士による新しい研究では、紅茶を飲むと疱疹(ヘルペス)の原因となるウイルスの効力を無くすことが出来る。

    研究者らは、紅茶が下痢、皮膚感染、肺炎、膀胱炎および皮膚感染を引き起こす細菌を消滅できることを知っている。お茶を飲む人は、口に潜んでいるウイルスを殺すことができる。

    HEALTH BENEFITS BLACK TEA VS GREEN TEA
    ok, so how are the health benefits of black tea different than green (or white)?  well here’s the thing.  they are different AND they are ALL GOOD FOR YOU!
    Until recently, tea research has focused on green tea. Green tea is loaded with the compound epigallocatechin gallate (EGCg), a powerful anti-oxidant. Since the fermentation process used to make black tea converts EGCg into other compounds, researchers assumed black tea had less health benefits than green tea. However, recent studies indicate the compounds contained in black tea – theaflavins and thearubigens – do more than contribute to its dark color and distinctive flavor. They also provide health benefits originally attributed solely to green tea.

    健康上の利点、紅茶と緑茶
    それでは、紅茶の健康上の利点は緑茶(または白)とどのように違うのか? ここにはいい事がある。 それらは異なっていて、あなたのためにすべていいのだ!

    最近まで、茶の研究は緑茶に焦点を当ててきた。 緑茶には強力な抗酸化物質であるエピガロカテキンガレート(EGCg)化合物が含まれている。 紅茶を作るために使用された発酵プロセスがEGCgを他の化合物に変換するので、研究者らは、紅茶が緑茶よりも健康上の利点が少ないと仮定した。

     しかし、最近の研究によると、紅茶に含まれる化合物 - テアフラビン類とテラビデン類 - は、暗い色と特有の風味に貢献する以上のものを示している。 それらはまた、もともと緑茶に起因する健康上の利益を提供する。

    So although studies are limited in terms of comparing one to the other, there have been some interesting health studies out there…
    A long-term study by the Netherlands National Institute of Public Health and the Environment found a correlation between regular consumption of black tea and reduced risk of stroke. Researchers looked at data from a study examining the health benefits of foods that are high in flavonoids – phytonutrients with antioxidant benefits. While some of the flavonoids were obtained from fruits and vegetables,
    eventy percent came from black tea.The study looked at 552 men over a 15 year period. Researchers concluded that the flavonoids in black tea helped reduce the production of LDL – the “bad” cholesterol that can lead to stroke and heart attacks. Furthermore, men who drank over four cups of black tea per day had a significantly lower risk of stroke than men who drank only two to three cu
    ps per day.
    A separate study by Dr. Joseph Vita at Boston’s School of Medicine supported these results. For four months, sixty-six men drank four cups of either black tea or a placebo daily. Dr. Vita concluded that drinking black tea can help reverse an abnormal functioning of the blood vessels that can contribute to stroke or heart attack. Furthermore, improvement in the functioning of the blood vessels was visible within two hours of drinking just one cup of black tea.

    だから、研究はあるものを他のものと比較するという点では限られているが、そこには興味深い健康研究がある。

    研究者らは、フラボノイド(通称ポリフェノール)が高い食品、すなわち抗酸化効果を有する植物栄養素の健康上の利点を調べた研究のデータを調べた。

    フラボノイドのいくつかは果物や野菜から得られたものの、高含有率は紅茶であった。この調査では、15年間にわたって552人の男性を注目した。

    研究者らは、紅茶中のフラボノイドが、脳卒中や心臓発作の原因となる「悪い」コレステロールであるLDL(低密度リポたんぱく質)の生成を減少させるのに役立つと結論づけた。

    さらに、1日に4杯の紅茶を飲んだ男性は、1日2〜3杯しか飲まなかった男性よりも、脳卒中リスクが有意に低かった。

    ボストンの医学部のジョセフ・ヴィータ博士による別の調査が、これらの結果を裏付けた。

    4ヶ月間、男子67人が毎日紅茶または偽紅茶のいずれかを飲んだ。 ヴァータ博士は、紅茶を飲むと、脳卒中や心臓発作の原因となる血管の異常な機能を逆転させることができると結論づけた。

    さらに、血管の機能の改善は、紅茶1杯を飲んで2時間以内に見られた。



    内皮機能の改善における紅茶の有効性は、緑茶と同等である。

    The efficacy of black tea in ameliorating endothelial function is equivalent to that of green tea.  2008 Apr
    Jochmann N1, Lorenz M, Krosigk Av, Martus P, Böhm V, Baumann G, Stangl K, Stangl V.

    Abstract
    Consumption of tea has been shown to improve endothelial function. It is assumed that catechins are the tea components responsible for these beneficial effects. In black tea, catechin concentrations are significantly lower than in green tea. The present study was designed to compare green and black tea with regard to amelioration of endothelial function. Endothelial function in response to both teas was assessed in bovine aortic endothelial cells (BAEC) and rat aortic rings. To elucidate whether these findings are also applicable to humans, flow-mediated dilation (FMD) and nitro-mediated dilation (NMD) were assessed by ultrasound in twenty-one healthy women before and 2 h after consumption of green and black tea (2 h of FMD and NMD), in comparison with water (control). In BAEC, green and black tea significantly increased endothelial NO synthase activity to the same extent. Similarly, both teas induced comparable endothelial-dependent vasodilation in rat aortic rings. In human subjects, ingestion of green and black tea led to significant increases in FMD: from 5.4 (sd 2.3) to 10.2 (sd 3) % (baseline-adjusted difference (BAD) for 2 h of FMD, green tea v. water: 5.0 (95 % CI 3.0, 7.0) %; P < 0.001) and from 5 (sd 2.6) to 9.1 (sd 3.6) % (BAD for 2 h of FMD, black tea v. water: 4.4 (95 % CI 2.3, 6.5) %; P < 0.001), respectively. The increase in FMD was not significantly different between the two tea preparations (BAD for 2 h of FMD, green tea v. black tea: 0.66 (95 % CI - 0.76, 2.09) %; P = 0.36). NMD did not vary between any of the groups. In conclusion, green and black tea are equally effective in improving endothelial function.

