Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

島本町水無瀬は、京都嵐山から流れる桂川(途中、鴨川と合流)・琵琶湖からの宇治川・奈良方面から流れる木津川の三つの川の合流地点です。ここから淀川となって大阪に流れます。 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1462267/img_1462267_55109248_4?1289239015)]] 島本町水無瀬については、谷崎潤一郎著小説「蘆刈(あしかり)」で結構詳細に述べられています。ここ水無瀬は、小倉百人一首を並べたら、水無瀬の情景になるという藤原定家の隠れた後鳥羽上皇思いの舞台です。 参照:「百人一首の秘密」著者林直道教授の公式サイト http://www8.plala.or.jp/naomichi/ 参照:「水無瀬絵図」小倉山荘サイト  http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/hyakunin02.html (追記)小説『蘆刈』に基づく私のブログ記事 谷崎潤一郎原作・主演田中絹代 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43928675.html 愛するが故に妻との別離 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43963187.html 阪急大山崎下車の谷崎潤一郎 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46246160.html 京都に在った諏訪湖より大きな池 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46870978.html 十五夜お月さんと山崎の橋 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61587198.html 水無瀬野の歴史 https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61399688.html (お知らせ)09.12.06 ①公序良俗に反するコメントや、因縁コメントは直ぐにカットします。 ②コメントは、空行も含めて10行以内でお願いします。➂私の記事や私見に反論のある方は、先ず自分のブログで論証してください。

older | 1 | .... | 46 | 47 | (Page 48) | 49 | 50 | .... | 74 | newer

    0 0


    26日、孫の冬休みで東京から四人家族でやってきた。
    27日は四人家族はUFJへ。
    28日は、嵐山の湯豆腐嵯峨野に連れていった。

    阪急電車終着駅嵐山駅で下車。
    もみじが一本だけまだ紅葉をいっぱい付けたまま。

    イメージ 1

    この時季、木にモミジが残っている姿を見ると、中学生時代の国語の教科書で読んだ0-・ヘンリーの『最後の一葉』を思い出す。

       ★   ★   ★

    (青空文庫)
    The Last Leaf
    最後の一葉
    オー・ヘンリー作
    結城浩訳

    (ユーチューブ) 
    『最後の一葉』 アナウンサー小野文恵朗読 前編  14分19秒

    『最後の一葉』 朗読 後編  14分07秒

       ★   ★   ★

    渡月橋から見える愛宕山はうっすらと雪化粧。

    イメージ 2

    案の定、暮れとこの寒さで待たずに『湯豆腐嵯峨野』に入店できました。
    席は戸外の

    イメージ 7

    席は戸外を所望していたが、この季節ではカバーがかかったまま。
    残念無念。戸外の方が寒くても趣があり、熱燗も殊更美味しいのに。
    下の画像は、冬季以外のもの。
    イメージ 12
    本館をくぐり抜け庭を通って新館二階へ。

    これに後で野菜てんぷらとご飯が出る。
    イメージ 3

    孫たちは『美味しい!美味しい』の連発。
    イメージ 4

    庭園を見下ろしながらの熱燗は婿殿との二人で4本のみ。

    みぞれが細く落ちてきた。
    ゆっくりと静かに舞い降りるぼたん雪なら最高だったけど。
    イメージ 5

    新館の玄関前でパチリ。
    イメージ 6

    食後の運動で、嵯峨野の竹林から野宮神社で参拝。

    イメージ 8

    落柿舎⇒常寂光寺⇒大河内山荘⇒亀山公園⇒渡月橋⇒阪急嵐山駅へ。

       ★   ★   ★

    白文鳥ポポは、いつものことで孫娘の勉強監視役。

    イメージ 9

    孫息子は、ポポを追いかけまわして大騒ぎ。
    だが、孫息子がおとなしくしているとやってくる。
    あれほど逃げ回っていたのに、やはり相手にして欲しいのかも。
    イメージ 10

    嵐山で私が皆より数十メートル前を歩くのに、私に時にはげんこつでコッツンされる孫息子は何故か私と共に歩く。この現象も同様かも。

    孫との遊びに空腹なるポポは、大好きなカボチャをパクパク。
    イメージ 11

    29日の夕方の飛行機で孫たちは東京に帰り、我が家に静かさがよみがえった。
    (^◇^)

    0 0

     
    今年もとうとう大晦日の好天。
    この1年、皆様には大変お世話になりました。
    明日からの新年もよろしくお願い致します。


          
    親愛なるパカパカ友へ
    今は亡き天上のパカパカ友へ
          


    今年のドツボなる我がパカパカの結果報告です。

    年初、金杯で好調なスタートを切ったものの、この1年を締めたら遂に回収率は72%まで下落しました。進歩が無いと言おうか、反省が無いと言おうか、過去の失敗を繰り返しました。

    (昨年2015年の場合) 回収率92%

    尚、購入レース数394の内、390が未勝利のダート戦で、然も大半がワイドで、残る4レースがG!です。あれやこれやと全レースを検討し、その中からこれぞというレースを選んで賭けたらいいのですが、身体が持ちませんから、これだけに限定したのです。

    開催別
    イメージ 1
    昨年は、有馬記念で回収率を90%台にアップできたましたが、今年の有馬ではゲットしても赤字。何しろ、着順は、1番人気⇒2番人気⇒3番人気ですからね。

    競馬場別
    イメージ 2
    東京と京都の競馬場での的中率は僅か50%台。これが痛かった!
    でも、どうして的中率が悪かったのか原因不明。正月三が日の間でそれを究明してから正月5日の金杯に臨みたいものです。


    払戻金内訳
    イメージ 3
    賭けた全レース数は394。当てた馬券数(ワイド・単勝・複勝・馬連)は410ですから赤字になるはずはないのですが、昨年に比較すると中穴のげっとが少ない。やはり競馬は、中穴・大穴で勝負しないとプラスにはならないんですね。

    騎手別
    今回は掛け金の少額で回収率プラスの騎手のみ抜粋してみました。
    流石、未勝利戦。若手騎手が大半。鮫島良太騎手は、昨年も私に貢献してくれました。尚、例年的中率も回収率も50%台でドツボの武豊騎手の場合、今年の回収率は93%(的中率29%)でした。これはキタサンブラックのおかげですね。
    イメージ 4


    皆さま、いいお正月をお迎えください。


    0 0



    イメージ 1


    0 0


    元日の午後、と言っても午後4時ですけど、水無瀬神宮に参拝しました。

    往路の道中、神宮方面からぞろぞろそれらしき人たちが歩いてくるので、もう空いているだろうと思いましたが、どっこいどっこい。

    参道でも人混みをかき分け・・・。

    イメージ 1

    午後4時というと、陽が落ちかかり、急に寒くなるはずだから、もう参拝者は増えないだろうと思いましたが、我らが列に加わる(画像)と、後、何故か一気に後続が増え、列は山門まで繋がりました。

    イメージ 2

    今年も例年と同じく、本殿ではお賽銭と二礼二拍手一礼。
    次は境内の右手(南側)に、境内社の小祠が並んでいる春日神社→柿本神社→星阪神社→稲荷神社へ。無論、同じく各社にお賽銭に二礼二拍手一礼。

    イメージ 3

    お稲荷さんのお賽銭箱は満杯でお賽銭が入らず。
    鏡餅の横に置きました。


    昨年と同じく、全神様にお願いしたこと。
    「1月5日の中央競馬 『中山金杯』と『京都金杯』 の一着馬、二着馬、三着馬をお知らせ下さい」

    昨年のパカパカは水無瀬神宮のお陰で1月5日、並びにその週は楽勝。処が次週から脇が甘くなり連敗の連続。結果、年間回収率72%。

    まあ、反省するのはせいぜい半月間だけ。以降は、元の木阿弥。
    これが我ら日本人の特徴。(^◇^)

    イメージ 4


    水無瀬神宮案内




    0 0


    イメージ 4

    ノロウイルス付き生食用カキを食べるのに手洗いが有効とはこれいかに。カキそのものにノロウイルスが入っているのに、手を洗ってどうして防げるのか?

    他方、生食用カキをも加熱して食べなきゃならんと仰せかな? それなら最初から減菌処理されていない安い加熱用カキを購入するはず。


    宮城県産カキからノロウイルスが検出されたから、宮城県の全海域のカキは一時全面出荷停止と言っているが、実は、漁協における入札が、12/20、及び12/22~24の3日間、一時休止となるだけで、漁協の入札ルート以外では、宮城県産カキは従来通り販売され流通していた。


    宮城産カキからノロ検出…全海域で出荷停止に
    読売新聞 2016年12月21日 19時06分
     宮城県漁業協同組合は21日、県内各地で水揚げされたカキからノロウイルスが検出されたとして、全海域でカキの出荷を25日まで停止することを明らかにした。

    26日の検査結果で再開するか判断する。農林水産省によると、同県の養殖カキ年間生産量は広島県(約11万6000トン)に次ぐ全国2位の約2万トンで、10月~2月頃が出荷の最盛期となる。

     宮城県漁協によると、19日の検査で、県内11海域のうち10海域のカキからノロウイルスが検出された。生活排水などに混入したウイルスが海に流出し、カキに蓄積した可能性がある。


    生食用カキ ノロウイルス検出で宮城全海域で出荷自粛
    2016-12-20 NHKニュース
    宮城県内の各地で水揚げされたカキからノロウイルスが相次いで検出され、宮城県漁業協同組合は20日から、県内すべての海域で生食用のカキの出荷を見合わせることを決めました。 

    イメージ 2


    イメージ 3
    (注)実態は漁協の入札をしないだけで、宮城県産のノロウイルス付きカキは通常通り販売したから、痛くも痒くもない。


    そもそも宮城県では、十数年前から韓国産のノロウイルス付きカキを輸入し、産地偽装・宮城県産として販売していたことは、国会でも問題になっていた。


    衆議院 第154回国会 農林水産委員会 第11号
    (平成14年5月29日(水曜日)) 議事録より一部抜粋

    ○安住委員
    さて、広島や岡山、それから宮城、これは漁業で見ますと、大臣、生ガキの、ボイルも含めた産地ですね。年間三万トンぐらい我が国では生産をしているわけです。私の地元もカキの生産地なんですね。この十年ぐらい見ても、沿岸漁業者が本当に安定収入を得るというのは非常に難しいわけですよ。多分北海道でもそうだと思うんですね。(中略)

     ところが、ここで大きな問題が起きました。ことしの三月に宮城県の表浜漁業協同組合の木村組合長を初め何人かが宮城県庁を訪れまして、カキの養殖をしている生産者でございますが、どうも韓国産のカキを相当多量に、宮城県内を含めて、仲買業者が混入をしているんではないかということで訴えをしたわけです。

    それが地元の河北新報を初め大きなニュースになりまして、今宮城県ではこの実態調査をしております。事実関係から申し上げますと、今月の初めに一部業者はその混入を認めました。しかし、そうはいったって全体の実態の解明はまだ霧の中ということになるわけですね。

     私は、今回のJAS法というのは、確かに、私自身も、前向きに消費者を向いた行政をやるという点からいえば、これはもう遅きに失したと思うぐらいであります。それはそれで結構でございます。しかし、現実に、このカキの混入問題を私なりに調べていきますと、本当に今の組織、今の体制の中でやれるんだろうか、そういう疑問を持ったものですから、今回質問をさせていただくということになっているわけです。

     今も私話しましたように、実はカキは、三月で漁期が終わって、ことしの九月から漁期が始まるということですから、このまま、はっきり申し上げて、ただ問題が起きて大変だ大変だと言うだけでは解決にならないんですよ。解決にならない。農水省を含めてどんな対応をしているか、私も全然わからないものですから。宮城県は実態調査していますと言うけれども、これは宮城県だけで実態調査してもなかなか難しい問題なんですね。ですから、JAS法が改正されて、それはいいけれども、現実に今起きている問題にちゃんと対応してほしいということです。ちゃんと対応してほし

    ○木下政府参考人 お答えいたします。
     宮城県産カキへの混入問題でございます。
     これまで、宮城県漁連あるいは宮城県から、輸入生ガキの流通ルートの解明あるいはカキ産地の識別技術の確立についての要請が水産庁に寄せられたことは、御質問のとおりだと思います。

    私ども、この問題について、宮城県の一部にとどまっているというような認識もあったかと思いますけれども、十分な対応をしてこなかったという批判につきましては謙虚に受けとめて、今後とも対応していきたいというふうに考えております。(抜粋終り)


    (私見2)
    宮城県内のカキ養殖場の海水がノロウイルスだらけの原因は、幾年にもわたり、韓国産ノロウイルス付きカキを宮城県産と詐称してきたことにある。

    宮城県全域で韓国産カキを宮城県産と詐称するために一旦韓国産カキを宮城県内の湾に浸した可能性が強い。拠って、韓国産のカキに含むノロウイルスが海水に漂うことになった。
    イメージ 1

    他方、加熱用として輸入した韓国産のむき身のカキの場合、小分けにしてチューブに入れるのだが、その過程での洗浄水を何ら浄化や殺菌することなく近くの海に放水し続けた結果、湾内がノロウイルスだらけとなった。

    尚、このノロウイルス入り加熱用韓国産むき身のカキを、生食用としてチューブに入れ市販した可能性がある。


    (参考例)
    外国産シジミを国産と表示 三重・四日市の卸売業者
    産経WEST 2016.2.9 23:10
    三重県は9日、外国産のシジミやアサリを国産と表示して販売したとして、食品表示法に基づき、同県四日市市の個人経営の卸売業者「一久水産」に表示の是正と再発防止策をまとめるよう指示した。

     県によると、同社は少なくとも昨年1月27日~12月22日、ロシア産のシジミ24トンを三重県産と表示して販売したほか、韓国産のアサリ200キロを熊本県産として販売していた。経営者の男性は「3、4年前から始めた」と説明している。

     昨年9月に外部から情報提供を受け、今年1月に立ち入り検査を実施。保管されていた仕入れ伝票から虚偽表示が明らかになった。


    茨城産のバチ型のシジミ 外国産を茨城県の湖沼や河川に放流し,すぐに回収して「茨城産」として販売している  
    (注)シジミの輸入先の大半は中国から
    外国産シジミが、国産に混ざって、「〇〇湖産」、「△△川産」、またはただの「シジミ」として店頭に列んでいる。このただの「シジミ」表示は100%外国産。だが、店頭で「外国産が混ざっています」という表示は見かけたことはない。



    画像借入先カキチューブ





    0 0


    やはり今年も元日の水無瀬神宮への初詣のご利益(ごりやく)で、中山・京都の両方の金杯をゲットでき、昨年と同様、いい正月となりました。



    中山金杯
    イメージ 1

    イメージ 2


    イメージ 3

    今回の穴狙いは、殿(しんがり)人気の馬番11トミケンスラーヴァ。
    スタートを決めて二番手に付け、4コーナー直線までも番手。

    何しろ軽量51kgですから、そのまま残れると思ったのですが結果6着。。
    それでも3着の馬番1のシャイニープリンスとは6着といえども半馬身差。
    もしも3着に残れたら、ワイド3-11は5000円強、2-11では16000円強。
    長岡騎手は上手に騎乗したけど、竹内厩舎がこの金杯用の馬づくりをしちなかったからね。死んだ子の歳を数えても仕方ないけど。

    (中山金杯映像)



    京都金杯
    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    この京都金杯の穴狙い(馬番7、11)はお呼びじゃなかった・・・。

    (京都金杯映像)

    m


    0 0


    ノロウイルス感染に関しての報道が毎回変ですね。
    どんな勢力がノロウイルスの本当の対策報道を禁じているのか。

    特にNHKの場合、インチキ学者を登場させて、念仏のように「手洗い&加熱」を唱えさせるんですね。

    厚労省のノロウイルス対策もインチキ。
    こんな対策で防げる道理がない。

    (厚労省)
    ノロウイルス感染症とその対応・予防
    イメージ 8

    イメージ 7
    (医療従事者・施設スタッフ用)
    (感染症情報センター 2006/12/18 改訂)
    医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き

    そして、毎年、毎年、念仏の如く、新型!新型!と唱える厚労省。

    かってWHOが新型インフルエンザが世界的に大流行と詐称して、政府もワクチンが足りないと称して輸入し、国民に水銀入りワクチンを接種させたものの、泰山鳴動して鼠一匹。

    厚労省の念仏ではちっとも減らないので、それを毎年新型のせいにする。
    この詐欺「新型」を繰り返す厚労省。

    ※NIID国立感染症研究所 ノロウイルス感染症過去10年との比較グラフ

    当に上に掲載したノロウイルスの経年グラフがインチキを物語っている。
    ちっとも減っていないのである。
    厚労省やNHKなどの言う対策がいかにインチキであることの実証である。

    それだけではない。最も院内感染を防がなきゃならない病院で、最も院内感染対策している病院で、最もウイルスや細菌の知識がある集団である病院で、毎年ノロウイルス集団感染が発生し、然も、ここ三年では毎年死者を出しているのである。

    ●以下、病院での院内感染の実態

    沖縄県
    ノロウイルスの院内感染

    2013年08月16日

    患者25人、スタッフ10人も罹患
    11日夜に発生 面会自粛を呼びかけ

     県立八重山病院(依光たみ枝院長)で感染性胃腸炎を引き起こすノロウイルスの院内感染が発生していることが15日、分かった。同病院によると、同日午後4時までに医師や看護師などスタッフ10人を含む35人が発症。症状は比較的軽いが同病院では、接触感染の予防で院内の清掃を徹底するとともに、入院患者への面会も極力控えるように周知を図っている。同病院では2011、12年秋にもノロウイルスの発生があったが、20人以上の院内感染が確認されたのは初めてという。

