Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

島本町水無瀬は、京都嵐山から流れる桂川(途中、鴨川と合流)・琵琶湖からの宇治川・奈良方面から流れる木津川の三つの川の合流地点です。ここから淀川となって大阪に流れます。 [[img(http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/7d/df/minaseyori/folder/1462267/img_1462267_55109248_4?1289239015)]] 島本町水無瀬については、谷崎潤一郎著小説「蘆刈(あしかり)」で結構詳細に述べられています。ここ水無瀬は、小倉百人一首を並べたら、水無瀬の情景になるという藤原定家の隠れた後鳥羽上皇思いの舞台です。 参照:「百人一首の秘密」著者林直道教授の公式サイト http://www8.plala.or.jp/naomichi/ 参照:「水無瀬絵図」小倉山荘サイト  http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/hyakunin02.html (追記)小説『蘆刈』に基づく私のブログ記事 谷崎潤一郎原作・主演田中絹代 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43928675.html 愛するが故に妻との別離 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/43963187.html 阪急大山崎下車の谷崎潤一郎 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46246160.html 京都に在った諏訪湖より大きな池 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/46870978.html 十五夜お月さんと山崎の橋 http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61587198.html 水無瀬野の歴史 https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61399688.html (お知らせ)09.12.06 ①公序良俗に反するコメントや、因縁コメントは直ぐにカットします。 ②コメントは、空行も含めて10行以内でお願いします。➂私の記事や私見に反論のある方は、先ず自分のブログで論証してください。

older | 1 | .... | 20 | 21 | (Page 22) | 23 | 24 | .... | 74 | newer

    0 0


    ヨルダンは、イスラム国(ISIS)のどこを空爆したんでしょうかね?
    攻撃目標って女・子供なの?

    ヨルダン、イスラム国拠点56か所を空爆 「戦闘能力2割低下」
    2015年02月09日 07:37 発信地:アンマン/ヨルダン
    【2月9日 AFP】ヨルダンは8日、イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」に対する3日間の空爆で、56か所の攻撃目標を破壊したと発表した。(以下省略)

    さて、
    米国は、イスラム国(ISIS)を陰で資金と武器を援助し、シリア・アサド政権を一気に潰すか、それとも瀕死の状態にしてシリアをロシアが援助するのを待つのか?

    そうなったら、米国CIAとイスラエルのモサドを支配する国際金融資本連中の望む第三次世界大戦に突入するのか?



    (参考)私のブログ記事
    日本政府とマスメディアに騙される日本人 2015/2/9(月) 
    CIA役者としては力不足の安倍首相  2015/2/10(火) 



    Tuesday, January 6, 2015  2015年1月6日火曜日
    Middle East Officials Question ''Convenient Mistakes'' Of US Airdrops To Al-Qaeda

    中東当局は、アルカイダへ米国が(武器を)空中投下したことを米国が「うっかり間違って」投下したとの弁明に疑問を抱く。
    イメージ 1


    米国とNATOは、「うっかり」「偶々」と称して武器をシリアとイラク内で戦っているイスラム国(ISIS)とアルカイダ・ジハード戦士の手へ渡すべく空中投下した。

    (注)投下された武器は手榴弾やグレネードランチャーなど
    イメージ 3


    イメージ 4
    イメージ 5

    そのようなうっかりの間違いに新しいメディア(インターネット?)は大きく注目し始め、同様に中央政府、特に非常に近い将来にNATOの十字線(重鎮)でいるかもしれない人々によっても疑われています。

    イメージ 2

    伝えられる偶然の空中投下という特徴に疑問を抱くようになった人は非常に多くいます。しかし、極最近の高度な懐疑論者の1人はイランのBasij ForceBrigadier General Mohammed Reza Naqdi.)司令官です。

    1月5日、Basij軍隊への演説で、イランの司令官Naqdiは、次のように述べました。

    「米国はイラクでイスラム国(ISIS)を直接支えており、そして、米国の飛行機はイラク領内のイスラム国(ISIS)に必要な援助と武器を投下する」と述べました …「そのうえ、彼は、バグダッドの米国大使館がイスラム国(ISIS)と他の「takfiri」闘士の指揮センターであると述べました。 

    As the “convenient” and “accidental” airdrops of weapons and supplies by the US and NATO into the hands of ISIS and al-Qaeda jihadists fighting inside both Syria and Iraq begin to draw more attention throughout largely alternative media outlets, such convenient mistakes are also being questioned by national governments, particularly those who may be in the crosshairs of NATO in the very near future.
    Individuals who have come to question the nature of the allegedly accidental air drops are legion, but one of the more recent and high profile skeptics is the Commander of Iran’s Basij Force, Brigadier General Mohammed Reza Naqdi.
    In an address to a group of Basij forces on January 5, Naqdi stated that “The US directly supports the ISIL in Iraq and the US planes drop the needed aids and weapons for ISIL in Iraq …” In addition, he stated that the US Embassy in Baghdad is the command center for ISIL and other “takfiri” militants.

    この記事の続きは、下段に掲載します。
    尚、翻訳は自動翻訳によるものです。
    時間がないため、そのまま掲載します。

    (ユーチューブ)
    Video shows US arms in hands of ISIL

                          ☆

    US Airdrops Weapons to ISIS as Iraqi Army Makes Gains 
    Iranian state media claims US military aircraft have once again dropped weapons in areas held by the Islamic State 

    イランの国営メディアは、米国軍用機は、再度イスラム国(ISIS)により占領されたエリアに武器を落としたと主張する。

    イラクでも「米国はイスラム国(ISIS)により占領されたイラクのエリアにアメリカの航空機は武器を空中投下している」と米国を非難。

    American Aircraft Drop Weapons Over Iraqi Areas Held By ISIL
    (ユーチューブ)http://youtu.be/idba-EN_5QM

                          ☆ 
    元アルカイダのリーダーの証言 
    自由シリア軍(外国人テロリスト)を制御するCIA、MI6、モサド
    (ユーチューブ)http://youtu.be/uKjXBzQhgJ4

                          ☆

    ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国CIAによる反シリアアサド大統領勢力(シリア野党やイスラム国ISISやテロリスト等)への武器援助は2012年に開始し、2013年からその規模は拡大したと伝えている。

    Arms Airlift to Syria Rebels Expands, With Aid From CIA 2013年3月24日
    With help from the CIA, Arab governments and Turkey have sharply increased their military aid to Syria's opposition fighters in recent months, expanding a secret airlift of arms and equipment for the uprising against President Bashar al-Assad, according to air traffic data, interviews with officials in several countries and the accounts of rebel commanders.

                          ☆

    (参照)CNN:「イスラム国」「ISIS」「ISIL」 その違いは?




    (以下、続きの記事)
    翻訳が自動翻訳のままで読み難いですが概要は把握出来ると思います。

    Indeed, while the United States military portrays the receipt of weapons and supplies by ISIS as entirely accidental, Naqdi presents the situation as quite the opposite. Contradicting the propaganda and stated aims of the US military, Naqdi stated that the Iraqi forces have managed to retrieve aid that was actually intended for ISIS fighters, not the other way around.

    米軍は偶然を装いイラク国(ISIS)に武器と必需品を供給。

    本当に、まったく偶然であるように米国軍隊がISISによって武器と必需品の受領を描写する間、イラン司令官Naqdiは状況を非常に正反対と表現します。米軍の宣伝と定まった狙いを否定して、Naqdiは、イラク軍隊がなんとか、反対にでなく、実はISISファイターを対象とした援助を取り戻すことができたと述べました。 

    Naqdi, however, is merely the latest official in the region who has suggested that the U.S. “assault” on ISIS is half-hearted at best. Iraqi Member of Parliament Majid al-Gharawi recently stated that all information available “pointed out that US planes are supplying ISIL organization, not only in Salahuddin province, but also other provinces,” according to Iraq TradeLink.

    しかし、イラン司令官Naqdiは、単にISISに対する米国「攻撃」がせいぜい本気でないことを示唆した地域の最新の当局者だけです。

    イラクトレードリンクによれば、イラクの下院議員マジッド・アルGharawiは、利用できるすべての情報が「米国の飛行機が、サラフディーン行政区だけでなく、他の行政区でも、ISIL組織(ISIS)に供給していると指摘する」と最近述べました。

    He also stated that the United States is “not serious in fighting against the ISIL organization, because they have the technological power to determine the presence of ISIL gunmen and destroy them in one month [but have not done so].”

    Gharawi suggested that the “the US is trying to expand the time of the war against the ISIL to get guarantees from the Iraqi government to have its bases in Mosul and Anbar provinces.”
    Gharawiは、それを提案しました「米国は、イラク政府からの保証をモスルとAnbar行政区にベースがあるようにするISILとの戦いの時間を拡大しようとしています」。

    It is important to mention that, according to FARS News, the Iraqi Parliamentary Security and Defense Commission revealed that a US plane did indeed supply ISIS with arms and ammunition in the Salahuddin province in Iraq, yet that revelation has received little to no coverage in the West.

    FARSニュースによれば、イラクの議会保安と防御委員会が米国の飛行機がイラクのサラフディーン行政区でISISに武器と弾薬を本当に供給した、それでも、意外な事実が西側ではほとんど報道していないことを明らかにしたと言うことは、重要です。

    In late December, 2014, yet another Iraqi lawmaker, Nahlah al-Hababi, questioned the motives and commitment of the US and its anti-ISIL coalition and claimed that the terrorist groups are actually receiving a large amount of aid dropped by unidentified aircraft.

    12月下旬(2014)に、さらに別のイラクの議員(NahlahアルHababi)は、米国とその反ISIL連立の動機と関与に質問して、テロリストのグループが未確認航空機で下ろされる大量の援助を実は受けていると主張しました。 

    Hababi is quoted by FARS News Agency as stating “The international coalition is not serious about air strikes on ISIL terrorists and is even seeking to take out the popular Basij (voluntary) forces from the battlefield against the Takfiris so that the problem with ISIL remains unsolved in the near future.”

    「ISILに関する問題が近い将来、未解決のままであるように、国際的連立はISILテロリストに対する空襲に関して真剣でなくて、Takfirisに対して戦場から人気のBasij(任意の)軍隊を取り出そうとさえしています」と述べると、HababiはFARS通信社によって伝えられます。

    “Basij” is a term that largely means “volunteer” as in volunteer forces.
    「Basij」は、主にボランティア軍隊の場合のように「ボランティア」を意味する語です。

    She also was quoted as saying that “The ISIL terrorists are still receiving aids from unidentified fighter jets in Iraq and Syria.”

    彼女も、「ISILテロリストは、まだイラクとシリアで未確認ジェット戦闘機から援助を受け取っています」と語ったと伝えられました。

    FARS also quotes Hababi as pointing out that the airstrikes launched by NATO are only launched in areas where Kurdish Peshmerga forces are fighting, while such strikes launched in other areas are “not so precise.” The suggestion, of course, is that the “coalition” has a vested interest in supporting the Kurdish forces while, at the same time, supporting ISIS in the process of weakening Syria’s Assad, Iraqi nationalism, and presumably, Iranian influence. Clearly, Hababi is not far off from the reality of the situation.

    他の地域で始まるそのようなストライキが「それほど正確でない」間、NATOによって開始される空襲がクルド族のPeshmerga力が戦っている地域で始まるだけであると指摘するように、FARSもHababiを引合いに出します「。」、提案は、もちろん、同時に、シリアのアサド、イラクの国家主義と、おそらく、イランの影響を弱めるところのISISを支持する間、「連立」にはクルド族の力を支える際に既得権があるということです。明らかに、Hababiは状況の現実から遠くありません。


    As FARS writes,
    FARSが書いて、,
    In late December, the US-led coalition dropped aids to the Takfiri militants in an area North of Baghdad.

    12月下旬に、米国が率いる連立は、バグダッドの地域ノースで、Takfiri闘士の補助を下げました。 

    Field sources in Iraq told al-Manar that the international coalition airplanes dropped aids to the terrorist militants in Balad, an area which lies in Salahuddin province North of Baghdad.

    イラクのフィールド関係者は、国際的な連立飛行機がBalad(バグダッドのサラフディーン行政区北部にある地域)でテロリストの闘士の補助を下げるとアルManarに話しました。 

    In October, a high-ranking Iranian commander also slammed the US for providing aid supplies to ISIL, adding that the US claims that the weapons were mistakenly airdropped to ISIL were untrue.

    10月に、高級イランの指揮官も米国を援助供給をISILに提供するとして酷評しました。そして、米国が武器がISILに誤って投下されたことが偽りだったと主張すると付け加えました。

    “The US and the so-called anti-ISIL coalition claim that they have launched a campaign against this terrorist and criminal group – while supplying them with weapons, food and medicine in Jalawla region (a town in Diyala Governorate, Iraq). This explicitly displays the falsity of the coalition’s and the US’ claims,” Deputy Chief of Staff of the Iranian Armed Forces Brigadier General Massoud Jazayeri said.

    「米国といわゆる反ISIL連立は、彼らがこのテロリストと犯罪のグループに反対する運動を開始したと主張します – Jalawla地域(Diyala行政区域(イラク)の町)で彼らに武器、食物と医療を供給している。これが、連立の、そして、米国の主張の嘘をはっきりと示します」と、イランのマスード・ジャザエリ軍准将の次席補佐官は言いました。 
    The US claimed that it had airdropped weapons and medical aid to Kurdish fighters confronting the ISIL in Kobani, near the Turkish border in Northern Syria.

    北シリアのトルコの境界の近くで、米国は、KobaniでISILに直面しているクルド族のファイターに武器と医療扶助を投下したと主張しました。 

    The US Defense Department said that it had airdropped 28 bundles of weapons and supplies, but one of them did not make it into the hands of the Kurdish fighters.

    米国国防総省は28の束の武器と必需品を投下したと言いました、しかし、彼らのうちの1人はクルド族のファイターの手になんとかしませんでした。 

    Video footage later showed that some of the weapons that the US airdropped were taken by ISIL militants.

    ビデオ場面は、米国が投下した武器のいくつかがISIL闘士によってとられることを後で示しました。

    The question of such “convenient accidents” are by no means unique to the Middle Eastern, Iraqi, or Iranian press reports, however. These types of “mistakes” happen on a seemingly regular basis in areas where the United States is allegedly fighting the very terrorist organization it created.

    しかし、「便利な事故」が中東であるか、イラクであるかイランの報道に決して特有でないようなものの問題。この種の「間違い」は、伝えられるところでは、アメリカ合衆国がつくったまさしくそのテロ集団と戦っている地域で、一見規則的な原則で起こります。 

    In October, 2014, “coalition” forces dropped a number of aid supplies and ammunition allegedly intended for the Iraqi people and anti-Isis forces on the ground into territory controlled by ISIS. The “mistake” was confirmed by Iraqi officials and parliamentarians.

    2014年10月に、「連合」軍隊は、伝えられるところでは、ISISによってコントロールされる領域に地上でイラクの人々と反イシス軍隊を目的とするいくつかの援助供給と弾薬を落としました。「間違い」は、イラクの当局と議員によって確かめられました。 

    Only in the West, it seems, does the general public look upon the so-called mistakes as anything but a sloppy excuse to re-arm NATO’s terrorist mercenaries in order to reinvigorate their proxy war.