    茶の消費は、内皮機能を改善することが示されている。 カテキン類は、これらの有益な効果を担う茶成分であると考えられる。 紅茶では、カテキン濃度は緑茶よりも有意に低い。 

    本研究は、内皮機能の改善に関して緑茶と紅茶を比較するために考案された。 両方の茶に応答する内皮機能を、ウシ大動脈内皮細胞(BAEC)およびラット大動脈輪において評価した。 

    これらの知見がヒトにも適用可能であるかどうかを明らかにするために、緑茶および紅茶の摂取の2時間前および21時間後の健康な女性21人の超音波により、フロー媒介性拡張(FMD)およびニトロ媒介性拡張(NMD) FMDおよびNMD)を、水(対照)と比較して示す。 

    BAECにおいて、緑茶および紅茶は、内皮NOシンターゼ活性を同程度に有意に増加させた。 同様に、両方の茶は、ラット大動脈輪における同等の内皮依存性血管拡張を誘導した。 ヒト被験者では、緑茶および紅茶の摂取によりFMDの有意な増加がもたらされた。(以降のデータは省略)



    (紅茶画像借入先)



    0 0


    金(かね)で診断書や報告書を偽造するのは、何も京都府立大学病院や、京都市下京区康生会武田病院だけではない。病院業界では毎度の事。

    データや論文改ざん等の不正で最近バレただけでも巨額マネーが大手医薬品メーカーから下記の各大学研究室へ、各教授個人へ動いていたことは、検索したらいくらでも出てくる。

    ●金(かね)でデータや論文を改ざんした大学医学部と大学付属病院
    金を貰いさえすれば、死亡や障害を起こした新薬でもデータを改ざんし安全とする。
    東大・京大・千葉大・京都府立医大・慈恵医科大・滋賀医科大・名大・大阪市立大等の医学部と教授とその附属病院。

    ●例えば、ある妻から金(かね)さえ貰えば夫を受診させ、偽病名をつけ入院させ、投薬で衰退させ、そして病死させることが出来る。これが医療・薬品業界だ。


    京都府立医大附属病院事件概要

    京都府立医科大学附属病院の医師らは、おととし、恐喝事件で懲役8年の判決が確定した指定暴力団、山口組傘下の淡海一家の総長、高山義友希受刑者(60)の健康状態について、「刑務所への収監に耐えられる状態ではない」と、事実と異なる内容の報告書を作成して、検察に提出した疑いが持たれ、虚偽公文書作成などの容疑で病院が警察の捜索を受けた。

    イメージ 1



    イメージ 2


    イメージ 3

    検察への報告書(偽診断書)を書いた医師は、吉村院長に指示されて作成したと話した。
    イメージ 6

    当時の高山総長の主治医は、現在の吉村了勇院長であった。

    イメージ 4

    捜査関係者によると、去年、総長が通院していた京都市にある民間大手の「康生会・武田病院」(京都市下京区)でも、事実と異なる内容の報告書が作成され、検察に提出された疑いがあるということだ。

    イメージ 5

    報告書には「重度の心臓病(重い不整脈)のため収監に耐えられない」などと書かれていたが、警察が心電図のデータを調べた結果、問題ないことがわかった。府警は武田病院を15日朝強制捜査した。

    ※京都の武田病院というと、私が医療関係の仕事に携わっていた20年前には、関西では先進的代表的な存在であった。

    (参考記事)
    〇暴力団幹部の健康状態 別の病院も事実と異なる報告書 
    NHK 2月15日 5時05分
    〇京都府立医科大を家宅捜索 組長収容逃れに虚偽診断書か
    朝日新聞デジタル 2/14(火) 10:11配信
    〇別の病院でも不正か 組長の“嘘の診断書”作成
    テレビ朝日系(ANN) 2/15(水) 11:53配信


    ●日本でも、世界でも、買収と脅迫が最もお得意な医薬メーカー:
    それは肺炎球菌ワクチンや、子宮頸がんワクチンを作っている『メルク社』。

    ≪買収されている日本の医師や医療関係公務員≫

    MSD(メルク社の日本での販売会社)、3400人の医師に、2億2千万円の不適切な金銭供与。医師に裏金を払って自社の医薬品を使わせることは無論のこと臨床例も捏造させる。無論医師だけではなく、公務員も買収されている。中には旅費・宿泊費・謝金あわせて約70万円を受け取った公務員もいる...
    『ワクチンは人口削減が目的』 2012/7/2(月) 

    ≪外国の裁判での証言:メルク社は、メルク社の要請に反し、事実の臨床データを報告する医師を殺害予定者とし、リストを作成していた≫

    Merck employees had "hit list" of doctors they sought to "neutralize", court documents reveal (opinion)
    裁判所の文書によると、メルクの従業員はこう証言した。
    メルク社は、「中立化」(事実の表明)をしようとする医師を対象とした「ヒットリスト」(殺害予定者リスト)を持いた。

    by Mike Adams, the Health Ranger, NaturalNews Editor
    Previously secret documents that surfaced at a Vioxx court case in April of this year reveal pharmaceutical giant Merck maintained a "hit list" of doctors to be "neutralized" for speaking out against Vioxx.
    Although this story was reported on NaturalNews and other sites in April, Merck's involvement in the recent round of swine flu vaccines raises new questions regarding Merck's behavior towards its critics (see below).
    As was reported in The Australian , documents that have surfaced in the Federal Court in Melbourne expose the criminal intent of Merck staffers who admitted they intended to "stop funding to institutions" and "interfere with academic appointments." (These actions are highly illegal, by the way.)
    According to on-the-record testimony in this Australian trial, one Merck employee said, in referring to the doctors on the hit list, "We may need to seek them out and destroy them where they live..."
    That sounds a lot like a mob boss ordering a hit on a competing street thug, doesn't it?
    At least eight clinical investigators were threatened or intimidated by Merck, the court heard in testimony.
    This is congruent with the many reports of academic intimidation by Merck that have already been published on NaturalNews.com and other news outlets.
    The picture of Merck that emerges from these revelations is a company run by thugs who deal with dissent by seeking to destroy the lives and careers of academics who dare to tell the truth about Merck's dangerous drugs .