     同病院によると、11日夜に4階東病棟で80代の患者が嘔吐(おうと)し、翌朝までに同病棟内で立て続けに3人が嘔吐や下痢の症状を訴えた。

     12日午前中に抗原検査を行ったところ、ノロウイルスによる感染性胃腸炎と判明。緊急会議を開いて清掃作業の徹底やマスク・手袋の着用などノロウイルス感染拡大防止の措置を実施した。

     13日には2階東病棟でも3人の患者が確認され、八重山保健所に連絡するとともに、一般の入院患者への面会を控えるように院内放送などを行ってきた。

     その後、15日までに2階・4階東病棟で入院患者の男性6人、女性19人が感染。医師や看護師、看護補助のスタッフ計10人も感染したことが確認されたが、比較的症状は軽く、重症者は出ていない。

     同病院には11日にノロウイルスと思われる胃腸炎で数人の患者が受診。その後、院内で感染が広まったとみており、保健所の疫学調査の結果を待っている。(以後省略)


    ノロウイルスに集団感染 京都の病院、4人死亡 

    日経 2014/1/22付
    京都市伏見区の蘇生会総合病院は22日、昨年12月から入院患者や従業員計101人が感染性胃腸炎を発症し、うち80~90代の男女の入院患者4人が死亡したことを明らかにした。発症者8人からノロウイルスが検出され、院内感染という。

     記者会見した長沢史朗院長(64)は「ノロウイルスの感染源ははじめの段階で特定できず、対策の不備があった」と述べ、最初の死亡が確認された昨年12月15日の時点では感染拡大を把握していなかったことを認めた。

     入院患者67人、従業員34人の計101人が感染性胃腸炎を発症。現在は終息しているという。

     長沢院長は「痛恨の極み。責任を強く感じている」と謝罪。感染源については、患者の面会者が生ものを持ち込んだ可能性を指摘した。速やかに公表しなかった理由については「(感染対策で)戦争みたいな時期だった」と釈明した。

     4人の死因は「肺炎や心不全」と説明。うち、91歳の男性はウイルス検査で陰性だった。因果関係は証明できないとした上で「集団感染の期間に亡くなった。原因はノロではないと思うが、違うと証明もできない」と述べた。

     病院によると昨年12月、1人の発症者を確認。患者と職員計14人から下痢や嘔吐(おうと)の症状が出た。同月15~22日、7階に入院していた80~90代の患者の男女4人が死亡した。

     昨年12月、病院は市に集団感染を報告。伏見区の保健センターが立ち入り調査した。同16日時点で発症者が共通して食べたものがなく、食中毒ではないと判断していた。〔共同〕


    2015年12月
    病院でノロウイルス感染か 10歳女の子死亡  神戸 NHKニュース


    イメージ 2


    イメージ 3


    イメージ 4


    イメージ 5


    イメージ 6



    それから僅か三ヶ月後、2016年3月、
    東京都立こども病院がノロウイルスの院内感染で二歳男児死亡。


    イメージ 9


    イメージ 10


    イメージ 11


    イメージ 12




    0 0


    ノロウイルスとはどういうものなのかを複雑に考える必要はない。
    ノロウイルスのゲノム(遺伝子)の二つの領域の図を見たら想像可能だ。

    尚、その説明は専門用語だらけで頭が混乱するので意訳はしない。

    変化する世界におけるヒトノロウイルスの伝達と進化

    図4:ORF1およびORF2の系統発生
    Figure 4: ORF1 and ORF2 phylogenies.

    From
    Human norovirus transmission and evolution in a changing world
    Miranda de Graaf,Janko van Beek& Marion P. G. Koopmans
    Nature Reviews Microbiology 14, 421–433 (2016) doi:10.1038/nrmicro.2016.48

    ミランダ・デ・グラフ、ジャンコ・バン・ビーク、マリオン・P・G・コープマンズ
    Nature Reviews Microbiology 14、421-433(2016)doi:10.1038 / nrmicro.2016.48

    Two regions of the norovirus genome are used to classify strains of norovirus: the region of ORF1 that encodes the RNA-dependent RNA polymerase (RdRp), and ORF2, which encodes the structural capsid protein VP1.

    ノロウイルス・ゲノムの2つの領域は、ノロウイルスの種を分類するのに用いられる:

    それは、RNA(リボ核酸)依存性RNA(リボ核酸)ポリメラーゼ(RdRp)をコード化(符号化)するORF1の領域と、構造キップシッド・タンパク質VP1をコード化(符号化するORF2の領域だ。


    Genetic diversity and frequent recombination events between ORF1 and ORF2 have resulted in phylogenetic topologies that, although similar, are not identical, as shown in unrooted maximum likelihood trees estimated for ORF1 (part a) and ORF2 (part b) sequences of all norovirus ORF1 and ORF2 genotypes15. Owing to the frequent occurrence of recombination events between ORF1 and ORF2 sequences, a dual nomenclature for norovirus classification using both sequences encoding RdRp and sequences encoding VP1 has been proposed120. Note that the nomenclature of genogroups GIV, GVI and GVII has not been consistent: genogroups GIV and GVI were initially classified as a single genogroup, which was known as genogroup GIV, and norovirus strains in genogroup GVII have also been classified in the past as belonging to genogroup GVI. However, we have chosen to use seven genogroups, as proposed by Vinjé15; this reclassification is based on amino acid divergence. The scale bar reflects the number of nucleotide substitutions per site. Part b is modified from J. Clin. Microbiol.201553373381http://dx.doi.org/10.1128/JCM.01535-14 and amended with permission from American Society for Microbiology.


    Figure 1: The composition and life cycle of human noroviruses
    図1:ヒトノロウイルスの組成およびライフサイクル
    http://www.nature.com/nrmicro/journal/v14/n7/fig_tab/nrmicro.2016.48_F1.html

    Figure 2: Norovirus epidemiology in the community.
    図2:コミュニティにおけるノロウイルスの疫学
    http://www.nature.com/nrmicro/journal/v14/n7/fig_tab/nrmicro.2016.48_F2.html

    Figure 3: Synthesis of histo-blood group antigens
    図3:組織 - 血液型抗原の合成。



    (最近の私のノロウイルス記事)

    依然と嘘八珀のノロウイルス対策 2016/12/28(水) 

    ノロウイルス:偽装対策 2017/1/4(水) 

    厚労省ノロウイルス対策インチキの実例 2017/1/6(金) 

    尚、近日中、ノロウイルスに関する私の記事を目次にする予定です。


    0 0


    今回掲載する論文は、古典とも言える16年前のノロウイルス発病のコホート(集団)研究である。この論文を読むと、ノロウイルスがどういうもので、どう対策したら良いかの一助になるだろう。

    或いは、特にお子様連れの両親が、限られた空間、例えば電車・新幹線・飛行機などに乗る場合、或いは病院や観劇に連れて行った場合、お子様にマスクを着用させる意義が理解できるだろう。

    他方、料飲食業者や学校・病院・福祉施設のオーナーや職員は、先ずは「ノロウイルス=(イコール)天井ファン」というイメージを脳幹に刻んでおくべきである。

    イメージ 3


    (ノロウイルスによる嘔吐や下痢の原因)

    イメージ 4
    The round blue ball structure of norovirus is actually a protein surrounding the virus's genetic material. The virus attaches to the outside of cells lining the intestine, and then transfers its genetic material into those cells. Once the genetic material has been transferred, norovirus reproduces, finally killing the human cells and releasing new copies of itself that attach to more cells of the intestine's lining.

    ノロウイルスの丸い青色のボール構造は、実際にウイルスの遺伝物質を取り巻くタンパク質だ。ウイルスは腸内にある細胞の外側に付着し、その遺伝物質をそれらの細胞に移す。遺伝物質が移入されると、ノロウイルスは、最終的にヒト細胞を殺し、腸の内層のより多くの細胞に付着するそれ自体の新しいコピーを放出する。


    Evidence for airborne transmission of Norwalk-like virus
    (NLV) in a hotel restaurant
    ノロウイルスの空中伝播の証拠 (NLV)ホテルレストラン

    (Accepted 18 January 2000)
     
    An outbreak of gastroenteritis followed a meal in a large hotel during which one of the diners vomited. 

    概要
    大きなホテルで食事をした人の一人が食後胃腸炎を発生し嘔吐した。

    病気の臨床上の特徴はノーウォーク様ウイルス(NLV、小型球形ウイルス、属名ノロウイルス)感染症を示唆した。そして、これは電子顕微鏡検査と逆転写酵素ポリメラーゼ連鎖反応(RT–PCR)によって確かめられた。(説明の一部省略)

       ★

    食事で出される食品が発生の原因であるとの証明は出来なかった。
    レストランに入り、食事の有無に関わらず、食卓毎の発病率の分析では、吐いた人からの距離とは逆の関係を示した。

    レストランの別の部屋で同じ食事をした人は誰も病気を報告しなかった。
    このことは、ノロウイルス(NLV)に汚染された特定食物による直接感染や人から人への感染は起こりそうもないことを意味している。

    この調査結果では、ノロウイルスの空中での広がり態様とノロウイルス吸入感染(空気感染)とが一致していた

       ★

    INTRODUCTION
    ノロウイルス(NLV)は、1968年、オハイオ州ノーウォークの小学校で胃腸炎が集団発生した後の1972年に最初に報告された。それは高度に感染性のウイルスのグループに密接に関連したウイルスである。

    それらは32 nm(ナノメートル)のウイルスであり、表面はアモルファスで輪郭が不揃いで、浮遊密度は1±36-1±41 g} cm $。 

    NLVは、しばしば突発性であり発射性である嘔吐および下痢を特徴とする胃腸感染の発生を引き起こす能力を有する。ヒトNLVには最近報告されているが、ヒトNLVにはヒト以外のNLV感染は知られていない。

    1992年から1994年までの英国の流行のチェックでは25の発生の平均潜伏期間は35時間であった(中央値11-48時間の範囲)。

    病気の平均的な持続時間(23件)は42時間であり、中央発病率(35件)は48%(4-100%の範囲)であった。

    通信の著者。死亡が報告された。

    疑われた特定の食物品目は、報告された41件の疫病のうち24件で、内、牡蠣は8件のみであった。この食中毒事例のうち11件での疑わしい食品は、生の (塩・酢の))ピクルス(漬物)であった。

    明確な季節パターンはなかったが、11月と12月に年間の4分の1が発生した。
    糞便の経口伝染経路は、ノロウイルス(NLV)の二次的な広がりにおいて重要であるが、嘔吐も主要な感染源である。

    感染した食物に含む10〜100粒子と比較して、嘔吐中には3,000万個以上のウイルス粒子が遊離すると推定されている。

    嘔吐からの伝染は、ホテルの台所の助手が後にポテトサラダを調製するために使用するシンクに嘔吐した後に発生したと記述されている。

    ウイルスの浮遊感染もまた検討されたが、呼吸器による拡散は、呼吸器粘膜細胞におけるNLVの複製の証拠が見出されていないため、起こりそうもない。

    空気中の二次的広がりへの寄与は、エアロゾル化ウイルスの吸入とそれに続く嚥下(えんげ、「飲み込み」)を通して重要であり、閉じ込められた空間に発射性嘔吐がある場合にはより起こりやすい。

    空中浮遊液滴によるNLVの伝染は、巡航船内での胃腸炎の発生に関係していた。 彼らのキャビンで嘔吐した発端患者は、嘔吐していない発端患者よりも病気になったキャビン仲間を持つ可能性が高かった。

    NLVに関連したトロントの病院における急性胃腸炎の発生は、空中伝播の証拠とともに報告されている。しかし、これまでの研究では、手からの口伝染を環境汚染から排除していない。 

    この報告書では、食事中に吐き出された食堂(パーテー会場)から生じる空中伝染に関連するNLV感染の発生に関する最初の詳細な説明を記載する。

    INTRODUCTION
    Norwalk-like viruses (NLVs) are a group of closely related and highly infectious viruses which were first reported following an outbreak of gastroenteritis in Norwalk, Ohio in 1972 [1]. They are 32 nm viruses with an amorphous surface and ragged outline and a buoyant density of 1±36–1±41 g}cm$ [2]. NLVs have the ability to cause outbreaks of gastrointestinal infection characterized by vomiting which is often sudden and projectile [3], as well as diarrhoea. Human NLVs have no known reservoir outside of man [4] although animal NLVs have been reported recently

    序説
    ノロウイルス(NLV)は、オハイオ州ノーウォーク(小学校)で1968年胃腸炎が発生した後に1972年最初に報告された高度に感染性のウイルスのグループである。

    それらは32 nmのウイルスであり、表面は不定形で輪郭が不揃いで、浮遊密度は1±36-1±41 g} cm $だ。

    NLV(ノロウイルス)は、しばしば突発性であり発射性である嘔吐および下痢を特徴とする突発性胃腸感染症を引き起こす能力を有する。

    ヒトNLVは最近報告されているが、ヒト以外でのヒトNLVの貯蔵は知られていない。

    In a review of UK outbreaks from 1992 to 1994 the mean incubation period for 25 outbreaks was 35 h(range of medians 11–48 h). The mean duration of illness (23 outbreaks) was 42 h and the median attack rate (35 outbreaks) was 48% (range 4–100%). No* Author for correspondence. deaths were reported. Particular food items were suspected in only 24 of 41 outbreaks reported as foodborne with oysters accounting for 8 of the outbreaks. In 11 of the foodborne outbreaks the suspected food vehicle was served raw. There was no clear seasonal pattern but a quarter of the outbreaks occurred in November and December.

    1992年から1994年までの英国の流行を再検討すると、25の発生の平均潜伏期間は35時間であった(中央値11-48時間の範囲)。

    平均的な病気の持続時間(23件)は42時間であり、攻撃率の中央値(35件)は48%(4-100%の範囲)であった。

      いいえ*通信の著者。 死亡が報告された。

    特定の食品材料は、報告される41の発生のうち24(全体の80%)で疑われ、食物の性カキが発生の8つ(全体の20%)を占めていた。

    食中毒事例のうち11件では、疑わしい食品媒体物は未加工(生モノ)であった。
    明確な季節パターンはなかったが、11月と12月に年間の4分の1が発生した。

    The faecal}oral route of transmission of infection is important in secondary spread of NLVs but vomitus also represents a major source of infection. It has been estimated that over 30 million virus particles can be liberated during vomiting, compared to an infectious dose of 10–100 particles [8]. Transmission from vomitus has been described in an outbreak in a hotel after a kitchen assistant vomited into a sink which was later used to prepare potato salad [9].
    Airborne spread of the virus has also been proposed. 
    Respiratory spread is unlikely as no evidence has been found of replication of NLV in respiratory mucosal cells. The contribution to secondary spread by airborne trans-482 P. J. Marks and others mission may be important through the inhalation and subsequent swallowing of aerosolized virus and is more likely if there has been projectile vomiting in a confined space. 

    糞便} 経口伝染経路は、ノロウイルス(NLV)の二次的な広がりにおいて重要であるが、嘔吐はまた主要な感染源でもある。

    食品中の10〜100粒子で感染するノロウイルス(NLV)粒子と比較して、嘔吐中に3,000万個以上のノロウイルス粒子が遊離すると推定されている。

    嘔吐からの伝染は、厨房の助手がポテトサラダを調製するために使用されたシンクに嘔吐した後のホテル内で発生したと説明されている。

    ウイルスの浮遊感染もまた提案されている。

    呼吸器での広がりは、呼吸器粘膜細胞におけるノロウイルス(NLV)の複製の証拠が見出されていないため、起こりそうもない。

    嘔吐によりエアゾル化したウイルスは空気中に二次的に広がり、特に吐出性嘔吐が、閉鎖された空間の場合、より起こりやすい。

    Transmission of NLV by airborne droplets was implicated in a gastroenteritis outbreak on a cruise ship [10]. Index patients who had vomited in their cabins were more likely to have had cabin mates who subsequently became ill than were index patients who had not vomited. An outbreak of acute gastroenteritis in a hospital in Toronto associated with NLVs has been reported with evidence for airborne transmission [11]. However, studies so far have not excluded hand}mouth transmission from environmental contamination [12]. In this report we describe the first detailed account of an outbreak of NLV infection associated with airborne transmission arising from a diner who vomited during a meal.

    空中浮遊液滴によるNLVの伝播は、巡航船内での胃腸炎の発生に関係していた。 彼らのキャビンで嘔吐した発端患者は、嘔吐していない指標患者よりも、病気になった船内相棒を持つ可能性が高かった。

    カナダのトロントのNLVに関連する病院における急性胃腸炎の発生は、空中伝播の証拠とともに報告されている。しかし、これまでの研究では、手、口の伝染を環境汚染から排除していない。

    この報告書では、食事中に吐き出され、食堂から生じる空中伝染に関連するNLV感染の発生に関する最初の詳細な説明を記載する。

    THE OUTBREAK
    Six parties of diners, totaling 126 people, attended an evening dinner at a large hotel on Monday,7 December 1998. In addition a number of hotel residents and casual diners were using a restaurant in a separate room on that evening. At 8.30 p.m., during the meal, a lady in one party vomited onto the polished wooden floor. The vomiting was not projectile and none of it was thought to have made contact with the table. She had not been ill prior to the meal and had little warning that she was going to vomit. The vomitus was rapidly cleaned up by one of the waiters with a mop and disinfectant and the meal continued. 

    NLV(ノロウイルス)集団感染の発端
    1998年12月7日、大規模なホテルにて夕食会パーテーが6つのテーブルで開催され、合計126人が出席した。また、ホテルの多くの宿泊客と一見客が、その夜、レストランの別の部屋を使用していた。

    午後8時30分に、食事中、パーテーのある一人の女性が磨かれた木製の床に嘔吐した。 嘔吐は吐出されず、その嘔吐物はテーブルに付着していないと考えられた。

     彼女は食事の前に病気にかかっていなかったし、彼女が吐き出すことを警戒していなかった。嘔吐物は消毒剤を持ったウェイターの1人がすばやくきれいにし、食事は続けられた。

    On the morning of Thursday, 10 December 1998 the organizer of the largest party contacted the local Environmental Health Department and reported that she was aware of 9 members of her party of 45 who had become ill with vomiting, diarrhoea and abdominal pain, mostly with an onset approximately 36 h after the meal. That afternoon a further report was received from another party that a number of their members had become ill following the meal. The illness lasted approximately 24–48 h in most people. 