    中でだけ、西側は、彼らの代理戦争を生き返らせるためにNATOのテロリストの傭兵を再武装させる濡れた理由以外の何としてでも、いわゆる間違いと同時に一般的な一般の観察を、どうやら、します。



    0 0


    昨日の私のブログ記事の続編です。
    中東はCIA演出の茶番劇場』

                           ☆

    愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

    Nur ein Idiot glaubt, aus den eigenen Erfahrungen zu lernen.
    Ich ziehe es vor, aus den Erfahrungen anderer zu lernen, um von vorneherein eigene Fehler zu vermeiden.
    Fools say they learn from experience; I prefer to learn from the experience of others.
                           ☆

    大東亜戦争(太平洋戦争)とは、元首相で共産主義者の近衛文麿が日米開戦の必然な状況を演出し、米国の操り人形連合艦隊司令長官山本五十六が満州の利権を狙う米国の共産主義者フランクリン・ルーズベルト大統領と米国の第二次世界大戦への参加を図る英国チャーチル首相の描いたシナリオに沿って真珠湾を攻撃したものですね。

    だから、山本五十六は真珠湾攻撃でも、艦船ドックや燃料貯蔵施設の攻撃をさせなかったし、ミッドウェー海戦でも、航空母艦に護衛艦も付けずにほぼ裸のまま参戦させ、海軍を壊滅状況に陥らせた。

    同じようなことが再び起きようとしていますね。米国の戦略国際問題研究所(CSIS)の指示に基づき、日本政府による日本の戦争への道でしょう。

    政府とマスメディアにいとも簡単に騙される日本民族は、再度、プロパガンダ(政治的宣伝)に洗脳され、ほぼ国民総意で中東や北欧で予想される第三次世界大戦に自衛隊を派遣するのでしょうか。
                           ☆

    下記は、伊丹十三氏の父である同じく映画監督の伊丹万作氏が大東亜戦争の終戦の翌年1946年に書いた随筆です。是非、一読をオススメ致します。



    イメージ 7

                                (※)画像右下の(+)をクロックしたら拡大します。

    (『映画春秋』創刊号・昭和二十一年八月)
    戦争責任者の問題  筆者:伊丹万作

    イメージ 1

     最近、自由映画人連盟の人たちが映画界の戦争責任者を指摘し、その追放を主張しており、主唱者の中には私の名前もまじつているということを聞いた。

    それがいつどのような形で発表されたのか、くわしいことはまだ聞いていないが、それを見た人たちが私のところに来て、あれはほんとうに君の意見かときくようになつた。

     そこでこの機会に、この問題に対する私のほんとうの意見を述べて立場を明らかにしておきたいと思うのであるが、実のところ、私にとつて、近ごろこの問題ほどわかりにくい問題はない。考えれば考えるほどわからなくなる。そこで、わからないというのはどうわからないのか、それを述べて意見のかわりにしたいと思う。

    イメージ 2

     さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。私の知つている範囲ではおれがだましたのだといつた人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつわからなくなつてくる。

    多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はつきりしていると思つているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。

    たとえば、民間のものは軍や官にだまされたと思つているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。

    上のほうへ行けば、さらにもつと上のほうからだまされたというにきまつている。すると、最後にはたつた一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。

    すなわち、だましていた人間の数は、一般に考えられているよりもはるかに多かつたにちがいないのである。

    しかもそれは、「だまし」の専門家と「だまされ」の専門家とに劃然と分れていたわけではなく、いま、一人の人間がだれかにだまされると、次の瞬間には、もうその男が別のだれかをつかまえてだますというようなことを際限なくくりかえしていたので、つまり日本人全体が夢中になつて互にだましたりだまされたりしていたのだろうと思う。

     このことは、戦争中の末端行政の現われ方や、新聞報道の愚劣さや、ラジオのばかばかしさや、さては、町会、隣組、警防団、婦人会といつたような民間の組織がいかに熱心にかつ自発的にだます側に協力していたかを思い出してみれば直ぐにわかることである。

     たとえば、最も手近な服装の問題にしても、ゲートルを巻かなければ門から一歩も出られないようなこつけいなことにしてしまつたのは、政府でも官庁でもなく、むしろ国民自身だつたのである。

    私のような病人は、ついに一度もあの醜い戦闘帽というものを持たずにすんだが、たまに外出するとき、普通のあり合わせの帽子をかぶつて出ると、たちまち国賊を見つけたような憎悪の眼を光らせたのは、だれでもない、親愛なる同胞諸君であつたことを私は忘れない。

    もともと、服装は、実用的要求に幾分かの美的要求が結合したものであつて、思想的表現ではないのである。しかるに我が同胞諸君は、服装をもつて唯一の思想的表現なりと勘違いしたか、そうでなかつたら思想をカムフラージュする最も簡易な隠れ蓑としてそれを愛用したのであろう。

    そしてたまたま服装をその本来の意味に扱つている人間を見ると、彼らは眉を逆立てて憤慨するか、ないしは、眉を逆立てる演技をして見せることによつて、自分の立場の保鞏ほきようにつとめていたのであろう。

     少なくとも戦争の期間をつうじて、だれが一番直接に、そして連続的に我々を圧迫しつづけたか、苦しめつづけたかということを考えるとき、だれの記憶にも直ぐ蘇つてくるのは、直ぐ近所の小商人の顔であり、隣組長や町会長の顔であり、あるいは郊外の百姓の顔であり、あるいは区役所や郵便局や交通機関や配給機関などの小役人や雇員や労働者であり、あるいは学校の先生であり、といつたように、我々が日常的な生活を営むうえにおいていやでも接触しなければならない、あらゆる身近な人々であつたということはいつたい何を意味するのであろうか。

    イメージ 4

    いうまでもなく、これは無計画な癲狂戦争の必然の結果として、国民同士が相互に苦しめ合うことなしには生きて行けない状態に追い込まれてしまつたためにほかならぬのである。

    そして、もしも諸君がこの見解の正しさを承認するならば、同じ戦争の間、ほとんど全部の国民が相互にだまし合わなければ生きて行けなかつた事実をも、等しく承認されるにちがいないと思う。

     しかし、それにもかかわらず、諸君は、依然として自分だけは人をだまさなかつたと信じているのではないかと思う。

     そこで私は、試みに諸君にきいてみたい。「諸君は戦争中、ただの一度も自分の子にうそをつかなかつたか」と。

    たとえ、はつきりうそを意識しないまでも、戦争中、一度もまちがつたことを我子に教えなかつたといいきれる親がはたしているだろうか。

     いたいけな子供たちは何もいいはしないが、もしも彼らが批判の眼を持つていたとしたら、彼らから見た世の大人たちは、一人のこらず戦争責任者に見えるにちがいないのである。

     もしも我々が、真に良心的に、かつ厳粛に考えるならば、戦争責任とは、そういうものであろうと思う。

     しかし、このような考え方は戦争中にだました人間の範囲を思考の中で実際の必要以上に拡張しすぎているのではないかという疑いが起る。

     ここで私はその疑いを解くかわりに、だました人間の範囲を最少限にみつもつたらどういう結果になるかを考えてみたい。

    イメージ 5
    もちろんその場合は、ごく少数の人間のために、非常に多数の人間がだまされていたことになるわけであるが、はたしてそれによつてだまされたものの責任が解消するであろうか。

     だまされたということは、不正者による被害を意味するが、しかしだまされたものは正しいとは、古来いかなる辞書にも決して書いてはないのである。

    だまされたとさえいえば、一切の責任から解放され、無条件で正義派になれるように勘ちがいしている人は、もう一度よく顔を洗い直さなければならぬ。

     しかも、だまされたもの必ずしも正しくないことを指摘するだけにとどまらず、私はさらに進んで、「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」ことを主張したいのである。

     だまされるということはもちろん知識の不足からもくるが、半分は信念すなわち意志の薄弱からくるのである。

    我々は昔から「不明を謝す」という一つの表現を持つている。これは明らかに知能の不足を罪と認める思想にほかならぬ。

    つまり、だまされるということもまた一つの罪であり、昔から決していばつていいこととは、されていないのである。

     もちろん、純理念としては知の問題は知の問題として終始すべきであつて、そこに善悪の観念の交叉する余地はないはずである。

    しかし、有機的生活体としての人間の行動を純理的に分析することはまず不可能といつてよい。すなわち知の問題も人間の行動と結びついた瞬間に意志や感情をコンプレックスした複雑なものと変化する。これが「不明」という知的現象に善悪の批判が介在し得るゆえんである。

    イメージ 6
    また、もう一つ別の見方から考えると、いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかつたとしたら今度のような戦争は成り立たなかつたにちがいないのである。

     つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。

     そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。

     このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかつた事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかつた事実とまつたくその本質を等しくするものである。

     そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。

     それは少なくとも個人の尊厳の冒涜ぼうとく、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切りである。

    また、悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚である。ひいては国民大衆、すなわち被支配階級全体に対する不忠である。

     我々は、はからずも、いま政治的には一応解放された。しかしいままで、奴隷状態を存続せしめた責任を軍や警察や官僚にのみ負担させて、彼らの跳梁を許した自分たちの罪を真剣に反省しなかつたならば、日本の国民というものは永久に救われるときはないであろう。

    「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。

    イメージ 3
    「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

     一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。

    この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱せいじやくな自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

     こうして私のような性質のものは、まず自己反省の方面に思考を奪われることが急であつて、だました側の責任を追求する仕事には必ずしも同様の興味が持てないのである。

     こんなことをいえば、それは興味の問題ではないといつてしかられるかもしれない。たしかにそれは興味の問題ではなく、もつとさし迫つた、いやおうなしの政治問題にちがいない。

    しかし、それが政治問題であるということは、それ自体がすでにある限界を示すことである。

     すなわち、政治問題であるかぎりにおいて、この戦争責任の問題も、便宜的な一定の規準を定め、その線を境として一応形式的な区別をして行くより方法があるまい。

    つまり、問題の性質上、その内容的かつ徹底的なる解決は、あらかじめ最初から断念され、放棄されているのであつて、残されているのは一種の便宜主義による解決だけだと思う。

    便宜主義による解決の最も典型的な行き方は、人間による判断を一切省略して、その人の地位や職能によつて判断する方法である。

    現在までに発表された数多くの公職追放者のほとんど全部はこの方法によつて決定された。もちろん、そのよいわるいは問題ではない。ばかりでなく、あるいはこれが唯一の実際的方法かもしれない。

     しかし、それなら映画の場合もこれと同様に取り扱つたらいいではないか。しかもこの場合は、いじめたものといじめられたものの区別は実にはつきりしているのである。
     いうまでもなく、いじめたものは監督官庁であり、いじめられたものは業者である。これ以上に明白なるいかなる規準も存在しないと私は考える。

     しかるに、一部の人の主張するがごとく、業者の間からも、むりに戦争責任者を創作してお目にかけなければならぬとなると、その規準の置き方、そして、いつたいだれが裁くかの問題、いずれもとうてい私にはわからないことばかりである。

     たとえば、自分の場合を例にとると、私は戦争に関係のある作品を一本も書いていない。けれどもそれは必ずしも私が確固たる反戦の信念を持ちつづけたためではなく、たまたま病身のため、そのような題材をつかむ機会に恵まれなかつたり、その他諸種の偶然的なまわり合せの結果にすぎない。

     もちろん、私は本質的には熱心なる平和主義者である。しかし、そんなことがいまさら何の弁明になろう。

    戦争が始まつてからのちの私は、ただ自国の勝つこと以外は何も望まなかつた。そのためには何事でもしたいと思つた。

    国が敗れることは同時に自分も自分の家族も死に絶えることだとかたく思いこんでいた。親友たちも、親戚も、隣人も、そして多くの貧しい同胞たちもすべて一緒に死ぬることだと信じていた。この馬鹿正直をわらう人はわらうがいい。

     このような私が、ただ偶然のなりゆきから一本の戦争映画も作らなかつたというだけの理由で、どうして人を裁く側にまわる権利があろう。

     では、結局、だれがこの仕事をやればいいのか。それも私にはわからない。ただ一ついえることは、自分こそ、それに適当した人間だと思う人が出て行つてやるより仕方があるまいということだけである。

     では、このような考え方をしている私が、なぜ戦犯者を追放する運動に名まえを連ねているのか。

    私はそれを説明するために、まず順序として、私と自由映画人集団との関係を明らかにする必要を感じる。

     昨年の十二月二十八日に私は一通の手紙を受け取つた。それは自由映画人集団発起人の某氏から同連盟への加盟を勧誘するため、送られたものであるが、その文面に現われたかぎりでは、同連盟の目的は「文化運動」という漠然たる言葉で説明されていた以外、具体的な記述はほとんど何一つなされていなかつた。

     そこで私はこれに対してほぼ次のような意味の返事を出したのである。
    「現在の自分の心境としては、単なる文化運動というものにはあまり興味が持てない。また来信の範囲では文化運動の内容が具体的にわからないので、それがわかるまでは積極的に賛成の意を表することができない。

    しかし、便宜上、小生の名まえを使うことが何かの役に立てば、それは使つてもいいが、ただしこの場合は小生の参加は形式的のものにすぎない。」

     つまり、小生と集団との関係というのは、以上の手紙の、応酬にすぎないのであるが、右の文面において一見だれの目にも明らかなことは、小生が集団に対して、自分の名まえの使用を承認していることである。

    つまり、そのかぎりにおいては集団はいささかもまちがつたことをやつていないのである。もしも、どちらかに落度があつたとすれば、それは私のほうにあつたというほかはあるまい。

     しからば私のほうには全然言い分を申し述べる余地がないかというと、必ずしもそうとのみはいえないのである。

    なぜならば、私が名まえの使用を容認したことは、某氏の手紙の示唆によつて集団が単なる文化事業団体にすぎないという予備知識を前提としているからである。

    この団体の仕事が、現在知られているような、尖鋭な、政治的実際運動であることが、最初から明らかにされていたら、いくらのんきな私でも、あんなに放漫に名まえの使用を許しはしなかつたと思うのである。

     なお、私としていま一つの不満は、このような実際運動の賛否について、事前に何らの諒解を求められなかつたということである。

     しかし、これも今となつては騒ぐほうがやぼであるかもしれない。最初のボタンをかけちがえたら最後のボタンまで狂うのはやむを得ないことだからである。

     要するに、このことは私にとつて一つの有益な教訓であつた。元来私は一個の芸術家としてはいかなる団体にも所属しないことを理想としているものである。(生活を維持するための所属や、生活権擁護のための組合は別である)。

     それが自分の意志の弱さから、つい、うつかり禁制を破つてはいつも後悔する羽目に陥つている。今度のこともそのくり返しの一つにすぎないわけであるが、しかし、おかげで私はこれをくり返しの最後にしたいという決意を、やつと持つことができたのである。

    最近、私は次のような手紙を連盟の某氏にあてて差し出したことを付記しておく。
    「前略、小生は先般自由映画人集団加入の御勧誘を受けた際、形式的には小生の名前を御利用になることを承諾いたしました。

    しかし、それは、御勧誘の書面に自由映画人連盟の目的が単なる文化運動とのみしるされてあつたからであつて、昨今うけたまわるような尖鋭な実際運動であることがわかつていたら、また別答のしかたがあつたと思います。

     ことに戦犯人の指摘、追放というような具体的な問題になりますと、たとえ団体の立場がいかにあろうとも、個人々々の思考と判断の余地は、別に認められなければなるまいと思います。

     そして小生は自分独自の心境と見解を持つものであり、他からこれをおかされることをきらうものであります。したがつて、このような問題についてあらかじめ小生の意志を確かめることなく名まえを御使用になつたことを大変遺憾に存ずるのであります。
     
    しかし、集団の仕事がこの種のものとすれば、このような問題は今後においても続出するでありましようし、その都度、いちいち正確に連絡をとつて意志を疎通するということはとうてい望み得ないことが明らかですから、この際、あらためて集団から小生の名前を除いてくださることをお願いいたしたいのです。

     なにぶんにも小生は、ほとんど日夜静臥中の病人であり、第一線的な運動に名前を連ねること自体がすでにこつけいなことなのです。また、療養の目的からも遠いことなのです。
     では、除名の件はたしかにお願い申しました。草々頓首」(四月二十八日)



    (参考)伊丹万作監督の映画抜粋(ユーチューブ)
    『赤西蠣太』(1936) Akanishi Kakita :Capricious Young Man 1/6
    『新しき土』1937特撮ダイジェスト
    『新しき土』 Tochter des Samurai 全編 1時間45分
    新しき土は1937年公開の日独合作映画。新しき土とは満州のことを指している。ドイ­ツ語版のタイトルはDie Tochter des Samurai
    脚本アーノルド・ファンク:伊丹万作(伊丹十三の父)
    『國士無双』(1932) The Peerless Patriot
    『無法松の一生』(1958) 予告篇 監督稲垣浩、脚色伊丹万作・稲垣浩

    青空文庫:作家別作品リスト:No.231
    伊丹 万作




    0 0


    先日、偶然、下記の研究論文と出合い、この内容は40年前受講した『ランチェスター戦略』と同じであると思いましたね。この論文のさわりだけでも知っていましたら、必ずやお役に立つと思いますので掲載します。

    『Minority rules: Scientists discover tipping point for the spread of ideas』
    少数の法則:科学者は思想の普及のための転換点を発見

    分かり易く一言にすると「会議や会合で、自分の意見を通したかったら、最低でも出席者の10%の賛同者が必要」です。

    換言すると、例えば「出席者30人の町内会で自分の提案を賛成多数で可決させるには、圧倒的少数ですが、自分を含めて3人の賛同者がいれば可能」ということです。

    もうちょっと分かり易く説明する場合は、ランチェスター戦略の方がいいでしょう。

    「スマホや携帯を禁止していない小学校でクラスの員数が20人の場合、2人(10%)の学童がスマホや携帯を持って登校し、教室で操作したら、そのうち14人(70%)の児童が携帯やスマホを持つようになる」ということなのです。

    図にするとこうなります。
    イメージ 1

    例えば、ロボット掃除機の場合、全家庭の10%に浸透するまでは時間がかかるが、10%(D・P)を超えた場合、販売数量はぐんと伸びる。
    但し、それまでの金持ちやメカキチが購入する高い価格での需要は一巡し、プラトー現象(販売数量が伸びない)が起こる。
    更に伸ばすためには、低価格商品の発売である。
    普通のサラリーマン家庭が買える価格まで落ちると、需要は一気に拡大する。

    但し、当初、どうしても市場の10%の家庭までロボット掃除機が浸透しないと、その掃除機は何れ市場から消える可能性が強い。


    (参考)
    私の運命を変えた「ランチェスター戦略」との出会い  2009/2/1(日) 
    田岡信夫氏が米国から持ち込んだ「ランチェスター戦略」を1974年に受講。
    40年前の話ですね。