    (参照記事)
    『水銀入りワクチン接種は死や障害児出産への近道』 2014/9/27(土) 


    0 0


    今回は自家製漬物の話。
    イメージ 2

    自家製の白菜の漬物は、ちょっと酸っぱ味が出てから。市販のものは、売れ残って、これもちょっと酸っぱ味が出たものを食べる方がいいですね。

    本文の前に、

    『京都の漬物「すぐき」でダイエット??』 2007/1/3(水) 
    すぐき(酢茎菜)とは、菜の葉と茎を自然に乳酸醗酵させた京漬物。すぐき漬にはラブレ菌という乳酸菌が含まれており、この乳酸菌が腸内の環境を整え、下腹をへこませるのに効果的な働きを助ける。

    『水無瀬神宮で茅野輪くぐり』 2013/5/31(金) 
    米とぎ汁での乳酸菌作りで失敗し、酸っぱくない汁(雑菌だらけ)を飲んだらおならが悪臭。急遽、きゅうりの漬物を食べたら治った。きゅうりにも乳酸菌がある。

    さて、本文。(注)の青文字は私が加筆したもの。

    乳酸キャベツでおなかすっきり 簡単に作れる発酵食

    日経ヘルス
    ザワークラウトや、シュークルートと呼ばれて欧州で愛されてきたキャベツの漬物。主な材料はキャベツと塩だけなのに、程よい酸味があるのは乳酸菌発酵による「乳酸」の風味が加わるから。この「乳酸キャベツ」が、胃や腸を整えたり、 美肌や免疫力アップに役立ったり、健康効果抜群。手軽に作れて、アレンジも自在です。

     「いろいろな発酵食品のなかでも、一番多く作って、肌や胃腸が喜ぶのを実感しているのが乳酸キャベツ」と話すのは、料理家の井澤由美子さん。

    その魅力は乳酸菌とキャベツの健康効果のダブルパワーにある。発酵過程で増える乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて腸内細菌のバランスを整える。

    免疫力を高める効果もある。前東京農業大学応用生物科学部教授で植物性乳酸菌に詳しい岡田早苗さんは、「乳酸キャベツには乳酸菌が億から十億の単位で生息していて、キムチの乳酸菌生菌数と同等と考えられる。

    (注)キムチを自分で作るのはいいが、スーパーなどで売っているキムチは韓国産が多く、発酵促進のため、人糞を使っているケースがあるから要注意。それと容器に入れて販売するため、店頭で発酵したら膨れて爆発したりするから、製造段階で加熱し、発酵する乳酸菌を殺しているものもあり、或いは包装時に防腐剤を入れるのもあり、乳酸菌が死ぬから乳酸菌を期待しない方がいい。

    植物由来の乳酸菌は動物由来のものに比べて強い酸性の下でも生きられ、胃酸や胆汁酸にさらされても生きて腸まで届きやすい」と話す。

    (注)大半のヨーグルトは、空腹のときに食べると腸まで届かない。

     もちろん、キャベツそのものにも栄養がたっぷり。胃腸薬にも配合され、胃腸の粘膜の修復を促す成分のキャベジン(ビタミンU)のほか、腸の掃除役となる食物繊維、美肌にいいビタミンCも含まれる。

     日を追うごとに、酸味が出てうま味が深くなるのも魅力。「一緒に入れるスパイスには殺菌や防腐、消化促進などの効果があるので、唐辛子と粒コショウをベースに、好みのものを加えて」と井澤さんは薦める。

    ■保存袋で作るので簡単&清潔 乳酸キャベツの作り方

     発酵時にはほかの雑菌も増えやすいので、作るときには清潔な道具・環境で行うこと。春キャベツは1kgに満たない場合があるので、足して調節する。

    (注)このとき重要なのが、「清潔さ」だ。これを疎かにすると、せっかくの発酵を雑菌が邪魔をする。乳酸菌(キャベツの表面にいる)にノビノビと増えてもらうためにも「清潔第一」なのである。

    [材料(作りやすい分量)]
    キャベツ……1個(正味1kg) 塩……小さじ4弱(20g) きび砂糖……小さじ1/2 好みのスパイス……適量(唐辛子、粒コショウ、ショウガ、ローリエ、クローブ、キャラウェイなど)