    三日後の1998年12月10日、木曜日の朝、最大のパーティの主催者は地元の環境保健局に連絡を取り、パーティ参加者45人の内9人が、食事の約36時間後に嘔吐、下痢、腹痛を発症し、病気になったと報告した。

    その午後、食事の後に多数のメンバーが病気になったとのさらなる報告が、別の当事者からあった。病気はほとんどの人で約24〜48時間続いた。

    Following a previous kitchen inspection the Environmental Health Department was already working closely with the hotel to improve standards of kitchen hygiene. Coincidentally a visit had been made on the afternoon of 7 December, when it was felt that good progress had been made by the hotel.  No staff in the kitchen or restaurant had reported any illness on or prior to 7 December, but one member of the Dining Room staff became ill on 8 December with an illness similar to that of the diners which lasted 24 h. No other members of staff became ill.

    環境衛生部は、以前の厨房検査の後、すでに厨房衛生の基準を改善するためにホテルと緊密に協力していた。偶然にも、12月7日の午後、ホテルの厨房が改善されたと感じられたときにそれは起きた。

    キッチンやレストランのスタッフは12月7日以前に病気を報告していなかったが、ダイニングルームのスタッフの1人は12月8日に病気になり、24時間続いた食事客と同様の症状だった。他のスタッフが病気になったことはない。

    METHODS
    Epidemiological investigation Environmental Health Officers started interviewing diners on 10 December using a structured questionnaire by telephone or personal interview. 

    A cohort study was conducted to describe the epidemiology of the outbreak and to determine its cause. The questionnaire requested details of food eaten and the time and symptoms of any subsequent illness. Data from the questionnaire were analysed using Epi-Info version 6.04b (Centres for Disease Control, Atlanta) to calculate relative risks for all the foods that were served and attack rates by table. Those with symptoms, including the lady who vomited during the meal, were asked to submit stool specimens, although most had recovered by the time they were contacted. The hotel was visited, the kitchens inspected and the management interviewed on Monday, 14 December. A plan of the dining areas was made and records examined to enable contact tracing and case finding interviews of the other parties at the function. 

    方法
    疫学調査環境保健担当者は、アンケートを使用し、12月10日に食事客に電話で、または個人インタビューを開始した。コホート(食事客群)研究は、発生の疫学を説明し、原因を特定するために実施された。質問票には、食べた食物の詳細、その後の病気の時間と症状だ。

    Epi-Infoバージョン6.04b(Atlas for Disease Control、Atlanta)を用いてアンケート調査のデータを分析して、提供されたすべての食品の相対リスクおよびテーブルによる発病率を算出した。食事中に嘔吐した女性を含む症状のある人には、便の検体の提出を依頼したが、連絡を取った時点でほとんどが回復していた。

    ホテルには訪問し、厨房をは点検し、管理人には12月14日月曜日にインタビューをした。(注)これに続く二行の英文を訳せない。

    Laboratory investigations
    検査室の調査
    (省略)

    RESULTS
    Epidemiological investigation
    Eighty-three of the 126 guests returned completed questionnaires (response rate 66%). Fifty-two of the 83 responders reported illness (attack rate of 63%), of whom 43 (83%) suffered from either diarrhoea or vomiting or both.

    結果
    疫学調査
    126人のうち83人がアンケートを回答した(回答率66%)。
     83人の応答者のうち52人が病気(発病率63%)、
    下痢または嘔吐またはその両方に苦しんでいたのは43人(83%)だった。

    The time of onset of symptoms was established for 49 of the diners. Eighty-four percent of those who became ill did so between 13 and 48 h after the meal and 59% between 25 and 48 h (see Fig. 1). Thirty-four of the 43 people (79%) reporting diarrhoea or vomiting or both had an onset of their diarrhoea or
    vomiting between 25 and 48 h (see Fig. 2). Of the 14 people who reported precise times for the onset of their illness the mean time from exposure to onset of symptoms was 33 h and the median 35 h. Details of the symptoms suffered were available for 50 diners and these are summarized in Table 1. From the questionnaires relative risks were calculated for the various foods consumed during the meal. None of the foods served was significantly associated with illness. 

    49人の夕食者の発症時期が明らかになった。病気になった人の84%が食事後13〜48時間、59%が25〜48時間だった。(図1、省略)。

    下痢や嘔吐を報告している43人中43人(79%)が、25〜48時間の間に下痢または嘔吐、またはその両方を発症していた(図2、省略)。

    彼らの病気の発症の正確な時期を報告した14人のうち、暴露(吐出)から症状発現までの平均時間は33時間で、中央値は35時間であった。

    アンケートから食事中に消費された様々な食品の相対リスクが計算された。
    提供された食品のどれもが病気と有意に関連していなかった。

    ダイニングルームのレイアウトとテーブルの配置は、下記の図3の通り。

    イメージ 1

    上記図では、天井に取り付けられた2台のファンの位置と、天井抽出ファン(扇風機)はテーブル2の嘔吐女性のほぼ真上の天井に配置されていた。

    各当事者が座っていた異なるテーブルについて発病率を計算した)。嘔吐した女性は、最も高い発病率を有するテーブル2に座り、発病率は彼女からの空間的距離に応じて減少した。

    (上記図の説明概略)
    パーテー会場のテーブル2で嘔吐した女性からの距離と発病率。

    同じテーブルの客の発病率は91%でほぼ全員が発病した。
    嘔吐した女性から8m離れていた同じフロアの6番テーブルの客の発病率は25%であった。他方、間仕切りされた他の部屋(レストラン部)での飲食客は誰も発病しなかった。

     There is a highly significant relationship between distance from the vomiter and the risk of becoming ill with no significant deviation from that trend.

     嘔吐物からの距離と病気になるリスクとの間には、その傾向から著しい逸脱がなく、非常に重要な関係がある。

    In addition to the party of 126 diners, the restaurant which is situated in a completely separate room was also occupied by hotel residents and casual diners. None of these subsequently became ill. One member of the waiting staff (not the one who cleaned up the vomit) developed a similar illness to the diners 24 h 

    126人のパーティーに加えて、全く別の部屋に位置するレストランも、ホテルの宿泊者やディナーの一見客で満席であった。

    その後、これらのどれもが病気になった。 ウエーターのスタッフ12人の内、一人(嘔吐を掃除した人ではない)は、24時間後、発病のレストラン客と同様に病気を発症した

    (中略)
    No members of the kitchen staff developed any symptoms. 
    キッチンスタッフのメンバーはどんな症状も発症しなかった。

    From univariate analysis no food served at the dinner could be implicated as the vehicle for transmission of the virus. A clear dose response pattern with distance from the vomiter and the fact that no one from the separate restaurant was subsequently ill suggest that an airborne route of transmission is the most plausible explanation for this outbreak. Only one member of staff out of the 12 who were serving at the tables became ill. 

    単変量解析(各食事解析)から、夕食に提供された食物は、ウイルスの伝達の媒介物として関与していなかった。

    嘔吐物からの距離が遠い明確な用量反応パターン(発病率は距離と比例)と、別部屋のレストランの誰もが病気にかかっていないという事実は、この大流行は空気伝染ルートであるということが最も妥当な説明であることを示唆している。部屋の出入りを繰り返すテーブルウエーター12人のうち、病気になったのはたった1人だけであった。

    This is a much lower attack rate than experienced by the diners. It is possible that airborne transmission to the waiting staff was reduced due to the intermittent nature of their occupation of the dining room. The diners however would be exposed continuously to the atmosphere in the dining room. However, it remains possible that aerosolization of virus particles led to contamination of food and/or hands and subsequent ingestion of the virus.

    これは、食事者が経験するよりもはるかに低い発病率だ。待機中のスタッフへの空中伝播が、ダイニングルームの職業としての出入りを繰り返す断続的な性質のために減少した可能性がある。

    食事者は、しかし、ダイニングルームの雰囲気(空気汚染)に連続的にさらされる。しかしながら、エアロゾル化したウイルス粒子が食品に舞い降り、或いは手の汚染につながり、その後のノロウイルスの摂取を招く可能性は残っている。

    Unfortunately, no sample was obtained from the index case in this outbreak to confirm the sequence of the strain. However, the fact that all diners were infected with the same virus type and the clear epidemiological and statistical data showing that the attack rate of infection was directly proportional to distance from the index case, strongly implicate the vomiting incident as the source of infection. In spite of the fact that the vomiting incident during the meal was not particularly explosive or projectile, this outbreak clearly illustrates the risk to other diners posed by a subject vomiting in the same room, even when they are seated some distance away. In this incident the presence of ceiling fans may have contributed to spread of the virus.

    残念なことに、この症例では、この株の配列を確認するために、この症例の指標症例からサンプルが得られなかった。

    しかし、すべての食事客が同じウイルスタイプに感染しており、感染の発病率が指標症例(嘔吐した女性)からの距離に正比例することを示す明確な疫学的および統計的データは、感染源としての嘔吐事象を強く示唆している。

    嘔吐女性の嘔吐の形態が、口からの周辺への爆発的や発射的でなかったという事実にも拘わらず、離れて座っているにも拘わらず、同じ部屋で食事をする者のリスクを明確に示している。

    イメージ 2

    この事件では、天井ファンの存在がウイルスの拡散に寄与した可能性がある。

    The outbreak described here is consistent with airborne transmission of NLV from a subject who vomited during the meal, leading to inhalation and subsequent ingestion of the virus by other persons in the same room. It suggests that any vomiting can potentially generate aerosols of virus and that these can pose a significant risk of transmission of the virus. Inadequate cleansing of surfaces, particularly food preparation surfaces following vomiting, could lead to further cases, a pattern often seen in nursing and residential homes.] 

    ここに記載されている食中毒の発生は、食事中に吐き出された被験者からのノロウイルス(NLV)の空中伝染と一致し、同じ部屋の他の人による吸入およびその後の摂取につながる。

    どのような嘔吐でも、ウイルスの噴霧を生成する可能性があり、これらがウイルスの伝染の重大なリスクを引き起こす可能性があることを示唆している。

    表面、特に嘔吐後の食べ物表面の清浄が不十分であれば、看護や住宅でよく見られるような更なる症例につながる可能性がある。

    Airborne transmission may represent a significant risk, not only in hotel and restaurant situations, but also in hospital wards and nursing homes. Appropriate infection control measures to deal with airborne transmission of virus particles [8] must be considered in these situations.

    空中伝播は、ホテルやレストランの状況だけでなく、病院の病棟や養護施設でも重大なリスクになる可能性がある。 これらの状況では、ウイルス粒子の空中伝播に対処するための適切な感染対策が考慮されなければならない。 (以下は省略)


    (最近の私のノロウイルス記事)

    依然と嘘八珀のノロウイルス対策 2016/12/28(水) 

    ノロウイルス:偽装対策 2017/1/4(水) 

    厚労省ノロウイルス対策インチキの実例 2017/1/6(金) 


    (参考)

    An Integrated Approach to Identifying International Foodborne Norovirus Outbreaks
    国際的な食品媒介性のノロウイルス流行を同定するための統合アプローチ
    Viruses remain infectious in frozen ready-to-eat products over prolonged periods
    ウイルスは長期にわたり凍結した即席食製品に感染したままである。
    注)欧州14ヶ国、5449件のノロウイルスの感染事例の研究。
    5つのノロウイルスの遺伝子群の中で40種類の遺伝子型がある。
    調査の定義や結果、結論などは本文参照のこと。

    Global prevalence of norovirus in cases of gastroenteritis: a systematic review and meta-analysis
    胃腸炎の場合のノロウイルスの世界的蔓延:系統的レビューとメタアナリシス
    Norovirus is a key gastroenteritis pathogen associated with almost a fifth of all cases of acute gastroenteritis.
    ノロウイルスは、急性胃腸炎のすべての症例のほぼ5分の1に関連する重要な胃腸炎病原体である。

    Natural History of Human Calicivirus Infection: A Prospective Cohort Study
    ヒト・カリシ・ウイルス感染の自然史:将来のコホート研究
    We investigated the natural history of human Calicivirus infection in the community. Clinical information was obtained from 99 subjects infected with Norwalk-like viruses (NLV) and 40 subjects infected with Sapporo-like viruses (SLV) in a prospective, community-based cohort study. NLV infection was common in all age groups, whereas SLV infection was mainly restricted to children aged <5 years.
    注)ノロウイルスもサポウイルスもカリシウィルス科に属する。

    我々は、コミュニティにおけるヒトカリシウイルス感染の自然史を調査した。 将来のコミュニティベースのコホート研究で、ノロウイルス(NLV)に感染した99人の被験者およびサポウイルス(SLV)に感染した40人の被験者から臨床情報を得た。 NLV感染はすべての年齢層で共通していたが、SLV感染は主に5歳未満の小児に限定されていた。

    Nosocomial Transmission of Norovirus Is Mainly Caused by Symptomatic Cases
    ノロウイルスの院内感染は主に症候性事例によって引き起こされる




    0 0


    国(厚労省)と医師を信じ、健康診断や肺がん・乳がん検査やインフルエンザワクチン接種に誇りを抱いているあなたへ。

    米国では、医師により毎年200万人の米国市民が殺され、米国での主要死因のひとつであるとの有力な説がある。
    Death by Medicine - Medical doctors murder 2-million US citizens every year and are the leading cause of death in USA

    日本でも医療による殺人を暗示したデータがある。、これも世界的に有名だが、破綻した夕張市の病院撤去以降、夕張市は健康と長寿社会と為ったことがあげられる。

    今回は、ご存知の方が多いと思いますが、世界の各地で医師がストライキをすると人は死なず、ストライキが無い方が人は多く死ぬという驚愕の実態の論文を紹介する。

    尚、以下の訳文中、(注)の箇所は、私が加筆説明したもの。

    Why Do Patients Stop Dying When Doctors Go on Strike?
    なぜ医師がストライキをしたら患者は死なないのか?

    Can psychology explain our surprise at mortality decreases when doctors' strike?
    Posted Oct 17, 2015
    医師のストライキが起こったときの死亡率の低下に対する驚きを心理学は説明できますか? 2015年10月17日投稿

    Doctors in the U.K. are considering whether to strike over proposed changes in their contracts, and they are marching in London as part of the protest. What's the likely impact of withdrawing medical care on the health of the nation? Physicians seem to be gambling that the government doesn't want to alarm the electorate.

    But when doctors strike, the scientific research shows that patients stop dying.

       ★   ★   ★

    Mail Onlin News 記事より一部抜粋
    英国ジェレミー・ハント保健長官は、2月に土曜日の交代料金の引き上げ率を引き続き上回っていると発表した。英国医師会は、今月末に緊急措置を打ち切らずに全面的なストライキを計画している。  ロンドンのセント・トーマスのジュニア・ドクターは、今日のピケ・ラインで新たな契約に対する最新のストライキ行動が進行中であると見られた
    イメージ 1
    Health Secretary Jeremy Hunt announced in February he would impose the deal amid a continuing row over rates of pay for Saturday shifts.The British Medical Association plans an all-out strike with no emergency cover later this month - despite warnings it will put patients lives at risk. Junior doctors from St Thomas' in London were seen on the picket line today as the latest strike action over a new contract got underway 
       ★   ★   ★

    英国の医師たちは、契約の変更への抗議の一環としてロンドンで行進している。
    ストライキによる医療放棄が国民の健康に与える影響は? 
    医師たちは、政府が選挙人(国民)を心配させたくなくない故、政府は折れてくることに賭けているようだ。

    しかし、医師がストライキをすると、科学的研究では患者が死なないことを示している。

    The most comprehensive review of the medical impact of doctors' strikes is published in the prestigious academic journal Social Science and Medicine. A team lead by Solveig Cunningham and Salim Yusuf at Emory and Georgetown Universities in the U.S. and McMaster University in Canada, analysed five physician strikes around the world, all between 1976 and 2003.

    Doctors withdrew their labour, in the different strikes analysed, from between nine days and 17 weeks. Yet all the different studies report population mortality either stays the same, or even decreases, during medical strikes. Not a single study found death rates increased during the weeks of the strikes, compared to other times.

    医師のストライキによる医療影響の最も包括的な評論は、権威ある学術誌「社会科学と医学」に掲載されている。米国のエモリー・アンド・ジョージタウン大学とカナダのマクマスター大学での二人(Solveig CunninghamとSalim Yusuf)のチームリーダーは1976年から2003年の間に世界中で5回の医師のストライキを分析した。

    医師は、分析された違ったストライキで、9日から17週間の間に診療を取りやめた。しかし、すべての異なる研究では、人口死亡率は医療行為中と同じであるか、または低下していると報告されている。 1件の研究では、他の時期と比較して、ストライキの数週間で死亡率が上昇することは判明していない。

    For example, in a strike in Los Angeles County, California in January 1976, doctors went on strike in protest over soaring medical malpractice insurance premiums. For five weeks, approximately 50% of doctors in the county reduced their practice and withheld care for anything but emergencies. One analysis, quoted by Cunningham and colleagues, found the strike may have actually prevented more deaths than it caused.

    The study entitled, "Doctors' strikes and mortality: A review," suggests that it's the fact that elective, or non-emergency surgery, tends to stop during a doctors' strike, which seems to be the key factor. It looks like a surprising amount of mortality occurs following this kind of procedure which disappears when elective surgery ceases due to doctors withdrawing their labour. Mortality declined steadily from week one (21 deaths/100,000 population) to weeks six (13) and seven (14), when mortality rates were lower than the averages of the previous five years.