    以下、その研究論文

    日付:2011年7月26日        Date:July 26, 2011
    出典:レンセラー工科大学     Source:Rensselaer Polytechnic Institute 
    概要:  Summary:

    科学者たちは、人口のわずか10%が揺るぎない信念を保持しているとき、彼らの信念は常に社会の過半数によって採択されることを見出した。 科学者は少数派の信念は、大多数の意見になる転換点を発見するために計算および分析方法を使用していた。

    Scientists have found that when just 10 percent of the population holds an unshakable belief, their belief will always be adopted by the majority of the society. The scientists used computational and analytical methods to discover the tipping point where a minority belief becomes the majority opinion.
    (以下原文省略)
              ☆       ☆       ☆

    (図の説明)
    画面の球体の表面の赤色は、少数意見を表す。
    少数意見の方が例え10%でも、信念を持っていたら、感化され、大半の人がその意見に賛同するレベルの紫色に変化する。

    イメージ 2


    この可視化では、赤で表示の少数意見はすぐに大多数の意見になる転換点を参照してください。ある情報交換グループ内では、 時間が経つにつれて、少数意見(赤)が大きくなる。 少数意見(赤)は、人口の10%に達したら、少数意見が元の多数意見(緑)を引き継ぐように急速に赤系色に変化。
    クレジット:SCNARC /レンセラー工科大学

              ☆       ☆       ☆

    レンラー工科大学の科学者たちは、人口のわずか10%の人が揺るぎない信念を持っている場合、彼らの信念は常に社会の過半数によって採択されることを見出した。

     レンセラー工科大学の社会認知ネットワーク学研究センター(SCNARC)のメンバーである科学者は、少数の信念は、大多数の意見になる転換点を見出すために計算および分析をしていた。 

    この発見は、革新の広がりから政治的理想の動きに至るまで、社会的相互作用の影響のために意味を持っている。

    逆に「コミット意見保有者の数が10パーセントを下回ると、思想の普及には目に見える進展はない。

    それは、文字通り過半数に到達するために、宇宙の年齢に匹敵するまでの時間がかかるだろう」と、 SCNARCディレクターボレスワフスジーマンスキー、レンセラーでクレアとローランドシュミット名誉教授は言う。

     「その数は10パーセントを超える成長したら、思想が炎のように広がっていきます。」

    例として、チュニジアやエジプトで進行中の出来事は、スジーマンスキーによると、同様の過程を示すように思われる。 「これらの国では、何十年も政権を握っていた独裁者は突然、わずか数週間で倒された。」

    調査結果の記事は2011年7月22日、ジャーナルフィジカルレビューEの初期のオンライン版にタイトル「献身的な少数民族の影響を通じた社会の総意」で掲載された。

                          ◆

    (注)この続きの訳文は、時間がないため自動訳文のままです。

    An important aspect of the finding is that the percent of committed opinion holders required to shift majority opinion does not change significantly regardless of the type of network in which the opinion holders are working. In other words, the percentage of committed opinion holders required to influence a society remains at approximately 10 percent, regardless of how or where that opinion starts and spreads in the society.

    発見の重要な側面は、多数意見をシフトするために必要なコミットされた意見保有者の割合は、意見保有者が作業しているネットワークの種類に関係なく、あまり変化しないということです。 

    言い換えれば、社会に影響を与えるために必要な委員会に付託された意見保有者の割合は、関係なく方法や場所、その意見が起動し、社会に広がるのは、少なくとも約10%のままです。

    To reach their conclusion, the scientists developed computer models of various types of social networks. One of the networks had each person connect to every other person in the network. The second model included certain individuals who were connected to a large number of people, making them opinion hubs or leaders. The final model gave every person in the model roughly the same number of connections. The initial state of each of the models was a sea of traditional-view holders. Each of these individuals held a view, but were also, importantly, open minded to other views.

    彼らの結論に到達するために、科学者たちは、ソーシャルネットワークの様々な種類のコンピュータモデルを開発した。 

    ネットワークの一つは、それぞれの人が、ネットワーク内の他のすべての者に接続していた。 第二のモデルは、それらの意見ハブやリーダー作り、多くの人に接続されていた特定の個人が含まれていた。 最終モデルは、モデル内の接続のほぼ同じ数のすべての人を与えた。 各モデルの初期状態は、伝統的なビューの所有者の海だった。 これらの個人はそれぞれ、ビューを開催しましたが、また、重要なのは、オープンマインド他のビューとなりました。

    Once the networks were built, the scientists then "sprinkled" in some true believers throughout each of the networks. These people were completely set in their views and unflappable in modifying those beliefs. As those true believers began to converse with those who held the traditional belief system, the tides gradually and then very abruptly began to shift.

    ネットワークが構築された後は、科学者たちは、その後の各ネットワークを通していくつかの真の信者に「ふりかけ」。 これらの人々は完全に自分の意見で設定され、それらの信念を変更することでパニックにならないし。 それらの真の信者は徐々に伝統的な信念体系、潮を保持し、次いで非常に急に移行し始めた人たちと会話するために始めた。

    "In general, people do not like to have an unpopular opinion and are always seeking to try locally to come to consensus. We set up this dynamic in each of our models," said SCNARC Research Associate and corresponding paper author Sameet Sreenivasan. To accomplish this, each of the individuals in the models "talked" to each other about their opinion. If the listener held the same opinions as the speaker, it reinforced the listener's belief. If the opinion was different, the listener considered it and moved on to talk to another person. If that person also held this new belief, the listener then adopted that belief.

    「一般的に、人々は不人気意見を持って好きではない、常にコンセンサスに来て、ローカルにしようとしようとしている。私たちは、各モデルでこのダイナミックを設定し、「SCNARC研究員と対応する用紙の作者Sameet Sreenivasanは語った。 これを達成するために、モデル内の各個体は、彼らの意見を相互に「話し」。 リスナーがスピーカーと同じ意見を保持していた場合、それがリスナーの信念を補強した。 意見が違っていた場合、リスナーはそれを考慮し、他の人に話をする上で移動した。 その人が、この新しい信念を保持していた場合、リスナーは、その信念を採用した。(以下省略)




    (参考1)
    イメージ 3

    政府がバレバレの嘘八百をマスメディアを介して報道し、馬耳東風でいるのは、新聞やTVの報道は正しいと信じ切っている主に団塊の世代連中が、人口の10%以上いるからである。

      「三本の矢で景気は回復する」
      「放射能に汚染された野菜を食べても将来に亘って健康被害はない」

    (参考1)
    気付いた方がいると思いますが、現職の議員が次の選挙で落選するのは、在職中、戦略がない場合が多い、

    (参考2)
    例えば、あるTV局の在日の新卒採用枠人数が、新卒総採用人員の5%の場合の在日の一つの戦略は、番組制作スタッフの在日構成比率を10%以上に配置することであり、その為には自分たちの仲間以外の者をば総務とか経理に配置転換をしたり、辞めさせたりする。

    (参考3)
    それも必要がないマスコミもある。
    Yahoo知恵袋
    在日の恐ろしいマスコミ支配 在日枠



    (注)掲載画像は、借用したものです。


    0 0


    エジプト軍が報復でイスラム国(ISIS)のどこか不明場所を空爆したという。どこでしょうかね?

    مصر توجه ضربة جوية لأهداف تابعة
    للدولة الإسلامية في ليبيا
    http://www.alquds.co.uk/?p=296449

    エジプトというと、バラク・オバマ大統領の半兄マリク・オバマをテロ組織のリーダーとして入国禁止にしている国ですぞ。

    半兄マリク・オバマは、半弟のバラク・オバマ大統領の資金源でもあり、他方、米国国務省がテロ支援国家と指定したスーダンのテロ組織イスラムDa'wa機構(IDO)の事務局長ですぞ。

    この中近東の紛争が、いかにバラク・オバマ大統領の描いたシナリオ通りに事が進んでいることかがお分かりでしょう。

    そのシナリオに沿って動いていた安倍首相の1月の中近東諸国バラマキ訪問。
                         ☆

    エジプト軍「イスラム国」拠点を空爆 日刊スポーツ 2015年2月16日22時31分
    http://www.nikkansports.com/general/news/1435346.html

    過激派組織「イスラム国」のグループは15日、リビアで拘束していたエジプトのキリスト教の一派、コプト教徒21人を殺害したとみられる映像をインターネット上に公開した。エジプト軍は16日、イスラム国への「報復」としてリビアで同組織の拠点を空爆したと発表した。

     本拠地シリア、イラクから離れたリビアで勢力を拡大する同組織に対し、地域大国エジプトが初の直接的な軍事作戦に踏み切った。シシ大統領はテレビ演説で「エジプトは世界と共に過激派と激しい戦いを進めている」と述べ、同組織と対決する強い決意を表明した。(以下省略)


    エジプト、仏戦闘機24機購入 イスラム過激派に備え
    2015/2/14 21:01 日経
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H30_U5A210C1FF8000/

    【パリ=竹内康雄】フランスとエジプト両政府は、エジプトが仏ダッソー・アビアシオン社製の戦闘機「ラファール」24機を購入することで合意した。ラファールの国外輸出は初めて。エジプトは兵器の近代化で隣国などで勢力を拡大するイスラム過激派などへの備えを拡充する。

    16日にカイロで両国の代表が契約に署名する。同時に購入するフリゲート艦や空対空ミサイルと合わせ52億ユーロ(約7000億円)規模の取引となる。仏メディアによると、2014年秋にパリを訪れたエジプトのシシ大統領がオランド大統領にラファールをはじめとする最新鋭兵器の購入を持ちかけたという。(中略)


    航空・防衛はフランスの一大産業で輸出に最も力を入れており、不振にあえぐ仏経済の起爆剤になるとの期待も大きい。(以下省略)

                         ☆

    やはりそうだったのか!  ヽ(´▽`)/
    我らの税金が、エジプト購入のフランス製戦闘機に化けた!

    日・エジプト首脳会談 安倍首相、430億円の円借款供与を表明
    01/18 06:05 FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00284599.html

    イメージ 1


    エジプトを訪問中の安倍首相は、日本時間の17日、カイロで政策スピーチを行い、中東の安定化に向けて全力を挙げる考えを示すとともに、インフラ整備などに新たに25億ドルの支援を行うことを表明した。(中略)

    この中で、安倍首相は、過激派組織「イスラム国」などを念頭に、「テロや大量破壊兵器を広がるに任せたら、国際社会に与える損失は計り知れない」と指摘したうえで、中東の安定化に「力を尽くしたい」と強調した。(←やっていることは中東の不安定化じゃないの?)

    そして、安倍首相は、中東の人道支援やインフラ整備など、非軍事の分野で、新たに25億ドル(およそ2,900億円)の経済支援を実施する意向を明らかにした。

    このあと、安倍首相は、大統領府でシシ大統領と会談し、「今、世界で起きている過激主義の流れを止めて行かなければならない。

    『中庸は最善』という哲学を大統領と共有し、進めていきたい」と伝えるとともに、国際空港の拡張や電力網整備のために、およそ430億円の円借款を新たに供与すると表明した。(←やっていることから見えるのは、『ポチは最善』じゃないの?)



    (私のブログ記事)
    シナリオ通りの『自衛隊海外派遣恒久法案』 2015/1/23(金)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63021718.html
    ISIS(イスラム国)記事の序 2015/1/31(土)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63033422.html
    ジャーナリスト後藤健二氏誘拐犯はオバマ大統領?  2015/1/31(土)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63033995.html
    安倍首相の大根演技でも騙される日本国民  2015/2/2(月)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63036818.html
    やはり異常だった後藤親子  2015/2/3(火)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63038283.html
    9.11の如く世界は騙された  2015/2/7(土)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63042985.html

                      ◆

    オバマ大統領の血と思想の源  2013/9/1(日)
    http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/62127936.html

    マリク・オバマ(1958年3月生れ)は、オバマ大統領の法律上の父親であるバラク·オバマ·シニア(1934-1982、3回結婚)の最初の妻Keziaと出来た息子。 (注)オバマ大統領は1961年8月生れ。

    イメージ 2

    オバマ大統領(バラク・オバマ)の法律上の父親はバラク・オバマ・シニア(画像左)で、マリク・オバマの父親である。オバマの母親アン・ダノムが不倫した相手のオバマ大統領の実の父親は、フランク・マーシャル・ディビス(画像右)。

    イメージ 3

    (画像)左がマリク・オバマ。父親とそっくりでしょう。
    右がバラク・オバマ(大統領)。法律上は半兄弟だが、血族的には全くつながりが無いから全く似ていない。
                          ☆

    マリク・オバマは、Abongoまたはロイとして知られている
    生まれ育ったのがケニア共和国首都ナイロビ。
    ナイロビ大学 で会計の学位を取得。
    半兄弟が初めて会ったのが1985年バラクがマリクを訪問。
    以後、何度もこの二人は会っている。



    さて、本題

    確認しました:バルク・オバマ大統領の兄弟マリク・オバマは、テロリストと親密な関係 

    Confirmed: Obama’s Brother In Bed With Terrorists

    It has been learned that the relationship between President Barack Obama’s half-brother Malik Obama and Sudan’s President Omar Al-Bashir is much closer than previously thought. Malik is the Executive Secretary of the Islamic Da’wa Organization (IDO) as reported by all major Saudi press, including Okaz


    バラク・オバマ大統領の半兄マリク・オバマとスーダンのオマール・アル・バシル大統領は、以前考えられていたよりも遥かに近い関係にあるということを知らされました。

    すべての主要なサウジアラビアの新聞(Okazを含む)によって報告されているように、マリク・オバマはイスラムDa'wa機構(IDO)の事務局長です。

    How significant is this?
    これは、どれくらい重要か?

    Very significant. The IDO has been created by the Sudanese Government, which is considered by the U.S. State Department as a terrorist state. This places Malik Obama in bed with terrorists and working as an official with a terrorist state.

    非常に重要です。IDOはスーダン政府によってつくられました。そして、それは米国国務省によってテロ国家と見なされています。これは、テロ国家の当局者としてテロリストと親密な関係にあるマリク・オバマを据えます。

    We have the evidence to prove it – meetings, photos, et. al.
    我々には、それを証明する証拠があります – 会議、写真、及びその他で。

    Bashir is wanted by the International Criminal Court (ICC) on seven counts relating to crimes against humanity. As such, Bashir is the head of a country that the U.S. State Department has identified as a State Sponsor of terrorism, a designation issued in 1993.

    イメージ 5
    スーダン大統領バシルは、7つの人道に反する罪に関して国際刑事裁判所(ICC)によるお尋ね者です(逮捕状が出ている)。そのように、バシルは米国国務省がテロ支援国家と指定した国の指導者です。そして、指定は1993年に出されいます。

    In 2010, Malik Obama attended the Islamic Da’wa Organization (IDO) conference in Khartoum, the capital of Sudan. One of the objectives of the IDO is to spread Wahhabist Islam across the African continent.

    2010年に、マリク・オバマ(兄)は、ハルツーム(スーダンの首都)で、イスラムDa'wa機構(IDO)会議に出席しました。IDOの目的の1つは、アフリカ大陸中にワハービ派のイスラム教を広げることです。

    Bashir wasn’t just present at the conference; he supervised it. In this photo, from the Barack H. Obama Foundation (BHOF) website, headed by Malik, Bashir can be seen dressed in black, to the right. Another man to take notice of is seated directly to the right of Bashir; his name is Suar Al Dahab (more on him later):

    バシルは、ちょうど会議に出席していませんでした;彼は、それを監督しました。

    この写真の中で、バラクH.オバマ財団(BHOF)ウェブサイト(マリク/オバマ主催)から、右に、バシルは黒い服を着ているのを見られることができます。

    注意するもう一人の男性は、バシルの右に直接着席します;彼の名前は、アルダ・ハブ(Suar AL Dahab 後で彼のより多く)です:

    イメージ 4

    The banner in the background, when translated, says the following:
    背後の垂れ幕を翻訳すると次の通りです。

    23rd Conference
    Islamic Da’wa Organization
    Under the Supervision of Omar Hassan Ahmad Al-Bashir – Organization Supervisor

    23回目の会議
    イスラムDa'wa機構(IDO):
    オマール・ハッサン・アフマド・アル・バシルの元で – 協会指導主事

    While we could not locate a photo of Malik with Al-Bashir, it is obvious in looking at this photo that Malik attended the same conference.  Here is President Obama’s half-brother standing at the podium (Dahab can be seen in the background):

    イメージ 6

    私たちががアル・バシルとマリク・オバマの写真を探している間、マリク・オバマが同じ会議に出席したことはこの写真を見ると明らかです。ここ、演台に立っているのがオバマ大統領の半兄マリク・オバマです。(アルダハブは後方に見える)

    There are, however, photos of Malik with Al Dahab at the conference:
    会議でのマリク・オバマとアルダハブと一緒の写真です:

    イメージ 7

    Is it a good thing to be afflicted with Islamophobia? Get the new book from Walid Shoebat, The Case FOR ISLAMOPHOBIA: Jihad by the Word; America’s Final Warning.