    イメージ 1

    1.キャベツを千切りにする
     キャベツを4等分に切って洗い、水気を切って千切りにする。細かく切るほど発酵しやすくなる。

    2.保存袋に入れて塩を振る
     味を全体になじませるため、塩は2回に分けて入れる。まず半量のキャベツを保存袋に入れ、小さじ2の塩を混ぜる。

    3.袋の上から両手でもむ
     残りのキャベツと塩、砂糖を加え、袋の上からなじませるようにもむ。密閉袋(大)1枚にキャベツ1個分が入る。

    4.余分な空気を抜く
     好みのスパイスを加えたら、袋の上からぎゅっと押して、余分な空気を抜いてしっかりと口を閉じる。

    5.重しをする
     1.5kg程度の重し(500mlのペットボトル3本など)をのせて、直射日光の当たらない常温の環境で1~5日置く。

    6.冷蔵庫へ移す
     味見して酸味があり、泡が立っていたら発酵している証拠。清潔な瓶に移して冷蔵庫へ。冷蔵で約1カ月保存可能。

    (注)我が家の場合、キャベツも白菜も大雑把にカット。簡易漬物器に入れ、ネジを強く巻く(圧縮する)。塩は粗塩(瀬戸内海産)使用。塩分を取りすぎても心配無用。但しJTの塩は塩化ナトリウム(NaCl)の単体だから殺人ソルト。キッチンにJTの塩がある家庭では、即座に捨てるべし。

    (中略)
    ■「乳酸白菜」なども作れる
     キャベツだけでなく、白菜や大根、キュウリ、小松菜などの野菜や果物でも、乳酸菌による発酵食品は作れる。市販の漬物で使われているような野菜なら原則OK。ただし、ゴボウなどあくの強い根菜は向かない。

    (注)我が家では、にんじんを薄く切って白菜やキャベツに混ぜている。

    ■「漬け汁」だけが飲み物として売られている
     酵素や菌が生きている「リビングフード」として、発酵食の人気が高まる米国では、「ザワークラウトジュース」の名で、塩辛くて酸っぱい漬け汁だけが瓶に入って売られている。少量をグラスでぐいっと飲んで、腸内環境を整える。

    日経ヘルス 2016年7月号

    0 0


    昨今、毎日毎日、まあ、なんと下らん事件が多発するのだろう。

    今回は、上西容疑者らは2016年4月、上西容疑者が契約していた東京・大田区のマンションで、男女およそ10人で飲酒していた際、酒に酔った当時10代の女性を集団で暴行した事件。

    この事件での問題点

    問題点1)上西は強姦で7回(7人)も事件を起こし、逮捕歴4回もあり、アジトも分かっているのに警察は野放し。それは何故か。

    (私見) 上西が個人的に加入している何らかの組織、例えばある宗教や思想の組織や団体が警察内部にはびこっている、もしくは、上西の医師の父親か家系が警察に強い力を持っていることを意味する。

    (参考事例)千葉大医学部生の集団レイプ事件では当初未成年でもないのに逮捕された3人が皆実名が報じられることはなかった。それは、逮捕されたうちの一人の家系が、有名な法曹一家であったためとされている。

    問題点2)上西が4回も逮捕される都度、身元引受は身内の筈。当然、父親は息子の犯行を知っていながら、犯行舞台のマンションの家賃を父親が払い続けているということは、寧ろ父親が息子の犯行をほう助しているに等しい。それは何故か。

    (私見) 父親も性的異常で、息子の蛮行はやむを得ないとの見解。つまり、上西の女性に対する異常さは、父親の遺伝で、父親もかって息子と同様な蛮行を繰り広げていたことを意味する。

    問題点3)女性たちは何故にいとも簡単に誘われるまゝ、蛮行アジトに行くのか。

    (私見) 年齢を問わずサカリのついた女性が街に氾濫しているとも言える。或いは、ひょっとして医師の女房になれるかもとのスケベ根性で追従したとも言える。それとも、パンチラで強姦を期待し、示談金目当てとも言える。何れにしても今の世の中、女性は無防備が誇り。

    (参考事例1)小泉純一郎は、慶応大学生時代の1967年4月、湘南で同じ慶応大学女子学生を強姦し、和解金(示談金)として女子学生に500万円を支払った。

    (参考事例2)国土交通・徳田復興政務官は、強姦示談金で1千万円支払う。

    問題点4)上西の父親は開業医。息子の医学部入学で、入学金・寄付金・裏金、それに学費・諸費用で少なくとも1億円は使ったはずだが、その金はどこから?

    (私見) 健康保険制度の盲点が、偽診断書での保険請求を見破れない。或いは、健康診断で正常な人を異常とし通院させる偽診療を見破れない。拠って医師は、高額なあぶく銭をいとも簡単に入手する。開業医の親が子供を医師にさせたい理由はここにある。医師の多くが電子カルテに反対する理由がここにある。


    そのニュース

    “現場家賃は父親が…”医師ら3人性的暴行

    日本テレビ系(NNN) 2/17(金)20:54配信

    イメージ 1


    (一部抜粋)
    イメージ 2

    現場となったマンションは、家賃が月17万円で、上西容疑者の父親の口座から支払われていたという。

    ■16日、準強姦の疑いで、船橋中央病院の研修医・上西崇容疑者(31)、慈恵医大病院研修医の松岡芳春容疑者(31)、東邦大医学部の学生・柁原龍佑容疑者(25)が逮捕された。

    ■3人は去年4月、東京・大田区のマンションで、当時10代の女性に酒を飲ませたうえ、集団で性的暴行を加えた疑いが持たれている。

    イメージ 3

    ■現場となったのは、上西容疑者が借り、“遊び部屋”として使っていたマンションの一室。パーティーなどが開けるように改装され、酒瓶を置いて照明を取り付けた棚を設置するなど、華やかな内装を施していたという。

    ■上西容疑者はこの部屋で別の10代の女性にも性的暴行を加えたとみられ、同じような手口で他にも5人の女性に性的暴行を加えたとして、これまでに4回逮捕されている。

    ■上西容疑者らは、これまでにも10代から20代の女性に対し、「バーベキューパーティーをしよう」などと誘い出し、性行為をするために、罰ゲームなどと称して女性に大量の酒を飲ませていたとみられる。(以上で抜粋終り)