    例えば、1976年1月にカリフォルニア州ロサンゼルス郡で、医師は医師の医療過誤保険料が急増したことに抗議してストライキに入った。 

    5週間、郡内の医師の約50%がストライキに参加し、緊急事態以外のケア(診療)を保留(停止)した。 Cunningham(人名)らが引用した1つの分析によれば、ストライキが実際に引き起こしたよりも多くの死亡を予防する可能性があることが分かった。

    「医師のストライキと死亡率:論文」と題された研究では、待機的または非緊急手術が医師のストライキ中では手術をしない傾向があり、それが重要な要因であると考えられる。

    医師がストライキ中、診療を撤回したために待機手術が中止されたが、ストライキが終わって以降のこの種の手術の後に、驚くべき量の死亡が見られるように見える。

    死亡率は、ストライキの第1週(21人/人口10万人)から死亡率が過去5年間の平均よりも低く、第6週(13)および第7週(14)まで順調に減少した。

    However, as soon as elective surgery resumed, there was a rise in deaths. There were 90 more deaths associated with surgery for the two weeks following the strike in 1976(ie when doctors went back to work) than there had been during the same period in 1975.

    しかし、ストライキが終わり待機手術が再開されるとすぐに死亡者数が増加した。1976年の医師がストライキをやめ、仕事に復帰して以降、前年の1975年の同時期に行われた2週間の手術による死亡者よりも、90人以上の死亡者があった。

    (注)このロスアンゼルスのストライキには、医師全体の半数しか参加していなかった。つまりそこそこの医療行為は為されていた。このことの意味は、医師は日ごろ、過剰診療やしなくてもいい手術や過剰投薬をし、患者を死に追い込んでいるということである。それは稼ぐためである。

    But, unlike Los Angeles, what about the impact of doctors' industrial action where the majority of doctors participate, and the strike lasts several months?

    Cunningham and colleagues report on a strike in Jerusalem from 2 March to 26 June 1983 due to a salary dispute between the government and the Israel Medical Association. 8000 of Jerusalem's 11,000 physicians refused to treat patients inside hospitals, though many of them set up separate aid stations where they treated emergency cases for a fee.

    One analysis examined death certificates from several months surrounding the strike period, 16 February-3 September 1983, and from a control period the previous year, 17 February-3 September 1982. Mortality did not increase during or after the strike, even when elective surgery resumed.

    (イスラエルの場合)
    しかし、ロサンゼルスと違って、大多数の医師が参加している医師の産業作用の影響は何ですか?ストライキは数ヶ月続きますか?

    カニンガム(Cunningham 人名)らは、1983年3月2日から6月26日にエルサレムで行なわれたストライキについて、政府とイスラエル医師会間の報酬争いであると報告している。

     エルサレムの11,000人の医師のうち8000人が病院内の患者の治療を拒否したが、彼らの多くは別の救急隊を設営し緊急手当を行った。

    ある分析では、1983年2月16日から9月3日までのストライキ期間、および1982年9月3日の前年の管理期間から、数カ月間の死亡診断書が検査された。再開された選択手術であってもストライキ中またはストライキ後の死亡率は増加しなかった。

    The pre-strike deaths for the control period and the strike period were identical at 89; there were six fewer deaths during the strike than during the control period, while in the ten weeks following the strike, there were seven more deaths than there had been in 1982.

    In an example of how a doctor's strike can backfire, the authors of this particular mortality analysis argued this apparent lack of impact of the strike on mortality suggests that there was an over-supply of doctors in Jerusalem at the time. The problem with drawing conclusions remains that the strike did not involve the whole scale deprivation of medical services.

    Cunningham and colleagues point out in their review paper that striking physicians opened aid stations, supplementing medical care and preventing people from mobbing the hospitals. While physicians were technically on strike during the four months of the dispute, most did not in fact adhere to the industrial action regulations. In truth, most doctors in Jerusalem provided care in a private or partially private context, so, while participating in spirit, they did not actually withdraw services.

    ストライキ期間中も、ストライキ以前の同一期間中も、死亡数89で同じだった。
    他方、ストライキ期間中は、前年の同月期間よりも、死亡数は6少なかったが、ストライキ終了後の10週間では、1982年よりも死亡数が7増加した。

    イスラエルでは医師が過剰で医師がストライキをしても医療現場に影響はなかった。それに、著名な医師が医療援助ステーションを開設したり、或いは。ストライキに参加した医師でも陰では治療行為をしていた。

    Another intriguing study analysed changes in mortality by studying the Jerusalem Post's newspaper reports of funerals during another Jerusalem doctors' strike, this time between March and June of 2000. This one arose from the Israel Medical Association's conflict with the government's proposed wages. The hospitals in the area cancelled all elective admissions and surgeries, but kept emergency rooms and other vital departments, such as dialysis units and oncology departments, open.

    The funeral study found a decline in the number of funerals during the three months of the strike, compared with the same months of the previous three years. One burial society reported 93 funerals during one month of the strike (May 2000) compared with 153 in May 1999, 133 in May of 1998, and 139 in May 1997.

    Cunningham and colleagues summarise their review of research assessing the effects of doctors' strikes on mortality, finding that four of the seven studies report mortality dropped as a result of medical industrial action, and three observed no significant change in mortality during the strike or in the period following.

    もう1つの興味深い調査では、2000年3月から6月にかけて、エルサレム・ポスト紙の新聞報道でのエルサレム・ドクターストライキの期間中の葬儀の報告書を調べることで、死亡率の変化を分析した。

    この地域の病院はすべての待機入院と手術を中止したが、透析ユニットや腫瘍学部門などの緊急治療室やその他の重要な部門は開いていた。

    葬儀調査では、ストライキの3カ月間の葬儀数が、過去3年間の同月と比較して減少していることが分かった。 (注)30%~40%減。

    ストライキ(2000年5月)の1ヶ月間に93の葬儀が報告されたが、それ以前の3年間の同月の葬儀数は、1999年5月に153件、1998年5月に133件、1997年5月に139件だった。

    Cunninghamら(人名)は、医師のストライキが死亡率に及ぼす影響を評価する研究の概要をまとめ報告した。それは、7つの医療行為(医療産業活動)のうち4つで死亡率が低下し、残る3つはストライキ中またはその後の期間の死亡率に有意な変化は認められなかった。

    (注)換言すれば、医師の行う7つの医療行為中、4つが患者を殺し、その医療行為をしなかったら生存し続けていた。他方、残る3つの医療行為は、してもしなくても変わらない無意味なものだった。

    There are several possible interpretations for this surprising finding. One is that as its elective or non-emergency surgery which is usually most effected in a doctor's strike, it could be the mortality findings reflect an impact of elective surgery. The findings might be important because they perhaps illuminate the relatively high risks of elective surgeries, which may actually increase mortality. If it wasn't for doctor's strikes, this might be a finding, ironically never otherwise properly highlighted.

    この驚くべき発見には、いくつかの解釈が考えられます。

     1つは、通常は医師のストライキで最も影響を受ける選択肢または非緊急手術の場合、死亡所見では選択的手術の影響を反映している可能性があります。

    (注)緊急性のない手術が死亡者数を増やしているということ。

     この発見は、おそらく死亡率を増加させる可能性のある選択的外科手術の比較的高いリスクを明らかにする可能性があるため、重要である可能性がある。

    (注)緊急性のない外科手術は危険度が高く、死亡する率が高い。

     医師のストライキではない場合、これは皮肉なことに適切に強調表示されることはない、という発見である可能性があります。

    (注)通常の医療行為での緊急性の無い手術が、どんなに危険であるかを、医師は強く表明することはない。

    Another sobering possible conclusion is that the public, and perhaps doctors themselves, overestimate the ability of medicine to stave off or have an impact on mortality.

    However, Jonathan Gruber and Samuel Kleiner analysed the effects of nurses' strikes in hospitals on patient outcomes using nurses' strikes over the 1984 to 2004 period in New York State. The paper entitled, "Do Strikes Kill? Evidence from New York State," found nurses' strikes increase in-hospital mortality by 19.4% and 30-day readmission by 6.5% for patients admitted during a strike. The authors, from MIT and Carnegie Mellon University, conclude, in their paper published as National Bureau of Economic Research Working Paper No. 15855, that hospitals during nurses' strikes are providing a lower quality of patient care.

    It would seem the public should worry much more about nurses going on strike compared to doctors, yet the irony is, nurses seem to earn a lot less than doctors.

    考えられる可能性のある別の結論は、公衆、おそらく医師自身が、死亡率に影響を与えたり、死亡率に影響を及ぼす薬の能力を過大評価しているということだ。

    しかし、Jonathan Gruber(人名)とSamuel Kleiner(人名)は、1984年から2004年のニューヨーク州で病院の看護師のストライキによる患者の結果に関し、看護師のストライキの影響を分析した。

    「ニューヨーク州からの証拠を殺す」と題する論文では、ストライキ中に入院した患者の院内死亡率を19.4%、30日再入院率を6.5%増加させた。

    MITとCarnegie Mellon Universityの著者は、国家経済調査ワーキングペーパーNo.15855として公表された論文で、看護師のストライキ中の病院は患者ケアの質を低下させていると結論づけている。

    一般市民は、医師に比べ、ストライキを行っている看護師についてもっと心配する必要があるようだが、皮肉なことに、看護師の収入は医師よりもはるかに少ないようだ。

    (注)医師のストライキによる医療行為の中断は、人を長生きさせるが、看護師のストライキによる看護の中断は、人を早く死なせる結果となる。

    (中略)
    The Minister of Health in the U.K., Jeremy Hunt, is opposing the doctors and their threats of industrial action; in a recent comment widely reported, he explains why the state wants to change doctors’ contracts, apparently to provide more medical cover of hospitals at week-ends. He said: ‘…three times less medical cover at weekends as they (doctors) do in weeks and that means that there's a 15% greater chance of you dying if you are admitted on a Sunday, compared to being admitted on a Wednesday.’

    There is indeed something paradoxical about the data showing that being admitted to hospital when there are fewer doctors at week-ends leads to greater mortality, compared to the research on doctors’ strikes.

    英国保健大臣ジェレミー・ハント(Jeremy Hunt)は、医師と産業行動の脅威に反対している。 最近になって広く報道されたコメントで、国がなぜ医者契約を変更したいのかを説明し、明らかに週末に病院でより多くの医療を提供すると説明している。 

    「週末には診療が3時間も少なくなるため、日曜日に入院すれば死に至る可能性は15%高くなる」と述べた。

    医者のストライキに関する研究と比較して、週末に医師の数が少ないときに病院に入院すると死亡率が高くなることを示すデータには逆説的なものがある。

    Could it be that the way medicine and health care are organised, rather than simply having lots of doctors around, is the fundamental issue? The UK Government may have cleverly distracted attention away from the deep problems over how healthcare is managed in the UK, by highlighting instead the issue of forcing doctors to be present at week-ends.

    Yet another irony is that the data from doctors strikes themselves indicate the issue isn’t as simple as just deploying more doctors means lives get saved.

    単に医者や医療従事者を組織するのではなく、医学と医療が組織される方法が根本的な問題であるかどうか。英国政府は、週末に医師を強制する問題を強調して、英国での医療管理の深い問題から慎重に注意をそらした可能性がある。

    さらに別の風刺では、医師のストライキ自体のデータが、より多くの医師を配置するだけで命が救われるという単純な問題ではないことを示しているということだ。(以下省略)

    (著者)
    Follow Dr Raj Persaud on Twitterwww.twitter.com/@DrRajPersaudRaj Persaud and Peter Bruggen are joint podcast editors for the Royal College of Psychiatrists and also now have a free app on iTunes and Google Play store entitled ‘Raj Persaud in conversation’, which includes a lot of free information on the latest research findings in mental health, plus interviews with top experts from around the world.


    ≪医師のストライキによる死亡率の減少はコロンビアでも起きた≫
    The same thing happened again in 1976 in Bogota, the capital city of Colombia.
    There, the doctors went on strike for 52 days
    The death rate fell by 35% (National Catholic Reporter and confirmed by the National Morticians Association of Colombia).

    1976年、コロンビアの首都ボゴタでも同じことが起こりました。
    そこでは、医師は52日間ストライキを続けた
    死亡率は35%低下した
    (National Catholic Reporter、National Morticians Association of Colombia)。



    (私のブログ記事の一部を紹介)

    ● 北海道夕張市 病院がない方が健康で長生きしている実例
    《市民病院がない方が市民は健康で長生きする》 2016/2/10(水) 

    死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がったマジックの背景を、夕張市立診療所で院長を勤めた森田洋之氏が明かしました。
    尚、海外でもこの実例はある。時間があればその実例を記事にします。

    ● 実は有害な健康診断と検診の罠 2015/12/15(火) 

    世界の医療機関や医師や患者が共同研究するコクランでは、健康診断や検診は無意味であり、寧ろ、病気や死を招くと結論づけている。

    What Do Doctors' Strikes Reveal About Our Need For Medics?
    Research finds it safer to have a heart attack when cardiologists leave town.
    Posted Sep 05, 2016



    0 0


    TVで騒いでいますね。下らんことで。
    免許証に次期切り替えは平成32年と書かれてあるがどうしようとか。

    『新元号は平成31年元日から 皇室会議を経て閣議決定へ 法案提出は今年5月連休明け』 産経ニュース 2017.1.10 

    天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。(以下省略)

    問題は、このままでは、かって創価を信じ、神道の祭儀の皇室を離れようとした者が、次期天皇と皇后に即位してしまうことである。

    下記の画像は、ブラジル・サンパウロの日本人街の入り口に建つ鳥居である。

    徳仁(なるひと)皇太子は、鳥居は神道であり、創価の教えに反するからとして、この鳥居を直接くぐることを拒否。鳥居に覆いをして、然も、その下を車で通ったのである。

    この鳥居は、横浜中華街善隣門と同様、宗教的な意味は全くなく、富士山の絵と同様、日本の象徴のようなものだ。

    これが徳仁(なるひと)皇太子の実態だ。
    雅子妃は体調不良を装い、古式の神道に基づく祭儀を拒否し続けている。

    イメージ 1
    サンパウロの東洋人街と赤い大鳥居

    (参考)
    宮内庁 天皇
    宮内庁 主要祭儀一覧


    皇室 目次

    8月6日は広島原爆の日 2012/8/3(金) 午
    大東亜戦争(太平洋戦争)が始まる前に、昭和天皇の側近である木戸幸一内大臣が日記に書いてあること。

     「日米は開戦し、それにソ連が参戦し、日本は負けて、米国とソ連が勝利する。日本は敗戦から10年後に復活する」

    日本の天皇と中国共産党政府との関係 2015/5/25(月) 
    終戦から今日までの70年、日本共産党は『天皇制廃止』を唱えるも、中国共産党政府は日本の天皇を批判・糾弾せず、寧ろ、賞賛してきたのは何故か?
    もしも昭和天皇が戦勝国(米国や中国)側の存在であったとしたら納得できるのではないのか?

    1945年8月、米国が広島・長崎に二つの原爆を落とすまで、昭和天皇は無条件降伏の玉音放送を8月15日まで待った。

    ブラジルへは秋篠宮御夫妻派遣で大正解 2015/10/28(水) 
    徳仁(なるひと)皇太子をブラジルに派遣すると、皇太子の非礼や暴挙で日本の評価が下落するリスクがあり、或は、ブラジルの創価学会の行事に、公務ではなく、個人的に参加し(下記の聖教記事)、本来の目的からそれる可能性があるから、秋篠宮の方が断然良い。

    聖教新聞2008年7月1日号一面(ブラジル・サンパウロの創価式典)

    イメージ 2

    徳仁(なるひと)皇太子と雅子妃は、創価の宗教上、神社は参拝出来ない。

    他方、韓国では、雅子妃の愛子出産を祝し、韓国のハワイにある「National Korean War Museum」(国立朝鮮戦争博物館)に母子像を建てている(下記画像)。これは雅子妃の出自が韓国であることを表す。


    (韓国が建てた雅子母子像)
    イメージ 3


    毛沢東と日本軍との関係 2016/2/24(水) 

    今上天皇のお言葉の前に一言 2016/8/8(月) 
    ここ何年間も、徳仁皇太子の公務は少なすぎ、高齢の天皇に負荷をかけていると指摘されてきたが、徳仁皇太子にとっては馬耳東風であった

    「美智子皇后」が嘆いた 「雅子妃」の「紀子妃」妨害
    雅子妃、今上天皇の入院見舞いはキャンセル





    0 0


    しまりのない警察は、何れ、大事故や大事件を起こす。


    防犯メールに誤って被害者氏名を掲載 警視庁が謝罪

    NHK 1月12日 6時35分

    警視庁が11日に配信した防犯メールに事件で被害に遭った17歳の女子高校生の氏名を誤って掲載してしまい、警視庁は高校生の家族に謝罪しました。

    警視庁によりますと、誤った掲載があったのは、「メールけいしちょう」という事件の発生などを知らせる防犯メールです。

    イメージ 1


    イメージ 2


    イメージ 3

    「メールけいしちょう」は事前に登録している住民などに配信され、誤って氏名が掲載されたこの情報は6545件のアドレスに送られました。

    イメージ 4



    (私見)

    今回の件では、ローカル県警ではなく、警視庁がこんな単純なミスを犯すレベルであることを証明しましたね。然し、この意味は、あ~、そうかで済む話ではないということです。

    と申しますのは、昨年成立した日本版FEMA『改正通信傍受法』(盗聴法)では、警察は我々個人のIDとPW(パスワード)を自由に使うことが出来、自由に我々の個人通信や情報を盗聴できましたね。