    イメージ 8

    それは、イスラム恐怖症に苦しむことはよいことですか?
    Walid Shoebat(ワリドショーバット)から新しい本を得る、「イスラム恐怖の真相」:指令による聖戦:アメリカの最終的な警告。

    (用語説明)Walid Shoebat(ワリドショーバット) 元イスラム教徒でパレスチナ解放機構のテロリスト。現在はキリスト教に改宗し米国市民。

    Malik Obama with Suar Al Dahab (Chairman of Board of Directors)
    アルダハブを伴うマリク・オバマ。(指導者達の評議会議長)

    So, what is the significance of Malik’s schmoozing with Al Dahab? For one thing, as Chairman of the IDO, Al Dahab is Malik’s boss (it’s always wise to schmooz with your boss).

    それで、マリク・オバマがアルダハブとおしゃべりする重要性は、どれくらいですか?

    一つには、IDO議長として、アルダハブは、マリク・オバマのボスです。(それは常にあなたのボスとお喋りすることは賢明なこと)

    However, take a look at who Al Dahab schmoozes with – the Prime Minister of Hamas, Ismail Haniyeh and the Muslim Brotherhood’s spiritual leader, Yusuf Al-Qaradawi.

    イメージ 9

    しかし、アルダハブがおしゃべりする人を見てください – ハマースのパレスチナ自治政府の首相、イスマーイール・ハニーヤと、ムスリム同胞団の精神的なリーダー、ユースフ・アル=カラダーウィー(国際ムスリムウラマー連盟会長)。

    On a recent trip to Gaza, which Al Dahab attended, Haniyeh presented Qaradawi with Palestinian citizenship and signed his passport.

    アルダハブが参加したカザへの最近の旅行で、ハニーヤはパレスチナの市民権をカラダーウィーに与え、彼のパスポートに署名しました。

    Here is video of the three men in Gaza earlier this month. Take note that Malik Obama’s boss – Suar Al Dahab – is expressing solidarity with both a guy who heads an organization the U.S. State Department has identified as a Foreign Terrorist Organization (Hamas) and another guy (Qaradawi) who thinks Hitler didn’t finish the job when it came to the Jews.

    今月初めのガザの3人の男の映像はここにあります。

    イメージ 10


    マリク・オバマがボスであることに注意してください – アルダハブ – 米国務省が外国のテロ組織(ハマス)と認定した組織を率いると男と、ヒトラーがユダヤ人に関しては仕事を終えなかったと考える一人の男(ユースフ・アル=カラダーウィー)の両者の連帯を表しています。

    Muslim Brotherhood leader Yusuf Al-Qaradawi, Hamas Prime Minister Ismail Haniyeh, and IDO Chairman Suar Al Dahab in Gaza

    ガザのイスラム友愛団体のリーダー・ユースフ・アル=カラダーウィー、ハマス首相イイスマーイール・ハニーヤとIDO会長アルダハブ
    (ユーチューブ)http://youtu.be/n8fO_nPbrNI





                               つづく



    0 0


    Washington is Using ISIS For World War III

    昨日の続編です。
    『オバマ大統領の兄貴はイスラムテロ組織IDOの事務局長』
    An elder brother of President Obama is the Executive Secretarya of Islam terrorist organization IDO.

                      ☆

    かってヒラリー・クリントンが言ったように『テロ組織は米国が創った』でしたね。

    米国議会でも、ISISやテロ組織への資金や武器は米国政府が援助し、更にテISISの軍事訓練までしていたことが明らかにされていますね。

    米国民は、バラク・オバマ大統領が兄マリク・オバマを介して別途テロ組織に資金を流していることも知っています。

    知らないのは日本の新聞やテレビ報道を信じる日本国民。ヽ(´▽`)/



    以下、本文

    Of course, there will be naysayers who will accuse us of attributing blame to Barack for the sins of his half-brother Malik. Those who make such charges encounter problems because Barack and his brother are very close. Each was the best man at the other’s wedding and Malik has made multiple visits to the White House, as you can see below:

    もちろん、マリク・オバマの罪は兄弟であるバラク・オバマ大統領の罪であると非難し告発する人に反対する人がいます。

    バラク・オバマ大統領と彼の兄マリク・オバマが非常に親しいので、そのような非難をする人々は難問に遭遇します。

    お互いの結婚式で各々最高の男でした、そして、マリク・オバマはご覧の通り、ホワイトハウスへの度々の訪問をしました:

    イメージ 1

    Malik and Barack Obama at the White House
    ホワイトハウスのマリクとバラク・オバマ

    イメージ 2

    Oh, we almost forgot. Whenever uncomfortable truths about Barack Obama arise, he always seems to know nothing about anything related to the matter in question.
     He didn’t know what happened when a video was blamed for the 9/11 attacks in Benghazi, he learned about the IRS scandal from the media, and he has appointed

    ああ、私達はほとんど忘れていました。いつでもバラク・オバマについて不快な事実が起きたときに、彼は問題に関連したいかなることについて常に何も知らないように見えます。

    彼は映像でリビア北東部に位置する主要な港湾都市ベンガジで9/11の攻撃が非難されたとき、何があったかについて、知りませんでした。彼はメディアから米国歳入庁(IRS)スキャンダルについて学びました、

                          ☆

    (用語説明)ベンカジ(9/11)事件とは

    隠ぺい工作が発覚した米国政府のベンガジ事件対応
    オバマのウォーターゲート事件!? オバマが隠ぺいする事実とは?
     
    http://matome.naver.jp/odai/2136810104638555001

    2011年、アメリカにおいて『イノセンス・オブ・ムスリム』という映画が作成される。この映画でムハンマドを貶めている場面の動画がYoutubeに投稿される。

    この映像がイスラム社会で取り上げられると、ムハンマドを描くことはイスラムの偶像崇拝禁止の教えに背く行為であるうえ、イスラム教を侮辱する内容だったため、イスラム教徒が憤慨した。

    この映画が原因でエジプトやリビアで暴動が発生。その結果ベンガジ事件が起こる

    リビアの東部ベンガジで11日夜、上の映画に反対する群衆による米領事館襲撃を受けて避難しようとしていたスティーブンス駐リビア米国大使と3人の大使館職員がロケット弾攻撃により死亡。

    ベンガジでの米領事館襲撃事件の後、CIAがテロの経緯をまとめた文書で、アルカイダ関連組織の関与の可能性に言及。テロの脅威を事前に警告したと記述していたが、政権高官による検討を経てこの部分が削除された。(以下省略)

                         ☆

    Attorney General Eric Holder to investigate Eric Holder over the reporting scandals.

    そして、彼はエリック・ハンプトン・ホルダー司法長官に、報道されたスキャンダルについて調査するよう命じました。

    This leads us to the very favorable treatment received by none other than Malik Obama in his capacity as head of the Barack H. Obama Foundation (BHOF).

    これは、私達をバラクH.オバマ財団(BHOF)のトップとしての能力を持つマリク・オバマ(兄)を他の誰よりも非常に好意的な処置に導きます。

    In May of 2011, BHOF received incredibly expeditious (and retroactive) tax-exempt status from the IRS in general,

    2011年5月、バラクH.オバマ財団(BHOF)は、大方のアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)から信じられないほど手早く(そして、過去にさかのぼり)税金免除の特権を得ました。

    Lois Lerner in particular. Lerner’s signature is at the bottom of BHOF’s approval letter.

    特にロイスラーナー。ロイスライナーのサインは、バラクH.オバマ財団(BHOF)の認可書簡の一番下にあります。

    イメージ 3

                                  


    (更なる追求)

    米国歳入庁(IRS)のスキャンダル、マリク・オバマ(兄)が運営するバラクH.オバマ財団(BHOF)の過去に遡る免税とその決定の速さは尋常ではなく、米国下院公聴会で許可書簡にサインしたラーナーも呼ばれました。

    Here is a Fox News report on the subject (h/t GWP):
    ここに主題についてのFOXニュース・レポートがあります。

    IRS Agent Hofacre: Officials In DC Knew Two Rogue Agents Were Not Behind Targeting

    米国内国歳入庁 (IRS)事務官Hofacre(人名): コロンビア特別区の当局は、2人の危険な事務官が標的後にいないことを知っていました

    イメージ 4

    FOXニュース・レポート (Video ユーチューブ)
    2013/06/08
    IRS Agent Elizabeth Hofacre told investigators that officials in Washington knew two rogue agents were not to blame for the targeting of conservatives. Too many safeguards were in place. It would have been impossible for local agents in Cincinnati to pull off such a plan... And yet Obama Administration officials used this bogus excuse for weeks.

    米国内国歳入庁 (IRS)エージェント・エリザベスHofacreは、ワシントンの当局が2人の危険なエージェントが保守派を対象とすることに対して責任がないということを知っていると調査者に話しました。

    あまりに多くのセーフガードは実施されていました。 シンシナティの地元のエージェントがそのような計画を取りはずすことは、不可能でしたが、オバマ政府官僚は、数週間この偽の弁解を使いました。

    (英文記事)

                       ☆

    (英文記事)
    Lois Lerner’s Name Not The Only IRS Employee Name On Malik Obama’s Tax-Exempt Status Approval Letter
    by Shoebat Foundation on June 9, 2013 in Malik Obama


      

    If Malik was the odd man out, how did he receive such unheard of, expeditious, retroactive, and likely illegal customer service from Barack’s IRS?

    マリク・オバマ(兄)が仲間外れであるならば、いかにして彼はバラク・オバマ大統領(弟)の歳入庁(IRS)からそのような聞いたことがない、手早く、過去にさかのぼり、違法らしいカスタマーサービスを授受しましたか?

    Lest there be any more doubt that we have a very real problem here, consider that Malik is the fourth Obama family member in Kenya who is now implicated in the spread (Da’wa) of Wahhabist Islam.

    私達には、ここに非常に現実的な問題を持っていること以上の疑問がないよう、マリク・オバマ(兄)は現在ワッハーブ派(Wahhabist)イスラム教の流布(招待)に関係しているケニヤで四番目のオバマファミリーのメンバーであると考えてください。
                       ☆

    (用語説明)ワッハーブ派(Wahhabism)とはムハンマド・ブン・アブド・アルワッハーブ(1703-91)が唱道した復古主義的教派。

    コーランを尊重し、イスラムの原点に回帰することを目指す。サウジアラビアの国教であるワッハーブ派は、シーア派などは皆殺しにして良い、皆殺しにすべきだという思想を本気で信じており、国是としている。

    そんな国を庇護しているのがアメリカ。

    (以後省略)

    (※)以降の原文は続きますが長文です。そこで丁度以降の内容を短縮した記事を見つけましたので、原文は省略し、その短縮した記事を以下に掲載します。


                      
    マリク・オバマ(兄)のエジプト入国は拒否される
    2014年07月29日

    エジプト司法長官は、バラク・オバマ米大統領の兄マリクオバマに対するエジプト入国を拒否しました。

    彼の名前は2013年のムスリム同胞団革命「Sabry1149」としてテロリストのリストに含まれています。

    エジプトの人々はイスラム教徒の独裁を味わった後、国の管理、政治・経済の崩壊、テロ、犯罪と社会はセキュリティの危機にひんしています。

    全国の宗派間抗争を引き起こす目的で、ファシストムスリム同胞団が暴力と殺人行為をし始めた直後にムバラク独裁政権の崩壊は始まった。

    キリスト教徒を脅迫、殺害に陥れるために教会を燃やし、最新の武器で平和市民を脅かし、警察を含む治安部隊への攻撃を開始しました。

    全世界を戦争のターゲットにしようとファシストムスリム同胞団はエジプトに入ってきた。

    実際には、米国のオバマ大統領がSabryテロのスポンサーとなり、テロリストグループを通じてアラブ諸国を破壊しようとしています。

    オバマ氏は、シリアを標的にし、シリアの軍隊を弱めるためにアルカイダの資金調達を助けました。

    現在のところ、米国議会のステートメントは、イスラエルのユダヤ人を正当化するためにアラブ諸国を破壊することを目指している。

    オバマの兄はテロリストに資金を提供してることで知られている。今回の陣頭指揮を執っているのは、イスラムダワの組織の事務局長として働くオバマの兄マリクです。

    彼は、米大統領オバマのスキャンダル財団「セオドアHuebat」からアルカイダに固定出資されたものです。

    報告は、 ケニアのKogelo慈善活動に米国から集められたお金と「IRS EFFAT」の税金と奨学金が違法に使われていることを証明するために、「セオドアHuebat」の所有者オルニーがサラ・オバマ氏の祖母であることを公表した。

    慈善活動で「セオドアHuebat財団」に献金されたお金はエイズ患者に貢献されていなかった。

    資金は マリクオバマのテロ活動のための若者の採用に使われていました。報告書はまた、12歳未満の女の子の結婚相手のマリクオバマを明らかにした。

    そしてケニアの法律を自由にできることを理由に、「バラクHオバマ財団(BHOF)」のオバマ一族とその所有者おばあちゃんサラはそこに定住している。

    対照的に、BHOF機関のために働く労働者は最低賃金の法律の違反を訴えていた。

    最も重要なことは、調達された資金は繁殖地であるウェールズの宗教学校で若いイスラム教徒(原理主義やテロリスト)をシリアに送るための資金になっているということである。

    そしてこのテロリストはシリア反乱のための不可逆的な犯罪サポートを行っている。

    エジプトを守るため、エジプトに入国させないためにテロリストとしてリストにオバマ氏の兄の名前を含める必要は確かにあります。

    (注)この訳文では、マリク・オバマは、オバマ大統領の『弟』と書いていましたが、オバマ大統領の『兄』と修正しました。
    マリク・オバマは1958年生れ。オバマ大統領は1961年生れ。



    (参考資料)

    Obama's Cousin Interviews on Al Jazeera Part 1/3
    オバマの従兄弟アルジャジーラパートのインタビュー 1/3~3/3
    http://youtu.be/BaA4bGUoVZI
    http://youtu.be/LRfGmWjr3HQ
    http://youtu.be/EPmn_4tsCMg

    Pictured: Obama's half-brother wearing Hamas scarf that boasts 'Jerusalem is ours – WE ARE COMING'
    描かれる:『エルサレムは私達のものである--私達は来る』を誇るオバマの異父兄弟疲労ハマススカーフ
    http://www.dailymail.co.uk/news/article-2548243/Obamas-half-brother-photographed-wearing-Hamas-scarf-boasts-Jerusalem-WE-ARE-COMING.html

    OBAMA’S KENYAN BROTHER ATTACKS WND
    Egypt accuses him of funding Muslim Brotherhood
    オバマのケニヤの兄弟は、WNDを攻撃します
    エジプトは、彼をイスラム友愛団体に資金を助成したとして非難します
    http://www.wnd.com/2013/09/obamas-kenyan-brother-attacks-wnd/#RJDJVQbKHezPy0dr.99



    0 0


    2015年日本の報道自由度は、またまた世界ランクを下げました。

    NHKニュース「報道の自由度」 日本は61位 
    2015年2月12日 - ジャーナリストの国際団体、「国境なき記者団」は、各国でどれだけ自由な報道が認め られているか分析した報告書、「報道の自由度」ランキング。世界180ヵ国中、日本は61位。

    イメージ 1

                       ◆

    (参考)
    世界が証明する日本のマスコミ報道のインチキ 2013/2/3(日)

    な、なんと、報道の自由度ランキング、世界で53位!
    つまり、日本のマスメディアとは、事実を隠蔽した洗脳報道・偽造報道・捏造報道のインチキ報道だらけということですね。ドラマも洗脳手段の一つですから。

    日本政府とマスメディアに騙される日本人 2015/2/9(月)

    TBS会長&日本民間放送連盟会長:井上弘氏曰く
    「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」
    「日本人はバカばかり」

    別な言い方をすると、日本のマスメディアよりも、海外のマスメディアの報道が事実を伝えている確率が高いということですね。



    さて本題

    先日の12日に、かのNHKの夜のニュース番組で事実を捏造した報道が為されておりました。

    その捏造とは漢字でたった二文字で、いかにも視聴者に疑問を抱かせないものでしたが、実は事実とは真逆な意味を持つものでした。

                         ☆

    その内容は後回しにして、人間の脳がいかに研究されてきたか、そして今や脳内にマイクロチップを埋め込まれた人間ロボットがひょっとして我らの周辺にいるかもしれないということを説明したいと思います。

                         ☆

    最初は、50年前の実験からです。

    ホセ·デルガード (1915年8月8日- 2011年9月15日)は、スペインの教授からエール大学へ。彼の研究は脳内の領域の電気刺激を通じてマインドコントロールで有名です。

    彼の作った機器は、電気刺激を用いた脳活動の理解に多くの扉を開きました。今の心臓のペースメーカーの原型もそうです。

                       ☆

    彼は、1965年5月、ある実験を公開で行いました。
    この時の映像が世界に発信されました。

    この実験で彼は時の人となり、ニューヨークタイムズもその実験成果を絶賛したのです

    ニューヨーク・タイムズ第一面記事1965年5月17日の版

    イメージ 2

    (実験の内容)
    1965年、エール大学のホセ・デルガード(Jose Delgado)は、スペインのコルドバの闘牛場で有名な実験を行いました。
    イメージ 3
    ウシの脳に電極を植え込み、リモコンでこのウシをコントロールしたのです。

    デルガードは脳に電極を植え込まれたウシを赤い布で挑発し、挑発されたウシはデルガードに向かって突進。

    デルガードがリモコンのコントローラーを押すと、突進してきたウシはデルガードの1m直前で停止し、おとなしくなったのです。

    デルガードの持っていたリモコンのスイッチが入ると同時に牛の脳に電気刺激が起こり、牛の攻撃性がなくなりました。

    次にデルガードが別のボタンを押すと、牛は今度は方向を右に変えて彼から速足で遠ざかっていきました。

    (この実験の映像 ユーチューブ)
    José Delgado, implants, and electromagnetic mind control
    ホセデルガードが移植する、そして電磁気のマインド・コントロール


    (それまでの経過とその後概略)

    デルガードは脳内の反応を呼び起こすために、電気信号​​の使用を中心とした研究に従事。

    彼の初期の実験は、猫とあったが、彼は、後に精神科の患者を含むサルやヒトを用いた実験を行いました。

     これは、脳が喜怒哀楽などの時に発信する周波数データを記録し、脳に埋め込まれた電極に必要な電荷を無線で配信したもので、初期のワイヤで脳につないだかさばる機器からの大きな改善でした。

    リモコン(ステモシ-バー)は、感情を刺激し、動作を制御するために使用することができます。

    デルガードによると、「4人の患者における扁桃体と海馬における異なるポイントの無線刺激は快感、高揚感、夢中、思慮深い集中、奇妙な感情、スーパーリラクゼーション、色の付いた映像、および他の応答を含む、さまざまな効果を生む。」

    デルガードは「脳の送信機は生活のために人の頭部に埋め込むことができる。脳の送信機を活性化するエネルギーは、無線周波数を介して送信される。」と述べています。

    The stimoceiver could be used to stimulate emotions and control behavior
    According to Delgado, "Radio Stimulation of different points in the amygdala and hippocampus in the four patients produced a variety of effects, including pleasant sensations, elation, deep, thoughtful concentration, odd feelings, super relaxation, colored visions, and other responses."
    Delgado stated that "brain transmitters can remain in a person's head for life. The energy to activate the brain transmitter is transmitted by way of radio frequencies."