    YAHOO知恵袋 こういう意見もある

    船橋中央病院の医師・上西 崇容疑者(31)ら・・・
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11170642706
    (回答)
    lokiblessさん
    2017/2/1721:59:41
    合コンみたいなノリで、ホイホイ男の家に行って、セックスした後、罪悪感から被害者意識が芽生え、もしくは、最初っから示談金目当てでという女も、世の中にはたくさんいますからね。あくまでも一般論ですが。(以後省略)


    (参考)
    幇助(ほうじょ)とは、刑法において、実行行為以外の行為で正犯の実行行為を容易にする行為一般を指す。
    幇助行為を行った者は、刑法62条1項で従犯(幇助犯)とされる。従犯(幇助犯)が成立するためには、正犯を幇助する行為と意思が必要であり、さらに被幇助者(正犯)の実行行為があったことを要する。

    刑法62条1項(幇助)
    正犯を幇助した者は、従犯とする。
    刑法63条(従犯減軽)
    従犯の刑は、正犯の刑を減軽する

    m


    0 0


    今冬も依然として大規模な食中毒事件が発生している。

    それは何故か。
    日常での危機意識の欠如である。

    今までずっと平和だったから、今日も、明日も、明後日も、ずっと平和が続くと思うノー天気な心情も同様だ。

    昨日と今日とは、確かに同じように朝が来て時は流れる。
    だが、特に生ものの場合、昨日仕入れた食材と、今日仕入れた食材は、同じところから、同じ物であっても、それは別物だ。

    常に最悪のパターンを考える。

    その最悪のパターンを話すと人は一笑に付す。
    『そんな事態になるはずはない』『思い過ごし』『神経質』とか言いながら。

    それはアマチュア。
    最悪のパターンを防ぐにはどうするか。
    そして好結果を得るにはどうするか。
    そう考えるのがプロだ。


    老舗料亭で60人が吐き気、発熱…ノロウイルス検出

    テレビ朝日系(ANN) (2015/01/27 16:57)

    100年以上の歴史を誇る老舗料亭で、懐石料理を食べた60人が食中毒です。
    イメージ 3

     東京都によりますと、16日、墨田区本所の老舗料亭「割烹三州家」で、昼食を食べたバスツアーの団体客94人のうち60人が翌日の未明から下痢や吐き気、発熱などの症状を訴えました。60人はいずれも刺し身やカキの酢の物などの懐石料理を食べていて、このうち36人からノロウイルスが検出されたため、食中毒と断定されました。割烹三州家は、1889年創業の老舗料亭として知られています。保健所は、店を6日間の営業停止処分にしました。

       ☆   ☆   ☆

    (私見)
    海産物は産地偽装多発。
    特に生ガキの場合は、国内の産地そのものが、JAグループが中国産毒米を混入しているように、韓国産ノロウイルス付きカキを国内産として出荷しているケースもある。故に、仕入先がいかに信頼を於けるとしても、カキそのものに信頼をば於けない。築地から直接仕入れたからとしても決して信頼してはならない。

    ではどうするか。
    冬季にカキを出そうとするならば、初秋に渋柿を仕入れて冷凍保存し、この時季にその柿をスライスし、カキ酢(牡蠣酢)の上にレモンと共に添える。
    或いは、食事の前と食事後の二度、紅茶を提供する。

    『病気予防には毎日4杯の紅茶を』 2017/2/14(火) 


    学校給食で児童509人が集団食中毒か 東京・立川市

    テレビ朝日系(ANN) 2/18(土) 15:23配信
    イメージ 2

     東京・立川市の7つの小学校の児童509人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴えていることが分かりました。7つの小学校では、同じ給食センターで調理された給食が提供されていて、保健所は集団食中毒の疑いがあるとみて調べています。

    追記)立川市教育委員会は、症状を訴えた人は、18日より108人増え、児童874人と教職員69人のあわせて943人になったと発表した。原因の公表は今週後半になる見通し。

       ☆   ☆   ☆

    (私見)
    メニュー・レシピがまだ未公表なので何とも言えないが、手指洗浄不完全が原因ではない。大規模調理では、裸の手指ではなく、調理用手袋(キッチングローブ)を使う。

    では原因は何かというと、全7校が同時罹患故、食材である。
    大規模調理の場合、受託給食会社が調理しており、コストを1円でも下げようとするから輸入食材を使う。御坊市の場合は、韓国産ノリが原因だが、果たして今回のレシピはどうであったか。
    イメージ 1

    あくまでも推測だが、韓国産「乾燥ワカメ」を使ったモヤシやキュウリの和え物が発生源ではないだろうか。コリアンの乾燥ワカメには、大腸菌は当然の事、ノロウイルスなどの食中毒ウイルスがおまけとして付着しているリスクは言うまでもない。

    韓国産海産物によるノロウイルスリスクは、今回でも、レシピを作った管理栄養士が知らなかったとは言わせない。

    他方、食材納入業者や給食センター従業員によるノロウイルス・テロの可能性を否定はしない。

    (画像借入先)cookpad


    和歌山・御坊市学校給食食中毒事件の受託給食企業はシダックスの子会社

    『御坊市の集団食中毒事件は未必の故意』 2017/2/1(水) 

    シダックス <4837> の子会社、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社が受託運営しているのが御坊市立給食センター。

    シダックスの子会社で起きた食中毒事故としては、2014年1月にシダックスフードサービスが受託している長野県長野市にある事業所(三井住友銀行長野支店)でノロウィルスによる食中毒事故が発生。更に2013年10月にもシダックスフードサービスが受託している千葉県柏市内の事業所向けの食事で食中毒事故が発生している。