    つまり、警察は我らのIDとPWを把握しているのですから、こんな単純ミスを犯すということは、我々のIDとPWが外部に漏れるリスクがあるということなのです。

    ですから、例えば、警察が誰かに私のIDとPWを漏らし、その誰かが、私の知らない間に高額な買い物をするということなんです。無論、犯人不明で。これは実際、米国で既に起きているんです。

    或いは、今回は被害者の女子高校生の実名を、6545件のアドレス先に送信したのですが、次回は、犯人として全く無関係の私やあなたの実名が送信されるリスクがあるのです。イージーミスと称して。

    極論とお思いでしょうが、人間、持ちつけない何らかの力を持つと、使いたくなるのが性(さが)。例へば、空手やボクシングを覚えたての者が、誰彼となく、むやみに他人を殴りたくなる心境と同じく。

    思うに、ここ2~3年の内に、47都道府県の中のどこかの警察では、数万から数十万人の個人IDとPWを流出させるでしょう。ひょっとしてそれは大阪府警かも。



    安倍:日本版FEMA目次と要点


    0 0


    福沢諭吉は、明治18年、『脱亜論』で中国・朝鮮とは断絶せよと言っている。
    亜細亜の日本にとって、不幸なのは、中国と朝鮮の存在である。
    同じ亜細亜の政教風俗を元とするも日本とは全く異なる。
     
    この二国は似ていて、根は儒教主義・仁義礼智と称するも全て外見のみ。
    事実は、真理原則の知見が無いのみか、道徳さえも無く、思いやりなく潔く恥を知ることもない。これは全く反省の無い者と同じである。

       ★   ★   ★

    南北朝鮮人の取り扱いマニュアル
       ★   ★   ★

    イメージ 1

    明治以前から朝鮮人の困ったような言動や素振りの奥には、狡猾と噓八珀が潜んでいることは歴史が証明している。

    百年以上経った今回も同様に、在日は表面的には日本では憐れみを乞い、非難の矛先をかわし、他方、本国の韓国では更なる慰安婦像(朝鮮人売春婦像)を建て増す。


    『哀乞  勢窮情迫望人見憐』


    韓国民団団長「釜山少女像、最大の被害者は在日同胞…撤去すべき」
    2017年01月13日11時21分 [ⓒ 中央日報日本語版]

    在日本大韓民国民団の呉公太(オ・ゴンテ)団長が12日、「釜山(プサン)少女像を撤去すべき」と主張した。日本メディアが報じた。

    時事通信などによると、呉氏はこの日午後、東京新宿で開かれた新年会で釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦問題を象徴する平和の少女像について言及し、「この問題で一番の被害者は在日同胞だ」とし「慰安婦少女像はなくさなければならないというのが在日同胞の共通の考えだ」と明らかにした。

    続いて慰安婦韓日合意について「苦渋の末に選択した結果で、両国の関係発展のための英断だ」とし「合意が誠実な態度で履行されなければ、この問題は永遠に解決されない」と伝えた。

    呉氏は韓国政府側にこのような内容を伝える計画だという。

    (詳細は)

    在日は日本では憐れみを乞い、本国韓国では次から次へと売春婦像を建てていく。これが韓国人の実態だ。


    日本から抗議も…ソウル近郊に次々と少女像設置
    2017年01月13日14時12分 [ⓒ 中央日報日本語版]

    釜山(プサン)の日本領事館前の少女像設置に対して日本政府が強硬な立場を明らかにしている中、ソウル近郊に慰安婦「平和の少女像」設置が推進される。 

      京畿道安養市(アンヤンシ)の平和の少女像建立推進委員会は三一節(独立運動記念日)を迎えて安養市庁前の中央公園に少女像を設置することを推進することにしたと13日、明らかにした。(中略)
      京畿道平沢市(ピョンテクシ)にも3月1日に平和の少女像が設置される予定だ。さらにソウル近郊だけでなく全羅南道麗水市(ヨスシ)も3月1日の少女像設置の場所をめぐり最終協議をしている。

    韓国、慰安婦像60体に増殖へ 専門家「被害者自慢して『被害者モンスター』になっている 2017年1月13日 17時12分 ZAKZAK(夕刊フジ)

    聯合ニュースによると、ソウル郊外の京畿道(キョンギド)では議員30人からなる団体が中心となって、今月5日に建立計画を発表した。16日から募金活動を行い、道議会のほか、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)にも設置する計画とされている。

     ほかにも麗水(ヨス)市の団体は3月1日に慰安婦像の除幕式を行う予定で、光州(クアンジュ)市では、像建立に向けた募金が本格化するという。

     記事では、元慰安婦支援団体の「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」の「戦争と女性人権博物館」が確認した韓国内の慰安婦像の数は37体と紹介。そこから、設置予定のものまで合わせると、慰安婦像は約60体に増える見通しだとしている。


    『朝鮮人が日本人をあつかうの6ヶ条の秘訣』


    明治7年4月、日朝交渉をしていた日本側代表は、『朝鮮人が日本人をあつかうの6ヶ条の秘訣』なるものを入手している。(アジ歴資料「公文別録」の「朝鮮始末(三)」p91)

    年代が日本の江戸時代中期(元禄時代)頃に当たる作とされ、作者は不明であるが、この頃から、朝鮮人は日本人に対する交渉術なるものを編み出していた。
     
       ★   ★   ★

    曾テ韓人 我ヲ待ニ 六條ノ秘訣アリト聞ケリ 偶 住永友輔 左ノ文ヲ得テ出セリ 果シテ 其 聞所ノモノナラン

    朝鮮人待日本人六條
    一 遜辭  屈己接人辞氣温恭
    一 哀乞  勢窮情迫望人見憐
    一 怨言  失志慷慨激出怒膓
    一 恐喝  将加威脅先試嚇動
    一 閃弄  乗時幸會翻用機関
    一 変幻  情態無常眩惑難測

    右元禄年

                            ☆
    上記の訳文

    朝鮮人の対日本人交渉術秘訣6ヶ条

    一 謙遜する  自分を低くして接し言葉遣いも雰囲気もうやうや
              しくおだやかにする。

    一 哀れみを乞う  困りきったような情をあらわし憐憫で見られ
              るようにする。

    一 怨みを言う  精神を失ったかのように憤ってはらわたから
               激しい怒りを出す。
    一 恐喝  まさに威圧し脅しをかけておそれさせる。
    一 閃くように弄する  あらゆる機会を用い時に乗じて翻弄する
    一 変幻  同じ態度をせず眩惑し推し量ることを難しくする。

    故に朝鮮の外交官僚の態度は日本人から見るとたいへん不誠実に見える。まるで、嘘・ごまかし・公私混同の弁明・仮病・突然の前言翻し、など虚々実々の駆け引きのオンパレードである。

    それに対して、日本側はというと、ただひたすら辛抱強く粘り強く正論をもって交渉している。その姿はまあ馬鹿正直なほどである。そこには日朝の文化の違いが感じらる。

       ★   ★   ★
                            

    0 0


    毎年のようにセンター試験の日は何故か大雪となる。
    何故に12月下旬にしないのだろうか。
    文科省は、受験生が雪で難儀しているのを見て喜ぶ三流省だ。

    それに、リスニングの機器の不良がどこかで発生する。
    三流文科省が三流工場製に依頼し、雑な組み立てと安物のチップを使わせているからであり、更に試験会場での事前点検をしないという、まともな世界ではありえない三流さだ。

       ★   ★   ★

    それはさておき、今冬の日本の雪はどうなる?
    欧州では、雪と氷だ。
    イタリアが雪国だとは知らなんだ。


    ドナウ川に落ちて凍ったキツネ、氷の塊ごと切り出される ドイツ
    2017年01月14日 12:23 発信地:フリディンゲン/ドイツ

    【1月14日 AFP】寒波に見舞われてるドイツ南部フリディンゲン(Fridingen)でキツネが薄い氷が張っていたドナウ(Danube)川に落ちて溺れた。キツネは氷漬けになった状態で見つかり、氷の塊ごと切り出された。(c)AFP


    【写真特集】欧州に大雪、厳しい寒波襲来
    2017年01月10日 

    【1月10日 AFP】(写真追加)欧州各地は7~9日、厳しい寒波に襲われ、各地で大雪に見舞われた。ポーランドでは一部の地域で氷点下20度を下回り、8日だけで10人が死亡。その他イタリア、ブルガリア、ロシアなども合わせ、この数日で移民や路上生活者を含む少なくとも30人が死亡した。(c)AFP

    イタリアの首都ローマ中心部にある共和国広場で、氷に覆われた「ナイアディの泉」の像(2017年1月9日撮影)。(c)AFP/Tiziana FABI

    ギリシャ・テッサロニキで、壁を覆った氷を触る女性(2017年1月9日撮影)。(c)AFP/SAKIS MITROLIDIS

    ハンガリーの首都ブダペストで、ドナウ川の表面に浮いた氷(2017年1月9日撮影)。(c)AFP/ ATTILA KISBENEDEK

    イタリアの首都ローマ中心部にある共和国広場で、氷に覆われた「ナイアディの泉」(2017年1月9日撮影)。(c)AFP/Tiziana FABI

    コソボ中心部で、凍った滝のそばを歩く親子(2017年1月9日撮影)。(c)AFP/Armend NIMANI

    イタリア南部プーリア州の州都バーリ近郊の町サンテラモ・イン・コッレで、大雪が積もった道(2017年1月8日撮影)。(c)AFP/Raffaele Pontrandolfo

    イタリア南部プーリア州の州都バーリ近郊の町サンテラモ・イン・コッレで、大雪が積もった道を歩く人(2017年1月7日撮影)。(c)AFP/Raffaele Pontrandolfo

    イタリア南部プーリア州の州都バーリ近郊の町サンテラモ・イン・コッレで、大雪が積もった道を歩く人(2017年1月7日撮影)。(c)AFP/Raffaele Pontrandolfo

    ギリシャの古代コリントス遺跡にあるアポロ神殿に積もった雪(2017年1月8日撮影)。(c)AFP/VALERIE GACHE

    イタリア南部プーリア州の州都バーリ近郊のサンテラモで、大雪が積もった町並み(2017年1月8日撮影)。(c)AFP/Nico Furio

    ハンガリーのブダペストで、氷が浮かんだドナウ川(2017年1月8日撮影)。(c)AFP/ATTILA KISBENEDEK



    0 0


    阪神淡路大地震は1995年(平成7年)1月17日(火曜日)の午前5時46分に発生しました。それは、私が部長になってから三年目に入る直前の時です。

    この震災で、神戸営業所の一年生社員が寝泊りしていた神戸市内の木造家屋1階がペチャンコになりました。処が彼が寝ていたのはこの1階でした。
     
    駆けつけた神戸営業所の社員達が、崩れた柱などをどかすには無理でした。
    何しろ、2階がそのままの形で1階を押しつぶしていたのですから。
     
    その若い社員は恐らく即死だったでしょう。電話がまともに通じない中、その両親にようやく連絡が付いたものの、交通がまゝならず、両親の現場到着は夕方の見込みでした。
     
    処が、神戸営業所の亀戸所長(仮称)は、そこにいた数人の部下全員を所長のマンションの部屋片付けに連れて行ったのです。

    マンションには奥さんがいるのですが、どうやら奥さんは片付けが出来ない程、混乱していたようです。そうであるとしても、せめて、両親が来るまで誰かがここに居てあげたい!との要望を一蹴して。
     
    翌日、亡き社員の通夜が、大阪府高槻市で行われました。
    所長は、部下全員に対して、通夜や葬儀に行く事を禁じました。
    出席した部下社員達全員は、首を覚悟で参列したとの事です。

       ☆   ☆   ☆
     
    それから一か月半後、この亀戸所長は、大阪支店の支店長に昇進したと言うのですから、驚きでした。

    彼が支店長になってから数ヶ月後、彼は本部の私の席に来て言いました。
    「大阪支店の川中主任(仮称)の病院営業顛末(てんまつ)を聞いているが、今のままでは売れるように思えない。」

    当時、私の管轄である病院業界へは、業者卸や病院出入り業者の紹介販売で、自社での病院への直接アプローチ営業は未だ模索の状態でした。

    亀戸支店長は会議で、あるいは用事で本社に来たとき、必ずと言っていい程私の席にやってきて繰り返しました。「このままでは支店の経営に支障をきたす。」

    ㈱ウズマサは関西の企業と同様、松下幸之助の事業部制で、我が事業部も、大阪支店も、各々独立採算制度を採っていました。

    彼が私の席にくるようになってから何度目かの時、彼は囁(ささや)きました。
    「病院業界に強い人を見つけたが、病院相手では接待交際費が半端じゃないらしんだ。」
    私 「半端じゃないって、幾らかかるんですか?」
    彼 「一回の接待で30万円と言っています。」
    私 「2~3年前なら接待交際費は使い放題もどきだったけど、今は引き締めに入っているから無理だな。大阪支店長のあなたなら出せるのじゃない?」
    彼 「ただでさえ、支店病院課の社員の人件費で支店は赤字。他の課は収支が採れているのに。だからこれ以上、赤字を増やせない。」
    私 「それは私の部でも同じ。BB営業部と違って、何しろ営業基盤が無いから接待交際の口実がない。」
    彼 「病院課の赤字で支店全体の社員のボーナス査定に響く。」

    このようなやりとにがあってから間もなく、
    彼 「どうだろう、水無瀬部長が個人的に接待交際費を一時立替えしてくれないか。実績があがったら接待交際費から捻出して返すから。」 と。

    彼、亀戸支店長は何しろ毎週の如く何らかの用件で本社に来て、私が在社の時は、都度、私の席にも寄りました。

    大阪支店の川中主任というと、川中君が新卒の時、私の部下であったことも鑑み、川中君が大阪支店で肩身の狭い思いでいる状況を何とかしたいという気持ちも重なり、個人的に30万円を亀戸支店長に託すことにしました。

    かといって、子育ても真っ最中ですから我が家の家計に余裕があるはずはありません。そこで妻に内緒で生命保険の一部解約で捻出し、亀戸支店長に渡しました。

    間もなく亀戸支店長から連絡があり、病院業界に顔が効くという吾人と午後の陽が差す喫茶店で顔合わせしました。

    ある日のこと、亀戸支店長から連絡があり、今日の夜、ある病院の院長を吾人が北新地のクラブに連れてくるから同席して欲しいとのこと。


    そこで院長との接待を体験するのも役に立つと思い、出かけました。
    北新地のクラブは、ボックスが10個弱で、装飾はシンプル、ホステルのレベルは結構高いように見受けられました。

    処が、ボックスにいるのは亀戸支店長のみで、暫く経ってから今日の接待は中止になったと聞かされました。

    ここで暫く歓談して帰宅するべしでしたが、亀戸支店長は神戸で飲み直そうというので已む無く亀戸支店長の車で神戸に行き、三宮のビルのクラブに行きました。

    無論、シンデレラの時間は過ぎていますから自宅には帰れず、神戸市内のカプセルに泊まり、翌朝、神戸から京都の本社に出社しました。

    その後、この亀戸支店長に呼び出され、何故か二人だけの北新地⇒三宮⇒カプセル宿泊コースは二度ありました。

    部下の小倉課長が私にひそひそと話しかけてきました。
    「部長、亀戸支店長に30万円渡したって本当ですか?」
    私 「内緒の話なのに君がどうして知っているの?」
    課長 「大阪支店からです。部長、亀戸支店長に騙されましたね。」
    私 「そうかもしれない。でもこの件は口外しないで欲しい。」
    課長 「どうしてですか?」
    私 「君も気づいているだろう。亀戸支店長の我が営業部に対する姿勢が変化してきたことを。」

    この私の言葉は、恐らく、負け惜しみに聞こえたでしょう。



    (私の阪神淡路大震災に関しての履歴書記事)

    私の履歴書・阪神淡路大震災での対応 2013/1/16(水) 
     
    私の履歴書・阪神淡路大震災でのIM教室 2013/1/17(木) 

    私の履歴書・阪神淡路大震災での隠蔽された犯罪 2014/10/29(水) 


    0 0


    正月早々、韓国軍はまさにお笑いを演じている。

    1億3千万円ミサイル2発を海中のお魚さんの岩礁用に提供したのだ。
    韓国軍のパイロット能力は低劣であることを韓国の新聞は何度も嘆いている。

    処が、韓国海軍の「P-3CK」機が親善訪問と親善訓練を目的に、海上自衛隊厚木航空基地(神奈川県)に飛来していたのだ。

    沖縄のオスプレィどころではない。
    本土では韓国機がいつか突然墜落するのを恐れるべしである。

    その記事の前に、

    韓国の兵器も使い物にならないにも拘わらず実戦用に配備されている。
    このことは、3年弱前の私の記事で述べていますね。

    韓国に学習効果はあるのか? 2014/4/30(水) 

    이 사건에의 한국 정부 및 한국의 관계자·매스컴(mass communication) 등의 대응을 보면, 만약 북한이 한국에 공격해 오면, 서울은 30분으로 함락하는 것이 아닙니까? 