                           つづく



    0 0


     ある命題でキーボードを叩き始めたら毎度のことですがどうしても文章が長くなり過ぎますね。一つの自分の意見を述べるには、ことの内容によっては、それ相当の裏付けをとらなきゃなりませんからね。

    それはさておき、一昨日の記事『コントロールされる人間の脳の序』(http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63061460.htmlの付随事項として以下のユーチューブを掲載しました。

    内容は分かり易く、結構面白く見れますのでお時間がありましたらご覧下さい。




    マインドコントロールへの落とし穴!① 強制せず、さも自分の意思で
    http://youtu.be/MtUoMgY223I     (5分44秒)


    マインドコントロールへの落とし穴!②  「慈善行為のアピール」
    http://youtu.be/WYOg2avdPrE   (3分2秒)



    マインドコントロールへの落とし穴!③ ~強制のない集団圧力~
    http://youtu.be/zyWU2ix8uBU   (6分40秒)


    マインドコントロールへの落とし穴!④ カルト教団
    http://youtu.be/D0AKB5NIf4o   (3分49秒)


    マインドコントロールへの落とし穴!⑤ ~ 脱会者の体験談 ~
    http://youtu.be/cTFXCo1T1q8   (3分42秒)


    マインドコントロール(Mind Control)への落とし穴!⑥ ~カルト宗教脱会者の告白~手相など
    http://youtu.be/VGUTqv2SuvQ(  7分49秒)



    マインドコントロール(Mind Control)への落とし穴!⑦ ~ 対策 ~
    http://youtu.be/cvyUigQ13hU  (1分47秒)



                      いかがでしたかな?



    0 0
  • 02/21/15--12:54: 白梅が六分咲き

  • 阪急水無瀬駅から真西へ1km行った名神高速道路の土手に待宵小侍従の碑(顕彰碑)と墓があります。平成七年名神高速道路拡張工事の時、北側よりここに移築されたもの。

    この地は苔山と呼ばれ、地元ではこの墓碑を『こけじんさん』と呼び、いつも花がたむけられ、お賽銭もあがっています。

    今年もこの周辺では例年でしたら最も早く咲くこの碑の白梅が咲いたかなと思い、先月と今月上旬に見に行きましたがチラホラ。一昨日20日(金)に行きましたら、6分咲程。もう一度暖かくなると満開になるでしょう。(画像の左側)

    イメージ 2


    この碑から眺める東の空の日の出。
    手前は御所ヶ池。左、遥か向こうの小山は石清水八幡宮うの男山。
    イメージ 1

    (御所ヶ池)
    御所ヶ池と言う地名の発祥は、桓武天皇の皇子、円満院法親王の御所があったと言われ、清和天皇の時に「桜井御所」と呼ばれた。

    白河法皇は清水日向守光重(待宵小侍従の兄)、清水長門守頼議に管理を命じた。
    応仁の乱の兵火により焼失したが、資料的に確かではない。


    待宵小侍従の碑(顕彰碑)と白梅

    イメージ 6

    メジロとの遭遇を期待したけど、会えなんだ。

    イメージ 3

    尚、京都の北野天神さん(北野天満宮)などの京都の梅は、例年、ここが満開になってから見頃に入るから、未だ蕾のようです。

    (京都の梅情報 2015:京都新聞)

    御所ヶ池の鴨

    イメージ 4


    珍しくも川鵜がいた。
    イメージ 5


                   ◆       ◆       ◆

    画面は、夕暮れのJR島本駅西口への小径。
    画面左は東海道線を走る電車。
    その先の画面中央右寄りの照明で最も白く輝く所がJR島本駅プラットホーム。

    イメージ 7


    この画像は、夕刻、駅から北へ数百メートルの『桜井村踏切』付近から撮ったものですが、朝のここでは度々母親と一緒に行き交う電車をじっと見つめてたたずむ2~3歳の幼児を見かける。やはり男の子。電車を相当好きなようだ。

    (場所)
    待宵小侍従の碑(顕彰碑)は、地図の左下。赤〇に白抜きの④
    桜井村踏切は、地図右上。赤〇に白抜き㉑の下。

    イメージ 8
    (島本町役場サイトより一部切り取り)




    (参考)

    待宵小侍従は、平安時代、恋人を待ちわびる胸の苦しみを詠んだ歌で有名です。

    「待つ宵の 更け行く鐘の声聞けば 帰る朝(あした)の鳥はものかは」

    あまのさんの(「辛酉夜話」掲載)長年の研究調査によりますと下記の様に書かれております。

    待宵小侍従は『平家物語』5巻の「月見」に登場します。

    ある時、太皇太后多子より、「男の訪れを待つ宵と、翌朝男の帰る後朝(きぬぎぬ)の別れと何れが哀れが勝るか」との仰せがあり小侍従は即座に、

     「待つ宵の更け行く鐘の声聞けば帰る朝(あした)の鳥はものかは」

    とお応え申し上げ、其の和歌の情趣と即詠の才は小侍従の名声を高め、「待宵の小侍従」と呼ばれるようになった」、と言われております。

    その勅撰集入集歌は「千載和歌集」以後五十四首におよび、この時代を代表する歌人の一人でありました。。

    歌人・藤原定家は、正治二年十一月八日の内大臣源通親邸の歌合に、小侍従と合わされ、日記「明月記」に以下のように記しています。

    「今夜、小侍従と合せ、二番勝つ。存外の面目なり」。
    時に小侍従八十才、定家三十八才

    尚、彼女は、平安末期の後白河院の院政期から、鎌倉時代の後鳥羽院院政初期の頃まで、歌人として活躍し、二条天皇・太皇太后多子・高倉天皇の順にお仕えしました。



    待宵小侍従の碑(顕彰碑)

    慶安二年(1649)七月 永井日向守直清は、山城国勝龍寺城主から高槻城主となる。慶安三年(1650)顕彰碑を建立。

    直清は同月二十九日 古曽部村に能因法師の碑を、翌四年には伊勢寺内に伊勢の碑を建てて顕彰している。

    これら有名な三歌人の顕彰碑は、直清が勝龍寺時代から建立を計画し、その銘文を林羅山に撰文させた。

    碑銘

    待宵小侍從者姓紀氏武内宿祢苗裔石清水別當
    光清娘也仕近衛皇后多子治久四年八月中旬
    徳大寺左大将藤原実定自福原帰洛一夕請皇后
    月 時 小侍從陪侍翌朝帰福原使蔵人伝語因示倭歌
    小侍從酬之多子者実定妹也小侍從好和歌誉
    有待宵聞鐘之語故祢曰待宵小侍從其所詠歌多
    載在歴代勅撰可謂閨秀也俗伝攝津高槻城
    畔一里許有其古跡聊記之以為証焉

      慶安三年春三月 日   日向守永井氏直清置




    0 0


    もうすっかり忘れてしまっているでしょうね。

    イメージ 2

    女優の夏目雅子さん(1957年12月17日 - 1985年9月11日)が、享年27歳で逝ったことを。

    イメージ 3

    彼女はテレビドラマ『西遊記シリーズ』(1978-79)の三蔵法師役でシルクロードでのロケに参加。

    そこウィグルでは中国政府が46回も核実験を繰り返し行なっていた超高濃度放射能エリア。

    短期間ですがそこで被爆(?)してから7年後、白血病を発し、帰らぬ人となりましたね。

    (夏目雅子 婚約会見)


                  ◆       ◆       ◆

    さて、

    2011.3.11から4年目の半月後、分岐点に入りますね。

    まさか、忘れてはいないでしょうね。
    いよいよこれからが原因不明の諸々の病気にかかる時期に入ることを。

    イメージ 1

    放射能は心臓にたまり易く、心筋梗塞などの心臓病で亡くなる人が依然と関西でも多いですね。これからは色々な病気で全国各地の医院や病院は大繁盛。

    イメージ 4


    原発は、一旦稼働し始めたら、その後、発電を止めようが常時核反応しており、放射能は空に海に放出されている。無論、福一からは激しく。除染効果は???
    イメージ 5



    イメージ 6

    ●ドイツでは、原発周辺での小児白血病が顕著です。米国の乳がん調査でも原発周辺は顕著でしたね。

    ●ギリシャの乳児白血病では、チェルノブイリから1,000km~1,700km離れているにも拘らず「被ばくなし」に対し「被ばくあり」では発生率比で2.6倍も。

    ●佐賀・玄海原発のある玄海町の人口10万人当たり白血病の死者数

    <1998~2002年の5年間平均> 

    全国平均 5~6人
    玄海町 30~31人

    <2003~2007年の5年間平均>

    全国平均 5~6人
    玄海町 38~39人

    2007年までは約6倍でしたが、昨今では恐らく全国平均の7倍は軽く超えているでしょう。

    ●日本社会は『被爆の絆』。
    全国民被爆運命共同体。
    後悔とは無縁。ヽ(´▽`)/

    (※)食べ物、飲み物、空気(掃除機は使用厳禁)などへの対策に終わりはありませんね。何しろ半減期が2万年では。


     
    《参考》

    チェルノブイリ原発事故によるギリシャを含む欧州の汚染マップ
    イメージ 7
    (※)チェルノブイリ原発事故の場合は、現地からの風向きや雨次第だった。

    だが、日本の場合は全く違う。当初、菅直人政権により重度汚染された牛肉や野菜・魚を全国民に『食べて応援』として食べさせた。

    更に、高濃度の畑作用腐葉土を南は沖縄を含む西日本一帯にばらまき、西日本の農土を放射能で汚染させ、野菜に放射能を吸収させた。

    更に更に、放射能入り震災がれきを大阪市や北九州市などの全国各地の焼却炉で焼却し、その飛灰で西日本の市民にたんまりと放射能を吸わせた。

    これでも西日本の市民の大半は我関せずとしてのほほんとしているならば、四年目以降の今年から、政府のみならず、医薬品業界や医療業界の笑いが止まらないだろう。


    (夏目雅子さんの画像は借用しました)

    (図表は富山県医師協会のHPより借用)

    (参考)
    原発の放射能と癌の関係  2011/8/8(月)

    (注)NHKの犯罪についても記事作成中。



    0 0


    一つの課題で記事を書こうとし、確認の為に色々検索すると、新たな問題や疑問点に遭遇する。

    更にそのことを追求して検索していくと多方面に広がり、際限がなくなり、一日24時間があっという間に過ぎてしまう・・・・・。

    そういう訳で、その探索の過程で寄り道した箇所の一部を記事にし、以下に掲載します。



    ■寄り道その1

    ● バイブル(聖書)では、神と悪魔では、どちらがより多くの人を殺したか?

    回答は下記のグラフで、圧倒的に神が多くの人を殺している。

    Who killed more people in the Bible?
    イメージ 1
    殺した人たちの内訳は、下記のURLで。

    Beyong God's penchant for random slaughter and ethnic cleansing, its also worth taking the attitudes of this thing to trial.



    本当は、誰もが中学時代に習ったイエスズ会宣教師フランシスコ・ザビエルと秀吉のことを検索したけど、ザビエルで途中休息。

    ザビエルは、1549年に日本に来て、2年後の1551年に帰国しますが、日本を去った後のザビエルのぼやき。

    以下のユーチューブと記事に関しては、異論を唱える人もいるそうですが、私が検索した外国の文献の中に、同様の内容の記事を見つけたのですが、そのときチェックし忘れてしまいました。

    但し、このことを裏付けるものとしての記事はありましたし、芥川龍之介が面白い随筆を書いていましたので、その一部を掲載します。

    尚、本来のフランシスコ・ザビエルと秀吉に関する記事は、後日、掲載します。



    ■寄り道その2

    ー思わずニヤリとしてしまいますー

    (; ・`ω・´) ザビエルも困った... 「キリスト教」の矛盾を突く日本人


    (このユーチューブの原本)
    ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人

     日本の各地でザビエルは布教するのですが、出会った日本人が彼に決まって尋ねた事があります。

    それは、「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本にこなかったのか」ということでした。

    そして、「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、今、どこでどうしているのか」ということだった。

     つまり、自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけれども、洗礼を受けず死んでしまったご先祖はどうなるのか、やっぱり地獄に落ちているのか・・・・・当時の日本人はザビエルにこういう質問を投げかけた。

    元来、キリスト教においては、洗礼を受けてない人は皆地獄ですから、ザビエルもそう答えました。すると日本人が追求するわけです。

    「あなたの信じている神様というのは、ずいぶん無慈悲だし、無能ではないのか。全能の神というのであれば、私のご先祖様ぐらい救ってくれてもいいではないか」

     ザビエルは困ってしまいまして、本国への手紙に次のように書きました。

    「日本人は文化水準が高く、よほど立派な宣教師でないと、日本の布教は苦労するであろう」と。

    当時の中国にも、韓国にも、インドシナにもこうしたキリスト教の急所(?)を突くような人間はいなかったわけです。


     集団原理の中で生きてきた日本人にとって、魂の救済という答えは個人課題ではなく先祖から子孫に繋がっていくみんなの課題であったはず。

    「信じるものは救われる」=「信じない者は地獄行き」といった、答えを個人の観念のみに帰結させてしまうキリスト教の欺瞞に、当時の日本人は本能的に気づき、ザビエルが答えに窮するような質問をぶつけたのではないでしょうか。


    この他にも、『もし神様が天地万物を造ったというなら、なぜ神様は悪も一緒に造ったのか?(神様がつくった世界に悪があるのは変じゃないのか?)』などと質問され答えに窮していたようです。

    ザビエルは、1549年に日本に来て、2年後の1551年に帰国しますが、日本を去った後、イエズス会の同僚との往復書簡の中で。「もう精根尽き果てた。自分の限界を試された。」と正直に告白しています。



    《1610年頃、イエスズ会の宣教師が日本で苦労した理由は、日本人の『和』。キリスト教に於ける神の絶対主義には無頓着で、家族や隣人関係を重視する》

    Consequently we can say that as for Japanese, one of the most important things is harmony;
    n Japanese, 'Wa.'” The Japanese, said Okuyama, “are afraid of disturbing human relationships of their families or neighborhood even though they know Christianity is best.” Chinese and South Koreans, by contrast, “make more of truth or principle than human relationships.”
    His sullen response to a Spanish missionary's evangelizing, circa 1610, was, “The Japanese don't care whether God exists or not.”
    Western Judeo-Christian civilization was built on God
    The West is absolutist, its God embodying absolute power, absolute righteousness, absolute wisdom, absolute truth. Nothing like that exists in Japan.