       ☆   ☆   ☆
    (私見)
    シダックスの気になる企業理念・コンプライアンス目標
    4つあるコンプライアンス目標の4番目が下記文言。

    『4. 不祥事等が発覚した際に、あらかじめ定めた対応手順を踏まえた適切な処置を通じて、自社が被る損害の最小化を確実に図ります。』

    古い話になるが、シダックスの創業者志太 勤(1934年10月14日 - )氏とは、彼が社長時代、取引上や毎年都内のホテルでの新年会でお会いしていたが、1997年、社長を長男・勤一氏に譲り、2012年6月、代表取締役会長から取締役最高顧問となり、現役から離れてからとたん、シダックスは脇が甘くなったようだ。

    上場し事業拡大を図ってきたのはさておき、コンプライアンス目標に、『自社の被る損害の最小化を確実に図ります』ということは、投資家(株主)向けの利益第一主義であり、決して消費者や利用者である顧客を向いていない。ここに大規模食中毒を何度も起こす原因があるのではないのか。


    (参考)

    韓国産“毒食”リスト 深刻な食品汚染…「中国産より危険度高い」

    2013.10.4 

    知られざる韓国毒食品の実態とは-。
    昨年末、ソウル市内などの4つの高校で集団食中毒が発生。食品医薬品安全庁による調査で、安東農協・豊山キムチ工場で生産されたキムチなどがノロウイルスに汚染されていた疑いが判明し、出荷された751トンに回収命令が出た。

     今年3月には、飲食店で提供された焼酎「チャミスル」から軽油成分が検出され、6~7月に実施された飲食店や大型スーパーの食品検査では、冷麺などの食品が大腸菌に汚染されていたことが発覚。在韓日本大使館が、ホームページ(HP)で「食中毒に注意」と異例の注意喚起を行う事態となった。

     ほかにも、大手食品の粉ミルクからカエルの死骸が見つかったり、鍋料理などで使われる乾燥麺から金属片(0・4ミリ)が発見されたり。食の不安が収まらない。

    大腸菌や麻痺性貝毒は読んで字のごとくだが、「乾燥ワカメ」に多量残存していた二酸化硫黄も毒性が高い。

     食糧問題研究家の小倉正行氏は「食料品の見た目をきれいにするために使われる漂白剤に含まれる物質。基準値を超えて摂取すると、気管支の障害やアレルギー性の異常過敏反応などを引き起こす危険性がある」と説明する。

    「生鮮きゅうり」から検出されたジクロルボスは有機リン系の殺虫剤で、2008年1月に発覚した「中国製冷凍毒ギョーザ事件」で取り沙汰されたのが記憶に新しい。「摂取すれば、頭痛や下痢、吐き気をもよおし、最悪死に至ることもある」と小倉氏。実際、この事件では、10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体となった。

    「生鮮マッシュルーム」に入っていたシペルメトリン、「生鮮青とうがらし」のエトプロホスも人体に有害な殺虫剤の一種。「焼き肉のタレ」に大量に残存していたポリソルベートは、過剰摂取すると免疫系などの異常を引き起こす研究報告があり、「冷凍豚肉」から出たスルファジミジンは国内で使用禁止の合成抗菌剤…。調べるほどに恐ろしくなる。

    日本は外国産食品を輸入する際、事前に検疫検査が課され、クロと判断されれば廃棄か送り返す措置を取っている。

     水際で防御する態勢は整っているが、「検査が行われるのは全輸入量の10%で、残りの90%は検疫をスルーする。チェックから漏れた中に問題のある食品が混ざっている可能性は多分にある」(厚労省関係者)というから不気味だ。

     危険な「メード・イン・コリア」にさらされる日本の食卓。健康を損なってからでは遅いだけに、注意してもしすぎることはない。


    (事例)
    『数mのサナダムシが私の腸にいた』 2012/12/4(火) 

    『ノロウイルスは民主党による時限爆弾テロ』 2014/1/27(月) 

    『黄金に輝く韓国の海』 2016/10/5(水) 

    0 0


    日本政府の統計で、昨年1年間に日本を訪れた外国人観光客が2403万人となり、そのうち中国人が637万人(26.5%)と昨年に比べて2割以上増加した。
    イメージ 11

    2016年に 2000万人という目標を達成し、東京で開催されるオリンピックを見据え、政府は2020年までに4000万人、2030年までに6000万人と、その目標を上方修正した。

    今日も明日も明後日も、海外旅行者は増え続けるとのノー天気な方にはお気の毒だが、この『海外旅行者バブル』現象は、もっと膨らんでから或る日突然破裂する。

    (参照)『今度の波は大津波(1)』 2013/5/24(金) 
    「どうしたら日本経済を徹底的に叩く事が出来るか」
    それはバブルを起こし、一気に破裂させること。


    台湾の場合


    2017年2月13日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系列)『親日国・台湾がピンチ!中国、トランプ大統領の影響で…』より一部抜粋と加筆。

    「日本人が知らない台湾 トランプ大統領で揺れていた!」と題し、“親日”の台湾が窮地に立たされている現状を取り上げる。

    2008年5月20日、馬英九(ばえいきゅう、マー・インチウ、Ma Ying-jeou)が台湾総督に就任。最終的には中国との統一を目指すことを打ち出した。

    イメージ 9

    馬英九(ばえいきゅう、マー・インチウ、Ma Ying-jeou)

    [1950~ ]台湾の政治家。香港に生まれ、直後に台湾に移住。本籍は中国湖南省。中山奨学金で米国留学。ニューヨーク大学で修士、ハーバード大学で法学博士。博士論文のテーマは沖縄・尖閣諸島(せんかくしょとう)(中国語名、釣魚島(ちょうぎょとう))の領有権に関するもので反日であった。アメリカで銀行の法律顧問を経て1981年に台湾に帰国。蒋経国・李登輝のもと中国国民党で累進。法務相、台北市長などを経て2005年に国民党主席。2008年の総統選挙に勝利して台湾総統に就任(第12代)。2012年再選(第13代)。