    この事件への韓国政府並びに韓国軍などの関係者・マスコミなどの対応をみると、もしも北朝鮮が韓国に攻めてきたら、ソウルは30分で陥落するのではないでしょうか。

    韓国崩壊 最新!よーく見て下さい!韓国軍の実力は弱いと一瞬で分かります! 段差は登れないニダー


    ●韓国独自開発の複合型小銃「K11」が3カ月で爆発
    2014/03/13 09:56 朝鮮日報
    ●韓国空軍がミサイル発射するも直後に落下、戦力に「問題あり」の声  2011/12/19(月) 15:48 
    ●韓国の軍艦「独島艦」に設計ミス、敵軍でなく自軍ヘリを迎撃=韓国  2011/09/13(火) 19:22
    ●自走砲の半数が故障…砲撃戦、韓国で高まる自国軍への批判  2010/11/25(木) 18:54
    ●韓国軍:主力戦車K1A1ピンチ、全てリコールも 
    機械研「変速機に重大欠陥」、防衛事業庁・監査院に既に通報  2011/06/09(木)
    ●1000億ウォン投じ開発した「紅鮫」、目標に当たらず流失   2012/08/24 09:53 
    ●沈没「セウォル号」に通じる韓国海軍の「無法改造癖」と「欠陥無視癖」…何度事故が起きても繰り返す〝悪しき伝統〟 2014.4.28 07:00 (1/6ページ)
    〇目標の反対へ飛ぶミサイル
    〇まっすぐ走らない高速艇
    〇係留中に沈没


    ■ さて今回の韓国軍の低劣幼稚さ

    韓国軍、1億3千万円ミサイル2発を「間違って海に落とした」…末期的ミスに国民ため息 産経新聞 2017.1.17 05:30


    韓国海軍の対潜哨戒機「P-3CK」が対艦ミサイル「ハープーン」など計6発の武装を海に落としていたことが明らかになった。総額約4~5億円の武装を落とした理由について、軍は「乗務員の操作ミス」と発表。韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で政情が不安定化しているが、軍のお粗末なミスで政権への批判は強まるばかり。さらに“悪影響”は日本にも…。(岡田敏彦)(中略)

    韓国空軍は2011年6月、ハープーン対艦ミサイル同様に物騒な空対地ミサイルAGM-142「ポップアイ」を2発、海に落としている。(中略)

    14年4月にはファントム戦闘機が滑走中に赤外線追尾ミサイル「サイドワインダー」1発が滑走路に落下。(中略)
     
     韓国空軍が保有するなかで最強の戦闘機は米マクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)のF-15Kスラムイーグル戦闘攻撃機だが、この1機100億円を超える高額機を海に“落とした”こともある。中央日報(電子版)などによると2006年6月9日、訓練中だったF-15Kの5号機が海に墜落。夜間迎撃訓練中の事故で、乗員2人が死亡した。

    農家危機一髪

     さらに危険だった事案もある。2006年10月4日には、F-15Kが韓国北部上空で訓練中に、2000ポンド爆弾「GBU-24」の演習弾(模擬爆弾)を誤って京畿道抱川市の畑に落とし、破片が民家の屋根を直撃。周辺のビニールハウスも破損した。聯合ニュースなどによると、落下地点には直径6メートル、深さ1メートルの大穴が開いたという。(中略)

    さらに危ないのは韓国製ヘリコプターだ。
    笑ってはいけない韓国陸軍

     韓国では、1970年代に米国の「500MD」ヘリを大韓航空でライセンス生産し、約260機を生産した。(中略)

    朝鮮日報(電子版)が2011年に報じたデータでは、生産数の約2割にあたる50機以上が、機械の欠陥などが原因で墜落したというのだ。

    2006年秋に行われた陸軍の大規模演習では、多くの外国要人や駐在武官らが見守るなか、500MDの発射した対戦車ミサイル「TOW」のロケットが点火せず、地面にレンガのように落ちるという失態を演じている。(中略)

    そんな「レベル」の韓国軍P-3CKが、実は日本の空を飛んでいたのだ。

    昨年7月4日午後、韓国海軍の「P-3CK」1機が親善訪問と親善訓練を目的に、海上自衛隊厚木航空基地(神奈川県)に飛来した。(中略)

    こうした交流で韓国軍が危険きわまりない「うっかりミス」を防げるようになる日は来るのだろうか…。

    m


    0 0


    プロローグ

     改めて言うまでもないが、共産主義・共産主義宣言とは、世界の国体を破壊し、世界の人民を奴隷化し、英国:ロスチャイルドが世界制覇するためのプロセスを、マルクスに謝礼を払って書かせたものである。

    日本の代表的な共産主義者の一人として、京都大学川上肇教授の洗脳を受けた近衛文麿内閣総理大臣が大東亜戦争のお膳立てをした。

    (参照)共産主義者近衛文麿の犯罪 2014/2/19(水) 
    メディアが伝えない大東亜戦争① 2015/8/4(火)

    近衛も米国大統領ルーズベルトも共産主義者であり、両者共にコミンテルンの指揮下で大東亜戦争(太平洋戦争)を起こした。

    無論、日本帝国海軍総督山本五十六は近衛の指揮下にあり、日本駐在米国大使館(国務省)との打ち合わせに基づき、無意味な真珠湾攻撃を演じた。

    (参照)

    山本五十六記念館『赤い日本人形の秘密』
    山本五十六記念館でのスパイ検証(前段) 2016/9/12(月)


    尚、ルーズベルト政権では、ソ連(コミンテルン)のスパイ約300名が要職を占めており、日本国植民地化のシナリオを策定した。


    (参照)
    The attack on Pearl Harbor is the strategy of President Roosevelt
    真珠湾攻撃はルーズベルト大統領の戦略 2016/12/8(木) 


    共産・小池晃書記局長、民団新年会で「日本政府は元慰安婦に誠実な謝罪を」 地方参政権実現も主張   産経 2017.1.12 15:46


    在日本大韓民国民団(民団)は12日昼、都内のホテルで新年会を開いた。出席した共産党の小池晃書記局長は慰安婦問題に関し「日本政府は、過去に元慰安婦の人権を著しく侵害したことへの誠実な謝罪が必要だ」と強調した。韓国・釜山の総領事館前の慰安婦像設置には言及しなかった。

     また、小池氏は永住外国人地方参政権付与について「超党派で力を合わせ、実現に向けた努力を続ける」と述べた。社民党の福島瑞穂副党首も「今年、地方参政権の問題を一歩進められるよう国会議員や民団の皆さんとやっていきたい」とあいさつした。

    日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民)は、日本政府が慰安婦像設置への対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させたことを「国と国との約束(慰安婦問題に関する日韓合意)を守っていくために初心に帰ってがんばろうというというメッセージだ」と語った。


    そもそも、共産党と朝日新聞は、『米軍と韓国軍の蛮行』への糾弾から矛先をかわすために『日本軍の従軍慰安婦強制連行説』をでっちあげた。


    従軍慰安婦問題は、米軍と韓国軍の強姦・蛮行と、朝鮮戦争当時の米軍用の慰安婦の実態から目をそらさせるために、米国大統領であり共産主義者のトルーマンが企画したものであることは、ルーズベルト大統領の真珠湾陰謀から推定できる。

    その指示を受けたのが外国の政治的攪乱が任務であるCIAであり、更にその指示を受け動いたのが共産主義者(コミンテルン)の巣窟と化した朝日新聞と共産党であることは想像に難くない。。

    日本軍が済州島の婦女子を強制連行したとの捏造記事を書いたのが、共産党員であり朝日の新聞記者でもある在日コリアンの吉田清二である。朝日新聞の記事の裏をとるためにNHKが済州島に数日も滞在するも、全くつかめず、逆に、日本軍の素晴らしさを聞くことになるのである。

    ヨーロッパ戦線での米軍の場合は、米軍によるレイプの被害者は1万4000人(内、ドイツ人女性 1万1040人)にも達し、それでは沖縄でというと、米軍により1万人の婦女子が強姦されたのである。

    “In Okinawa, US troops are estimated to have raped 10,000 Japanese women during World War II”。

    日本全国では、米軍の強姦により、2万人~3万人ものあいの子が生まれている。但し、沢田美喜の説によると、20万人が生まれたという。

    朝鮮戦争では、韓国政府は米軍相手の売春村を創設し、村から人身売買されてきた婦女子を米軍の相手にさせたのである。

    Prostitutes in South Korea for the U.S. military
    米軍のための韓国の売春婦たち 

    미군 위안부 기지촌 의 숨겨진 진실 : 미군 위안부 기지촌 여성 최초 의 증언록 /
    Migun wianbu kijich'on ŭi sumgyŏjin chinsil : Migun wianbu kijich'on yŏsŏng ch'oech'o ŭi chŭngŏnnok

    米軍慰安婦基地の村の隠された真実:米軍慰安婦基地の村女性最初の証言録/

    기지촌 여성 김정자의 증언
    “인신매매 당한 뒤 매일 밤 울면서 미군을 받았다” 7.8 한겨레
    미군 기지촌에는 인신매매되어 오게 된 미성년 여성들도 다수 있었다.

    基地村女性ギムジョンジャの証言
    「人身売買された後、毎晩泣きながら米軍を受け入れた」 7.8ハンギョレ
    米軍基地村には、人身売買されてきた未成年の女性も多数いた。

    今も韓国で騒いでいる元従軍慰安婦と称する連中は、この朝鮮戦争中に韓国政府により強制連行されたり、人身売買された売春婦である。

    更にベトナム戦争での韓国軍は、鬼畜生以下の蛮行を為した。
    その一つが強姦であり、多くは強姦した婦女子を殺したが、

    (韓国誌)
    米軍と韓国軍の共通点『残虐・強姦』 2013/5/30(木) 
    韓国雑誌 ハンギョレ21 1999年 05月 06日 第256号 .
    ああ, 震撼の韓国軍! ベトナム戦 24周年にして見た、私たちの恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録 
    〇子供も妊婦も容赦なく… 
    〇女性たちを強姦した後、殺害

    以上の件だけでも、日本共産党は、これら米国と韓国の走狗であることが分かるだろう。

    更に、日本共産党は、憲法違反の在日外国人の参政権獲得を期し、コリアン日本共産党政権の基、コリアンによる日本国解体と日本人奴隷化を図る。


    以下の「日本国政府見解」は、2010年(平成22年)6月4日、当時の鳩山由紀夫内閣の閣議で決定した政府答弁だが、外国人参政権獲得を推進している民主党にしてはまともな憲法解釈だ。

                         ☆

    憲法第15条第1項及び第93条第2項の規定の趣旨については、最高裁判所平成7年2月28日判決において、「憲法15条1項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、憲法の右規定は、国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び1条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわち我が国の国籍を有する者を意味することは明らかである。

    そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法15条1項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、右規定による権利の保障は、我が国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。(以下省略)

       ☆   ☆   ☆

    特に共産党と公明党により提出され憲法違反の外国人参政権付与が廃案となった法案例

    ● 第143回国会 衆法12号(公明党民主党が共同提出。冬柴鐵三外19名) 第147回国会まで継続審議(1998年~1999年)

    ● 第144回国会 衆法5号(日本共産党東中光雄外2名が提出) 第147回国会まで継続審議(1998年~1999年)

    ● 第147回国会 衆法1号(公明党・自由党が共同提出。冬柴鐵三外4名) 第157回国会まで継続審議(2000年~2003年)

    ● 第148回国会 衆法1号(公明党・保守党が共同提出。冬柴鐵三外1名) 継続審議なし(2000年)

    ● 第148回国会 衆法2号(民主党北橋健治外6名が単独提出) 第157回国会まで継続審議(2000年)

    ● 第149回国会 参法4号(日本共産党富樫練三外4名が単独提出) 継続審議なし(2000年)

    ● 第150回国会 参法3号(日本共産党富樫練三外4名が単独提出) 継続審議なし(2000年)

    ● 第151回国会 参法3号(日本共産党池田幹幸外5名が単独提出) 継続審議なし(2001年)

    ● 第153回国会 衆法1号(公明党冬柴鐵三外1名が単独提出) 継続審議なし(2001年)

    ● 第154回国会 参法6号(日本共産党池田幹幸外6名が単独提出) 継続審議なし(2002年)

    ● 第155回国会 参法6号(日本共産党池田幹幸外6名が単独提出) 継続審議なし(2002年)

    ● 第156回国会 参法6号(日本共産党池田幹幸外6名が単独提出) 継続審議なし(2003年)

    ● 第157回国会 参法5号(日本共産党東中光雄外2名が単独提出) 継続審議なし(2003年)

    ● 第158回国会 審議なし (2003/11/19~2003/11/27)

    ● 第159回国会 参法4号(日本共産党池田幹幸外7名が単独提出) 継続審議なし(2004年)

    ● 第159回国会 衆法3号(公明党冬柴鐵三外2名が単独提出) 第162回国会まで継続審議(2004年)

    ● 第163回国会 衆法14号(公明党冬柴鐵三外2名が単独提出) 第171回国会まで継続審議(2005年~2009年)



    (参考)
    レポート第49号:戦争の日本人捕虜
    売春に関する尋問

    (米国)本報告書は、1944年8月、ビルマのMyitkyin Aの日本軍崩壊後の掃討作戦で、米軍の捕虜となった韓国人の「慰安女子20人」と二人の日本人民間人の尋問から得られた情報に基づいています。

    (参考)尋問は1944年8月20日から9月10日まで
    この報告書の日付は1944年10月1日

    A "Korean comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower"
    この1994年8月の米軍心理作戦チームの報告書によると、韓国従軍慰安婦は、日本軍による強制連行ではなく、単なる売春婦、又は日本軍についてまわる従軍慰安売春婦以外の何者でもないと述べています。

    【当時の韓国の三年間に亘る調査結果】
     
    安秉直ソウル大学名誉教授は、この韓国挺身隊問題対策協議会と3年間、日本軍慰安婦について共同調査をおこなったが、慰安婦を強制動員した証拠はなく、元慰安婦とされる人たちの証言についての客観的な資料もなく、韓国挺身隊問題対策協議会の人たちについては、慰安婦の本質を把握し、現在の悲惨な慰安婦の状態を防止するためではなく、日本とケンカするためだったと述べている

    注)デイリー・サプライズ 2006年12月6日付 閲覧 (韓国語)
    注)慰安婦数については、韓国・秦教授が資料に当たった結果、総数は1万数千人、内訳は日本人(内地人)が最大と見積もっています。

    「生活者の日本統治時代」 呉善花(韓国人女性)著 より

    従軍慰安婦という言葉は最近になって出てきたものです。慰安婦がいたことは事実ですが、強制的に戦地へ連れて行くことなどは絶対にあり得ません。朝鮮も同じ国内でしたから、法治国家として司法の三審制度もあり、無法地帯ではありませんでした。
    もちろん、警察権力もしっかりしていました。そういう法治主義システムの網をかいくぐって、婦女子を強制的に連れて行くことなど、当時の朝鮮ではとうていできることではありませんでした。

    「台湾人と日本精神」 蔡焜燦(台湾人)著 より 
             
    引き揚げ者の中には、海南島から日本兵と共に引き揚げてきた二十名ほどの台湾人慰安婦の姿もあった。彼女達は我々と同じキャンプに収容されて台湾への帰国を待っていた。彼女らは口々に、「海南島は儲かるし、それよりも兵隊さんが喜んでくれたんです」と語っていた。
     
    そうした生の声には、日本で騒がれるような強制連行の(悲劇)などは存在しなかったことを、私のこの耳がしっかり聞いている。(略)1999年、8月号の「正論」に掲載された許文龍氏(実業家であり、李登輝総統の国策顧問)の記事も、まさしくそんな氏の客観的な歴史観と実行力の賜物だったと言っていいだろう。







    0 0


    前回記事でハワイの朝鮮戦争記念館に関して確認不足があったので、調査結果と私見を報告する。

    (前回記事)
    次代天皇:賛否国民投票の必然 2017/1/12(木) 

    下記の画像は、かってハワイにあった当該記念館だ。
    元兵器製造工場でしたが、朝鮮戦争後、記念館としてリニュアルしたもの。


    この画像での建物の左側には、僅かながら樹木が垣間見える。
    それは、ここ左側には建物がなく更地を意味している。

    当該記念館の存否と所在地の確認
    ハワイの国立朝鮮戦争記念館は確かに存在していた

    (説明文)
    National Korean War Museum
    National Korean War Museum is a non-profit organization dedicated to honoring and remembering Korean War veterans. The mission of the museum is to provide a perpetual, sacred grounds where the memory and bravery of Korean War victory heroes can be preserved to the end of time.

    The home of the National Korean War Museum is located at the Historic Wahiawa Armament Quonset Hut, which is located in the shadow of Historic Schofield Barracks. The building was built during World War II, and was used during World War II and the Korean War as a munitions factory. Open Monday through Saturday.