    《芥川龍之介の言う大自然の全てを敬う日本の800の神々とカソリックとの違い》

    『神神の微笑』 芥川龍之介 (大正十年十二月)
    (↓全文 青空文庫)

    (この随筆の中の一部を以下に抜粋)

    オルガンティノ(宣教師)は反省した。

    「この国の風景は美しい。気候もまず温和である。土人は、――あの黄面(こうめん)の小人(こびと)よりも、まだしも黒ん坊がましかも知れない。しかしこれも大体の気質は、親しみ易いところがある。

    のみならず信徒も近頃では、何万かを数えるほどになった。現にこの首府のまん中にも、こう云う寺院が聳(そび)えている。して見ればここに住んでいるのは、たとい愉快ではないにしても、不快にはならない筈ではないか? 

    が、自分はどうかすると、憂鬱の底に沈む事がある。リスポアの市(まち)へ帰りたい、この国を去りたいと思う事がある。

    これは懐郷の悲しみだけであろうか? いや、自分はリスポアでなくとも、この国を去る事が出来さえすれば、どんな土地へでも行きたいと思う。支那(しな)でも、沙室(シャム)でも、印度(インド)でも、――つまり懐郷の悲しみは、自分の憂鬱の全部ではない。

    自分はただこの国から、一日も早く逃れたい気がする。しかし――しかしこの国の風景は美しい。気候もまず温和である。……」

    オルガンティノは吐息(といき)をした。この時偶然彼の眼は、点々と木かげの苔(こけ)に落ちた、仄白(ほのじろ)い桜の花を捉とらえた。

    桜! オルガンティノは驚いたように、薄暗い木立(こだち)の間あいだを見つめた。そこには四五本の棕櫚(しゅろ)の中に、枝を垂らした糸桜(いとざくら)が一本、夢のように花を煙らせていた。



    0 0


    中国や台湾や韓国が祝う陰暦の正月19日(木)の平日、日本語を話す女性が、台湾の新幹線で指定座席の切符をとれず。座席代用にトイレに立てこもった。

    この様子が、ビデオで撮られ、台湾テレビニュースに登場。

    果たしてこの台湾当局に迷惑をかけた恥知らずの女性は日本人か、それともコリアかでネットでは喧騒。

    まあ、そのニュースをご覧あそばせ。

    2015/02/23 に公開
    http://news.tvbs.com.tw/entry/568280
    春節假期高鐵車票一位難求,但有民眾目擊,19日大年初一,一名操日語口音的婦人有位­置不坐,拉著3大件行李箱,從台南站上車後進廁所就不出來,高鐵服務人員在門外1分鐘­內問11次是否需要協助,婦人不回應,擔心出意外強制開門,但婦人沒在上廁所,接著失­控大罵,「你們是恐怖份子」,至少5度揮拳企圖毆打服務員,列車長緊急通報,警方在嘉­義站把人帶下車。


    春節休暇中、台湾の新幹線乗車券入手は難しい。
    19日の陰暦の元旦、1人の日本語を話す婦人が3つの大きな荷物スーツケースを引いて台南駅から乗車後、直ぐにトイレに入るのを一般の人が目撃。
    中国版新幹線従業員はドアの外から11回協力要請の声をかけるも婦人は応答せず。そこでドアを強制的に開いたら婦人はトイレを使っていない。
    その際、女性は罵声を吐く。
    「あなたたちは恐怖の各人の負担分です」(注)意味不明
    そして、女性は少なくとも5度従業員を殴ろうとした。
    車掌長は警察に急報。
    義駅で下車。


    ●女性の吐いた暴言のうち、鮮明に聞こえた言葉
    ① 「勝手でしょうが」
    ② 「シャーラップ、チャイニーズ(中国人?)」
    ③ 「ユーアー、サースコリアンテロリスト」
    ④ 「創価学会インターナショナル」
    ⑤ 「ゲットアウエイ」
    ⑥ 「日本語を話せる警察を呼びなさい」
    ⑦ 「ユーノータッチ、マイラベラ(laver?海苔)」

    この台湾のニュースを掲載したユーチューブには色々なコメントが為されている。

    《上記女性の暴言からの私見》

    ⇒①自分がまずいことをしている時に問い詰められ、開き直った言葉ですね。

    ⇒②日本人は台湾(人)を中国(人)とは言わない。台湾はあくまでも台湾。

    ⇒③何故か突然、「あなたは南朝鮮のテロリスト」と喚く。
       恐らく、韓国(人)と何らかのトラブルを抱えている。

    ⇒④続いて、「創価学会インターナショナル」の言葉が出てくる。
       一般の日本人は「創価学会インターナショナル」の存在さえ知らないはず。
       彼女は、創価学会員か、創価学会と関係のある人。

    ⇒⑥ちゃんとした日本語で『日本語が分かる警察』を呼んでいますね。
       つまり、英語でまともには話せない。日本で育った人ですね。


    《私の結論》
    彼女は、本来の日本人の遺伝子を持っていない。

    但し、彼女の国籍は、日本(帰化人)、又は韓国(在日)で、育ったのは日本。
    彼女の支離滅裂な暴言から想定するのは『精神分裂症』気味。
    彼女のわめき散らすことから想定されるのは『火病』(화병)
    彼女は、現在、或は過去、創価学会員として活動していた可能性が高い。


    (参考)

    『火病』(かびょう、ひびょう、ファッピョン、朝: 화병)



    0 0
  • 02/25/15--17:29: にゃんこの動く耳

  • 課題『洗脳・マインドコントロール』で寄り道したサイトを紹介します。
    ご存知の方も多いと思いますが。

    慶応大学満倉准教授グループが製品化したネコミミを、あなたが好意を持っている異性に付けてもらうと、相手のあなたへ抱いている感情が分かるという代物。耳が勝手に動くの。ワンコに付けたら動きっぱなしかも。ヽ(´▽`)/



    以下、本文

    慶應義塾大学 満倉 靖恵 准教授
    慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 満倉研究室

    15年以上の脳波の信号処理技術研究により、脳波から感性を把握するアルゴリズムを開発。感性とは、美しさや心地よさ、面白さなどを知覚する心のはたらきであり、その大半は脳内で無意識的、直感的に起きると言われている。

    現在、脳波からリアルタイムに「興味度」「好き度」「ストレス度」「集中度」「眠気度」の5つの感性情報を読み取ることと、それらの組み合わせから自動車など移動体の乗り心地やオーディオの音質、空間の快適さ、媒体やコンテンツがどのくらい興味を引きつけているかなど、脳波を用いて定量評価する。

    現在、多様な企業やプロジェクトで感性を把握し数値化する技術が活かされている。

    necomimi
    脳波で気持ちを伝える「ネコミミ型コミュニケーションツール」。
    集中したりリラックスしたりすると、脳波を利用して、あなたが言葉に出すよりも早くあなたの状態を表現します。


    人間の身体や能力には限界があると誰しもが思っています。 

    しかし、本来ないはずの器官が身体についていたら?しかもその器官を意思の力で動かすことができたら? 

    わたしたちは脳波を測定するセンサーを使用して、新しい人間の器官を開発しました。 

    「necomimi」は人間の身体や能力を拡張する、まったく新しいコミュニケーションツールです。 

    ネコの耳の形をしたこの機械は、脳波を利用して、あなたが言葉に出すよりも早くあなたの状態を表現します。 

    頭の上に「necomimi」をつけてください。あなたが集中すると、耳はピンと上に立ち上がります。あなたがリラックスすると、耳はくたりと寝た状態になります。

    集中とリラックスが同時に訪れると、耳は立ち上がり、ピクピクと動きます。この状態はプロのスポーツ選手などがその力を最も発揮する状態と言われています。 

    表現しようとする以外の自分の状態を外部に表すことによって、どのような感情の変化が訪れるでしょうか? 

    面白い?恥ずかしい?怖い?最初は違和感を感じるかもしれません。しかし装着をつづけると、ある程度、脳波で耳の動きをコントロールできるようになります。そのとき「necomimi」はあなたの身体の一部になります。


                                  

    上記のネコミミを発展させたのが、下記の気になるシーンは自動的に録画されるシステム。

    neurowear "neurocam" concept movie 
    (気になるシーンを記録するウェアラブルカメラ)
    About "neurocam"
    neurocamは、あなたのキモチを理解するウェアラブルカメラシステムです。頭につけたセンサーから脳波を解析し、あなたが「気になる瞬間」を自動的に記録してくれます。

    解析アルゴリズムは慶応大学満倉准教授により開発された「好意」「興味」の感性値を基に、neurocamのために共同開発したオリジナル。記録しておきたい瞬間を「気になる度」として0~100に定量化しています。気になる度が60を超えると、5秒間の短いGIF動画が自動的に撮影/保存されます。GIF動画には「気になる度」の他にタイムスタンプ、位置情報が記載され、アルバム機能から閲覧する、Facebookにシェアするなどして楽しむことができます。手動で映像を撮影するマニュアルモードもあります。

    プロトタイプのハードウェアのベースになっているのはNeurosky社の脳波センサーMind Wave Mobileに最新版の「BMDチップ」を搭載した特注脳波センサーです。スマートフォンを側頭部につけ、脳波解析機兼カメラとして使用することで、まるで装着者の頭の中を覗いているかのようなヴィジュアルになっています。


    (応用)
    脳波測定試乗「e-driving」で、脳の数値を測定
    フォルクスワーゲンの電気自動車の楽しさ、ワクワク感、
    心地よさが実証される結果に
    慶應義塾大学准教授・満倉靖恵氏の協力の下、「感性アナライザ」を使用して実験



    (前回)マインドコントロール 2015/02/22

    (今日1回目の更新記事)
    旅の恥は重罪(台湾で暴れる女性)


    About "necomimi"
    People think that our bodies have limitations, but just imagine if we had organs that don’t exist, and could control that new body? 

    We created new human organs that use a brainwave sensor. 
    Necomimi is the new communication tool that augments the human bodies and abilities. 

    This cat’s ear shaped machine utilizes brainwaves and expresses your emotional state before you start talking. Just put on Necomimi and if you are concentrating, this cat’s ear shaped machine will rise. When you are relaxed, your new ears lie down. If you are concentrating and relaxing at the same time, your new ears will rise and actively move. In general, professional sports players demonstrate this ability the most. 

    What will happen when people show their feelings even when they don’t express them? Interesting? Ashamed? Scared? In the beginning, people may feel strange, however people quickly become accustomed to controlling their new ears with their brainwaves. Right now, Necomimi can become a part of your body.


    About "neurocam"
    The "neurocam" is a wearable camera system that detects your emotions. It automatically records moments of interest based on an analysis of the users brainwaves.

    The analytics algorithm is based on the sensitivity vales of "interest" and "like" developed by Professor Mitsukura of Keio University and was co-developed with the neurowear team especially for the neurocam. The users interests are quantified on a range of 0 to 100. The smartphone camera is triggered to automatically record and save 5 second GIF clips of scenes when the interest value exceeds 60. The scene is saved together with timestamp and location, and can be replayed in the album function. Scenes can also be taken manually under the "manual mode". It can also be shared socially on Facebook.

    The hardware is a combination of Neurosky's Mind Wave Mobile and a new customized brainwave sensor with the newest BMD chip. It transforms the smartphone into a brainwave analysis device + camera with the smartphone screen displaying scenes of interest as they are being recorded.



    0 0



    昨日の『にゃんこの動く耳』の続編です。

    昨日の記事で『やっぱりか!』と思い出しませんでしたか?
    ソチでの浅田真央さんの転倒原因は電磁波  2014/3/5(水)

    次は米国で手術を受けた日本人の脳には、マイクロチップが埋め込まれており、そのリモコンを持った人は、チップを埋め込まれた人を自由に操ることが出来るということです。



    さて、本題

    The CIA's secret experiments to turn cats into spies
    CIAの秘密の実験は、猫をスパイに変える

    イメージ 1

    何が来世紀に動物に起こるか?
    明日の動物はハイテク移植と遺伝子工学によってどう変わるか。

    科学ジャーナリスト・エミリー・アンテスの新本『フランケンシュタインの猫』を読めばそれらのことは書かれています。

    CIAがどのようにスパイのサイボーグ猫をつくろうとしたのかを。

                 ★


    1960年代、CIAは変わったフィールド・エージェントを入れました。それは猫。

    CIAのプロジェクトは、猫にマイクと発信機とアンテナとバッテリを装填し、ソ連大使館に放ち、盗聴することを目的としました。

    イメージ 2


    獣医は一時間の手術で毛皮で覆われたネコをエリートのスパイに変えました。

    獣医は猫の頭部にマイクと外耳道に小型ラジオ送信機を入れ、細いワイヤー・アンテナを猫の長い白い柔らかい毛に織り込みました。

    イメージ 3


    これは、キティ盗聴作戦(生きている猫を監視マシンに変える最高機密の計画)でした。プロジェクトのリーダーは、猫を外国の政府関係者の近くに座りに行くために訓練をし、彼らの個人的な会話を盗み聞きすることができるようにしました。

    問題は、猫が国家の安全に興味を持っていないことですが、CIA職員は初の公式テストを行いました。

    最初の盗聴スパイキティの任務は、首都ワシントンD.C.にあるソ連のビルの傍のウィスコンシン通りで放たれ、公園のベンチに座っている2人の男性の会話を盗み聞きすることでした。

    処が、猫は通りでぶらつき、直ぐにタクシーにひかれてしまったので、この盗聴スパイ・キティ作戦プログラムは中止となりました。

    以後、CIAは『猫はスパイとしては向かない』との結論に達しました。

    このような50年前の盗聴キティは、車にひかれるという不運に遭遇しましたが、幻想的な考えでした。

    その後の米国政府は、国家と市民を守るために、生き物と機械の合体に目を向けています。

    2006年に、たとえば、DARPA(米国国防高等研究計画局)は狙いを定めました

    米国政府は科学者に「昆虫-サイボーグを作製するために技術開発するという革新的な提案」をしたのです。

    (用語解説)DARPA
    アメリカ国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency)は、軍隊使用のための新技術開発および研究を行うアメリカ国防総省の機関。


                             つづく


    0 0



    米国の実態を表した50年前のことを書いたABCの記事がありましたので掲載します。

    (要約)
    米国のABC放送によると、1960年代初頭、アメリカの軍事指導者のトップはキューバとの戦争に国民の支持を得るため、罪のない人々を殺し、米国の都市でテロ行為を犯す計画を立てていたんです。

    以下、本文

    US Military Wanted to Provoke War With Cuba
    米国軍はキューバとの戦争を引き起こしたかった
    ABC NEWS 2001年5月1日

    1960年代初期に、伝えられるところでは、アメリカの最高の軍指導者は、キューバとの戦争をするために、米国民の支持を得るべく、罪のない人々を殺して、米国の都市でテロを起こし市民を殺害する計画を立案しました。

    ノースウッズ(Northwoods)作戦というコードネームで、計画は、キューバ亡命者の暗殺、公海上のキューバ難民のボートを沈める、飛行機をハイジャック、米艦を爆破、米国の都市で狂暴なテロリズムの組織化です。

    計画は、キューバの新しい指導者である共産主義者フィデル・·カストロを失脚させる為のキューバとの戦争を画策し、アメリカ国民と国際社会をだましてキューバとの戦争を支持させる方法として作成されました。

    アメリカ軍のトップ・ブラスは自ら米軍の死傷者を出すことさえ考えていました。
    「我々はグアンタナモ湾で(自作自演で)米艦を爆破し、キューバを非難することができた」、そして、「米国紙に掲載された死傷者リストは、国民の憤りの波を引き起こすのに有効であった。」、と書いています。

    計画の詳細は、『Body of Secrets (Doubleday)』に記述されています。
    これはアメリカの最大の諜報機関の歴史を書いた事件記者ジェイムズ・バムフォードによる新しい本で、国家安全保障局項目に記述されています。しかし、計画は政府機関に連絡をしていなかったと、彼は指摘しています。


    計画は、統合参謀本部では全ての書面に承認し、1962年3月にケネディ大統領の国防長官(ロバート・マクナマラ)に提示されました。しかし、彼らは民間人の指導部((政府)によって拒絶され、その後、ほぼ40年間明らかにされませんでした。

    (中略)

    「民主主義のポイントは、米国民の意志を指導者が持っていることですが、ここでは、完全に逆で、米国民が望まない戦争を、米軍が米国民をだまして米軍が望む戦争をさせようとしています。」

    Gunning for War
    戦争のための射撃

    文書は、「統合参謀本部は、米国政府によってこれまでにつくられた最も不正と思える計画を作成し承認した」とバンフォードは書いています。

    合同参謀本部では、キューバとの戦争の為の偽りの口実として、アメリカ人初の有人衛星で宇宙飛行士ジョン・グレンが死亡する可能性があるので、その死亡を使おうと提案さえしたと、文書は示します。

    ロケットが爆発し、グレンが死んだ場合、「目的は、取り消し不能な証明を提供することです … (原文のまま)ロケットが爆発した原因(障害)は共産主義者ら全てのキューバにあると。」、と彼らは書きました。