    台湾の将来については、独立の動きには反対で、「最終的に中国との統一を目ざすが、いまは現状維持」との立場をとった。スローガンは、中台関係の回復を基調としながらも、「三不」(台中統一・台湾独立・武力行使のいずれも行わない)。反日派。

    旅行業者には三通(中台間の通信、通商、通航の直接開放)で空と海の直行便を定期化し、年間360万の中国人観光客を呼び込んだ。任期:2008年5月20日 – 2016年5月20日。

    イメージ 8

    2015年11月7日午後、中国の習近平(シージンピン)国家主席と台湾の馬英九(マーインジウ)総統はシンガポール市内のホテルで、1949年の中台分断以降初めての首脳会談を行った。 首脳会談では、中国と台湾が不可分の領土であるという「一つの中国」の原則を確認し、交流を拡大することなどで一致した。

    イメージ 13


    イメージ 1


    イメージ 2


    イメージ 3

    ところが、
    蔡英文(さい えいぶん/ツァイ・インウェン、中華民国(台湾)の政治家。民主進歩党主席(党首)が、2016年5月20日、中華民国第14代総統に就任。

    イメージ 10

    「中国から距離を置く」ことを掲げ当選した蔡英文氏が総統になってから、中国側が台湾への旅行客を制限した。

    イメージ 4

    イメージ 7

    その影響で、中国人相手に商売をしていた町は大打撃。ホテルは軒並み廃業、観光で生活していた人たちの生活は、あり得ないほど変わっていた。

    イメージ 5

    ホテルの閉鎖は相次ぐ。

    イメージ 6

    高雄市の場合、前年の一割にも満たない中国からのバスツアー客。
    地域によっては国慶節でも観光客ゼロの観光バス会社もある。

    尚、日本政府は、中国からの観光客の増えた原因の一つに、中国が台湾旅行を制限した故に、その分、日本と韓国への観光客が増えたことを勘案していない。


    韓国の場合

    中国:「禁韓令」と「限韓令」、次は「嫌韓令」 2016/11/28(月) 

    韓国を訪れた外国人観光客、過去最大となる1700万予想
    2016年11月22日09時33分  [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    観光客急増の立役者は中国だった。10月末までに韓国を訪れた中国人観光客は700万人で、昨年同期に比べて40%増えた。

    韓国:米国の高高度ミサイル防衛体系(THAAD)導入
    朝鮮半島有事に備えて、2016年7月8日、大韓民国の在韓米軍に配備することを決定したと発表した。しかしTHAAD配備決定以降、中国からは韓国からの輸入規制措置・非関税障壁・韓流排除などの露骨な貿易報復措置が相次いでいる。

    韓経:「韓国に行く中国人観光客を減らせ」…中国全域に拡大
    2016年11月02日11時14分  [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    中国政府は否認するが、中央政府レベルで韓国行き中国人観光客を20%減らす措置が取られた状況が表れているという。 

      中国旅行業界および航空業界によると、北京、広州、天津、重慶、瀋陽、ハルビン、大連など主要地方政府の地方旅游局(観光政策担当)は先週後半から同時多発的に地域内の旅行会社に格安観光商品の販売を禁止するよう通知文を送った。 

    中国、「限韓令」を全面適用…チョン・ジヒョンのドラマ、ソン・ジュンギ広告も「禁止」(1)…チョン・ジヒョンのドラマ、ソン・ジュンギ広告も「禁止」(2)
     2016年11月21日08時55分  [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]


    日本の場合:東シナ海(尖閣諸島)や南シナ海で米中間で有事が発生したら、あなたのホテルの宿泊客はゼロとなる。

    この場合、台湾や韓国の例の如く、中国人旅行者は来ず、日本への外国人旅行者総数は減るが、単純計算では前年の4分の3を確保できると思いがちだが、そうではない。

    全国的に均等に減るのではなく、中国旅行社がツアーを組んでいた観光地が、中でもリピート客を得れないエリアが皆無となる。ここ数年でホテルや観光地が急激に中国観光客で潤ったエリアも然り。

    特にローカル観光地での観光客現状把握に於いて、中国人と韓国人の旅行客をゼロとして考える必要がある。

    イメージ 12


    韓国人旅行者をゼロと考えなければならない理由は下記の通り。

    韓国人の旅行者を受けている温泉宿は、何れツイッターなどで悪評が立ち、日本人は当然ながら、その他の外国人の旅行客も二度と来ないリスクを抱える。

    日本の温泉文化にロマンを抱いてやって来た外国人が湯船にプカリプカリと浮かぶ糞を見たら、二度と日本のそのエリアの温泉に入浴しようとする気持ちにはなれないし、ツイッターで拡散される。つまりリピート客のみならず新規顧客をも失う。

    (その1)
    韓国人は、湯船の中で排尿し、爽快さを感じている。

    열도 온천의 욕탕에서 소변 발사는 잘못???
    열도 온천의 욕탕에서 남몰래 소변 발사는 매우 짜릿한 것이지만.....
    왜인들은 경험이 없는지.....

    列島(日本)温泉の風呂で尿発射は間違っているの?
    列島温泉の風呂でこっそり尿発射は非常に爽快なのだが.....
    倭人(日本人、蔑視語)たちは経験がない.....

    (その2)
    ユーチューブ
    ???? 샤워하면서나 욕실칸이 아니라... 물받은 탕안에서 볼일보고 그런다는 건가??? 응??
    ????シャワーしながらバスルームカーン(洗い場)で用を足すのではなく、...湯の中で用を足すということか?うん?