    Location: 235 Kellog St., Wahiawa Hawaii 96786 Telephone 808-622-5100 Fax 808-622-5100

    国立朝鮮戦争博物館
    国立朝鮮戦争博物館は、韓国戦争の退役軍人を称え、記憶に残すための非営利団体です。博物館の使命は、朝鮮戦争の勝利のヒーローの記憶と勇気が時間の終わりまで保存できる永遠の神聖な土地を提供することです。

    国立朝鮮戦争博物館の本拠地は、歴史的なスコフィールド城塞の陰に位置する歴史的ワヒアワ武装墓地小屋にあります。建物は第二次世界大戦中に建設され、第二次世界大戦と朝鮮戦争で軍需工場として使われました。月曜日から土曜日まで営業しています。

    所在地:235 Kellog St.、Wahiawa Hawaii 96786電話808-622-5100ファックス808-622-5100


    但し、今、その建物はリニューアルされ、恐らく別の用途に使われているようだ。

    住所はハワイ州オアフ島ワヒアワ、ケログ通り235番地。
    この地名で、Googleアースで検索した。

    イメージ 8

    この番地に該当する建物はあったが、下記の画像の如く、記念館らしき外装ではなく、単なる工場か倉庫のようだ。旅行者が探しても見つからないはず。

    イメージ 2

    然し、建物の外形は、記念館とそっくり。
    但し、この建物の左側には新しい建物。
    つまり、ここは以前芝生が敷かれ、ここに雅子母子像が建っていたものと思われる。


    雅子・愛子母子像の撮影者と私見

    (撮影者)
    studioSL
    the Visual Arts of Stuart Land
    スチュアート・ランドの視覚芸術
    イメージ 1
    michaelphelps
    Miami Shores Florida and New York City.
    Born in Indianapolis, Indiana (USA), a Veteran of the United States Air Force - Military Police Combat Defense Forces during the Viet Nam War.
    イメージ 9

    (撮影者)マイケルフェルプス
    フロリダ州マイアミショアーズ、ニューヨーク市在住。
    ベトナム戦争中の米空軍 - 軍事警察戦闘防衛軍のベテランである。インディアナ州のインディアナポリス生まれ。

    (撮影画像)

    (撮影画像の説明書き)
    イメージ 3

    この撮った画像に説明書きが付いている。
    『Japanese Princess Masako, with her baby』
    『日本の赤ん坊を抱く雅子妃』

    この像については諸説がある。
    面倒なので、結論から述べる。

    (結論)
    この画像は、韓国政府後援で米国に帰化した韓国人達が建てた母・雅子妃とその子・愛子の像で、愛子の誕生を祝したものである。

    事由1)撮影者マイケルフェルプス氏は、日本や韓国に無関係な視覚・芸術像を専門とする写真家であり、写真の説明で故意に嘘を述べる必要はない。

    事由2)写真の説明に『Japanese Princess Masako, with her baby』と記入してあるのは、建物内部にある案内文、又はこの像の近くにある銘盤を見てのものである。

    事由3)この像が建てられたのは凡そ十数年前である。このことは新聞か何らかの記事で、この像と共に英文銘盤の画像が掲載されていたのを見たことがある。その銘盤の文中の一部には以下のような内容が書かれていた。

    「この像はプリンセスマサコのアイコ出産(誕生)を祝して建てられたもの。建造費用は、カルフォルニア州に在住する米国に帰化した朝鮮人(コリアン)達が拠出した。」

    尚、「プリンセスマサコ」の前に「コリアン」という文字は無かった。但し、韓国政府機関の後援を示す表現があったが、文面内容は定かではない。

       ☆

    拠って、以下の諸説は論外と言える。

    ■雅子・愛子像不存在説
    ■画像合成捏造説

    (持論)
    写真家が訪れた時には、ハワイの国立朝鮮戦争記念館は確かに存在した故に、母子像を撮影出来た。写真家がこの母子像の存在を虚言したり、写真を合成したりする理由やメリットは全くない。

    但し、彼の写真以外にブログなどに掲載された画像は、いかにも建物の中にあるように、二枚の写真を合成している。

    ■李 方子(まさこ)説
    拉致被害者『横田めぐみ』さんの祖母説。

    李 方子(り まさこ、朝鮮語イ・バンジャ)、1901年(明治34年)11月4日 - 1989年4月30日)は、日本の元皇族。(下の画像)母、梨本宮家伊都子と娘方子。、
    イメージ 6

    朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に嫁いだのが、この元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)皇太子妃。

    イメージ 7

    李氏朝鮮は、1392年から1910年までの約520年間27代続いた朝鮮王朝。


    方子は1970年(昭和45年)、李垠(りぎん)と死別。

    後、方子は知的障害児施設の「明暉園」と知的障害養護学校である「慈恵学校」を設立する。方子の尽力は韓国国内でも好意的に受け止められており、やがて功績が認められ、1981年(昭和56年)には韓国政府から「牡丹勲章」が授与され、「韓国の母」と呼ばれた。葬儀は準国葬(皇太子夫人)として行われた。

    イメージ 5

    李 方子→(娘)横田早紀江→(娘)横田めぐみ。

    (余談)


    (持論)
    この説は、Masako(まさこ)と説明していることから一考に値する。但し、愛子内親王の生年月日は、2001年12月1日 (15歳)。李方子夫人が亡くなったのが 1989年4月30。

    この像が建ったのが2001年以前なら方子夫人のものと言えるが、愛子が誕生して以降の像だから、特別な或いは新たな事情が無い限り、雅子・愛子母子像である。

    (参照と画像URL)
    무지개를 이은 비운의황태자비 이방자여사
    流離的王妃——朝鮮李朝末代王妃李方子

    (画像URL)

    ■日本のナースへの感謝説
    The statue of Japan's Crown Princess and her baby daughter Princess Aiko. 
    The photo is titled "Korean PrincessBaby.
    That title does NOT mean the Princess is Korean. 
    This statue symbolizes gratitude to the Japanese Nurses who took care of our wounded soldiers in Japanese Hospitals.

    日本のクラウンプリンセスと赤ちゃんの娘プリンセス愛子の像。
    写真(ブログ)は「韓国のプリンセスベイビー」と題されている。
    そのタイトルはプリンセスが韓国人であることを意味するものではない。
    この彫像は、(朝鮮戦争中に)日本の病院で負傷した兵士を世話した日本の看護士の感謝の念を表したもの。

    (持論)日本の看護婦への感謝だったら、写真の題名も『日本の看護婦への感謝像』でなければならない。それに、雅子と愛子像ではなく、『ナースキャップ、又は白衣を着た看護婦像』でなければならない。拠って、この説も論外である。



    (もう一つの結論)
    雅子妃の三世代前に遡れないことから、雅子妃の祖先の戸籍は日本になかく、朝鮮半島にあったことは自明である。この雅子妃の出自を最もよく知っているのが、南北朝鮮半島者で、大半の日本国民は蚊帳の外といえる。

    (仮説)二十数年前、徳仁(なるひと)皇太子の妃(きさき)選びで、当初から除外されていた創価の小和田雅子が急浮上したのは、徳仁皇太子が妃として創価学会員であることを強く要望した故とも考えられる。徳仁皇太子が創価学会に洗脳されたのは1983年英国留学中に付き添いの宮内庁役員によってとの説がある。

    m


    0 0


    先日19日のNHKニュースを私も視たが、確かに皆が騒ぐように、明らかに虚偽報道だ。虚偽である故に、NHKは冬季札幌アジア大会組織委から抗議されている。

    中国政府のプロパガンダになりきっている共産主義の巣窟:NHKにしては当然のこと。日本の家庭の大半は、中国のプロパガンダに視聴料を払っていることになる。



    (産経新聞要旨 2017.1.20 )

    札幌冬季アジア大会の組織委によると、選手村になる札幌市南区のアパホテルと中央区の別のホテルを2月16~27日に借り上げ、31カ国・地域の選手ら約1500~1600人が滞在する。

    尚、組織委員会は、選手村となっているアパホテルに「選手が快適に過ごせる空間の提供」(偏見や差別がないよう宗教、文化、民族に配慮した対応)を要請している

    処がNHKは19日、組織委が中国側に配慮して、ホテル側に問題となっている書籍の撤去を要請したと報道。

    組織委は具体的な要請はしていないと主張し、NHKに抗議したことを明らかにした。




    アパホテルを中国外務省が批判 客室の書籍「南京大虐殺」を否定
    産経 2017.1.18 00:09


    【北京=西見由章】日本のビジネスホテルチェーン大手のアパグループが運営するアパホテルの客室に、「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定した書籍が備えられていることに対し、中国外務省の華春瑩報道官は17日、「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない。正しい歴史観を国民に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」と述べた。中国外務省が日本の民間の言論にまで批判の矛先を向けるのは異例だ。(以下省略)


    中国共産党政府の要請で虚偽報道したNHKニュース

    (虚偽報道)
    アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委
    NHK 1月19日 21時46分
    イメージ 1

    アパホテルが客室に備え付けている本の日中戦争に関する記述をめぐって、中国で反発が出ている問題で、来月、札幌市などで開かれる冬のアジア大会の組織委員会は、ホテルが選手団の宿泊先になっていることから、中国人の選手などに配慮して、本の撤去などの対応を打診しました。

    イメージ 2

    アパホテルが客室に備え付けている、グループ会社の代表が書いた本をめぐって、中国では、日中戦争の歴史を否定する内容だとして、反発が出ています。

    イメージ 3

    これについて、来月、札幌市と帯広市で開かれる冬のアジア大会の組織委員会は、札幌市内のアパホテルの1つが選手団の宿泊先になっていることから、中国人の選手などに配慮して、本の撤去などの対応を打診しました。(←組織委は打診などはしていない)

    イメージ 4

    組織委員会の広報担当者は「ホテルを運営する会社には、宗教や民族などの問題を避けてスポーツ理念に基づいた対応をお願いしたいと伝えた」としています。

    イメージ 5

    一方、ホテルを運営する会社は、ホームページで「指摘のあった書籍は、本当の日本の歴史を広く知っていただくことを目的として制作したもので、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます」などとするコメントを掲載したうえで、
    イメージ 6

    NHKの取材に対し、「組織委員会から正式に申し入れは受けておりませんので、書籍の撤去についてはお答えできかねます。ご依頼があったとしても、撤去する考えはございません」としています。

    イメージ 7


    岸田文雄外相、中国のアパホテル批判に不快感 「一時期の歴史に過度に焦点を当てるのはいかがなものか」  産経 2017.1.22 15:17


    岸田文雄外相は22日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、アパホテルの客室に「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定した書籍が備えられていることを中国外務省が批判したことについて「日中関係は2千年の長い歴史がある。一時期の歴史に過度に焦点をあてることによって、歴史をとらえるのはいかがなものか」と不快感を示した。

     岸田氏は「全体をしっかり考え、なおかつ未来に向けて日中関係を戦略的互恵関係に基づいて進めていく。これがあるべき姿ではないか」とも指摘した。



    (私のブログ記事)
     捏造:南京大虐殺は嘘


    0 0



    先日、産経新聞が書いた記事
    韓国軍が数千人ベトナム女性を強姦し、慰安婦にしていた…米国メディア「日本より先に謝罪すべきだ」  2017.1.20 11:00
    この記事は、2015年10月13日付の米FOXニュースのオピニオン面(電子版)を基に書かれたとのことです。

    これと同様の記事が、二ヵ月前の2015年8月にありますのでそれの全文を意訳しておきます。

    尚、これらの記事は、実態(註1)に比べたら、おとなしいものですが。

    (註1)身の毛もよだつ証言内容。
    米軍と韓国軍の共通点『残虐・強姦』 2013/5/30(木)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61956400.html
    韓国雑誌 ハンギョレ21 1999年 05月 06日 第256号 .
    ああ, 震撼の韓国軍!
    韓国の恥部, ベトナム戦犯調査委のおぞましい記録
    実は、ベトナム戦争に参戦した元米国軍人の虐殺と蛮行の証言を意訳するつもりであったが、それは後日に掲載する。


    Why Has South Korea Still Not Apologized to the Vietnam Comfort Women?
    なぜ韓国はまだベトナム慰安婦に謝罪していないのか?


    May 25,2015
    This year, at the 96th anniversary of the Korean uprising against Japan in March 1, 1919, South Korean President Park Geun-hye reiterated her call for Japan to admit to the war crimes it had committed during World War Two. Yet, even as she relentlessly seeks an apology from Japan, Ms. Park has conveniently ignored the fact that during the Vietnam War, Korean troops raped, assaulted and barbarically slaughtered thousands of Vietnam comfort women. Ms. Park cannot escape blame and claim unverified reports. Why South Korea still refuses to apologize to the Vietnam comfort women is not as mysterious as it seems.

    今年、朴槿恵(パク・グンヘ)韓国大統領は、1919年3月1日の韓国蜂起96周年で、日本が第二次世界大戦中に犯した戦争犯罪を認めるようにとの要求を再表明した。
    しかし、朴氏は、ベトナム戦争中、韓国軍が何千人ものベトナムの慰安婦を強姦し、暴行し、野蛮な殺しをしたという事実をご都合主義で無視してきた。
    朴大統領は、非難を免れ、未確認の報道だと主張することはできない。なぜ韓国はまだベトナムの慰安婦への謝罪を拒んでいるのかは不思議ではない。

    Documents from the US National Archives and Records Administration (NARA) show irrefutable proof of South Korea’s abuses and wrongdoings during that period. Noriyuki Yamaguchi, then Washington bureau chief of the Tokyo Broadcasting System, mentioned in an article he wrote that in July 2014, the archives revealed a letter from the US military command stationed in Ho Chi Minh City (then Saigon) to Gen. Chae Myeong-sin, the military commander of South Korea in Vietnam. The letter referred to the illegal diversion of US supplies to South Korea, acts of prostitution in a supposedly “welfare center” where Vietnamese women were working, and US troops using that center for a $38 fee per visit.

    米国国立公文書館(NARA)の文書には、当時の韓国の虐待や不正行為の証拠が示されている。
    東京放送のワシントン局長である山口紀行は、2014年7月、ホーチミン市(当時サイゴン)に駐留していた米軍司令官からベトナムの韓国軍司令官チャエ・ミョンシン(Chae Myeong-sin)将軍に宛てた手紙を公開したと書いた。
    この手紙では、米国の消耗品の韓国への不法移転、ベトナムの女性が働いていたと思われる「福祉センター」での買春行為、およびそのセンターを1回の訪問につき38ドルの料金で毎回利用(買春)していることを指摘した。

    The above report is only one of many accounts of South Korea’s atrocities towards the Vietnamese people during the war. Elderly survivors have recounted their own horror stories of the sex slavery and massacres they went through at that time. In 2001, recognizing the veracity of the reports, then South Korean President Kim Dae-jung met with Vietnam President Tran Duc Luong and offered a direct apology for South Korea’s acts on the Vietnamese people during the war.

    上記の報告は、戦争中のベトナム人に対する韓国の残虐行為の多くの記述の一つに過ぎない(註1)。 高齢者の生存者は、当時彼らが行った性奴隷と虐殺の恐怖の話をしている。 2001年、報告書の真実性を認め、金大中(キム・デジュン)大統領は、ベトナム戦争中のベトナム人に対する韓国の行為を直接謝罪した。

    But the day after Kim’s message of apology, Park Gein-hye, then deputy leader of the Grand National Party, the opposition party at the time, criticized Kim’s statement, saying it “drove a stake through the honor of South Korea.” Looking back, it was an omen of things to come if she should lead the country someday.

    しかし、金大統領の謝罪の翌日、当時の野党ハンナラ党の副代表・朴槿恵(パク・クネ)は、「韓国の名誉に杭を刺した」(韓国の名誉を破壊)と金大中大統領の声明を批判した。 振り返ってみると、彼女がいつか国を導く時(大統領になった時)、来るべきことの前兆だ。

    Seventy years and several apologies later, South Korean officials are still pressing Japan over the WW2 comfort women issue. Like an infant fixated on a vendetta, South Korea’s sense of entitlement is such that no amount of compensation or apology will satisfy them. Or is it really a simple case of overblown egomania? Old and new historical events might provide clues.
    7
    0年後にいくつかの謝罪をしたが、韓国の当局者は、第二次世界大戦の慰安婦問題に関して、依然として日本を圧迫している。復讐祭に固執する乳児のように、韓国の権利感は、補償や謝罪では満たされないだろう。それとも、本当に過激な病的な自己中心癖.の単純なケースなのか?過去と現在の歴史的出来事がこれらの手がかりを与えるかもしれない。

    In a case of karmic retribution for South Korea, the Vietnam comfort women issue has been brought to international awareness 40 years after the war ended. To recall, in 1991 Kim Hak-soon was the first Korean comfort woman living in South Korea to give a testimony about her alleged experience under the control of Japanese soldiers. It triggered a barrage of angry reactions against Japan and put the country under scrutiny for the reparation and atonement it should give to its victims. Now it is South Korea facing the very same situation. Long before the Vietnam comfort women came out and identified themselves, they already knew about their own atrocities but, through cunning and clever manipulation, managed to keep it under the radar of the mainstream media.

    韓国のカルマ(悪事の業)の天罰では、ベトナムの慰安婦問題は、戦争が終わって40年後、国際的な認識となった。
     1991年に慰安婦金伯順(キム・ハクスン)は韓国で初めて日本人兵士の支配下での経験についての証言をした。(註2) それは日本に対する怒りの反応の激怒を引き起こし、犠牲者に与えるべき賠償と償いのために日本を調査した。

    (注2)日本軍の従軍慰安婦と称する女性たちは、単なる売春婦で、日本軍が強制連行したものではないことは、戦時中、米軍による捕虜調査で明らかになっている。

    今、韓国はまったく同じ状況に直面している。ベトナムの慰安婦が証人として登場するずっと前から、朴槿恵(パク・クネ)などの韓国人らはすでに自国の軍隊の残虐行為をを知っていたが、狡猾かつ巧妙な操作によって、それを主流メディアにキャッチされないようにしていた。

    It took a visit to Vietnam by Yoon Mi-hyang in March to uncover the grim truth about the sex enslavement of Vietnam’s women by Korean and American troops. Yoon is president of the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan, the non-profit organization formed to look into alleged crimes against women in Asia during World War Two, many of whom were Koreans. In 2012, the Council had set up the Butterfly Fund and extended their mission to help other women victims of war. Congo was the first country they identified. Little did they know that in Vietnam, they would find out about the horrors that their own countrymen, the Korean soldiers, had perpetrated.

    韓国と米軍によるベトナム女性の性奴隷化に関する冷酷な真実を明らかにするため、3月にユン・ミヒャンがベトナムを訪問した。

    ユン・ミヒャンは、第2次世界大戦中にアジアの女性に対する犯罪を調べるために設立された非営利団体である日本の軍事的性奴隷制度の女性委員会の会長であり、多くは韓国人だった。

     2012年、評議会はバタフライ(蝶)基金を設立し、他の戦争の女性犠牲者をも支援するように使命を拡大した。コンゴは彼らが最初に特定した国だった。彼女らは、ベトナムでの自国・韓国軍兵士が犯した恐怖(強姦と虐殺)を知ることはほとんどなかった。

    Another recent incident that has put Pres. Park in a negative light is the Sewol ferry disaster. On April 16, 2014, the South Korean ferry Sewol, carrying 476 passengers and crew, among them 325 high school students, was on its way from Incheon to Jeju island when it sank, killing more than 300 people, mostly the students. To date, nine are still missing. It was rumored that Pres. Park was nowhere to be found and she was with a former political aide said to be married then. Japanese journalist Tatsuya Kato, chief of Sankei Shimbun’s Seoul bureau, was singled out for printing this piece of information and defaming Ms. Park. He was charged and indicted. This incident has raised howls from international journalists amid concerns on press freedom in South Korea.