    米国の海岸からわずか90マイルのキューバ 。計画は、1959年、西半球で最初の共産主義のリーダーとなり権力を掌握したカストロを解任することが上級軍事指導者の中では強烈な願望であり、それが計画策定の動機とされました。

    計画実行の初期、CIAの後援でキューバの亡命者によるキューバのピッグズ湾侵入は惨憺たる失敗でした。そこでの軍隊は火力を提供することは許されませんでした。軍指導者は、その時火力提供の試みを望みました。

    「全部は、とても奇怪でした」と、バンフォードは言います。米国市民と国際的な支持無しに、侵入を必要とされる。しかし、明らかに、米国市民も、キューバ市民も米軍がカストロを追い払うために配備されるのを見たくありませんでした。

    これを反映して、米国計画は、軍隊の長期滞在の確立を要求しました — 非民主的 に— 侵入の後の島国を制圧するために。

    「それは、我々がキューバ市民を解放することになっているのです」と、バンフォードは言います。(以後省略)

              ■       ■       ■

    (以下、時間が無いのではしょります)

    これは欧米の常套手段ですね。

    第二次世界大戦に参戦したいルーズベルトは、戦争反対を掲げて大統領に就任した故に、米国民に参戦を納得させなければならない。

    そこで、かって米国に留学したことのある帝国海軍大将の山本五十六を使って、真珠湾を攻撃させ、見事、米国民を参戦賛同に導きましたね。

    9.11もCIAとFBIによる自作自演。
    ボストンマラソン爆破事件もFBIの仕業。
    1月のパリのテロも、米国CIAとイスラエルのモサドと英国M6の仕業。

    イスラエル国(IS,ISIS)も、米国CIAとイスラエルのモサドの仕業。

    戦後に起きた世界の戦争や紛争、テロの大半には、米国CIAがからんでいる。
    無論、オーム真理教によるサリンなども事件の背後はCIAとカルト宗教。



    0 0


    犯人グループは当初から特定されていたが、神奈川県警は約一週間も沈黙していた。それは神奈川県警幹部に、何らかの組織に加盟する輩がいたからである。

    警察をバックにした主犯舟橋は、怖い者知らず。
    この事件を警察は、マスコミを使って主犯船橋が酒を飲んでの狂乱凶行ということで微罪に収めようとしている。それは警察幹部とある組織が描いたシナリオ。





    横浜市西区の野毛山公園で 14 歳の少年が意識不明の状態で発見される

    また、上村君が殺害された前日には横浜市西区の野毛山公園の男性トイレの個室内で、14 ­歳の男子中学生が意識不明の重体で発見された。現場の状況からみて集団で暴行されたとみられ、現在も意識が戻らず重体だという。

    上村君が暴行を受けていることを知った友人が先輩に助けて欲しい言ったのがこの事件の被害者だという。( 上村君の先輩だという情報もある )

    このことを知った舟橋容疑者の同級生らが家へ押しかけたという。週刊新潮の記事によると、この件で最初に母親が出て対応したが、舟橋容疑者がいないと言われ少し言い合いになるなど揉め事となり舟橋容疑者の姉が出てきたという。

    そこで舟橋一容疑者の姉が「 お前ら、どこの中学だよ 」と言われさらに揉めた結果、舟橋容疑者の母親が警察に通報したという。

    その為、上村君の先輩らは警察に対し、後輩( 上村君 )が殴られたので確かめに来たと話したという。

    その後、上村君は友人に対し「 別の中学に通う先輩( 舟橋龍一容疑者 )にやられた、誰にも言わないで。」と告げたとう。

    しかし、舟橋龍一容疑者から「 誰にやられたか言うと殺す。 」と、上村君は口止めされていたが、それを知らずに上村君の良き理解者である先輩で舟橋容疑者の同級生が舟橋容疑者宅へ押しかけてしまったという。

    そして舟橋容疑者が野毛山公園で 14 ­歳の男子中学生に対し、集団で暴行をしたという。その結果、上村君がバラしたと思った舟橋容疑者らが上村君を殺害したとというのが大まかな流れだ。




    ※今日は記事を三回更新しております。

    三回目の更新記事
    川崎という街の実態

    一回目の更新記事
    18歳


    0 0
  • 03/02/15--00:36: 川崎という街の実態

  • 神奈川県の特徴は、CIA、警察、自民党清和会、暴力団=在日とが一体となった地域であり、中でも川崎市のあるエリアでは無法地帯で大阪や神戸の比ではない。

    起こるべくして事件は起きた。



    ●この川崎の上村遼太君殺害事件、大津の皇子山中学校リンチ殺人事件と同じ匂いがしませんか?


    その実態とは『利益の追求』と『警察の闇』 2015/1/7(水) 

    2001年3月31日(改正少年法施行の前日)、滋賀県の大津市立皇子山中学校で青木悠君リンチ殺人事件発生

    この事件での警察の対応は異常。
    殺人事件を自殺として処理している。


    滋賀県湖西エリアの地域特性 2012/7/13(金) 



    ●神奈川県、その実態例

    テレビ局が報道しない小泉元首相の婦女暴行事件 2010/2/3(水) 

    第一次安倍政権時代に学ぶ
    邪魔者殺しは、神奈川県警管轄の下で行われた
    2013/4/24(水) 

    『国家を征服しその国民を隷属化するためには、二つの方法がある。
    一つは武力であり、もう一つは負債である』 John Adams 1735-1826

    ◎2006年12月鈴木啓一:朝日新聞記者。
    りそな問題後、りそなの自民党への政治献金が10倍になっている大スクープを記事に書いた夜、横浜湾に浮かぶ。神奈川県警が自殺処理。
    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=218619

    ◎2006年9月太田調査官:国税調査官。りそなの脱税問題を調査中にJR横浜駅東口で手鏡でスカートの中を覗いたとして神奈川県警が痴漢で逮捕。
    逮捕シナリオは植草教授と全く同じで女子高校生に手鏡に神奈川県警。

    ◎2004年、2006年の二度、植草一秀教授、痴漢で神奈川県警に逮捕される。
    盗撮の被害者は存在せず。実は神奈川県の婦人警官がなりすまし(?)。
    場所は品川駅。小泉の支配する完全なる神奈川県警による捏造事件。



    さて、本題

    外国籍の公務員数   2014年05月20日
    大阪府 10名(韓国、朝鮮籍9名、米国籍1名) 
    川崎市 21名(韓国籍20名 中国籍1名) 
    神戸市 26名(韓国籍20名 朝鮮籍4名 中国2名) 

    堺市 把握していない。管理していない。 とのことです。 



    川崎市では市税の5割弱が生活保護費に!!! 
    神奈川新聞社の調査 2010年4月18日

    川崎市では市税の5割弱が生活保護費に!!! 財政圧迫、個人市民税収の半分に相当する自治体も/神奈川

    景気低迷に伴う生活困窮者の急増で県や市の生活保護費が膨れ上がり、財政難に拍車を掛けている。2010年度当初予算では、生活保護費総額が個人市民税収(見込み額)の約半分に相当する自治体も出現。(中略)

    市内の30世帯に1世帯の割合、2万300世帯が生活保護を受ける川崎市。
    (中略)

    10年度の生活保護費は、同市が1年間に見込む個人市民税収額の46・9%に相当する510億円に上った。川崎に次ぐ高比率の横浜市は38・7%、座間市が38・5%の順だった。(以下省略)

    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1239753357
    http://ameblo.jp/911vok/entry-10513725167.html




    在日の川崎市職員は、民団の新聞紙上で述べていることとは?



    ■川崎市のホームヘルパーの女性  (産経)

    「訪問介護の利用者の中には生活保護を受けている方も多かったが、配食はまずいといってほとんど捨ててしまう人もいた。

    通信販売で高い肉などの食品を購入し、すしやピザなどのデリバリーを毎日頼んでいる人もいる。

    生活保護の方に支払われているお金はみんなの税金。大切に使ってほしい」
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120703/crm12070311430001-n1.htm

                         ★

    21 :本当にあった怖い名無し :2013/02/15(金) 12:54:52.99 (p)ID:rI7BGwGA0(5)
    963 <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2012/08/23(木) 07:15:49.09 ID:s1/c22Iy

    北朝鮮系の在日に友人がいるがそいついわく

    ・通名で働いて収入得る
    ・本名で生活保護

    在日全てこれができると言い切ってたよ。だから日本人のワープアよりずっと裕福な暮らしができる。

    22 :本当にあった怖い名無し :sage :2013/02/15(金) 13:07:50.65 ID:7Ll9wPJE0
    >>21
    通名で働くから、
    生活保護を受けていることがばれないわけか?

    23 :本当にあった怖い名無し :sage :2013/02/15(金) 13:10:27.74 (p)ID:k0Al5hdH0(2)
    通帳もいくつかもてるって言ってたよな・・ 何通だったかな 

    http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-8099.html



    川崎市が不法占拠朝鮮人に多額立退き料 
    2010/12/28 1:39 [ No.863 / 4237 ]  投稿者 : pesehana 

    去年川崎市は多摩川流域に不法住宅(200軒近い)に住んでいた
    在日朝鮮人への立退き料として一軒あたり

    2600万円の保証金を支払っている。
    おそらく市民には知らされていない。

    川崎市は在日朝鮮人生活保護費受給率(年間2741億円計上)
    一の大坂市の次に在日朝鮮人の人口が多い。

    在日朝鮮人参政権付与の市町村は朝鮮人に完全に乗っ取られています。

    http://ameblo.jp/k-swing/entry-11449298869.html




    ※ この記事は今日三回目の記事です。

    今日、二回目の更新記事
    他にもいた半殺しされた中学生

    今日、一回目の更新記事
    18歳



    0 0
  • 03/02/15--19:52: サメは近代兵器

  • スパイ大作戦『盗聴にゃんこ』   (2015/2/27(金) )の続編です。

    米国でのにゃんこの他に、サメを兵器として活用する試みの記事なんですが、その前に先月、オーストラリアで日本人がサメに襲われ死亡しましたね。

    イメージ 3
    恐らく何等サメ防御機器を身につけていなかったようです。サメが出没しているのに。
    (右に画像は、映画のもの)

    サメ襲撃で日本人死亡、豪東部のビーチ
    2015年02月09日 

    【2月9日 AFP】(一部更新)オーストラリア警察によると、同国東部のビーチで9日朝、日本人男性がサメに襲われて死亡する事故が起きた。(中略)

    「男性は41歳の日本人であることが確認されている」
    男性はバリナ周辺の地域に約1年間滞在していたという。

     事故が起きたのはブリスベーン(Brisbane)から南に187キロのバリナ(Ballina)近郊にある観光客に人気のシェリー・ビーチ(Shelly Beach)。

    襲われた男性はすぐに周囲にいたサーファーたちに海中から引き揚げられ、救急措置が取られたが、傷が深く助からなかったという。死因は出血多量とみられる。

     地元でカフェを営む女性は、記者らに対し、サメは「サーファーたちの間に突然、姿を現した」と証言した。この女性は、襲われた男性は両脚を失ったと話している。近郊のビーチはただちに閉鎖された。

     豪東部では前日8日にも、バリナから北にわずか30キロしか離れていないバイロン・ベイ(Byron Bay)近郊のセブンマイル・ビーチ(Seven Mile Beach)でサーフィンをしていた男性がサメに襲われ、背中や臀部を負傷し死亡したばかり。(c)AFP


    豪州で相次ぐサメによる死亡事故、「襲撃はまれ」と専門家ら
    2015年02月10日

    【2月10日 AFP】オーストラリア東海岸のビーチで9日、日本人サーファーが大型のサメに襲われて死亡した事故を受け、当局は10日もサメの捜索を続けている。

    同国ではここ3か月で3人が死亡するなどサメの襲撃事故が相次いでいるが、専門家によれば、サメが人間を襲って死に至らしめることは非常にまれだという。(以下省略)

    (私見)観光地だから、サメが出て危険と言うはずはない。ノーテンキ・・・・



    さて、本題

    英国のBBC放送の記事から。

    US 'plans stealth shark spies'   Thursday, 2 March 2006
    米国は『見えないサメ・スパイを計画』

    ペンタゴン科学者は、サメを気付かれずに船を追跡することができる「見えないスパイ」に変える予定になっていると、英国の雑誌は報じました。

    彼らは、電極を頭に挿入することによってサメを遠隔制御したいと、ニュー・サイエンティストは伝えています。

    それは、狙いが「水中をすべって、優雅な電気勾配を感じて、化学コースをたどるサメの天賦の才を利用します」ことであると言います。

    変わったプロジェクトは、先週、ハワイで明らかにされたと言います。

                           ☆
    The New Scientist
    ニュー・サイエンティスト
     Remote-controlled sharks do have advantages that robotic underwater surveillance vehicles just cannot match: they are silent, and they power themselves

    リモコン・サメには、ロボット水中監視車両が適合できない利点があります:サメは静かに泳ぎ、そして、サメは(動力を必要とせず)自分で泳ぎます。 

                            ☆

    'Steering' sharks
    『ステアリング』サメ

    雑誌によると、研究はペンタゴンの防御高等研究計画局(DARPA)によって資金を供給されています。

    それは、科学者が魚、ネズミと猿の動きをコントロールしているのをすでに見た脳注入技術で最新の事情を基にしているようにしようとします。

    「神経移植片は動物の脳に埋め、色々な機能を刺激する一連の電極から成ります」と、雑誌は伝えています。

    それは、そのような装置は、ボストン大学の科学者によってツノザメを魚タンクへ導くのにすでに用いられていると言います。

    ペンタゴン科学者の次のステップは、類似した装置でフロリダ沖の海に住む青いサメの実験です。

    無線信号が海を透過しないので、サメとの交信はソナーでなされます。

    米国海軍には、最高300km(187マイル)離れたサメにソナー信号を送ることができる塔があると、雑誌は伝えています。

    「野生の捕食者として、サメを疲れさせることは非常に簡単です。そして、これは研究者がサメを傷つけることなく、どのようなサメの集合でも、彼らの行動をコントロールすることができるという厳しい制限があります。

    「この制限にもかかわらず、しかし、リモコン・サメには、人工水中監視車両がまさに適合不能な利点があります:サメは音を出しません。そして、サメはエンジンなどを使わず、自分自身が原動力となる」と、雑誌は伝えています。

    プロジェクトは、ホノルル(ハワイ)で、アメリカ地球物理学連合の2006年の海洋科学会議で議論されました。



    Sharks respond to magnetic lines   Wednesday, 15 December, 2004
    サメは、磁気線に反応する

    (概略)
    海洋生物学者は、サメが磁場の変化に気づくことができることを確認しました。
    磁場は銅のコイルで作りそれで水槽を囲みました。水槽の魚は磁場のスイッチを入れると、1.5m範囲に餌の存在を認識するように訓練されました。

    一連の実験では、水槽内で磁場を不定期に起こしました。そして、在るべき餌がなかったときでも、魚は1.5mの供給地帯で動くのが見られました。これにより、サメの「羅針盤」の存在を証明しました。

    科学者は、サメがどのように磁場に気づくことが出来るのかはこれからの探求です。他の動物(マスやハト等)の場合では、体に磁鉄鉱物を持っていますが。

    しかし、サメは磁鉄鉱を持っていません。サメの頭の電子受信力がその代用作用を為すことは考えられます。

              ★       ★       ★

    サメシールド(電子サメ防御機)ホオジロザメのライブテスト
    2006/12/19 にアップロード


    サメ専門家ゴードンは、サメシールド(電子サメ防御機)を完成した。ゴードンはサメの経験豊富なダイバーで、サメシールドを身に着けて、ツナ餌でサメを引きつけ、サメがサメシールドの数メートル以内に近づくと、サメは急に退却した。

    この機器で各種の特に攻撃的なサメ種〈黒先端をつけられた岩礁サメ、アオザメサメ、およびホオジロザメを含む〉に対しての有効性を個人的にテストし、科学的に証明した。

    サメシールド(電子サメ防御機)は、サメの非常に敏感な電気受容器の痙攣(けいれん)を引き起こす強力な電気フィールドを作成する。このサメシールドは世界中のプロフェッショナルと海軍のダイバーにより使われる。


              ★       ★       ★

    イメージ 1


    イメージ 2


    (ユーチューブ)
    海底に磁石を置くとサメは逃げる
    Shark Bites - Magnet Test  2008/07/17にアップロード

              ■       ■       ■
    (参考)
    Pigeons 'sense magnetic field'  Wednesday, 24 November, 2004
    ハトの『感覚磁場』

    (概略)
    伝書鳩は帰路の超長距離を飛んで帰る為に地球の磁場を使う、とネイチャー誌上で科学者は主張します。

    幾つかの実験の結果を合わせて考えると、伝書鳩が上くちばしにある磁気小片(磁鉄)を使って磁場を見つけるという理論と一致しています。

    Pigeons reveal map-reading secret  5 February, 2004
    ハトの地図読取り秘密を明らかにする



    0 0


    中国の場合、反日偽造歴史を学校で学び、そして連日、反日虚偽番組を流す中国放送を視聴して育った中国人の日本を見る目。

    他方、日本の場合では、日教組により自虐史観を義務教育で植えつけられ、そして在日職員が2割もいて、マルクス主義・反日・反皇室を基本理念とするNHKや朝日放送を視聴や購読して育った日本国民の自国日本を見る目。