    송찬우6 か月前
    잠깐만? 그냥 욕실공간에서 소변을 본다는게아니고 탕안에서 소변을본다고???미쳤니???
    ソンチャンオ6か月前
    ちょっと?ただバスルームのスペースで排尿するのではなく、湯船の中で排尿すると???クレイジーなの?

    (その3)
    韓国人の湯船で糞尿した被害を受けた温泉宿主は、ハングルでの注意書きを掲示している。湯船の中で排尿・排便をするなという注意書きを、韓国人は韓国人差別と言っている。

    일본의 온천에는 최근 한국인 관광객이 증가하고 있다.그 때문에 한글의 안내가 있다.내용은<몸을 깨끗이 씻고 나서 목욕을 해 주세요><팬츠를 욕실 중(안)에서 씻지 말아 주세요><온천에 오물을 넣지 말아 주세요>한국인은 이것을 차별이라고 할까?

    日本の温泉には、最近の韓国人観光客が増加している。そのため、ハングルの案内がある。内容は、<体をきれいに洗ってからお風呂をしてください><パンツを風呂の中で洗わないでください><温泉(湯船)に汚物(糞尿)を入れないでください>
    韓国人はこれを差別というの?

    (参考事例)
    どこの局かはメモし忘れたが、先週のTVで放映で、東京の銭湯では湯船の中に排便され、掃除とお湯の全面入れ替えで二時間かかったとのこと。尚、誰が排便したかは言わなかったが、巷のスーパー銭湯の記事を見ると高齢者説もあるが真相はどうであろうか。


    では、今からどういう手を打っておかなければならないのか。
    小手先ではコストの無駄。
    コンセプト作りから。
    その話は、時間があれば次回に述べます。

    (折れ線グラフ借入先)



    0 0
  • 02/23/17--10:00: 乱れる裕福女性たち

  • 男女を問わず、年齢を問わず、あぶく銭を手にすると狂う。
    今回は婦人副保育園長のことだが、この現象は、キャリア組の独身女性や、亭主がエリートサラリーマンの夫人にも起きている。

    これらのことは戦後アメリカGHQの日本人劣化作戦WGIP(ウォー ギルト インフォメーション プログラム)の『3R・5D・3S政策』の中での『3S政策』の目覚ましい成果とも言える。


    東大阪市役所に潜む黒い影:東大阪市は2年前から不正で騒がれていた『みるく保育園』を、今まで放任してきた。

    社福法人元理事長ら2人逮捕 大阪府警、保育園の補助金詐取疑い…不正会計は1億円超 産経WEST 2017.2.21 

    大阪府東大阪市の社会福祉法人「篤雅音(あつがね)会」で1億円以上の不適切会計があった問題で、大阪府警河内署は21日、同法人が運営する保育園で虚偽の書類を市に提出して補助金をだまし取ったとして、詐欺容疑で法人の当時の理事長、岡田忠彦(59)=同市下小阪=と元妻で当時の理事、尾形久美子(58)=大阪市天王寺区=の両容疑者を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。(中略)

     この日会見した市子どもすこやか部の奥野勝巳部長は「より良い保育をしてもらうための補助金で誠に遺憾」と話し、損害賠償請求の訴訟を起こすことも検討する方針を示した。


    園長夫人でもある副保育園長が、韓流ホストに狂う。

    保育園長夫婦「補助金1億1000万円」横領!クラブで豪遊、働いてない親族に給料 2016/3/ 2 1

    東大阪市の「みるく保育園」で、元園長(58)夫と元副園長(57)の妻が、国や市の補助金1億1000万円余を横領していたことがわかった。使い込みの8割が妻によるものと東大阪市は見ている。

    イメージ 1

    韓国系ホストクラブなどの飲食代に1200万円を使い、誕生会では高級シャンパンを注文して1日50万円の支払いもあった。

    イメージ 2

    保育園の運動会に若い男5、6人が来たこともあった。
    「男は30歳前後かな。愛人だと思った」と近所の人は話す。

    保育園はボロボロ!カビだらけ、天井落ちそう、トイレ変形・・・

       ほかにも、修繕費1900万円が不正に使われ、使途不明金は1500万円もある。実際には働いていない親族7人を雇ったことにして、10年間で4000万円を支出していた。夫婦2人の給料として2500万円を計上していた。

    (画像借入先)


    はとバスの『歌舞伎町の韓流ホストクラブツアー』は、40歳代女性で盛況。
    (TBS系 2月21日PM7:37)


    ≪株式会社はとバスのツアー案内文≫
    今宵の貴方はシンデレラ
    新宿歌舞伎町「RMG TOKYO」 (選び抜かれた男性達がやさしくエスコート。
    はとバスで行くから初めての方も安心/
    ここがオススメ!このコースのみどころ
    ★女性限定コースです★
    一度は行ってみたい!?ホストクラブ。明朗会計・はとバスなら安心!
    ドキドキのひとときをお過ごしください。
    はとバス限定のシャンパンコールは必見!
    このツアーは毎週土曜の夜催行で、ツアー代金はひとり9800円

    以前のはとバス「はじめてのホストクラブ~今宵のあなたはシンデレラ~」は、毎週(水)(金)運行。無論女性専用。行き先は歌舞伎町韓流ホストクラブ「愛」。
    この当時は、50歳代~60歳代女性で盛況だった。当時、韓流ホストに狂ったこれらの年代の女性達の今は、2~3人で韓国や東南アジアに度々出かけている。


    保育園児や小学生を持つ40歳代の女性は、日中、20歳代~40歳代の一般男性対象に手あたり次第。

    この40歳代女性の現象は、最近のことだけではない。20年前から起きていた。当時のその話と昨今状況は、後日、述べる。


older | 1 | .... | 47 | 48 | (Page 49) | 50 | 51 | .... | 74 | newer