    パク・クネ大統領が負の光を浴びた最近の他の事件は、フェリーセウォル号の惨事だ。2014年4月16日、仁川(インチョン)から済州島まで、326人の高校生を含む476人の乗客と乗組員を乗せた韓国のフェリー・セウォルが沈没し、300人以上が死亡した。現在までに、9人はまだ行方不明だ。

    沈没時、パク・クネ大統領はどこにも見当たらず、彼女は既婚者である元政治顧問と一緒にいたと噂された。サンケイ新聞のソウル局長である加藤達也日本人記者は、この情報を記事にし、パク・クネ大統領を誹謗中傷した。彼は起訴された。この事件は、韓国の報道の自由に対する懸念と共に、国際ジャーナリストたちから非難された。

    Park’s handling of the Sewol ferry disaster was widely criticized. In the seven hours leading to the disaster, she received 18 reports and her only response were two orders that were standard operating procedures. It was the committee secretary who acted as spokesperson before Ms. Park could face the public herself. The investigation into the botched rescue efforts, the cause of the sinking and the violation of safety rules have been assailed by the victims’ families as being controlled by Park’s government. Add to that her unfulfilled promise to raise the ferry from the bottom of the sea. At the first anniversary of the sinking, the families refused to meet the president and promised to stage regular protests.

    フェリーセウォル号の惨事でのパク・クネ大統領の対応は広く批判された。惨事につながる7時間の間、彼女は18の報告を受け取り、彼女の唯一の対応は標準的な処理手順であるたった2つの命令だった。パク・クネ大統領が公衆の面前に現れるまで、スポークスマンとして行動したのは委員会秘書だった。

    被害者の家族は、救援活動の失敗、沈没の原因、安全規則違反の調査を、朴政府の支配下にあると誹謗した。それに加えて、海底からフェリーを引き揚げる約束を履行せず。沈没の一周年に、家族は大統領に会うことを拒否し、定期的に抗議を行うこととした。

    Park’s Strategy to Gain Support and Popularity

    Recent polls show Park’s public support dropping from a low of 29% to a high of 46% from the pre-accident 70 percent. In her bid to regain her popularity in the local and international community, she must portray her nation as a victim. And the most convenient issue is a social one that targets the “bleeding hearts” of open wounds from WW2 and stoke up nationalism via anti-Japan rhetoric and propaganda. Here, the Korean comfort women fit the bill. Certainly, Japan has owned up to its’ share of the blame when it comes to WWS war crimes. From 1965 to 2010, its Ministers, Cabinet officials and most significantly Emperors have made at least 14 apologies to South Korea alone, not counting the 1995 Murayama and 1993 Kono statements. It put up the Asian Women’s Fund to give monetary compensation to the comfort women in various countries, which all accepted but South Korea refused to accept. On the domestic front, Park has been successful. Polls show that 57.4% of respondents support not holding summit talks with Tokyo until yet another full apology from Japan is given. In the United States, officials and diplomats are divided. Dr. Robert L. Shapiro, a former adviser on economic affairs, sent a video message to Pres. Park stating his concern over her country’s failure to forge better ties with Japan and her government’s curtailment of press freedom. Under Secretary of State for Political Affairs, Wendy R. Sherman was more direct, citing Park’s desire for cheap applause by putting Japan in a bad light for propaganda’s sake alone.

    支持と人気を得るためのパク大統領の戦略

    最近の世論調査では、朴総裁の支持率が、事故前の70%から最高値46%、最低値29%まで低下したことを示す。国内や国際社会で彼女の人気を取り戻すために彼女は彼女の国を犠牲者として描写しなければならない。そして、最も便利な問題は、第二次世界大戦からの傷跡の "同情心"を狙い、反日を誇張した字句と政治的宣伝を通したナショナリズムを煽る社会的な問題だ。ここでは、韓国の慰安婦の案件が適合している。確かに、日本は、第二次世界大戦の戦争犯罪に関しては、その責任を分担している。

    1995年の村山と1993年の河野声明のみならず 1965年から2010年まで、首相、内閣官僚たち、最も重要な天皇が、、韓国だけに少なくとも14回の謝罪をした。日本は諸国の慰安婦に金銭的報酬を与えるためにアジア女性基金を設置し、諸国は補償金を受け容れたが、韓国が受け入れることを拒否した。

    パク大統領は国内では成功している。世論調査では、日本からの完全な謝罪が行われるまで、57.4%の回答者が東京との首脳会談を開催しないことを支持している。

    米国では、当局者と外交官が分かれた。ロバート・L・シャピロ元経済顧問は、パク大統領にビデオメッセージを送った。パク大統領は、日本との良好な関係を築くことができず、政府の報道の自由が縮小されていることへの懸念を表明した。

    ウィンディ・R・シャーマン政治局長官は、パク大統領が自分を宣伝するために日本に悪い光を当て(日本を悪者に仕立て)、安っぽい拍手を募っていることを挙げて、より直接的だった。

    Another controversial issue between South Korea and Japan is over the Liancourt Rocks. Known as Dokdo in Korea and Takeshima in Japan, the two countries have been disputing the territorial jurisdiction of the islands, composed of two main islets and 35 smaller rocks. These islets are valued for their rich fishing grounds and production of natural gas.
    The background behind ownership of these islands is confusing. South Korea has been administering them since 1954 but Japan’s legal basis of possession dates back to 1904. To put an end to the dispute, Japan has suggested three times (in 1954, 1962 and 2012) that the matter be taken to the International Court of Justice, but this was rejected by South Korea each time.

    韓国と日本の間で論争を呼んでいる別の問題は、リアンクール岩礁だ。この岩礁は、韓国の独島と日本の竹島として知られており、2つの主要島と35の小さな岩で構成される島の領有権で争っている。これらの島は、豊かな漁場と天然ガス生産のために評価されている。

    これらの島の領有権の背後にある背景は複雑だ。韓国は1954年以来それらを領有してきたが、日本の法的所有権は1904年にまでさかのぼる。日本は紛争を終結させるため、1954年、1962年、そして2012年に3回、国際裁判所に判断を任せることを提案したが、韓国は毎回拒絶した。

    South Korea hopes that the US will back them in this matter and an opinion post in the Korea Herald recently criticized its’ own government’s futile brinkmanship. Political analysts are not inclined to think this will lead to any serious actions, militarily speaking or that the US will take sides. Both Japan and South Korea are powerful Asian allies of the United States and showing favoritism would be detrimental to it’s position. But Park Hwee-rhak, a political science professor at Kookmin University in Seoul says Japan is more important to America in its policy towards Asia because of its economic power, military technologies and its capacity to keep China in check over its ambitious expansion plans.

    韓国は、米国がこれを裏付けることを望んでおるが、最近のコリアヘラルドの社説では、自国政府の無益な瀬戸際政策を批判した。政治アナリストたちは、この政策が軍事的な話し合いや米国の反発を招くような重大な行動につながるとは考えていない。日韓両国は米国の強力なアジアの同盟国であり、どちらかに偏向があることは米国の立場に有害であることを示している。

    しかし、ソウルの国民大学の政治学科のパークハイウィック教授は、日本の経済力、軍事技術、そして中国の野心的な拡大計画を留めおくために、日本は米国のアジア政策においてより重要だと述べている。

    Comfort Women Memorials and Resolutions Spring Up in the US
    Some US politicians have been quick to cash in on the comfort women issue. When House Resolution 121 sponsored by Rep. Michael Honda of Silicon Valley, Calif., was passed in 2007, it was a go-signal for politicians to cater to the wishes of the South Korean community in their electoral areas. In the guise of advancing public awareness to the injustice done to South Korean women, resolutions and statues of comfort women have been put up in cities around the United States. Local Korean-American organizations in the area applied pressure on officials to yield. These particular “voting areas” have a large community of Korean-Americans who can swing votes when elections come around.
    On August 2014, the Fullerton City Council approved a resolution recognizing the Korean comfort women. In New Jersey, the State Senate passed a resolution to the same effect.

    慰安婦女性の記念碑と決議は米国で湧き上がる
    米国の政治家の中には、慰安婦問題に迅速に資金を投入してきた者もいる。2007年にカリフォルニア州シリコンバレーのマイケル・ホンダ議員が発議した「ハウス・レゾリューション121」(日本慰安婦決議案121)の通過で、政治家が選挙区で韓国社会の希望に応えようとした。

    韓国人女性が受けている不公平に対する国民の意識を高めることを口実に、米国の各都市で慰安婦の決議と慰霊婦像が建てられた。この地域の現地の韓米機関は、公務員に譲歩するよう圧力をかけた。これらの特定の「投票区」には、選挙の際に投票を揺るがす大韓民国のコミュニティがある。2014年8月、フラートン市議会は、韓国の慰安婦決議案を承認した。ニュージャージー州議会では、同じ効果の決議をした。

    The first comfort woman monument in the US was put up in Palisades Park, NJ in 2010. In 2012, another one was erected in Veterans Memorial in Eisenhower Park, Nassau County, NY. In March 2013, a memorial was opened in Hackensack’s Bergen County, NJ and in July 2013, in Glendale Central Park, Glendale, Calif., a statue of a young girl representing a comfort woman was unveiled. In August 2014, a statue was put up in Southfield, Michigan. There are plans for another statue to be put up in Maryland.
    The comfort women monuments binge-building has recently spread to Canada, with a well know political blogger calling it “a giant scam whose goal is to alienate Japan from the Western powers.” The City of Burnaby in British Columbia is in the process of studying a proposal to put up a comfort woman statue in the city.

    米国の最初の慰安婦記念碑は、2010年にニュージャージー州パリセーズパークに置かれた。2012年には、ニューヨーク州ナッソー郡のアイゼンハワーパークの退役軍人記念碑にもう1つ建てられた。 2013年3月、ニュージャージー州ベルゲン郡のハッケンサックに記念館がオープンし、2013年7月にカリフォルニア州グレンデールのグレンデールセントラルパークでは、慰安婦を代表する少女の像が序幕された。 2014年8月、ミシガン州サウスフィールドに像が飾られた。メリーランドには別の像を置く計画もある。

    慰安婦のモニュメントは、最近カナダに広がっている。カナダのブリティッシュ・コロンビア州のバーナビー市では、慰安婦像を市に置くという提案を検討中だ。この詐欺の目的は、「西洋諸国から日本を遠ざける」という巨大な詐欺だ。

    With the Vietnam comfort women coming out into public consciousness, can the US expect a deluge of similar memorials installed in the cities and parks anytime soon? And will South Korea protest against them as the Japanese did over the Korean comfort women monuments? The truth is that they won’t, as the Vietnamese communities in the US hold far less political sway and the US itself would rather forget the Vietnam War.

    ベトナムの慰安婦について、国民の意識を高まる中、米国の都市や公園に類似のベトナム慰安婦記念碑が出来ることを期待できるか?

    そして、日本人が韓国の慰安婦の遺跡を見ているように、韓国は、ベトナム慰安婦像建立に抗議するだろうか?

    真相は、米国のベトナム社会の政治的影響力は遥かに弱く、米国自体はむしろベトナム戦争を忘れていくから、彼らはそうしない。

    The Atrocities in the Vietnam War

    Just as the Japanese had their Comfort Women, South Korea also created brothels with Vietnam comfort women for their and the American troops’ carnal pleasure. Numbering 5,000 to 30,000, stories about them are not easy to come by, thanks to the cloud of secrecy that South Korea shrouded them with.

    ベトナム戦争における残虐行為

    日本人が慰安婦を持っていたのと同じように、韓国はまた、韓国軍と米軍の肉体的喜びの為にベトナムの慰安婦で売春宿を作った。 5,000〜30,000という数字は、韓国の秘密としての隠蔽のおかげで、彼らの話は出にくい。

    (2万文字を超えたので以降原文省略)

    ベトナム戦争中に韓国軍が犯した一般市民虐殺は、もはや生き残った生存者を数えられず(村ごと皆殺しにした)、約9000人の命を奪った。当時から韓国でより自由主義的な政権に引き継がれた2000年まで、ベトナム戦争参戦について話すことは厳禁されていた。

    2002年6月、米国の国立記録保管庁はベトナム戦争に関する文書の機密扱いを解き、フォン・ニー村とフォン・ナット村、フアン・チャウ村、フー・マイ村の虐殺を公表した。 テイ・ビン村では1966年の虐殺もあり、1200人の一般市民が虐殺され、ゴダイ村では急に襲われ380人が殺された。

     これらの大量殺戮はすべて同じように行われた。私の記事では、韓国の軍隊と海兵隊員が無邪気な男女、子供たちを無慈悲に虐殺した方法の例だ。

       ☆

    韓国の日刊新聞ハンギョレ(한겨레)では、Ha My村での虐殺の生存者であるパムティホアの直接証言が再掲載されている。その証言記事ではベトナム人に対する韓国軍のペテンと残忍さを示している。

    1965年3月、米国第3海兵隊は、水陸両用車でベトナムのダナンに上陸し、ホア・アバンとディ・エン・バンを制圧した。1967年12月、米国海兵隊第5連隊はCon Ninh拠点をブルードラゴンと呼ばれる韓国第2海兵隊に引き渡した。

       ☆

    Con Ninh基地に移されたHa My村の人々は、生活が根本的に難しいので、自分の村に戻った。韓国海兵隊が許可しているかどうかは不明だが。しかし彼らは食糧を村の人々に提供し、村人たちは彼らに地元の料理を与えて好意を取り戻した。

    しかし、1ヵ月後に恐怖に襲われた。素敵な韓国軍兵士が怪物に豹変した。韓国軍は朝に戦車と装甲車で村に入り、3つの異なる方向に村人たちを移動した。それから、村人たちは三つの場所に集められ、兵士たちが子供たちに飴をあげている間、韓国の指揮官からの演説を聞いた。

       ☆
    .
    演説の後、指揮官は歩き去り、いくつかの手順を経て、手を振った。瞬時に、隠れていた森の中からM60の機関銃と手榴弾発射機が驚く村人たちの上に火を噴いた。合計で135人が死亡した。 Pamhitoaは生き残ったが、両足を失った。死体は、頭から脳が出て、内臓が体から溢れ出て、手足はばらばらで 恐怖の光景だった。幾人かの生存者とともに、Pamhitoaは彼らが掘った浅い穴に死人を葬った。しかし、翌日、韓国の兵士たちは戻ってきて、D-7ブルドーザーで墓地を掘り、死体をすべて粉砕した。
       ☆
    The Vietnam Comfort Women’s Stories
    ベトナム慰安婦の物語

    パククネ大統領の下の韓国とは異なる。パキスタン、ベトナム両政府は市民に過去には背を向け、未来へ進むようアドバイスしている。

    しかし、パククネ大統領が矛盾を理解し、戦争問題の解決が自分の手にあるとすれば、ベトナムの慰安婦は韓国人が話を分かち合うのと同じように知らされなければならない。生き残ったベトナムの女性は言う。韓国兵は毎日数回の連続レイプをし、残酷な性的暴力や強姦の後で殺害する。妊娠9ヶ月のあるの女性の場合は、胃が切り裂かれ、贓物は乳母車にぶら下がっていた。
       ☆
    韓国の慰安婦の生存者キム・ボクドンとギルウォンクは、日本の軍事的性的奴隷制度の女性委員会と同様、韓国政府に対し、国の犯罪を認め、正式な謝罪と補償のために同意するよう求めた。

    去年の4月、それはナヌムの家(註2)での衝撃的なな瞬間だった。日本軍の慰安婦であるユ・ヒナ(Nguyen Tan Lan)(64歳)と韓国軍による大虐殺の生存者グエン・ティタン(55歳)とが会談した。

    (註2)ナヌムの家(House of Sharing 나눔의집)とは、かつて日本軍の慰安婦であったと主張する韓国人女性数名と、日韓の若者を中心としたボランティアスタッフが共同生活を送っている施設のこと。
       ☆
    ベトナムの慰安婦問題を悪化させているのは、強姦の結果、野蛮な行為から生まれた混血の子どもたちはライダイハンと呼ばれ、社会から見下され敬遠されているからだ。韓国人の父親には認知されていない約5,000〜3万人のライダイハンがいる。
       ☆
    公正に言うと、韓国軍はベトナムの女性を強姦するだけではなかった。 1964年8月から1975年5月7日まで、ベトナム戦争に参戦した軍人は900万人を超えた。
    記録と研究では、米軍もレイプに参加したことを証明した。 しかし、彼らは隠蔽されたままで(註3)、もし彼らが軍事法廷に立ったとしても、有罪判決は少なく、判決は軽いものだ。

    米国政府は、韓国とともにベトナム戦争における戦争犯罪に対する責任を分担していることを否定することはできない。公式の立場では常にそのような行為を黙認していないが、戦場では別の問題だ。 指揮官と将軍は真実を盲目的に見ている。 しかし、戦争は何十年も前に終わり、両国が責任を負うとともに、日本に対しての空々しい指差しを止める時が来た。

    (註3)ベトナム戦争で米軍が韓国兵と同様、ベトナム人婦女子を強姦しまくり、そして殺害したことは、昨年発刊されたベトナム参戦兵の証言集で明らかにされている。

    ●Footnote: Any attempt to publicize the massacres by the South Korean military in Vietnam is squashed by the war veterans in South Korea.
    脚注:ベトナムの韓国軍による虐殺を公表しようとする試みは、韓国の戦争退役軍人たちによって潰されている。

    (原文)

    m


older | 1 | .... | 46 | 47 | (Page 48) | 49 | 50 | .... | 74 | newer