    この両国の国民を比較すると、中国の沿岸部で育った約3億の中国人民の方の客観的思考回路が育っているのではないかと思える。

    反して日本国民の場合は、子供時代、単に物事を暗記する左脳回路が発育しすぎて、右脳の発達が未熟のまま大人になっているのではないかと思える。

    無論、其れ故にテレビや新聞報道を無批判に受け入れる日本人。

    日本人の驚異的鵜呑み度⇒何と70%の日本人はテレビと新聞を信頼している
    イメージ 1


    占いを信じる! これも驚異的日本人 若者は60% 中高年は50%
    イメージ 2


    (参考)
    テレビは洗脳装置。報道を信じる日本人はバカ? 2012/10/18(木)
    TBS会長 日本民間放送連盟会長:井上弘 曰く
    「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」
    (参考)
    NHKと北朝鮮スパイ組織との関係 2014/11/26(水) 
    NHKの傘下『NHKエンタープライズ21』では北朝鮮軍事機密スパイがプロデューサーをしている



    序文に書いた内容の裏付けの記事二つ

    《中国人の視点①》

    村山富市元首相「中韓に対する侵略は否定できない事実」=中国ネットには意外なコメントも
    Record China 3月3日(火)21時6分配信

    2015年3月2日、日本の村山富市元首相の発言が、中国のネットユーザーの間で話題になっている。

    新華網によると、村山元首相は2月28日、大分日中友好交流会で講演した際、「安倍談話」が「村山談話」の表現を変更する可能性があることについて、「日本が韓国や中国に対して行った植民地支配と侵略は否定できない歴史的事実であり、こうしたキーワードを欠いた安倍談話は日本に対する世界の疑念と不信を招く」と述べた。

    これについて、中国のネットユーザーから寄せられたコメントの中から、評価の高いものを紹介する。

    「70周年の抗日軍事パレードに彼を招待しよう」
    「日本にも良心がある人がいるんだ」

    「歴史を正視して未来へ」
    「今、恥辱を感じなければならないのは、わが国の汚職官僚。彼らは侵略者よりも憎たらしい」

    「いくつかのコメントには笑ってしまう。そんなに日本を追い詰めたら日本人は生まれ変わるとでもいうのか?」

    「戦争に正義も非正義もない。あるのは勝敗だけ。中国に侵攻したのは西側の植民地主義を駆逐するためだった。アジアはアジア人のもの」

    「日本の中国侵略は非人道的だったが、歴史上、領土を広げようとした国で他国に侵攻しなかった国はない。中国が統一される以前も同じ。歴史は忘れてはいけないが、共に発展することが重要」(翻訳・編集/北田)



    《中国人の視点②》

    「戦後70年、日本は真摯に歴史を反省すべき時」と指摘した報道官に、中国ネットから「自分たちはどうなんだ!」の大合唱
    Record China 3月3日(火)

    (中略)

    これに対して、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。以下にほかのネットユーザーからの評価が高いものを紹介する。

    (中略)

    「抗日“神”ドラマが多すぎるから、小中学生も信じなくなっている」
    「自分たちの歴史も反省しないのに、他国に反省を求めるのか?」
    「そんな発言に意味があるのか?民主だ、立憲政治だと言い続けて60年。そろそろ実現すべきだろう」

    「自分たちは反省したのか?」
    「中国政府がまず64(※天安門事件)を説明してくれないか?」
    「文革は誰が反省するべきなんだろうね」(翻訳・編集/北田)



    (参考)

    中国人民の日本旅行の価値
    2014/10/27(月)

    (抜粋1)
    中共の反日愛国宣伝は現実の日本と合致しない・・・・(中略)、
    彼ら(中国人旅行者)の日本に対する絶賛は、ことによると「中国こそ世界で最も親日なのではないか」と思わせるほどである。

    (抜粋3)
    いま中国が称揚する「中国史」とは、日本人が発明したものである。

    今春、講談社100周年記念出版『中国の歴史』(2004〜2005年に全12巻が発売された) の中国語版が刊行され、日本では各1・5万部程度であったものが中国で10万セット売れたという「事件」が起こった。

    (抜粋4)
    中国の読者が講談社『中国の歴史』に驚き、大いに歓迎して熱烈に読みふけったのは、まさに中国における諸制約とは関係なく説得力ある論旨が展開され、それによって中国人自身が中国の歴史により広い視野を持ちうるようになったからである。

    (抜粋6)
    総じて長年来、日本は中国についていろいろ知っている。これに対し中国は、「日本の軍国主義」については何でも知っているつもりであったが、実は何も知らないに等しかった。



    (参考)


    反日放送局 NHK
    NHKに在籍する在日職員は何と全体の2割

    日本唯一の公共放送として、国益に沿った報道と、正確な情報発信が求められるNHK。­しかしその実態は、中国や韓国に媚び、積極的に日本の国益を害する反日放送局に堕して­いる。

    (参考)

    犯罪の巣窟NHK 2014/12/6(土) 

    フジTV新年宣言・社内は朝鮮地獄か 2014/1/4(土) 



    0 0


    昨日の私のブログ記事は『中国人と日本人の脳回路比較』でしたが、今回は『中国人と韓国人の思考脳回路比較』です。

    中国人と日本人の脳回路比較

    以下は、日本の外務省の公式サイトから『日本と韓国の両国は、基本的価値を共有する』という文言が消えたことに関しての中国人と韓国人の反応の相違です。

              ◆       ◆       ◆

    イメージ 1

    もはや日韓は価値観を共有できないのか?外務省の記述更新に中国ネットが注目=「韓国の価値観は多くの国が受け入れられない

    Record China (レコード チャイナ) 3月4日(水)


    2015年3月4日、日本外務省がウェブサイトで公開している各国の「基礎データ」で、韓国に関する記述に変化が見られたことに中国ネットユーザーが注目している。

    日本メディアの報道によると、同サイトでは韓国について「韓国は我が国と自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国であり、近年、両国の関係は一層の深みと広がりを見せている」と紹介していたが、今月2日には「韓国は我が国にとって最も重要な隣国であり、近年、両国の関係は一層の深みと広がりを見せている」と更新し、「基本的価値を共有する」という表現がなくなっていた。

    これについて、中国のネット上にはさまざまな意見が寄せられた。

    「韓国に対する風当たりが強くなれば、『自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する』という表現は日本の足かせにしかならない」

    「日本の記述の更新は韓国の民主を否定し、中国と一緒くたにしているとみる意見があるが、日本は韓国が中国に寄り添うことを願っていると思う。

    米国の威を借りて日本を攻撃する韓国に日本も我慢の限界のはず。韓国が中国に寄り添えば米国の反感を買い、米国の保護を失う。そうすれば日本は日韓問題について米国の存在を気にしなくて済むからだ」

    「韓国に資源は?科学技術の研究能力は?そう、韓国には何もないのだ。完全に米国に頼って生存している国。米国の保護がなければまともな外交ルートすら持っていない」

    「韓国はどうあがいても半人前の民主国家に過ぎない」

    「『最も重要な』という文字も消した方がいい。韓国の価値観は多くの国が受け入れられない」(翻訳・編集/内山)


             ◆       ◆       ◆

    イメージ 2

    日本の外務省HP「韓国と基本的な価値を共有」の表現削除で韓国に波紋・・韓国ネットは「日本は北朝鮮に次ぐ敵」「日本を怒らせたら韓国経済は…」

    FOCUS-ASIA.COM (フォーカスーアジア)3月4日(水)

    日本の外務省がホームページ上の韓国紹介文から「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有」という文言を削除したことが明らかになり、韓国で大きな波紋を呼んでいる。

    聯合ニュースは4日、外務省ホームページの「最近の日韓関係」にある韓国の紹介文が最近、「我が国(日本)と自由と民主主義、市場経済などの基本的価値を共有する重要な隣国」から「最も重要な隣国」に書き換えられたことが確認されたと報じた。

    記事は、安倍首相が韓国について

    2013年2月の演説では「自由と民主主義という基本的価値と利益を共有するための最も重要な隣国」、

    14年1月には「基本的価値と利益を共有するための最も重要な隣国」と述べていたが、

    今年2月の演説では「最も重要な隣国」だけになったことを紹介。記述の変更について「安倍首相の演説内容の変化とほぼ一致する」と解説している。


    一方、朴槿恵大統領は3月1日の演説で「両国は、自由民主主義と市場経済の価値を共有し、北東アジアの平和と繁栄を一緒に追求していく重要な隣国」と述べている。

    記事は今回の記述変更の背景には産経新聞前ソウル支局長の起訴があるとする日本メディアの報道も紹介している。

    このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「毎日、嫌韓デモをしているくせに、今さら共有だなんて・・・」
    「日本は北の次の敵」

    「日本との戦争に備えなければならない。いつどうなるか分からない」
    「資本主義以外は何も共有しない」

    「安倍の頭に太極旗をさしてやりたい」
    「日本を敵だと明記せよ。独島は韓国の領土」

    「できるなら島ごと、ごっそり米国かヨーロッパにもっていきたい日本と同じように、韓国は日本が隣からなくなってほしい」

    「日本に旅行に行き、日本のビールを飲み、日本車に乗る朝鮮人に、日本は感謝しているんだろうな」

    「日本は今国内情勢がよくない。福島原発は収拾がつかず、子供は少なく、将来のめどが立たない。米国相手に熱心にロビーをしているが、米国も利益がなくなったら、日本にこだわらなくなる。祖先と同じような国際経験の未熟さが表れている」

    「日本の基本的価値は何?捏造やウソか?」

    「戦犯国と基本価値を共有することはないでしょう。この際、中国と一緒に、戦犯国のイメージを刻印する戦略を練りましょう」

    「また裏切られた。外交部は何をしているんだ?」
    「韓国には力がない。日本が上で韓国が下」

    「日本を怒らせたら韓国経済が終わってしまう。国際金融危機も日本を怒らせたから起こった危機であることを忘れてはならない」

    「日本を怒らせたらいいことはない。朴大統領は何をしているのだろう。反日を訴えても国民は喜ばない」

    (編集 MJ)



    (他の参考記事)

    イメージ 3

    中国と韓国の「日本製品ボイコット」が絶対に成功しない理由―中国メディア

    配信日時:2015年1月13日(火)   Record China(レコード チャイナ)

    2015年1月5日、中国メディア・九個頭條は、中国と韓国の製造業は日本から離れることができないと伝えている。 

    昨年、韓国でも日本製品ボイコット運動が行われた。始めは勢いがあったものの、最後には対象がビールなどの小さいものになり、結局、数日で消滅した。日本製品ボイコットはなぜ成功しないのか。 

    韓国人は日本製品を買わないとよく言われるが、実は非常に多くの日本製品を購入している。2013年の韓国の対日輸入額は600億ドルに上り、そのうちの多くがスマートフォンや自動車の製造に欠かせない金属や機械設備である。つまり、韓国の製造業は日本に依存しているのだ。 


    韓国の対日輸出も苦境に立たされている。韓国が生産するハイグレードな製品は日本市場における製品イメージ、品質、ブランド効果などで日本製品と競争することができない。一方、安価な製品は中国や東南アジアとの価格競争に勝てない。韓国が日本へ輸出できる製品の範囲は、非常に限られているのが現状だ。 

    これは構造的な問題だ。韓国にはこの赤字を解消する術はなく、しかも韓国経済が好転すればするほど増えていくのである。なぜなら韓国の経済は典型的な貿易依存型で、韓国経済の発展は対外輸出にかかっているからだ。

    韓国の輸出が増えるにつれて、日本製の部品と機械設備のシェアも増加する。韓国が現在、輸出しているのはすべて中級以上の工業製品ばかりだが、採用している日本の材料や設備は非常に値の張る高級品だ。一方で韓国の対日輸出が増加する見込みはない。こうして、韓国の対日貿易赤字は膨らみ続けるのである。

    近年、中韓貿易が盛んになったことで、いつか中韓貿易が日中貿易や日韓貿易に取って代わる日が来るという論調があるが、まったくのでたらめである。

    これは数字上の問題ではなく、内容の問題なのだ。中国は韓国から一般的な材料や部品しか輸入することはできない。韓国にはハイグレードな材料や最先端の部品を生産する能力はなく、それらは主に日本からの輸入に頼っている。

    中韓貿易は日本との貿易の代わりにならないばかりか、日韓貿易と日中貿易こそが中韓貿易の基礎となっているのだ。中国と韓国の製造業の基本モデルは、日本の生産設備と日本のハイグレードな材料を加工し、日本の部品を組み合わせることで成り立っている。日本から離れれば、立ち行かなくなるのである。(翻訳・編集/北田)



    0 0


    (私見1)
    韓国朴槿恵政府関係者、もしくは主催者に、テロリストを朝食講演会会場にノーチャックで入れた者がいるのではないのか? 

    それにしても異常。日本のメディア中には、記事を削除したり、犯人の名前を意識的に伏せて報道しているではないか。

    イメージ 1


    「米帝!」「訓練反対!」血しぶき生々しく…朝食会“暗転”
    2015.3.5  産経

    【ソウル支局】ソウルで5日朝に起きた駐韓米大使襲撃事件。会合に出席したリッパート米国大使(42)の顔を刃物で切りつけた男は現場で「米帝(米国帝国主義)」「戦争訓練反対」などと叫んだ。大使の顔やワイシャツ、ネクタイには血しぶきが飛散した。突然の凶行。韓国社会には衝撃が広がった。

    イメージ 2

     聯合ニュースなどによると、取り押さえられた襲撃犯は市民団体「ウリマダン独島守護」代表を自称するキム・ギジョン容疑者(54)。

     目撃者によると、ほかのテーブルに座っていたキム容疑者が突然立ち上がり、最前列のテーブル席の大使に歩み寄りあいさつを求め、大使をいきなり切りつけた。男が「オバマ(米大統領)はなぜ変節したのか」などと叫ぶ声が聞こえたという。

     周囲にいた数人の男性らが飛びかかってキム容疑者を組み伏せる間も「きょうテロを行った。『ウリマダン』代表だ。チラシを作った。戦争訓練に反対するチラシだ」などと叫んでいた。

     キム容疑者はひげ面に韓国式作務衣(さむえ)姿で襲撃前から会場内で目立っており、出席者から「様子が怪しい」「正式な出席者なのか」と不審がられていたという。

    現場は在韓米国大使館の向かいにある文化施設「世宗文化会館」内にある大型ホール。大使は朝食講演会のため出席し、関係者と歓談している際に襲われた。大使が着席していたテーブルの白いクロスには、飛び散った血痕が残っていた。

     切りつけられ出血した右ほおをハンカチで押さえながら、随行者とともに建物の外まで数十メートル歩き、パトカーに乗り込んで近くの病院に向かった。足取りはしっかりしていたが、顔面は蒼白(そうはく)だった。

     大使は、右ほおに約5センチの切り傷と左手首にも傷を負った。大使は病院で応急処置を受けた後、ソウル市内のほかの大学病院に移り、顔などに負った傷の手術を受けたという。



    (私見2)
    犯人キム・ギジョンは、韓国内で、何年後か、『義士』と称され、国民的英雄になるかもしれない。韓国ではその前例がある。

    (ウィキペディアより抜粋)

    かって、安 重根(アン・ジュングン:안중근)は、前韓国統監の伊藤博文を、1909年10月26日に満州のロシア権益のハルビン駅構内で襲撃して殺害した。

    処が、大韓民国において安重根は抗日闘争の英雄と評価される「義士」と称され、国民的英雄とされる。

    大韓義軍参謀中将であったとか、特派独立軍司令官、将軍とも称されるが、安本人が裁判で自分の地位を陳述した以外では、これらの肩書きに根拠はない。ソウル特別市には安の偉業を伝える「安重根義士記念館」が1970年に建設されている。

    韓国海軍では、2008年に完成した孫元一級潜水艦3番艦の艦名に彼の功績を称えて「安重根」と命名した。同様の理由でテコンドー界でも、型の名前に彼の名が用いられている(国際テコンドー連盟4級で習得する安重)。

    また伊藤博文暗殺から100年にあたる2009年10月26日にはハルビンで記念式典が開催された。

    2013年、韓国大統領の朴槿恵は6月の訪中で、中国国家主席習近平に対して、殺害現場であるハルピン駅に安重根の石碑建立を提案して実現にむけて協力を要請した。後述するがこれは実現した。

    在日本大韓民国民団は、2014年3月26日に東京で開催された安重根の追悼式で「安重根義士がテロリストではなく、東洋の平和を切に願った義人だという事実を日本政府も知るべきだ。今後、安義士の思想が東洋平和の礎となるよう努力していく」と表明した。


    (私見3)
    パククネ(朴槿恵)大統領は、早期に退陣する。




older | 1 | .... | 20 | 21 | (Page 22) | 23 | 24 | .... | 74 | newer